長崎観光で必ず行くべき世界文化遺産おすすめ5選!異文化と歴史を感じる!

3,569

views

0

平成27年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は、国内8県の23資産で構成されています。この構成資産には小菅修船場跡をはじめとし、長崎のものが8つが含まれています。幕末から第二次世界大戦にかけ、国内唯一の貿易港として日本の近代化に寄与した長崎の世界文化遺産をご紹介します。

端島炭鉱(軍艦島)

端島は長崎港から南西18kmにある面積6.5haもの小さな島です。石炭採掘により島の周辺は埋め立てられ、軍艦「土佐」に似ていたことから「軍艦島」と呼ばれています。最盛期には5000もの人が住み、近代的なコンクリート造りの高層マンションが建設され、日本で一番人口密度が高いところになりました。昭和30年ごろにはエネルギー政策変換により主要なエネルギーが石炭から石油へと移行。石炭の需要が減少した結果、昭和49年に軍艦島は無人島になり廃墟化しました。しかし、平成27年の世界文化遺産登録後はたくさんの観光客が訪れています。

端島炭鉱(軍艦島)
住所:
長崎市高島町字端島
電話番号:
095-827-2470 軍艦島クルーズ(株)
アクセス:
長崎港から船で約40分

グラバー邸

グラバー邸は国指定重要文化財の旧グラバー住宅・旧リンガー住宅・旧オルト住宅を中心に、長崎市内にあった洋館を移築した施設です。スコットランド出身の貿易商トーマス・ブレーク・グラバーが1859年に長崎港の開港と同時に訪れ、国内最古の木造建築であるグラバー邸を建築。ビジネスや文化の交流場として利用され、日本の近代化に貢献しました。グラバー邸は南山手の高台にあることから三菱重工業長崎造船所が一望でき、夜間は昼間と違った光景が見られ、ロマンチックな気分を味わえます。

グラバー邸
住所:
長崎県長崎市南山手町8番1号
営業時間:
08:00~18:00
電話番号:
095-822-8223
アクセス:
路面電車「正覚寺下(1系統)」乗車、「築町」下車「石橋(5系統)」に乗り継ぎ、「大浦天主堂下」もしくは「石橋」下車(約15分)徒歩(約8分)
入園料金:
大人 610円 高校生 300円 小・中学生 180円

高島炭鉱

高島炭鉱は長崎市高島町にある炭鉱。1695年に石炭が採れることがわかると、外国資本を取り入れて採掘を開始します。しかし、うまく軌道に乗らず頓挫し、三菱財閥へ権益を譲渡。その後、1世紀にわたり採掘を続けますが、エネルギー政策の転換により1986年に閉山されました。日本の近代化に寄与したものとして世界文化遺産に登録されています。

高島炭鉱
住所:
長崎市高島町2706-8
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
095-896-3110(高島行政センター)
アクセス:
長崎港大波止ターミナルから高速船で約34分。高島港ターミナル下船。
車で伊王島まで渡り、伊王島から乗船すると約12分。
高島港から徒歩2分。

長崎造船所 占勝閣

長崎造船所占勝閣は、1903年当時の三菱重工業長崎造船所の所長の邸宅として建設。1905年に東伏見宮依仁親王殿下が宿泊された際、「風光景勝を占める」ということから占勝閣と名付けられました。日本人設計の西洋建設として日本の近代化を示す建造物として世界文化遺産に登録。一般には公開されておらず、三菱が管理しています。

長崎造船所 占勝閣
住所:
長崎市飽の浦町
電話番号:
095-828-4134(三菱重工業(株)長崎造船所史料館)

長崎造船所 旧木型場 史料館

長崎造船旧木型場は、1898年に鋳物(エンジンなど)の鋳造用の木製鋳型を作る工場として造られました。現存する長崎造船所の最古の建物として保存され、史料館として利用しています。史料館では長崎造船所の前身である長崎鎔鉄所から現在までの長崎造船所の歴史と、造船技術の進歩をうかがい知ることができます。また世界文化遺産に登録された長崎造船所のジャイアント・カンチレバークレーンも身近に見ることができます。

