カナダの絶景スポット10選!一度は行ってみたい観光名所を紹介

163

views

0

カナダの絶景スポットを案内します。北米大陸の北側に広がるカナダは、自然豊かな地域で絶景スポットが目白押し。また自然の周りにある伝統的な街にも見晴らしの良い場所がいくつかあります。そんな数多くあるカナダの絶景スポットを10か所厳選しました。

カナダにはおすすめの絶景スポットがたくさん!

カナダは北米大陸にある国で、アメリカ合衆国のちょうど北にあります。10の州と3の準州から構成されています。首都はオタワですが、最大の都市はトロントです。人口は3750万人程度で面積は998万キロ平方メートルで、これはロシアに次ぐ第2位の広さ。元々ファースト・ネーションと呼ばれる先住民やイヌイットが住んでいましたが、やがてフランスとイギリスの植民地連合体として開発します。のちにイギリス領になりますが、同じイギリスから独立したアメリカと対立何度か侵攻や併合の危機に遭いながらも自治領となり国家として独立します。ちなみに正式に独立したのは1982年。現在はアメリカとの関係も良好です。主な観光地は西部のバンクーバー周辺と東部周辺に集中しています。

カナダのおすすめ絶景スポット:1 カナディアン・ロッキー

カナディアン・ロッキーは、カナダのおすすめ絶景スポットのひとつです。これはアメリカの西部に南北に連なる山脈地帯(ロッキー山脈)のうちカナダ国内のアルバータ州、ブリティッシュコロンビア州そしてユーコン準州に該当する部分の総称です。3000メートル級の山が20近くあり、自然豊かなカナダの絶景を表現。真冬は大変厳しく最高気温が氷点下です。しかし夏場は20度を超えるのでアウトドアにはまたとないスポットです。そのため基本は夏がおすすめ。しかし寒いのに耐えられるのなら真冬も感動の絶景、アクティビティが堪能できます。

カナディアンロッキーには温泉が湧き出ており、3か所あります。湯の温度が40度とちょうどよいです。また水着着用ですがカップルもファミリーも一緒に楽しめるのが良いところ。異国の湯で絶景を眺めながらゆったり過ごしてください。そのほか標高2000メートル地点に張り出したグレイシャースカイウォークもスリル満点です。そして北極圏を除けば、北半球トップクラスでかつ、自らの足で立つことが許される、コロンビア大氷原も侮れません。ここは視覚だけではなく、聴覚や触覚などの五感を駆使しながらカナダ有数の絶景を楽しみましょう。

カナディアン・ロッキー(グレイシャースカイウォーク)
住所:
Highway 93 N, Icefields Pkwy, Improvement District No. 12, AB T1L 1J3 カナダ
営業時間:
10:30~17:00
電話番号:
+18666066700
定休日:
無休
アクセス:
カルガリーから車で3時間30分

カナダのおすすめ絶景スポット:2 ケベックシティー

ケベックシティは、カナダのおすすめ絶景スポットのひとつです。これはカナダの東にあり、メキシコより北の北アメリカ大陸では唯一城壁の残る街です。1985年に旧市街が世界遺産に登録されました。この町の歴史は1608年からスタートします。半世紀以上前からフランスはこの地の入植を試みますが、なかなかうまくいきません。しかし地理学者のサミュエル・ド・シャンプラン率いる開拓移民団はようやく入植に成功し、「ヌーベルフランス」と呼ばれるようになりました。その中心地が木造の砦「アビタシオン」で、現在のケベックシティの元となります。そしてこの地は毛皮貿易の窓口として発展していき現代に続きます。

途中イギリス領になったり、アメリカ独立革命軍の攻撃を受けたりしましたが、独自路線を貫きました。そしてカナダの国家樹立にもつながったケベックシティーは、公用語がフランス語です。そのためまるでフランスにいるような雰囲気がする伝統的な町並みは、石畳が続いており、街歩きを楽しく過ごせます。また象徴として中央に君臨する建物は、1893年に作られた古城風ホテルのシャトーフロンティック。そのほか観光としては現在も軍隊が駐屯するケベック要塞がおすすめです。ちなみにケベックとは、先住民族のアルゴンキン族の語源で、「川が狭くなっているところ」という意味があります。

ケベックシティー(ケベック要塞)
住所:
1 Côte de la Citadelle, Québec, QC G1R 3R2 カナダ
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
+14186942815
定休日:
無休
アクセス:
VIA鉄道パレ駅から徒歩25分

カナダのおすすめ絶景スポット:3 メープル街道

メープル街道は、カナダのおすすめ絶景スポットのひとつです。これはカナダの東の都市ケベック・シティーからナイアガラ地域までの全長約800キロメートルの観光ルートのことです。一説にはこの「メープル街道」という名称をつけたのが日本人でした。歴史的にはケベックから西に向けて移住した道でもありまた、落葉樹林地帯です。これはサトウカエデ(メープル)が紅葉する名所です。それはカナダの象徴。国旗にも赤いメープルをデザインするほどの存在です。現在はハイウェーもあり、行きやすくなりました。また街道沿いにある昔ながらの小さな町も健在です。

