ウクライナ崖のお城スワローズ・ネストを観光!ツバメの巣と呼ばれる絶景がスゴすぎる

8,487

views

0

東ヨーロッパにあるウクライナには、「ツバメの巣」と呼ばれているお城があります。険しい崖の真上に、突き出す勢いでそびえ建っているこのお城は、一体どのような所なのでしょうか。

「スワローズ・ネスト(ツバメの巣)」って?

オリジナルの建物は、1895年にロシアの将官によって建てられました。当時の呼び名は”Castle of Love” (「愛の城」)。このお城はもしかしたらこの将官と愛する人の、「愛の巣」だったのかもしれませんね。ちなみに、当初の建物は小さな木造のコテージだったそうです。

月日を経て、お城のオーナーは幾度となく変わりました。「ツバメの巣」(The Swallow’s nest / Schwalbennest)と呼ばれるようになったのは、1911年に石油業をしていたドイツ人がコテージから現在のようなお城の姿に変えた時からです。上の写真は、木造建てだった当初のお城の様子です。

レストランとして使われたことのあるこの場所は、地震や老朽化でヒビ等が入った為何度か修復・改装工事が施されています。最近の修復作業は2011年に3か月かけて行われたそうです。上の写真は現在の姿。

お城と言っても、サイズはかなりコンパクト。長さは22メートル、幅は10メートル。オリジナルのデザインには、ゲストルームやタワーに続く階段、2つの階にそれぞれ2つのベッドルームなどが含まれているそうです。

スワローズ・ネスト(The Swallow’s Nest)
住所:
Alupkins’ke Hwy, 9, Haspra 98300, Ukraine
アクセス:
半島の北西部にあるBelbek空港から車で約1時間30分。
営業時間:
月~日10:00-19:00
定休日:
要確認
電話番号:
不明
おススメの季節:
5月~10月

どこにあるの?

「ツバメの巣」が建つのは、クリミア半島の南にあるオーロラクリフと呼ばれる崖の上。小さな保養所として知られているHaspraという町に位置しています。

崖の高さは約40メートルで、眼下に広がるのは黒海です。

クリミア半島はリゾート地としても有名だそうで、繁忙期の夏はロシアや東ヨーロッパからの観光客が特に多く訪れると聞きます。

お城の今

以前は人気の高級レストランがありましたが、現在は閉店しています。今は、クリミア半島のランドマークとして観光客が絶景を求めて訪れる場所、そして展覧会などのイベント会場として使用されているようです。上の写真は、社交ダンスパーティーが開かれた時の様子。中世にタイプスリップしたような雰囲気ですね。

こちらはうってかわって、ブレイクダンス大会が開催された時の様子だそうです。中世の雰囲気をかもちだす佇まいのお城をバックに、ブレイクダンス。なんだか不思議な光景です。

お城へは陸路から行くパターンと、船で向かうパターンがあるそうです。陸から眺めるお城も素敵ですが、せっかくだから、黒海に浮かびながら崖上のお城を見上げる景色も拝んでみたいものです。





ウクライナにある断崖絶壁に建つ歴史あるお城、「ツバメの巣」を紹介しました。建物自体は小さくても、保持する歴史、そしてお城から見渡す絶景は一見の価値あり。お城巡りリストに忘れずに追加しておきましょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ウクライナ「恋のトンネル」の魅力・行き方まとめ!カップル...

    ウクライナの首都キエフから約350km離れた街クレーヴェンとオルツィヴを結ぶ鉄道のある区間に幻想的な空間が広がっています。最近、ネットやテレビで話題になり、今ではとても有名な場所となった「恋のトンネル」、「愛のトンネル」です。今回はこの場所の魅力と行き方を紹介したいと思います。

  • ウクライナ・キエフの観光名所特集!見所いっぱいの可愛い街...

    ウクライナという国をご存知ですか?名前は聞いたことがあっても、どんな国かよく知らない…という人が多いのでは。玉ねぎ型の屋根が特徴的な教会が中心になった可愛らしい街並みやイースターエッグのもとになった民芸品など見どころがたくさん。ロシアとヨーロッパが混ざり合った不思議な魅力を持つウクライナの観光名所をご紹介します。

  • ウクライナ基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    古都キエフの大聖堂や中世の街並みが残るリヴィウ歴史地区群、チェルノブイリ原発など歴史に名を遺す観光地が多数あるウクライナ。ヨーロッパとロシア両方の雰囲気を持つウクライナの、言語事情やお役立ち会話をまとめてみました。

  • ウクライナ基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    東ヨーロッパに位置するウクライナ。ロシア文化の影響を受けた建造物や美しい自然など見どころもたくさん。現在は内戦が続き、まだまだ情勢が安定しないウクライナですが、ウクライナを訪れるなら、「ビザは必要?」「税関は?」などの疑問についてまとめてみました。

  • ウクライナ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    東ヨーロッパにありながら、ロシアの雰囲気を色濃く感じるウクライナ。祝祭日やイベントにもロシアの影響を受けたものがたくさんあります。そこで今回は、ウクライナの祝祭日とビジネスアワーについてまとめてみました。

このエリアの新着記事
  • ウクライナ・キエフの観光名所特集!見所いっぱいの可愛い街...

    ウクライナという国をご存知ですか?名前は聞いたことがあっても、どんな国かよく知らない…という人が多いのでは。玉ねぎ型の屋根が特徴的な教会が中心になった可愛らしい街並みやイースターエッグのもとになった民芸品など見どころがたくさん。ロシアとヨーロッパが混ざり合った不思議な魅力を持つウクライナの観光名所をご紹介します。

  • ウクライナ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    東ヨーロッパにありながら、ロシアの雰囲気を色濃く感じるウクライナ。祝祭日やイベントにもロシアの影響を受けたものがたくさんあります。そこで今回は、ウクライナの祝祭日とビジネスアワーについてまとめてみました。

  • ウクライナ基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    東ヨーロッパに位置するウクライナ。ロシア文化の影響を受けた建造物や美しい自然など見どころもたくさん。現在は内戦が続き、まだまだ情勢が安定しないウクライナですが、ウクライナを訪れるなら、「ビザは必要?」「税関は?」などの疑問についてまとめてみました。

  • ウクライナ基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    古都キエフの大聖堂や中世の街並みが残るリヴィウ歴史地区群、チェルノブイリ原発など歴史に名を遺す観光地が多数あるウクライナ。ヨーロッパとロシア両方の雰囲気を持つウクライナの、言語事情やお役立ち会話をまとめてみました。

  • ウクライナ「恋のトンネル」の魅力・行き方まとめ!カップル...

    ウクライナの首都キエフから約350km離れた街クレーヴェンとオルツィヴを結ぶ鉄道のある区間に幻想的な空間が広がっています。最近、ネットやテレビで話題になり、今ではとても有名な場所となった「恋のトンネル」、「愛のトンネル」です。今回はこの場所の魅力と行き方を紹介したいと思います。