九州最後の炭鉱の島・池島でのおすすめ観光スポット紹介♪

1,009

views

0

長崎沖に浮かぶ、池島。2001年まで炭鉱の島として栄えてきました。その後、炭鉱は閉鉱したため、現在は炭鉱ツアーや坑内体験ができる観光地として栄えています。今回は、そんな池島の魅力について紹介しましょう。

①池島の場所

池島は、長崎県の西彼杵半島から西へ7キロメートルほどいったところにあります。この島は、1952年に炭鉱が開発されて以来石炭産業を基幹産業として、地域発展の中心的役割を果たしてきました。ところが、炭鉱の維持や値段の変動により、維持が難しくなり、2001年に約42年間にわたる炭坑の歴史に幕を下しました。

②池島への行き方

池島は離島のため、神浦港、瀬戸港、佐世保港のいずれかから船に乗って行く必要があります。この3つの港からは定期的に船が出港していますが、一番おすすめなのは一番運航便が多い瀬戸港からで、フェリーが1日6往復、高速船が1日1便運行しています。所要時間は約30分で、フェリーは大人一人440円、高速船は約10分で、大人一人590円。子ども料金は約半額になります。

③到着したらトロッコに乗車

池島港に到着したら、まず池島開発総合センターへ行きましょう。ここでは、炭鉱概要の説明や坑内へ入るための準備などを行います。そして、トロッコ電車に乗って、炭鉱内の見学です。
見学には、元炭鉱マンのガイドさんが案内してくれるので安心です。トロッコは、実際に昔使われていたものですが、なかなか可愛いデザインですよ。

現在、坑内探検ができるのは、国内でもこのスポットしかないと言われています。そのため、多くの炭鉱ファン達が訪れます。
また、日本国内の炭鉱の中でも長く、坑道総延長は約95キロメートルと言われています。これだけ広かった炭鉱だったのに、現役時代に大きな事故はなかったそうです。そういった意味では、非常に安全面の配慮が行き届いていたのかもしれません。

池島開発総合センター
住所:
長崎市池島町154番地13
電話番号:
0959(26)1396

④坑内で巨大なロードヘッダーを見学

坑内には、実際に昔使われていた巨大掘進機械ロードヘッダーがあります。ロードヘッダーとは、自由断面掘削機のことで、1日に最大30メートル以上も掘り進めることができ、現役時代には、坑道掘削にかなり貢献したそうです。
想像以上に大きなサイズのため、訪れた人たちはその大きさにビックリするそうですよ。

⑤ドラムカッターを体験

池島のものではありませんが、ドラムカッターのこの迫力!すごいですね

石炭採掘現場の復元スポットには、採炭機械ドラムカッターが展示されています。ドラムカッターは、- 炭鉱の坑内で石炭を採掘するために,炭層を掘削する機械のことで、ここでは実際にドラムカッターの模擬運転も見学できます。現役時代は、1日8000トンもの石炭を採掘していたとのこと。掘り出された石炭は、そのまま地上へと運ばれて行きました。

⑥池島のアパート群

池島の楽しみ方は、炭鉱だけではありません。炭鉱の島として栄えていた昭和30年代頃には、約8000人もの人たちが住んでいたとも言われています。彼らの住む場所として、たくさんのアパートが建てられました。現在も、一部のアパートには人が住んでいます。でも、住民のほとんどが、島を離れてしまいました。
レトロ感が残るアパートを散策してみるのも良いのではないでしょうか?

⑦猫たちに会おう!

