富良野で人気のおすすめ観光スポット15選!北海道の大自然とラベンダーを始めとする美しいお花畑!

1,799

views

0

美しいという言葉がズバリ当ては当てはまるのが富良野の自然。雪に覆われた静寂の冬が終わり、次の季節がめぐってくると可愛い花々が、辺り一面を埋め尽くしていきます。花の色の絨毯を敷き詰めたような美しい光景を楽しみに、毎年大勢の観光客が富良野を訪れるのです。素晴らしい富良野のスポットを15選でご案内します。

ショッピングロード「ニングルテラス」

新富良野プリンスホテル隣接の、森の中にあるメルヘンでロマンチックなショッピングエリアです。
ニングルテラスは、森の中をニングルの村と仮定して、可愛い様々な建物が建建てられているんですよ。
ニングルテラスでしか売られていない、自然がテーマの富良野らしい素敵な商品がいっぱいあるんです。
ニングルテラスのエリア内は、美しい樹木に覆われていて、木陰と木漏れ日が溢れる中、涼しく気持ちよくショッピングを楽しむことができますね。
日が沈んでいく頃からは、美しくライトアップされて、ロマンチックに溢れたエリアを作り出しています。

ニングルテラスの中にあるのがログカフェテラス「チュチュの家」。オリジナルケーキが付いたセットメニューの他にも、焦げ目が入った冷たくて不思議なおいしいミルク、焼きミルクはいかがでしょう。
「紙々の森」では、独自の製作方法で切り取った切り絵を何枚にも重ねて作られた、美しい北海道の風景を見ることができます。
「富良野塾銀細工(雪の結晶)」では、同じものは二つとないと言われる雪の結晶を、モチーフとして型どった銀細工のアクセサリーを購入できます。
富良野の森から集めてきた、自然素材を使って作られたオーケストラ作品がある「富良野塾の店(森の楽団)」など、まだまだたくさんの可愛くて素敵なお店が、皆さんを待っています。

ショッピングロード「ニングルテラス」
住所:
北海道富良野市中御料
電話番号:
0167-22-1111
営業期間:
通年営業(店舗により不定休あり)
※11月に休業期間あり
営業時間:
12:00~20:45、7月1日~8月31日は時間延長(10:00~8:45)、天候・季節によって営業時間が変更になる場合あり
休業日:
年中無休(各店舗で異なります)
アクセス:
JR根室本線富良野駅よりタクシー10分
駐車場:
270台(無料)

麓郷の森(ろくごうのもり)

麓郷の森は、テレビドラマ「北の国から」の初期のロケ地として有名で、1984年(昭和59年)から、観光地として整備され、今では様々なスポットが点在する人気の場所となっています。
「北の国から」のロケに使用されたのが、「黒板五郎(くろいたごろう)の丸太小屋」、風力発電のある「五郎3番目の家」なのですが、現在では、森の写真館や彩(いろどり)の大地館に森の広場などが佇む、自然に溢れた森となっています。
ドラマ「北の国から」のTV放送があってから、もう長い年月が経つのですが、名作だったのが理由でしょうかそれとも根強いファンが多いせいなのでしょうか、今でも多くの人が訪れているというのは、とても素晴らしいことですね。

「黒板五郎」の丸太小屋は、黒板五郎(田中邦衛さん)とその子供の純と螢(吉岡秀隆さん、中嶋朋子さん)が力を合わせて建てたのですが、その後のドラマの設定上、五郎の丸太小屋は焼失することになっていました。
この焼失の事件の放送をきっかけに丸太小屋を移設して、新しい観光の拠点を作ることに話が進み、麓郷の森が誕生したのです。
ちなみに、放送されたドラマで焼失した丸太小屋は、撮影のためのセットだったそうです。

麓郷の森
住所:
北海道富良野市東麓郷1-1
電話番号:
0167-29-2323
開園時間:
(5月~10月)9時~17時
開園期間:
5月~10月は毎日、11月~4月は土・日・祝のみ営業(要確認)
※年によって、営業期間や開園時間が変わるのでHPを確認ください
休館日:
冬季閉鎖、期間中は無休
アクセス:
(バス)富良野駅前から麓郷行、終点下車、徒歩約20分
(車)富良野市内から約25分
駐車場:
150台(バス駐車可)