長崎造船所 旧木型場 「史料館」
住所:
長崎県長崎市飽の浦町1-1
営業時間:
09:00~16:30
電話番号:
095-828-4134
アクセス:
長崎駅から立神、西泊・神の島行きのバスで「三菱研究所前」・「岩瀬道町」・「立神」で下車(所要時間約20分~25分
入場料金:
大人(高校生以上):800円 小・中学生:400円
*完全予約制。見学希望者は必ず電話で予約してください。(当日予約可)

まとめ

いかがでしたか?長崎の世界遺産をご紹介させていただきました。長崎の世界遺産は日本の近代化を象徴する施設であり、その歴史や変遷を窺い知ることができるでしょう。当時の様子を感じ取れる貴重なものばかりなので、興味がある人は訪れてみてはどうでしょうか?

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 長崎新地中華街の人気お土産が買えるお店6選!

    「長崎新地中華街」は、横浜の中華街と神戸の南京町とともに日本三大中華街と呼ばれています。東西南北の入り口に立つ門は、商店街の発展を願い造られたもの。約40軒ほどの中華料理店や中華雑貨店が軒を連ね、連日観光客で賑わいを見せています。今回は、長崎新地中華街で人気のお土産を購入できるお店を厳選してご紹介します!

  • 南山手・東山手グラバー通りの人気ショッピングスポット5選

    長崎を代表する異国情緒ある景観が広がる南山手・東山手エリア。このエリアには、グラバー園、大浦天主堂、旧香港上海銀行長崎支店などへ行けるメインストリート、グラバー通りがあります。今回は、そんな人気ストリートにあるおすすめのショッピングスポットを紹介しましょう。

  • 長崎新地中華街のおいしいチャイナグルメとスイーツスポット6選

    長崎県新地中華街といえば日本の三大中華街の1つで、中華料理店や中国雑貨店などが立ち並んでいます。毎年春節時には、隣接する湊公園がランタンフェスティバルの会場となるため、ここにもたくさんのランタンやオブジェが。今回は、そんな長崎新地中華街の美味しいグルメとスイーツをピックアップしてみました!

  • 【長崎】坂本龍馬ゆかりの地を巡ろう!おすすめモデルコース

    坂本龍馬ゆかりの地を巡るといえば、高知県と並んで外せないのが長崎!海援隊の前身である亀山社中の跡地など、龍馬の痕跡があちこちに残っているのです。そこで今回は長崎にある龍馬ゆかりのスポットを巡るおすすめコースをご紹介します♪

  • 長崎でカステラを食べたい!おいしいカステラのおすすめ店7選...

    長崎旅行のお土産と言えば「カステラ」。でも、カステラは長崎を代表するお菓子だけに、長崎にはカステラ専門店がひしめき合っています。どこのお店で買ったら良いのか迷ってしまいますよね。今回は、長崎でおすすめしたいカステラの名店をご紹介します。

  • 長崎のご当地グルメ皿うどんがおいしい地元のお店12選

    長崎といえば「カステラ」や「長崎ちゃんぽん」などが有名。実は「皿うどん」も長崎を代表する郷土料理だということは知っていますか?長崎の中華料理店には「ちゃんぽん」と並び、必ずと言っていいほどメニューにある定番料理なんですよ。今回は長崎市で「皿うどん」の美味しいお店をご紹介します。

このエリアの新着記事
  • 長崎旅行で試してみよう!"卓袱料理" が食べられるお店5選

    鎖国中、交易が行われていた歴史から生まれたおもてなしの料理をご存じですか?卓袱料理(しっぽくりょうり)といい、長崎が発祥なんです。そして、その歴史背景から卓袱料理は、日本と中国、南蛮文化が融合した贅沢な料理です。せっかく長崎に来たのなら、味わってみてはいかがでしょうか?

