野菜から魚介類まで!神奈川県三浦半島にある人気直売所4選

49,379

views

0

普段、野菜や果物を手に入れる場合、多くの方はスーパーを利用するはず。もちろんスーパーにも鮮度の良いものは置いてあると思いますが、本当に新鮮な食材を購入するのなら直売所がおすすめ!今回とりあげるのは神奈川県三浦半島にある人気の直売所を紹介します。三浦エリアには、美味しい食材を購入できる場所がたくさんありますよ。

①三浦市農協 三崎支店前直売所

三浦野菜直売会が運営している直売所です。店先に並ぶ野菜や果物は、すべて地元で生産・収穫されたものだけを販売しています。みなさんの家庭でよく使われる身近な野菜から、季節限定の果物、また、花など幅広い商品を扱っています。地元の方だけでなく、遠くから訪れる観光客も立ち寄っています。

写真の野菜はレディーサラダと呼ばれる大根の一種。普通のスーパーではなかなか見かけないこの大根は、昭和52年に三浦大根と外国産の大根の交配によって生まれました。旬の時期は毎年10~3月。普通の大根よりも小さめで赤色の皮が特徴です。

三浦市農協 三崎支店前直売所
住所:
神奈川県三浦市栄町8-10
営業時間:
9:00~17:00
電話番号:
046-888-3151 

②三浦市農協 上宮田支店前直売所

三浦海岸駅からすぐのところにある直売所。ここにも三浦産の野菜や果物などを売っています。大根やキャベツが人気。大きいサイズのキャベツが100円だったりと安くて新鮮な商品が購入できます。

三浦市農協 上宮田支店前直売所
住所:
神奈川県三浦市南下浦町上宮田1491-2
営業時間:
9:00~17:00
電話番号:
046-888-3151 

③高梨農場 野菜直売所

出典: www.yelp.com

広大な敷地の専属農家で栽培された露地野菜や果物が、年間を通して約150種類もの食材が販売されています。こちらは水曜日を除き、毎日10:00~17:00まで開いています。ただし、天候や作物不足など、場合によっては臨時休業することもあるようです。

この直売所の特徴は、農場に直結しているため収穫したての野菜や果物が手に入ること。敷地内には無料駐車場も設備されているため、車を利用して気軽に行くことができます。三浦ダイコンをはじめ、四葉キュウリや金時にんじんなど、なかなか手に入らない野菜も購入できます。

三浦エリアはスイカの生産も盛んです。明治時代から栽培が始まったと言われていて、ここでは毎年7~8月が収穫時期になります。土づくりからこだわっており、大きくて甘味があるスイカをゲットできます。シーズン中はこちらでも購入が可能。ぜひ買って食べてみてください。

高梨農場 野菜直売所
住所:
三浦市南下浦町菊名662-7
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
046-888-1089
水曜日が定休日

④山茂丸水産

上記の3スポットは、野菜や果物の直売所になりますが、横須賀の佐島にあるこちらは主に水産物を扱った直売所になります。漁業者が自ら加工から販売まで行っているため、毎日新鮮な魚介類やそれらを使った加工食品などをリーズナブルに手に入れることができます。

名物はしらす。しらすとは、カタクチイワシやマイワシの幼魚の総称名。そのまま生でも料理に使っても美味しくいただけます。生の場合は醤油を少しかけ、好みで酢を足して食べると美味しくいただけます。もちろんシラス丼にしても美味しいですよ。

シラス干しや釜あげシラス、タタミいわしやイワシの丸干しなども販売しています。ほかにもトマトやじゃがいもといった野菜類、果物やドライフルーツ、ピクルスなどもあります。佐島エリアを訪れた際は、美味しいしらすをゲットしに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

山茂丸水産
住所:
神奈川県 横須賀市 佐島1-25-15
営業時間:
10:00~16:00
電話番号:
046-857-6700

まとめ

三浦半島は農業だけでなく漁業も盛んなエリア。収穫したての野菜や果物、魚介類は鮮度が違います!新鮮な材料を使えば料理の味も変わってきます。東京からも比較的訪れやすいというのもメリット。もし三浦半島へ訪れる予定のある方は、観光のついでにでも直売所まで足を延ばしてみてください。

Mari I

在住歴13年目を迎えたアメリカ在住ライター。今まで訪れた国は25カ国以上。まだまだ行きたい国が沢山!趣味はもちろん旅行!外国語や海外の文化や歴史を学ぶことが好きです!よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
新着記事