モナコ基本情報 【ビザ・大使館・税関編】~グラン・カジノで一獲千金の夢が叶うかも!~

1,140

views

0

高級リゾートとして世界中のセレブから愛される「モナコ公国」。今回は、そんなモナコに関する基本情報(ビザ、大使館、税関など)をお届けします。

モナコのビザ事情

モナコでは、シェンゲン協定により観光目的でのビザは不要です。滞在日数は、入国日より90日以内の滞在が可能です。

シェンゲン協定加盟国内での滞在なら合計滞在日数最大180日間可能

シェンゲン協定加盟国以外の国(日本など)から入国する場合は、最初に入国した協定加盟国の空港で入国審査(滞在日数180日のカウント開始)を受けます。協定加盟国地域の滞在は、“合計で180日以内(1国につき連続滞在で)90日間”の滞在が可能です。

シェンゲン協定加盟国(26ヵ国)

アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク

※なお、モナコはフランスの保護国のため、外交や軍事に関してはフランス責任下です。

パスポートについての注意点

モナコ入国時には、パスポートの残存有効期間が3カ月以上必要です。

出入国カードについて

モナコでは入国審査の際、入国カードと税関申請書の呈示が必要です。どちらの用紙も機内で配られるので、到着までに記入しておくと入国時にスムーズな手続きができます。もし、用紙をもらい忘れても、入国審査のエリアに用紙が置かれているのでそこで記入しましょう。

免税範囲(持ち込み/持ち出し制限)

(持ち込み制限)
通貨:EU地域内からの外貨及び現地通貨の持ち込み制限なし
   EU地域外からの現地通貨、外貨、トラベラーズチェックなど含め€410,000相当額以上は申告要
タバコ:紙巻タバコ200本/または1本3gまでのシガリロ100本/または葉巻50本/または細葉巻100本/またはそれらタバコ製品の混合(17歳以上)
酒類:22%以上の蒸留酒1リットルまたは、80%以上の純粋なエチルアルコール2リットル/22%未満の蒸留酒か食前ワイン/発泡ワイン
香水:香水かオーデコロン50ml/その他オードトワレ250ml
その他: 総額€430(15歳未満は€90)相当
【持ち込みが禁止されている物】
EUか周辺ヨーロッパ国産以外の動物製品など

(持ち出し制限)
通貨: €10,000相当額以上の外貨及び現地通貨は申告要

タックス・フリー申請は自己申請

外国人旅行者が同一店舗(モナコ国内)で一定金額以上の買い物をした場合、自己申請で免税(タックス・フリー)手続きができます。
詳しくは下記のサイトをご参考ください。

大使館情報

在フランス日本国大使館(パリ)
住所:7 AVENUE HOCHE 75008 PARIS
電話: 01.48.88.62.00(代表)
開館時間:月~金:午前9時30分~13時 午後14時30分~17時

在東京モナコ公国名誉総領事館(東京)
住所:東京都千代田区丸の内2-3-1 三菱商事株式会社(PM-E)内
電話:03-3211-4994
管轄区域:日本全土

カジノで勝ったら

モナコには格式あるカジノ「グラン・カジノ」があります。カジノで大金を手にした場合は、モナコを出国するときの現金の源泉証明になるので、カジノ発行の証明書を必ずもらいましょう。

さいごに

モナコには美しい街並みやビーチだけでなく、一獲千金の夢もあります。世界で最も格式あるグラン・カジノで大金を手にし、最大180日間の優雅なヨーロッパ(シェンゲン協定加盟国)旅行なんて夢のような話もあるかもしれませんね。グラン・カジノは、観光としても見逃せないスポットです。ぜひ一度訪れてみてください。

Lindos77

沖縄でウェブライターとしてストレスフリーな生活を満喫しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • モナコ旅行おすすめ観光スポット4つ! 地中海に面した高級リ...

    現実を忘れたい、高級な場所へ行ってみたいと思ったあなたにおすすめなのが世界で2番目に小さくもヨーロッパ屈指のリゾート モナコ公国。フランスに囲まれ、地中海にも面している魅力的な立地には世界中のセレブが集まり、優雅な雰囲気が漂っています。その狭い国土をものともしないゴージャスさを是非一度味わってくださいね。

  • モナコ基本情報 【気候・服装編】

    モナコは世界中のセレブが訪れるヨーロッパの人気リゾート地。ベストシーズンは夏ですが、温暖な気候で一年を通じて観光を楽しむことができます。ここではそんなモナコの気候と服装について紹介しましょう。

  • モナコ基本情報 【お金編】~所得税ゼロの国「モナコ」のお金...