鳥沼公園

富良野市の郊外に広がる、思いっきり自然に溢れる静かな公園が、鳥沼公園です。
鳥沼公園には、とっても透明度が高い沼があって、水面に映る木々がとても美しいんですよ。
春には水芭蕉やザゼンソウが咲き誇り、夏には蛍が舞い、秋には素晴らしい紅葉が見られます。
アイヌ語の「チカプントウ」(chikap・un・to=鳥・そこに居る・沼)から、鳥沼の名前が付いたとか。
鳥沼において、縄文時代他の土器や石器が発見され、考古学的にも貴重な場所となっています。
鳥沼の湧水で透明度の高い沼は不凍沼、この辺りでの不凍沼は珍しいそうです。
昨今の公園のように、これでもかという遊具などの設備も無く、自然のままの美しい公園ですね。

鳥沼では、原生林を自然のままに残しており、ミズナラ・ハンノキ・ヤチダモなどが生い茂っています。
更には、40種類以上の野鳥やエゾリスなどの小動物の生態を見ることもできるんですよ。
春の時期には上品なミズバショウの姿、夏になるときれいな水がある場所にしか発生しないホタルが観察できます。
2016年8月30日、北海道に甚大な被害をもたらした台風10号の通過後の出来事ですが、鳥沼の湧水の沼が、美瑛町にある青い池のように変色して話題になっていました。
現在では、不思議にも緑色の時もあったりするようなのですが、水が澄んでいて透明なことには変わりなく、大きなニジマスやカモなどの水鳥、そしてオニヤンマなどのトンボ達にも出会えますよ。

鳥沼公園
住所:
北海道富良野市東鳥沼1
電話番号:
0167-23-3388(富良野・美瑛広域観光センター)
営業時間:
常時開放(無料ボート9:00~16:00)
休園日:
無し
アクセス:
JR富良野駅より約5.7キロ バス「麻町線」「麓郷線」9線バス停下車 徒歩10分
駐車場:
50台

深山峠アートパーク

北海道の中心部、へその街と呼ばれているのが富良野です。
その富良野にある体験型のミュージアムが、深山峠アートパークで、「トリックアート美術館」・「観覧車」・「物産館」の3つの施設に分かれています。
館内には、富良野のジェラートを作って20年の深山アイス工房やオリジナル作品を作ることのできるアート体験、峠のチーズタルトやオリジナルスイーツのパン工房「花かんむり」、そして、十勝岳連峰の大パノラマを望める展望テラスなど、遊んで食べて楽んでの三拍子揃った複合施設なんですよ。

「トリックアート美術館」では、絵が飛び出したり、平面に描かれたモノや人物が、立体的に浮かび上がったり、額縁から飛び出してきたりなどの様々なトリックアートが体験できます。
「観覧車」は、四季の表情溢れる丘にあって、地上50mから見る上富良野一帯に雄大な十勝岳連邦の絶景を体感できます。これぞ十勝岳アートビュー!自然の景観もアートにしてしまうんですね。
「物産館」内には、アート体験コーナーや深山アイス工房に深山ギャラリー、そして、箱菓子・雑貨・ラベンダー関係の北海道限定の商品など、たくさんのお土産品が揃った売店もあります。

深山峠アートパーク
住所:
北海道空知郡上富良野町西8線北33号深山峠
電話番号:
0167-45-6667
営業期間:
(トリックアート美術館)通年営業、
(観覧車・物産館)4月~11月
営業時間:
(4・10・11月)9時~17時、
(5・9月)9時~18時、
(6~8月)9時~19時、(1~3月) 10時~16時
休業日:
(トリックアート美術館・4~11月)無休、
(12~3月)週休1日、年末年始、
(観覧車・11月中旬~4月上旬)、悪天候&メンテナンス等
アクセス:
(バス)ふらの快速ラベンダー号「深山峠」下車3分
(車)富良野より約30分、上富良野駅より約15分。
駐車場:
200台

拓真館〔たくしんかん〕

出典: www.jalan.net

拓真館は、険しく美しい美瑛の風景を撮り続けた前田真三氏と息子である晃氏の写真を展示しているギャラリーです。
美瑛町や富良野一帯の風景に惚れ込んだ前田真三氏、氏の風景写真を展示するため、昭和62年7月、廃校となっていた小学校の体育館を改築して、拓真館がスタートしました。
前田真三氏の作品は、北海道の日本とは思えないような素晴らしい風景を題材として取り上げているんです。
ギャラリーにてじっくりと写真を見てみると、改めて前田真三氏の偉大さが実感できますね。

