伊勢にいったら外せない!絶対買いたいお土産15選!

3

views

0

パワースポットとして有名な伊勢神宮をはじめ、見どころの多い伊勢志摩。そんな伊勢ではたくさんのお土産が販売されています。今回は、中でもこれは知っておくべき!というお土産15選を紹介していきたいと思います。

赤福餅

伊勢のお土産で外せないのが赤福餅。伊勢お土産ランキング不動の1位です。赤福餅の誕生は今からおよそ300年前の宝永四年(1707年)。伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流、白いお餅は川底の小石を表した、いわゆるあんころ餅の一種です。

シンプルで飽きがこない素朴な餅菓子として、老若男女問わず長年愛され続けている伊勢を代表する和菓子です。国産のもち米や北海道の大納言小豆を使用するなど、原材料にもこだわっている赤福餅をぜひ味わってみてください。

赤福本店
住所:
三重県伊勢市宇治中之切町26番地
営業時間:
午前5時~午後5時(繁忙期時間変更有)
電話番号:
0596-22-7000
定休日:
無休
8個入り:
760円【税込】

シェル・レーヌ

1978年に三重県鳥羽で創業した洋菓子メーカー「ブランカ」が手掛ける人気銘菓「シェル・レーヌ」。「第22回 全国菓子博名誉総裁賞」を受賞し、「G7伊勢志摩サミット」では三重県推奨菓子としてコーヒーブレイクの茶菓子に選ばれたことでも有名です。

出典: isetown.com

鳥羽産の卵、三重県産の小麦粉「あやひかり」、「御木本製薬」のパールシェルカルシウムなどの地元の素材を生かし、あこや貝の形に焼き上げられた焼菓子。発売から20余年経った現在も、すべてを機械化することなく当初からの製造方法を守り続けています。最近は「あおさ」や「伊勢茶」を加えたものもあり、伊勢らしい味のバリエーションも楽しめるようです。

Blancaスイーツガーデン
住所:
三重県伊勢市朝熊町4228-1
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
三重県伊勢市朝熊町4228-1
年中無休

貝新のしぐれ煮

江戸時代創業の老舗「貝新」。一般的な佃煮は「たれ」をすべて煮込んで仕上げるのに対し、こちらの佃煮は釜にたっぷりと入れた「たまり」(貝の旨みが溶け出した元だまりを使用)の中で「浮かし炊き」と呼ばれる独自の技法で煮込みます。そうしてできた「時雨蛤」は、貝新を代表する逸品です。

おかげ横丁にある「貝新 水谷新九郎」では、お土産を買う以外にも、その場で貝新のしぐれ煮を使ったメニューを堪能でき、食事をした帰りにお土産として買っていく人も多いようです。しぐれ煮は日持ちもするので宿泊旅行中のお土産にも最適です。

総本家貝新 水谷新九郎商店
住所:
三重県桑名市有楽町41
営業時間:
9:00~19:00
電話番号:
0594(22)2625(代)
土日の営業は18:
00まで。
年中無休

くうや観助餅

くうや観助餅は伊勢二見で「祝い菓子」として古くから地元で親しまれており、伊勢志摩でしか手に入らないのが魅力です。 昔ながらの独自の製法により蒸籠で蒸しあげた餅米の中に、あっさりとしたこし餡を包んだ飽きのこない味わいです。紅白のほかに「よもぎ」もあり、春の彼岸時にはさくら風味いっぱいの「さくらくうや観助餅」、秋の彼岸からは秋の味を楽しめる「くりあんくうや観助餅」も人気です。

鈴木翠松軒は和菓子を作り続けて百余年の老舗和菓子店。二代目観助の修行時代、皇室御用達の和菓子製造に関わっていたこともあります。材料には常に最高品質のものを使用しており、地元でも長く愛され続けています。二見夫婦岩から徒歩5分という立地も魅力の一つです。

鈴木翠松軒
住所:
伊勢市二見町茶屋537-18
営業時間:
9:00~18:00
電話番号:
0596-43-2067
年中無休

絲印煎餅

出典: hotmenu.jp

絲印煎餅(いといんせんべい)は1860年創業の老舗和菓子店「播田屋(はりたや)」の商品で、明治から平成にかけて各時代の皇族に献上されている伝統の薄焼きせんべいです。絲印とは、室町時代以降に輸入していた生糸についていた銅印のことで、受領印として使われていました。材料は小麦粉、砂糖、卵、塩、膨張剤とシンプルで、ほんのり甘く、素朴で上品な味です。