また、島内には、たくさんの猫たちがいろいろなところに住んでいます。住民たちに可愛がられているせいか、怖がるそぶりどころか、近寄ってきます。
時間があれば、猫たちにエサをあげたり、優しく触れたりして、ゆっくり過ごしてみるのも良いかもしれません。炭鉱とはまた違った感覚で、リラックスできると思います。

⑧池島中央会館

池島へ行く人の多くは日帰りで帰ってしまいますが、中にはもう少し長く過ごしたいということで、1泊する人たちもいます。
島内にはホテルや民宿はないので、宿泊したい場合は、こちらの会館を利用できます。1階と2階は会議室、3階は和室の宿泊施設になっていて、タオルや歯ブラシなどは付いています。料金は、大人一泊3384円です。近くには、食事ができる場所として、「かあちゃんの店」と、お風呂が利用できる、「東浴場」があります。

池島中央会館
住所:
長崎市池島町1009番地1
電話番号:
0959-26-2030
定休日:
なし
アクセス:
池の口バス停からコミュニティバス「神社下」行きに乗車し、「新店街通り」バス停下車、徒歩5分

まとめ

いかがでしたか?今回は、池島での炭鉱体験や過ごし方について紹介してみました。
長崎の廃虚島といえば、軍艦島が有名ですが、こちらの池島もなかなか魅力があります。また、軍艦島は一般人が立ち入り禁止の場所が多いのに対し、池島は住民が住んでいるため、自由に散策できます。ちょっと変わった観光をしたい人は、ぜひ池島へ行ってみましょう!

Mari

在住歴12年目を迎えたアメリカ在住ライター。今まで訪れた国は25カ国以上。まだまだ行きたい国が沢山!趣味はもちろん旅行!外国語や海外の文化や歴史を学ぶことが好きです!よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 長崎新地中華街の人気お土産が買えるお店6選!

    「長崎新地中華街」は、横浜の中華街と神戸の南京町とともに日本三大中華街と呼ばれています。東西南北の入り口に立つ門は、商店街の発展を願い造られたもの。約40軒ほどの中華料理店や中華雑貨店が軒を連ね、連日観光客で賑わいを見せています。今回は、長崎新地中華街で人気のお土産を購入できるお店を厳選してご紹介します!

  • 南山手・東山手グラバー通りの人気ショッピングスポット5選

    長崎を代表する異国情緒ある景観が広がる南山手・東山手エリア。このエリアには、グラバー園、大浦天主堂、旧香港上海銀行長崎支店などへ行けるメインストリート、グラバー通りがあります。今回は、そんな人気ストリートにあるおすすめのショッピングスポットを紹介しましょう。

  • 長崎新地中華街のおいしいチャイナグルメとスイーツスポット6選

    長崎県新地中華街といえば日本の三大中華街の1つで、中華料理店や中国雑貨店などが立ち並んでいます。毎年春節時には、隣接する湊公園がランタンフェスティバルの会場となるため、ここにもたくさんのランタンやオブジェが。今回は、そんな長崎新地中華街の美味しいグルメとスイーツをピックアップしてみました!

  • 【長崎】坂本龍馬ゆかりの地を巡ろう!おすすめモデルコース

    坂本龍馬ゆかりの地を巡るといえば、高知県と並んで外せないのが長崎!海援隊の前身である亀山社中の跡地など、龍馬の痕跡があちこちに残っているのです。そこで今回は長崎にある龍馬ゆかりのスポットを巡るおすすめコースをご紹介します♪

  • 長崎のご当地グルメ皿うどんがおいしい地元のお店12選

    長崎といえば「カステラ」や「長崎ちゃんぽん」などが有名。実は「皿うどん」も長崎を代表する郷土料理だということは知っていますか?長崎の中華料理店には「ちゃんぽん」と並び、必ずと言っていいほどメニューにある定番料理なんですよ。今回は長崎市で「皿うどん」の美味しいお店をご紹介します。

  • 長崎でカステラを食べたい!おいしいカステラのおすすめ店7選...

    長崎旅行のお土産と言えば「カステラ」。でも、カステラは長崎を代表するお菓子だけに、長崎にはカステラ専門店がひしめき合っています。どこのお店で買ったら良いのか迷ってしまいますよね。今回は、長崎でおすすめしたいカステラの名店をご紹介します。

このエリアの新着記事
  • 長崎旅行で試してみよう!"卓袱料理" が食べられるお店5選

    鎖国中、交易が行われていた歴史から生まれたおもてなしの料理をご存じですか?卓袱料理(しっぽくりょうり)といい、長崎が発祥なんです。そして、その歴史背景から卓袱料理は、日本と中国、南蛮文化が融合した贅沢な料理です。せっかく長崎に来たのなら、味わってみてはいかがでしょうか?