出典: www.jalan.net

美瑛町や富良野一帯では、初夏になると、青色に染まった麦畑と残雪の十勝岳連峰の絶景が、夏には黄金色の麦畑と辺り一面のジャガイモの白い花、更にはバイオレットのラベンダー畑が一帯の丘に広がります。
それまで、ほとんど注目もされていなかった富良野の風景に出逢い、その優れた感性でたくさんの写真を撮影して、富良野を大観光地へと変貌させたのは、前田真三氏の業績とも言えるのでしょうね。
見事な写真の数々に圧倒されるギャラリーなのに、入場無料で見学できると言うのは嬉しいです。
ギャラリーの建物も、その素朴さと木の温もりに溢れ、庭にある白樺の散歩道も涼しく、おすすめのスポットです。

拓真館
住所:
北海道上川郡美瑛町字拓進
電話番号:
0166-92-3355
開館時間:
(5月~10月)9:00~17:00、
(11月~1月)10:
00~16:00
休業日:
2月~4月
アクセス:
美瑛駅から車で15分
駐車場:
50台(無料)

ふらのフラワー工房

誰でも気軽に「お花の宝石箱作り」の体験を!それができるのが、ふらのフラワー工房です。
色や形は生花の状態に保ったままで、特殊な乾燥法を使って作るのが「レカンフラワー」。
「レカンフラワー」はフランス語、その意味は花の宝石箱なんですよ。
お気に入りの植物を、自然の色を残して形状もそのままで乾燥させ、立体フレームに残します。
お花もデザインも自由自在にアレンジ、新感覚のフラワーアートです。
押し花ではなく、ドライフラワーでもない、プリザーブドフラワーとも違う、新しいフラワーアートなんです。

ふらのフラワー工房では、「レカンフラワー」以外にも、草花を使った彩り染めやアートプリントなどの小物作りなどができ、子供も大人も楽むことのできる体験教室が色々とあります。
北海道の夏は短いです。その短い夏の中、大自然に抱かれて精一杯咲いた花たちを、自然のままの状態で飾っておける、「レカンフラワー」を体験してみましょう。
富良野には、お花の種類もとてもので、ふらのフラワー工房であなた感覚の「レカンフラワー」を作ってみませんか。

ふらのフラワー工房
住所:
富良野市春日町8-5
電話番号:
0167-23-4660
営業時間:
10:00~20:00(要予約)
休業日:
火曜日&金曜日
アクセス:
JR富良野駅から徒歩で8分
駐車場:
2台(無料)

ふらのやまべ美ゅーじあむ

万華鏡…その不思議で美しい世界、子供の時には小さな胸をときめかせたものですね。
万華鏡のミュージアムであるふらのやまべ美ゅーじあむ、万華鏡に魅せられてしまった、当館代表の三井郁弥さんが収集した万華鏡コレクションが、500点以上も展示されているのです。
2009年6月、98年間の歴史を刻んで廃校となった富良野市立山部第一小学校、その小さな木造の校舎が、万華鏡のミュージアムとして生まれ変わりました。
木造の温もりが溢れる校舎、しっかりと磨かれた廊下、そしてその壁に並べられた歴代校長先生の写真、更には、スリッパも机もイスも全てが当時のもの。簡単に古いものは処分をしてしまう現代において、素晴らしいことですよね。

万華鏡って、いったいどのようにして発明されたものなのでしょうか。
時は1816年、スコットランドの物理学者デビット・ブリュースター博士が、灯台の光をもっと遠くまで伸ばすことはできないかと、鏡を利用しての実験をしていた時に、偶然に発見されたものなのです。
スコットランドで誕生し育まれてきた万華鏡は,200年以上経った今でも進化を続けています。
万華鏡で見られる、無限に変化し続ける可憐で巧妙に入り組んだ光が織り成す模様は、人々の心を照らし更には癒し続けているのです。
素朴で複雑な美しさ、素直に美しいと感じられる体験ができる、貴重な万華鏡のミュージアムですね。

ふらのやまべ美ゅーじあむ
住所:
富良野市山部西14線2番地
電話番号:
0167-42-3303
開館時間:
10:00~21:00
(18時以降要予約 090-3775-1971)
休館日:
夏期不定休(5月~10月)
アクセス:
JR富良野駅より車で18分
駐車場:
無料駐車場有り