1つの包みの中に7枚入っていて、印面が何種類かあります。10個入りで520円というお手頃な値段も人気の理由の一つ。小分けされているので会社のお土産などにもよく購入されています。本店は河崎にあり、市内に直営店が3店舗あります。駅の売店などでも購入できて便利です。

播田屋本店
住所:
伊勢市河崎2-13-5
営業時間:
8:30~20:00
電話番号:
0596-28-2207
定休日:
月末日曜日

伊勢音頭せんべい

戦後から紅谷の名前で開業し80年、和洋菓子の店として伊勢地元の人たちに愛されている紅谷が手掛けた洋風せんべいです。第19回全国菓子大博で名誉総裁高松宮賞受賞を受賞しており、昭和天皇が鳥羽にお泊まりになった際、御用命を賜ったという由緒正しいお菓子です。

フレッシュバター、卵、牛乳、コーンスターチなどの原料を用いた栄養豊かな洋風せんべい。軽い洋風せんべいとサンドのクリームとが意外なほど口どけが良く、甘党でない人にも好まれる味です。個別包装されており、職場へのお土産などにも向いています。

紅谷本店
住所:
三重県伊勢市一之木2丁目3-2
営業時間:
9:00~19:00
電話番号:
0596-28-3448 
定休日:
月曜日

虎屋ういろ

大正12年に創業。創業当初はさまざまな和菓子を販売していましたが、昭和13年に現在のういろ専門店となりました。厳選した原材料を用い、昔ながらの手作業で製造。防腐剤を使っていない生ういろのためあまり日持ちはしませんが、あっさりとした味わいと弾力が幅広い年層に根強い人気です。

伊勢地方には黒砂糖で作られたういろが昔からあり、「虎屋ういろ」では昔ながらのういろと、そのういろを元に様々な材料を加えてアレンジした季節限定のういろをあわせ、約35種類のういろがあります。もちもちとした食感が人気で、伊勢に来たら必ず買うリピーターも多いそうです。

虎屋ういろ
住所:
伊勢市宮後2-2-8
営業時間:
9:00~18:00
電話番号:
伊勢市宮後2-2-8
年中無休

若松屋のかまぼこ

創業明治38年。伊勢の地で100年以上もかまぼこを作り続けている「若松屋」。創業から100年を超える伝統の味は合成着色料を一切使わないこだわりよう。魚本来の味をしっかり引き出した優しい味わいになっています。メニューも豊富なので幅広い年代層に人気があります。

若松屋では、伝統の技術とかまぼこの美味しさを実際に体験することができる「手づくりかまぼこ体験工房」を開催しています。自分で作り、できたてのかまぼこの美味しさを味わえるとあって好評。お土産にかまぼこを買って帰るということもできます。

若松屋 河崎本店
住所:
三重県伊勢市河崎1丁目9-28
営業時間:
9:00~18:00 
電話番号:
0596-23-1721
定休日:
無休(1/1、1/2、1/3)

へんば餅

安永四年(1775年)創業の「へんばや商店」。こちらの看板商品が「へんば餅」です。米粉を用いた餅は独特の食感があり、両面に焼き色がついたお餅は香ばしく、口溶けのよいこし餡のまろやかな甘みが広がります。素朴で優しい味は何個でも食べられてしまいそうです。

お店にはイートインがあり、お茶と一緒にへんば餅を食べながらくつろぐことができます。生菓子であまり日持ちはしませんが、おはらい町にもお店を出していますし、お値段も10個入り700円とお手頃。ぜひ味わってほしい一品です。

へんばや商店 本店
住所:
三重県伊勢市小俣町明野1430-1
営業時間:
8:00~17:00
電話番号:
0596-22-0097
イートイン:
9:00~16:00
定休日:
毎週月曜日(祝日、振替え休日の時は火曜日)

この記事を読んだあなたにオススメの記事

この記事のキーワード