  • 日本新三大夜景のひとつ、長崎・稲佐山に行こう!

    長崎港を見下ろすようにそびえる稲佐山。晴れた日には遠く五島列島や雲仙などを見渡すことができます。そんな稲佐山は夜景を見るにも最高の場所!日本だけでなく、世界を代表する美しい長崎の夜景を見てみませんか?

  • 長崎うまいもんの旅!長崎で食べたい絶品地元グルメ!

    鎖国時代から、日本の中で数少ない海外の玄関口であった長崎。 出島に代表されるように、日本の中でも海外との関わりが強かったため、独自の文化が花開きました。 その文化は今でも受け継がれており、長崎市内には、当時の面影を残す建築物も多く見られます。 そして何より、独自に進化した長崎のカラーが強く出ているものといえば、長崎を代表する地元フードたちでしょう。 長崎といえば、多くの人が思い浮かべる「 ちゃんぽん 」「 皿うどん 」だけでなく、最近では新たなグルメも生まれてきています。 今回は、そんな長崎で生

  • 九州最後の炭鉱の島・池島でのおすすめ観光スポット紹介♪

    長崎沖に浮かぶ、池島。2001年まで炭鉱の島として栄えてきました。その後、炭鉱は閉鉱したため、現在は炭鉱ツアーや坑内体験ができる観光地として栄えています。今回は、そんな池島の魅力について紹介しましょう。

  • 長崎「オランダ坂」散策!長崎で育まれた異国文化に触れる満...

    長崎の観光スポットと言えば、グラバー園に大聖堂、眼鏡橋、出島、中華街! これらを駆け足で回るのも楽しいですが、実はその他にも隠れた魅力がいっぱいあります。 今回は、「オランダ坂」を中心に長崎の異国文化に触れる旅をご紹介します。 「長崎の観光スポットはもう行っちゃった!」という方も、「オランダ坂」をゆっくり散策してみませんか?

  • 【長崎】クリスチャンの町・伊王島の人気観光スポット&おす...

    長崎湾の入口に位置する伊王島。昔から海の玄関口となっていて、明治時代には海外との貿易が開始、そして大正時代に入ると漁業の町として知られるようになりました。今回は、そんな外国の文化が残りながら漁業の町として知られる伊王島のおすすめ観光スポットと宿について紹介したいと思います。

  • 中国風の建物が魅力的!唐人屋敷跡おすすめスポット

    江戸時代に数少ない海外への窓口だった長崎。長崎には現在も当時をしのばせる観光スポットが残っています。「唐人屋敷」もその一つ。かつて中国人居留区として使われていた場所です。跡地として残っている唐人屋敷からおすすめのスポットを紹介します。

  • 長崎・グラバー園で必見観光スポットまとめ!可愛らしい花々...

    長崎開港当時に来日した商人トーマス・ブレーク・グラバーの住居跡地「グラバー園」。長崎では必見の観光スポットです。レトロ浪漫あふれる洋風住宅と園内を彩る花々が雰囲気を盛り上げるロマンチックな場所。見どころをご紹介します。

  • 長崎でカステラを食べたい!おいしいカステラのおすすめ店7選...

    長崎旅行のお土産と言えば「カステラ」。でも、カステラは長崎を代表するお菓子だけに、長崎にはカステラ専門店がひしめき合っています。どこのお店で買ったら良いのか迷ってしまいますよね。今回は、長崎でおすすめしたいカステラの名店をご紹介します。

  • 【長崎】日本三名橋!眼鏡橋・寺町周辺のほっこりカフェ3選

    日本三名橋の一つである長崎県の「眼鏡橋」。遠くから眺めると眼鏡のように見えることからそう呼ばれており、国の重要文化財にも指定されています。また、眼鏡橋周辺には思わずほっこりしてしまうおしゃれなカフェが多いと評判です。今回はその中からおすすめのお店をピックアップさせていただきます。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事