ファーム富田

ファーム富田は、広大なラベンダー畑が見られることで有名なフラワーファームです。
あたり一面紫色のラベンダー畑以外にも、様々なお花畑があって、ポピー・コスモス・カスミ草などの可愛いお花でいっぱいになります。
園内には、休憩所でもある「ポプリの舎」や香水の調合を見学(要予約)することができる「香水の舎」、更には「花人の舎」・「蒸留の舎」・「ポピーの舎」などのたくさんの施設があり、訪れる観光客を楽しませてくれています。
おすすめのラベンダーアイスクリームを始めとした、軽食や飲み物が取れるカフェも併設されているので、休憩の際には利用しましょう。

トラディショナルラベンダー畑は、ファーム富田の原点でもある、日本で最も歴史あるラベンダー畑です。
国鉄(旧JR)のカレンダーで、このトラディショナルラベンダー畑が紹介されたことから、富良野のラベンダーが一気に全国に広がるきっかけとなった畑なんですよ。
ラベンダーの最盛期には、まるで紫の絨毯を敷き詰めたかのように、一帯の斜面全体をラベンダーが埋め尽くし、素晴らしい光景を見ることができます。
頑張って畑の斜面の上に登れば、風になびくラベンダーの向こう側に、富良野盆地の田園風景や雄大な十勝岳連峰などが目に入ってきて、その絶景にはきっと感激するでしょう。

ファーム富田
住所:
北海道空知郡中富良野町基線北15号
電話番号:
0167-39-3939
営業時間:
(花人の舎、4月下旬~9月)8:30~18:00、
(10月~4月中旬)9:
00~16:30、
(ポプリの舎、4月下旬~10月)8:
30~17:00、
(蒸留の舎・香水の舎、4月下旬~9月)8:
30~17:00
休業日:
無休
アクセス:
中富良野駅から徒歩で20分、
(富良野バス)富良野駅前⇔中富良野約12分
(車)旭川空港より約45分
駐車場:
280台

彩香の里 佐々木ファーム

出典: www.jalan.net

彩香の里(佐々木ファーム)の敷地は6ヘクタールと広大で、敷地内の丘一面が紫色に染まったラベンダー畑なんですよ。
ラベンダーのお花畑の向こう側には、どこまでも限りなく広がる青い大空がとても美しいです。
ルピナス・ビール麦・サルビア・ひまわり・マリーゴールドなど、数々の花畑もあるので、いろんなお花を様々に楽しむことができますね。
彩香の里(佐々木ファーム)は、映画やCMなどのロケ地としても、よく利用されているんですよ。
北海道で育つ、8種類のラベンダーを見ることができる、貴重なラベンダー園としても知られています。

出典: www.jalan.net

彩香の里(佐々木ファーム)では、咲き誇るお花たちが、訪れる大勢の皆さんに感動を与えています。
特におすすめなのは、早朝にラベンダー畑から見られる十勝岳と芦別岳の眺め、まさに絶景です。
観光客的には、近くにある富田ファームの方へ行く傾向が強いようで、彩香の里(佐々木ファーム)は、比較的空いていると言うか、外国人の姿が少ないようですね。
施設の充実度は富田ファームにかなわないかも知れませんが、お花畑に関しては、彩香の里(佐々木ファーム)も負けてはいませんよ。
7月には、期間限定のラベンダーウェディングも開催されています。

彩香の里 佐々木ファーム
住所:
北海道空知郡中富良野町丘町6-1
営業時間:
08:00~17:00
電話番号:
0167-44-2855
開園期間:
6月~9月
休館日:
冬期休業
アクセス:
JR中富良野駅から2.0Km 徒歩約20分
駐車場:
180台

風のガーデン

風のガーデンは、新富良野プリンスホテルの敷地内に位置する約2000㎡のブリティッシュガーデンです。
テレビドラマ、「風のガーデン」の舞台となった場所と言うことで、良く知られています。
風のガーデンは、北国の気候でも育つ品種を中心に、約2万株の宿根草を選び植栽、その後2年の歳月をかけて育て上げ、現在では季節ごとに計400種類以上もの花々が咲き誇っているのです。
見事なブリティッシュガーデンを見て回るだけでも素敵なのですが、ドラマ「風のガーデン」でも外せないのが「グリーンハウス」、室内を自由に見ることができ、撮影時のセットがそのまま保存されています。

