アフリカ・ケニアの5つ星ホテル「サロバ・マラ・ゲーム・キャンプ 」にステイ!マサイ族、野生動物に会えるアフリカ満喫プラン

3,960

views

0

アフリカは、ケニア南西部に位置するマサイマラ国立保護区。多くの野生動物達が生息する世界的に有名なこの場所にテントロッジ式のホテル サロバ マラ ゲーム キャンプがあります。 テントロッジと聞いて???と思ってる方も多いと思いますがここのホテルはなんと5つ星!! 今回は、この大自然の中にあるホテル サロバ マラ ゲーム キャンプについてご紹介したいと思います。

ホテル サロバ マラ ゲーム キャンプ(Sarova Mara Game Camp)

アフリカのマサイマラ国立保護区で宿泊できる5つ星ホテルのサロバマラゲームキャンプ。最大の魅力は「テントロッジ」。大きな窓に木製の床、丈夫な屋根で造られた広々とした豪華なテントロッジ。内装には、トイレ、シャワー付き専用バスルームは勿論の事、充実した品揃えのミニバー、シェーバーコンセントが完備。そして全てのテントは、雄大な景色の中に佇み、自然の音を聞きながら過ごす空間は、静かでリラックスできる最高な隠れ家的なホテルです。

部屋が全てテントロッジ!

クラブテント

20棟あるテントは、落ち着いた雰囲気ながらも豪華仕様で広々としたテント。バスルームには、シンクとシャワーが完備され、デッキテラスには、プライベートダイニングあり。

スタンダードテント

50棟あるテントは、広々とした快適なダブルもしくはツインベッドがあり上品な内装。

ファミリーテント

2棟あり、家族連れや大人数用の広々としたテント。ダブルベッドや第3のベッド完備。

もちろんプールもあります。

キャンプ全体は、電気柵で囲まれており24時間電気が流れているから安心!

食事がおすすめ!

ホテル独自で栽培する野菜とハーブ園を持っている為、食材の鮮度と品質に自信が有るだけあって食事の評価がとても高く宿泊者からとても好評で、豊富な種類のワインも取り揃えられています。

サファリならではのアクティビティ

マサイ・マラ・ゲームドライブ(Game Drives The Maasai Mara Game Reserve)

ライオン、ゾウ、ヒョウ、チーター、カバ、バッファロー、シマウマ、キリンなどの多くの動物たちが生息するマサイマラ国立保護区。このエリアを特別装備のサファリランドローバー車で、訓練されたガイドとドライバーと共にめぐるオプショナルツアー。ピクニックランチ付でゆっくり周る事が出来ます。

こんな場所でランチできるなんて最高の贅沢ですね。

熱気球(Hot Air Balloon Safaris)

樹木のない果てまで続く平原を空から眺めるなんて、圧巻でしょうね。

本物のマサイ族に会える!

マサイジャンプが目の前で!

ホテルのすぐ隣にマサイ族の村があるので、マサイ族の人々と交流したり彼らの文化でもあるビーズ細工や木彫りの工芸品を作る様子などを見学することが出来ます。

ホテル サロバ マラ ゲーム キャンプ(Sarova Mara Game Camp)
住所:
C14, Keekorok, Maasai Mara National Reserve 72493 00200, Kenya
アクセス:
ナイロビ国際線空港から飛行機で1時間。着陸後、車で20分。
ナイロビからマサイマラまで車約4時間。
電話番号:
+254 728 605583
料金:
1泊1室あたり¥44,947 - ¥117,414
おススメの時期:
12~2月

数百種類の野生動物が生息する国立保護区を巡ることが出来るなんて、アフリカならではですね。しかもここには、テレビでしか見たことのないマサイ族にも会えるのですから、それだけでも行く価値が十分あるのに更にリゾート気分で宿泊できるなんて素敵ですね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ケニアに行ったら必ず手に入れたい!おすすめお土産8選をご紹介♪

    広大なサハラ砂漠や万年雪をいただくキリマンジャロ、野生動物の宝庫であるサバンナなどの大自然で知られるケニア。その雄大な自然に惹かれ、世界中から多くの観光客が訪れています。今回はそんなケニアを訪れた際にぜひ現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • フラミンゴの楽園、ケニア・ボゴリア湖はあたり一面ピンクの...

    地殻変動によって形成されたアフリカ大陸の巨大な裂け目「グレートリフトバレー」にあり、「大地溝帯にあるケニアの湖沼群」として世界遺産にも登録されているボゴリア湖。この湖は、世界有数のフラミンゴの群生地として知られているんです。全てを覆い尽くすピンクの世界をご覧ください!

  • ケニアで人気のサファリ2選!おすすめホテルにケニアグルメも!