    モナコと言えば、「F1」「富裕層だけが住める国」「タックス・ヘイブン(税金天国)」といった印象。今回はそんなお金持ちの国のお金に関する基本情報(通貨、換金、チップなど)をご案内します。

  • モナコで堪能する♪グルメレストラン&バー

    モナコは地中海とフランスに面した世界で2番めに小さい国。ここへは著名なセレブたちも訪れる、バカンスにふさわしいスポットがいっぱい♪人気のビュースポットであるコート・ダジュールを見渡せてロケーションも最高!なオテル・ド・パリ・モンテカルロのグルメのご紹介です。

  • 【モナコ】海上の水族館Temple de la Mer!フランス・ニース...

    モナコ王国、日本では F1 レースの開催地として有名ですね。ニースからは電車、バス、車のいずれかの手段を使えば、わずか三十分ほどで行くことができます。そんなモナコにある素敵な水族館をご紹介します!

  • モナコ基本情報 【ビザ・大使館・税関編】~グラン・カジノで...

    高級リゾートとして世界中のセレブから愛される「モナコ公国」。今回は、そんなモナコに関する基本情報(ビザ、大使館、税関など)をお届けします。

このエリアの新着記事
  • モナコ基本情報 【気候・服装編】

    モナコは世界中のセレブが訪れるヨーロッパの人気リゾート地。ベストシーズンは夏ですが、温暖な気候で一年を通じて観光を楽しむことができます。ここではそんなモナコの気候と服装について紹介しましょう。

  • モナコ基本情報 【言語・お役立ち会話編】~モナコなのにフラ...

    世界一小さい国「バチカン市国」の次に小さい国「モナコ公国」。言わずと知れた世界中の億万長者だけが住める国。そんなモナコの言語や、現地で役立つ会話(フランス語)についてご紹介します。

  • モナコ基本情報 【お金編】~所得税ゼロの国「モナコ」のお金...

    モナコと言えば、「F1」「富裕層だけが住める国」「タックス・ヘイブン(税金天国)」といった印象。今回はそんなお金持ちの国のお金に関する基本情報(通貨、換金、チップなど)をご案内します。

  • 【モナコ】海上の水族館Temple de la Mer!フランス・ニース...

    モナコ王国、日本では F1 レースの開催地として有名ですね。ニースからは電車、バス、車のいずれかの手段を使えば、わずか三十分ほどで行くことができます。そんなモナコにある素敵な水族館をご紹介します!

  • モナコ・モンテカルロでゴージャスに!カジノと名車を体感す...

    地中海に面した世界で二番目に小さな国モナコ。モンテカルロはそんなモナコの主要地区の一つです。ここにはモナコをとことん楽しむための大人のアクティビティが盛りだくさん。その中からモナコらしい3つを厳選してご紹介します。

  • モナコで堪能する♪グルメレストラン&バー

    モナコは地中海とフランスに面した世界で2番めに小さい国。ここへは著名なセレブたちも訪れる、バカンスにふさわしいスポットがいっぱい♪人気のビュースポットであるコート・ダジュールを見渡せてロケーションも最高!なオテル・ド・パリ・モンテカルロのグルメのご紹介です。

  • 気分はグレイス・ケリー♡モナコで触れる美しい町並み

    未だ色あせない往年の大女優であり、モナコ公国のプリンセスでもあるグレイス・ケリー。エルメスのケリーバックの名前の由来であることでも有名です。もはや伝説の一人物でもあるケリーの面影が随所に見られるモナコの観光スポットをご紹介します。

  • モナコ旅行おすすめ観光スポット4つ! 地中海に面した高級リ...

    現実を忘れたい、高級な場所へ行ってみたいと思ったあなたにおすすめなのが世界で2番目に小さくもヨーロッパ屈指のリゾート モナコ公国。フランスに囲まれ、地中海にも面している魅力的な立地には世界中のセレブが集まり、優雅な雰囲気が漂っています。その狭い国土をものともしないゴージャスさを是非一度味わってくださいね。