倉本聰氏の描く「富良野三部作」、最後の作品となったのが「風のガーデン」でした。
そして、この作品では絶対に外せないのが「ブリティッシュガーデン」、更にドラマのシンボル的な存在だったのが、白い壁の建物「グリーンハウス」ですね。
「グリーンハウス」への立ち入りは自由で、作中に出てきた椅子・暖炉・ピアノもそのままあります。
テーブルの上に広がる押し花を見ると、未だに誰かが住んでいるんじゃないかと思ってしまいます。
グリーンハウスの周辺では、作中に登場した「ガブリエルの像」や「犬のお墓」もあり、そして、ドラマのファンなら見逃せない「キャンピングカー」も、ドラマと同様に林の中に隠されているので探してみてください。

風のガーデン
住所:
富良野市中御料 新富良野プリンスホテル ピクニックガーデン
電話番号:
0167-22-1111
開館期間:
(4月中旬~10月中旬)8:00~18:00、
(6月中旬~8月末まで「ナイトガーデン」)20:
00、
(10月)16:
00まで
休館日:
開館期間以外
アクセス:
(バス)リムジンバス旭川空港線・富良野駅前発・新富良野プリンスホテル下車、徒歩3分
駐車場:
乗用車390台、バス可

カントリーテラス・コロポックル

出典: www.jalan.net

カントリーテラス・コロポックルは、自然の中で様々な癒しとゆとりが得られる、新しい体験施設です。
四季を通じたアクティビティや農業体験、色々な手作り体験などを楽しむことができるんですよ。
大雪山系十勝岳連邦にほど近い場所ということもあって、豊かな大自然の魅力を満喫できます。
施設名でもあるコロポックルとは、アイヌ伝説において、アイヌよりも遥か昔から北海道に住んでいる、小人さんのことなんですね。
アイヌ語では、「蕗(ふき)の下の人」という意味なのですが、蕗の葉を傘のように持っている小人さんが目に浮かびますね。

カントリーテラス・コロポックルは、広大な敷地の中に、牧場や畑など自然がいっぱいに詰め込まれている施設です。
周りの豊かな大自然も一緒になって、北海道らしさをこれでもかと言うくらいに満喫しちゃいましょう。
園内では、どれにしようか迷ってしまうほどの体験メニューがあって、ご家族一緒に楽しめますよ。
施設的には、メインの建物内でカフェやお食事ができ、売店も備わっています。
建物の前には、かわいい羊達のいる羊牧場に苺狩りのできる苺畑、アスパラ・じゃがいも・ぶどう畑で
旬の時期の収穫体験、ベリー畑ではブルーベリーやハスカップがあって、収穫体験もOKです。

カントリーテラス・コロポックル
住所:
北海道空知郡中富良野町東1線北4号
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0167-44-2583
休業日:
夏期無休(11月上旬~4月予約のみ)
アクセス:
富良野線「学田駅」より歩いて5分、又はJR「富良野駅」より車で5分
駐車場:
(無料)大型15台、乗用車約40台

グラス・フォレストin富良野

出典: www.jalan.net

グラス・フォレストin富良野は、オリジナル硝子作品である「しばれ硝子」を始めとする、様々な硝子製品を購入できる展示販売施設です。
グラス・フォレストin富良野では、様々に変化していく富良野の四季を硝子に表現しています。
2005年7月、北海道富良野の麓郷(ろくごう)で創業して以来、富良野の地に生まれた「硝子の森」 として、多くのファンやお客さまが訪れています。
グラス・フォレストin富良野では、数々の硝子製品の展示販売の他に、とんぼ玉やサンドブラストの体験工房など、多彩な体験メニューがあるので、参加してみてはいかがでしょうか。

出典: www.jalan.net

グラス・フォレストin富良野の、オリジナル硝子作品の代表格なのが、「しばれ硝子」です。
「しばれ硝子」は、厳寒の地・富良野の自然現象で、空気がキラキラと輝く「ダイヤモンドダスト」からイメージされてできた作品なんですよ。
実際に手に取って、しばれ硝子が持つ魅力を、あなた自身で確かめてみてください。
しばれ硝子のグラスは、温度変化などによって、幾層にもなっている内側のガラスに徐々にヒビが入っていき、そのグラスが成長していくという、不思議で魅力的なグラスなんです。
購入して、もし運が良ければ、細かなヒビが入る時の「チン!」という音が聞けるそうですよ。