  • 日本新三大夜景のひとつ、長崎・稲佐山に行こう!

    長崎港を見下ろすようにそびえる稲佐山。晴れた日には遠く五島列島や雲仙などを見渡すことができます。そんな稲佐山は夜景を見るにも最高の場所!日本だけでなく、世界を代表する美しい長崎の夜景を見てみませんか?

  • 長崎うまいもんの旅!長崎で食べたい絶品地元グルメ!

    鎖国時代から、日本の中で数少ない海外の玄関口であった長崎。 出島に代表されるように、日本の中でも海外との関わりが強かったため、独自の文化が花開きました。 その文化は今でも受け継がれており、長崎市内には、当時の面影を残す建築物も多く見られます。 そして何より、独自に進化した長崎のカラーが強く出ているものといえば、長崎を代表する地元フードたちでしょう。 長崎といえば、多くの人が思い浮かべる「 ちゃんぽん 」「 皿うどん 」だけでなく、最近では新たなグルメも生まれてきています。 今回は、そんな長崎で生

  • 長崎「オランダ坂」散策!長崎で育まれた異国文化に触れる満...

    長崎の観光スポットと言えば、グラバー園に大聖堂、眼鏡橋、出島、中華街! これらを駆け足で回るのも楽しいですが、実はその他にも隠れた魅力がいっぱいあります。 今回は、「オランダ坂」を中心に長崎の異国文化に触れる旅をご紹介します。 「長崎の観光スポットはもう行っちゃった!」という方も、「オランダ坂」をゆっくり散策してみませんか?

  • 【長崎】クリスチャンの町・伊王島の人気観光スポット&おす...

    長崎湾の入口に位置する伊王島。昔から海の玄関口となっていて、明治時代には海外との貿易が開始、そして大正時代に入ると漁業の町として知られるようになりました。今回は、そんな外国の文化が残りながら漁業の町として知られる伊王島のおすすめ観光スポットと宿について紹介したいと思います。

  • 中国風の建物が魅力的!唐人屋敷跡おすすめスポット

    江戸時代に数少ない海外への窓口だった長崎。長崎には現在も当時をしのばせる観光スポットが残っています。「唐人屋敷」もその一つ。かつて中国人居留区として使われていた場所です。跡地として残っている唐人屋敷からおすすめのスポットを紹介します。

  • 長崎・グラバー園で必見観光スポットまとめ!可愛らしい花々...

    長崎開港当時に来日した商人トーマス・ブレーク・グラバーの住居跡地「グラバー園」。長崎では必見の観光スポットです。レトロ浪漫あふれる洋風住宅と園内を彩る花々が雰囲気を盛り上げるロマンチックな場所。見どころをご紹介します。

  • 長崎でカステラを食べたい!おいしいカステラのおすすめ店7選...

    長崎旅行のお土産と言えば「カステラ」。でも、カステラは長崎を代表するお菓子だけに、長崎にはカステラ専門店がひしめき合っています。どこのお店で買ったら良いのか迷ってしまいますよね。今回は、長崎でおすすめしたいカステラの名店をご紹介します。

  • 【長崎】日本三名橋!眼鏡橋・寺町周辺のほっこりカフェ3選

    日本三名橋の一つである長崎県の「眼鏡橋」。遠くから眺めると眼鏡のように見えることからそう呼ばれており、国の重要文化財にも指定されています。また、眼鏡橋周辺には思わずほっこりしてしまうおしゃれなカフェが多いと評判です。今回はその中からおすすめのお店をピックアップさせていただきます。

  • 長崎ちゃんぽんや皿うどんだけじゃない!長崎で食べたい名物...

    長崎の名物グルメと言えば、長崎ちゃんぽんや皿うどんが定番ですが、他にも知る人ぞ知る名物料理が、県内にはたくさんあります。今回の記事では、思案橋周辺のお店をいくつかご紹介しますね!

このエリアの人気記事
新着記事