    アフリカを代表とするたくさんの保護区や国立公園があるケニア。観光・グルメ・滞在の3つの視点からケニアを大解剖しちゃいます。少数民族の村があったり、野生動物の迫力に圧倒されたり、素晴らしい体験ができます。

  • ケニア基本情報 【気候・服装編】

    ケニアは東アフリカにある国です。ナイロビ国立公園、アンボセリ国立公園、マサイマラ国立保護区などの有名な国立公園があり、野生動物の楽園として知られています。ここではそんなケニアの気候と、ケニアを訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • ケニアのマサイマラ国立保護区!熱気球でアフリカを体感!

    ケニアにあるマサイマラ国立保護区はタンザニアのセレンゲティ国立公園と隣接していて、境がないため多くの野生動物が国境をまたいで行き来しています。また広大な土地には草が生い茂る豊かなサバンナが広がっていて、季節や天候によって様々な表情を見せます。そこで今回はマサイマラ国立保護区で見ることができる絶景をご紹介します。

  • ケニア基本情報 【治安・情勢編】

    常に危険なイメージが付きまとうアフリカの国々。ケニアもそんな国のひとつですが、実際はどうなのでしょうか。今回は、ケニアの治安や情勢についてお届けします。

このエリアの新着記事
  • ケニアで人気のサファリ2選!おすすめホテルにケニアグルメも!

    アフリカを代表とするたくさんの保護区や国立公園があるケニア。観光・グルメ・滞在の3つの視点からケニアを大解剖しちゃいます。少数民族の村があったり、野生動物の迫力に圧倒されたり、素晴らしい体験ができます。

  • ケニアに行ったら必ず手に入れたい!おすすめお土産8選をご紹介♪

    広大なサハラ砂漠や万年雪をいただくキリマンジャロ、野生動物の宝庫であるサバンナなどの大自然で知られるケニア。その雄大な自然に惹かれ、世界中から多くの観光客が訪れています。今回はそんなケニアを訪れた際にぜひ現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • ケニアの大自然を楽しもう!おすすめの観光スポット15選!

    ケニアはアフリカの中でも人気の観光地です。多くの国立公園がありサファリでは野生動物に出逢うことができます。ここではそんなケニアの国立公園や観光スポットを紹介しましょう。

  • ケニア基本情報 【気候・服装編】

    ケニアは東アフリカにある国です。ナイロビ国立公園、アンボセリ国立公園、マサイマラ国立保護区などの有名な国立公園があり、野生動物の楽園として知られています。ここではそんなケニアの気候と、ケニアを訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • ケニア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    東アフリカの中心地、ケニア共和国。最終日にまとめてお土産を買おうと思っていたら、お店がお休み…なんてことも。そんな失敗のないように、今回はケニアの祝日・祭日・ビジネスアワーについてお届けします。

  • ケニア基本情報 【治安・情勢編】

    常に危険なイメージが付きまとうアフリカの国々。ケニアもそんな国のひとつですが、実際はどうなのでしょうか。今回は、ケニアの治安や情勢についてお届けします。

  • ケニア基本情報 【時差・空港編】

    東アフリカの中心地、ケニア共和国。野生のシマウマやキリン、ライオンなどが見られるケニアのサファリツアーにはリピーター続出。ケニアの首都ナイロビは経済発展を遂げており、観光だけでなくビジネスで訪れる人もいらっしゃるかも知れません。また、東アフリカ各地への経由地として利用される方も。今回は、日本とケニアの時差や空港についての基本情報をお届けします。

  • フラミンゴの楽園、ケニア・ボゴリア湖はあたり一面ピンクの...

    地殻変動によって形成されたアフリカ大陸の巨大な裂け目「グレートリフトバレー」にあり、「大地溝帯にあるケニアの湖沼群」として世界遺産にも登録されているボゴリア湖。この湖は、世界有数のフラミンゴの群生地として知られているんです。全てを覆い尽くすピンクの世界をご覧ください!

  • ケニアのマサイマラ国立保護区!熱気球でアフリカを体感!

    ケニアにあるマサイマラ国立保護区はタンザニアのセレンゲティ国立公園と隣接していて、境がないため多くの野生動物が国境をまたいで行き来しています。また広大な土地には草が生い茂る豊かなサバンナが広がっていて、季節や天候によって様々な表情を見せます。そこで今回はマサイマラ国立保護区で見ることができる絶景をご紹介します。

  • 世界観が変わる!動物の躍動をケニア&タンザニアで体感

    世界広しといえども、アフリカ大陸ほど野生動物が豊富な場所は他にありません!アフリカで野生の動物たちに出逢うチャンス!!ありのままの動物たちの姿に、人間も生き物本来の感覚が呼び覚まされるかも!?

新着記事