グラス・フォレストin富良野
住所:
北海道富良野市麓郷市街地3
電話番号:
0167-39-9088
営業時間:
9:00~18:00、(7月・8月は19:00までの延長営業日あり)
休業日:
年中無休
アクセス:
(バス)JR富良野駅からふらのバス麓郷行きで35分乗車、終点下車し徒歩5分
(車)JR富良野駅から国道38号線を帯広方面へ、途中麓郷方面へ左折し約11km(約20分)
駐車場:
50台収容(無料)、大型バス可

ふらのワイン工場

北海道の大地に根付いた豊かな自然、その自然に溢れた富良野の地において育まれてきたのが「ふらのワイン」です。
「ふらのワイン」は、その製作を進めていく過程で自然の恩恵を受けるだけでなく、職人さんたちの想像を絶する尽力に努力、そして富良野の市民の皆さんの思い入れが詰まってできているのです。
北海道でも、数少ない地元原料・醸造・販売という一貫体制で行われているのがふらのワイン工場。
ふらのワイン工場では、工場見学や試飲もできますし、もちろんワインの購入もOKです。

ふらのワイン工場のワイナリーは、山の中腹にあるぶどうヶ丘に並んで建っています。
ここには花畑や富良野盆地、更には十勝岳を一望できる展望地があるんですよ。
ワイン工場では、ワイナリーの見学もでき、「ふらのワイン」の製造工程や熟成庫などを、順路に沿って見ていくことができ、さらにワインの試飲・・もちろんOKですね。
売店では、ふらのワイン工場のオリジナル商品、そして、ワインや果汁を原料に使った製品などを購入することができます。
6月下旬~7月中旬にかけて早咲きのラベンダーが、その後、ワイナリー上の広場でも一足遅れて斜面一面に咲くラベンダー畑が見られます。
ライトアップ時に、レンガ色のワイナリーと紫のラベンダーが繰り出す、幻想的な光景を堪能ください。

ふらのワイン工場
住所:
富良野市清水山
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0167-22-3242
休業日:
年中無休(年末年始を除く)
アクセス:
JR富良野駅より 約3キロ
駐車場:
(無料)大型バス8台、乗用車20台

富良野チーズ工房

富良野チーズ工房の施設の1つ、白樺の林の中にある自然豊かな「チーズ工房」では、硝子越しではありますが、チーズの製造室や熟成庫を見学することができるんです。
2階にある直販コーナーでは、チーズの試食コーナーで味見ができますし、チーズ工房で製造したチーズ・牛乳・バターを使用したお菓子類なども購入できます。
試食コーナーに行って、是非チーズを試食してみましょう。富良野牛乳を使った濃厚なチーズは絶品です。
その他にも、チーズ・バター・アイスクリーム・パンなどの、手づくり体験もすることができます。

「アイスミルク工房」では、ふらのの新鮮な牛乳からつくられたジェラートが販売されています。
大人気の ホワイト(ミルク味)やチーズ工房のチーズを使ったチーズなどの手作りアイスはおすすめです。
「ピッツア工房」では、本場のナポリで修行した職人さんが焼く本格ナポリピッツアが大人気。
窯はナポリから取り寄せた本場のまき窯で、当然地元産の食材に野菜、そしてチーズ工房オリジナルのモッツアレラチーズで作る富良野産にこだわったピッツア。美味しすぎてリピーターも急増中です。
「手作り体験工房」では、バターやアイス、チーズなどの手作り教室にも参加(要事前申込)できますので、ご家族や気の合う仲間とご一緒に参加して、楽しんでください。

富良野チーズ工房
住所:
北海道富良野市中五区
電話番号:
0167-23-1156
開館時間:
9時~17時、(11月~4月)9時~16時
※7月は延長有
休館日:
(5月~10月)無休
(11月~4月)日曜、第1・3土曜日休館
アクセス:
富良野駅から道道985号線を5㎞弱
駐車場:
(無料)120台

ふらのジャム園

昭和61年にふらのジャム園としてオープン、その後多くの皆さんに親しまれている直営ショップです。
ふらのジャム園では、こちらで生産している38種類のジャムの全てを試食しながら購入できるので、試食だけでお腹がいっぱいになりそうですし、迷ってしまってなかなか決まらないかしれませんね。
ショップでは、38種類のジャムを始め、その他の農産加工品(お惣菜・ドリンク)の購入もできます。
特に、ここの直営ショップでしか買えないジャム(紅玉りんご・すもも)などもあるそうなので、これはふらのジャム園まで行かないといけませんね。
ジャムセットを可愛くラッピングしたものもあって、お土産にも最適ですよ。

園内にあるジャムおばさんのスイーツ工房Ritaでは、ふらのジャム園オリジナルのスイーツ「クロワッサンカタラーナ」にオーストリア生まれの焼き菓子「リンツァートルテ」などもあって、これはおすすめです。
更に園内の施設としてあるのが、アンパンマンのオフィシャルショップ、品揃えは北海道どころか、国内最大級なんですよ。
そして、ふらのジャム園に来たら、忘れちゃいけないのが麓郷展望台、富良野の大自然を一望できる展望台で、春&夏は数々のお花、秋は紅葉、冬は雪景色と、四季折々の絶景が見られます。

ふらのジャム園
住所:
北海道富良野市東麓郷の3
営業時間:
09:00~17:30
電話番号:
0167-29-2233
休業日:
年末年始のみ、その他は無休(12月~3月の冬期間は臨時休業する場合あり)
アクセス:
JR富良野駅から車で25分
駐車場:
200台

今回は、富良野の素晴らしさを感じられる観光スポットを中心に、ご紹介をしました。
休日をご家族やカップルで楽しめる富良野の名所的スポット。
富良野のアートを感じられ、更には、体験して楽しめる美術館的スポット。
お花畑や大自然の光景に感動した後は、富良野で作られた野菜や果物に特産品までを飲食したり購入したりできる観光農園。
富良野特有の物づくりに、食材などを製造・販売している工房の4点からのチョイスでした。
見て感動、体験して感動、食べて飲んで感動の、感動尽くしの観光ができるのが富良野ですね。

北海道のおすすめ記事はこちら

ioi_asuka

ベトナムのホーチミン市に住んでいます。在住歴は6年半です。ベトナム人ばかりのローカル地区で、愛犬&愛猫と一緒に生活しています。大陸の風に吹かれて、のんびり自分らしくの毎日です。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 富良野のお土産おすすめ15選!人気のチーズやスイーツ、ワイ...

    北海道の中でも人気の観光地の一つである富良野のお土産には乳製品や乳製品を使ったスイーツ、メロンやじゃがいもなどの農作物などたくさんあります。ここでは人気の富良野のお土産を紹介しましょう!

  • アンパンマングッズがたくさん!富良野「アンパンマンショッ...

    北海道富良野市のたくさんの緑に囲まれた場所にある「アンパンマンショップ ふらの店」。こぢんまりとした可愛らしいお店で、その中はアンパンマングッズが豊富に取り揃っています。そんな「アンパンマンショップ ふらの店」を今回はご紹介!

  • 【北海道】富良野の魅力満載!星に手のとどく丘キャンプ場

    大自然を楽しめる観光地、富良野。テレビドラマや旅行番組などでよくとりあげられる風景を満喫したい方におすすめなのがキャンプ!そこで今回はそんなキャンプができる、森や降ってくるような星空など富良野の魅力満載の「星に手のとどく丘キャンプ場」をご紹介します。

  • 富良野でグルメを満喫しよう!スイーツからカレーまで!

    ラベンダーや北の国からのロケ地として全国的に知られている富良野は、観光地としても大変人気の場所。しかしそれだけではなく、農作物が豊富に採れ、地元の食材を使った料理やスイーツを食べられるお店が数多くあるんです。今回は富良野でおすすめしたいグルメスポットを厳選してご紹介します!

  • 富良野市で泊まりたい宿泊施設15選!ラベンダー香る北海道の...

    夏のラベンダー、冬のスノーアクティビティ、テレビドラマのロケ地など、季節を問わず訪れたい北海道富良野市。観光スポット盛りだくさんの富良野を訪れて日帰りなんてもったいない!今回は富良野観光で利用したい人気の宿泊施設をご紹介します!

  • 北海道富良野市のご当地グルメ「富良野オムカレー」おすすめ...

    北海道富良野市のご当地グルメに「富良野オムカレー」というものがあります。その富良野オムカレーには①お米は富良野産を使い、ライスを工夫する。②卵は基本的に富良野産を使い、オムカレーの中央に旗をたてる。③富良野産の「チーズ(バター)」または「ワイン」を使う。④野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産・北海道産を極力使用する。⑤富良野産の食材にこだわった一品と「ふらの牛乳」を付ける。⑥税抜1000円以内で提供する。という富良野オムカレー推進協議会の定めた6か条があります。今回は富良野オムカレー推進協議会加盟店

このエリアの新着記事
  • 富良野のご当地グルメ20選!有名店から地元に愛される隠れ家...

    観光地として人気の富良野には、たくさんの美味しいグルメがあります。食材の宝庫としても知られる富良野ですが、新鮮食材を使用した逸品は観光客だけでなく地元ローカルにも大人気。今回はそんな富良野を旅したら、味わいたい「富良野グルメ20選」を一気にご紹介します。

  • 夏の北海道・富良野の人気スポット特集!美しい花畑の絶景を...

    「北海道のへそ」と呼ばれる内陸地・富良野。人気ドラマのロケ地や美しい花が咲き乱れる花畑など、北海道の夏を存分に楽しむには最良の場所です。今回は夏の富良野市に行ったら訪れたい素敵な観光スポットをご紹介します。

  • 北海道富良野市のご当地グルメ「富良野オムカレー」おすすめ...

    北海道富良野市のご当地グルメに「富良野オムカレー」というものがあります。その富良野オムカレーには①お米は富良野産を使い、ライスを工夫する。②卵は基本的に富良野産を使い、オムカレーの中央に旗をたてる。③富良野産の「チーズ(バター)」または「ワイン」を使う。④野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産・北海道産を極力使用する。⑤富良野産の食材にこだわった一品と「ふらの牛乳」を付ける。⑥税抜1000円以内で提供する。という富良野オムカレー推進協議会の定めた6か条があります。今回は富良野オムカレー推進協議会加盟店

  • 北の国ロケ地!北海道富良野で名場面回想の旅にでよう

    21年間続いた人気ドラマ「北の国から」が終了して13年。今もなお、ドラマの想い出を求めてロケ地である富良野に足を運ぶファンが大勢います。「北の国から」を観ていた方もそうでない方も、自然豊かな富良野の旅で「北の国から」の世界を堪能してみませんか?

  • 新富良野プリンスホテルの魅力!北海道の雄大な自然を堪能し...

    北海道のへその街ともいわれる富良野。北海道のちょうど真ん中に位置することからこのように呼ばれています。テレビで一度は富良野の魅力についてご覧になったことがあると思いますが、今回は新富良野プリンスホテルで過ごせる春夏秋冬の楽しさをお伝えします。

  • ラベンダーだけじゃない!北海道・富良野の楽しみ方教えます!

    北海道の人気観光地、富良野。観光といえばラベンダーやテレビドラマ「北の国から」のロケ地めぐりだけと思っていませんか?実はそれだけではなく、富良野にはまだまだ楽しめるところや素敵な場所があるんです。ラベンダーの見頃は例年7月中旬から下旬です。ラベンダーの時期じゃなくても楽しめるスポットを教えます!

  • 北海道・富良野といえば花畑!ファーム富田の完全ガイド!

    北海道といえば、色鮮やかな花畑が目に浮かびます。赤や黄色、紫やピンクの色や、花の香り、すべてが癒しを与えてくれます。また、ファーム富田では、オリジナルのスイーツなども販売しています。 北海道の花を満喫できるファーム富田の完全ガイドをご紹介します。

  • 富良野のお土産おすすめ15選!人気のチーズやスイーツ、ワイ...

    北海道の中でも人気の観光地の一つである富良野のお土産には乳製品や乳製品を使ったスイーツ、メロンやじゃがいもなどの農作物などたくさんあります。ここでは人気の富良野のお土産を紹介しましょう!

  • 富良野市で泊まりたい宿泊施設15選!ラベンダー香る北海道の...

    夏のラベンダー、冬のスノーアクティビティ、テレビドラマのロケ地など、季節を問わず訪れたい北海道富良野市。観光スポット盛りだくさんの富良野を訪れて日帰りなんてもったいない!今回は富良野観光で利用したい人気の宿泊施設をご紹介します!

  • 富良野でグルメを満喫しよう!スイーツからカレーまで!

    ラベンダーや北の国からのロケ地として全国的に知られている富良野は、観光地としても大変人気の場所。しかしそれだけではなく、農作物が豊富に採れ、地元の食材を使った料理やスイーツを食べられるお店が数多くあるんです。今回は富良野でおすすめしたいグルメスポットを厳選してご紹介します!

新着記事