紅葉の季節になれば日本全国各地にそういう名所があります。しかしメイプル街道の規模は圧倒的な広大さです。そしてケベックシティを皮切りに、モントリオール、首都オタワ。ここでオンタリオ湖を横断しながら旧首都のキングストン、最大の都市トロントと続きます。最終的にはナイヤガラの滝に到達でき、カナダの観光の目玉が目白押しです。カナダ観光ではぜひ訪れましょう。ちなみに現地では「ヘリテージ・ハイウェイ」という名前で呼ばれています。そのほかモントリオールからオタワにかけてには、ローレンシャン高原があります。ここはカナダ随一のリゾート地。時間にゆとりがあれば立ち寄っておきたいところです。

メープル街道(ナイヤガラ・カナダ滝)
住所:
Niagara Falls, ON, カナダ
電話番号:
+19053562241
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
トロントから車で1時間30分

カナダのおすすめ絶景スポット:4 ランス・オ・メドー国定史跡

ランス・オ・メドー国定史跡は、カナダのおすすめ絶景スポットのひとつです。これはカナダの北東部、ラブラドル海を挟んで存在する、グリーンランドにも近いところに、ニューファンドランド・ラブラドール州があります。その南側にあるニューファンドランド島の最北端にある考古遺跡。ここは西暦1000頃の遺跡で、グリーンランド以外で唯一のヴァイキング入植地です。一般的にはレイク・エリクソンが名付けたヴィンランドとされています。この遺跡が発見されたのは20世紀の後半1960年のこと。発見者はノルウェー人の探検家ヘルゲ・イングスタッド夫妻で、コロンブス以前にヨーロッパ人が北米に到達した証となりました。そして発見からわずか18年後の1978年には世界文化遺産に登録されています。

ランス・オ・メドー国定史跡の発掘捜査では、溶鉱炉の跡や8つの建物の後、鉄器などの道具類が発見されました。そしてノルウェー系アイスランドのバイキング、レイフエリクソンの拠点だったところらしく、ノルウェー様式とされる特徴ある建物まで見つかっています。エリクソンは先住民との間にトラブルがあり、数年で撤退します。そのため長く発見されませんでした。現在は遺跡をもとに住居を復元されていて当時の様子がうかがえます。また眺めているだけで開放的な気持ちになる、なだらかな岩の丘の絶景、加えて観光客向けにバイキング時代の生活様式を伝えるヴァイキング村などがあります。

ランス・オ・メドー国定史跡
住所:
カナダ 〒A0K 2X0 Newfoundland and Labrador, ディヴィジョン No. 9, Subd. D
電話番号:
+17094582417
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
セントアンソニー空港から車で1時間

カナダのおすすめ絶景スポット:5 ルーネンバーグ旧市街

ルーネンバーグ旧市街は、カナダのおすすめ絶景スポットのひとつです。これはカナダの東部の大西洋に面した港町で、ノバスコシア州にあります。1753年に建てられた年で1995年には世界文化遺産に登録。海に面した建物はカラフルで、あたかもおもちゃやおとぎ話に登場するような光景です。一般的には北米で最も美しい街ともいわれています。かつては造船業が盛んだった街ですが、現在の主要産業は観光業。そして大英帝国が各地に築いたアメリカ植民都市の名残が残っています。ただ町の設計者が地形を知らずに考えたため、町中の道はまっすぐなのですが、町中に急な斜面や勾配ができてしまいました。街に来たなら、そう言ったエピソードもあらかじめ頭に入れておくとより楽しめるでしょう。

ルーネンバーグ旧市街では、スクーナーと呼ばれる船が名物です。これはオランダで開発された帆船で、アメリカ独立戦争時に大活躍しました。特に1921年に建造され、カナダのシンボルとまでになったブルーノーズ号、そして後継船のブルーノーズIIが生まれた場所です。母港ということで観光客に人気があります。観光としての見どころは19世紀に建てられてから無傷で現存するルーネンバーグ・アカデミー。ゴシック様式で白亜の美しいセント・ジョーンズ・アングリカン教会があります。ただ創建当時の建物は2001年に焼失したので、それを忠実に再現する形で再建されました。またかつて漁業が盛んだったこともあり、大西洋水産博物館があります。スタッフが漁業経験者ということもあり、より臨場感あふれるガイドが聴けます。

ルーネンバーグ旧市街(大西洋水産博物館)
住所:
68 Bluenose Dr, Lunenburg, NS B0J 2C0 カナダ
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
+19026344794
定休日:
月曜日
アクセス:
ハリファックスから車で1時間15分

カナダのおすすめ絶景スポット:6 リドー運河

リドー運河は、カナダのおすすめ絶景スポットのひとつです。これはカナダのオタワ川からスタートし、オンタリオ湖畔のキングストンを結んでいます。1832年に開通した北米最古の運河で、2007年に世界文化遺産に登録されました。全長202キロメートルの多くは自然の川や湖を活用しており、人工的に掘削したのは19キロメートルです。かつては物資輸送ルートのバイパスとしての役割を担いました。これはアメリカと対立していた時代の影響です。セントローレンス川はアメリカニューヨーク州と接していたために輸送船が攻撃を受けるリスクが高く、川が封鎖される危険性がありました。その対策として内陸に運河を掘りました。

現在の運河は、物資の運搬としての役目は終わり、観光用やレジャー用にのみ使われるようになっています。オタワ市内には運河観光船が航行します。また運河を娯楽目的で航行することも可能。手動の閘門は現在も現役です。そしてこの運河は冬になると別の顔見せてくれます。それは冬のオタワ市内。運河が凍結してしまうので、スケートリンクとして利用されています。このリンクは7.8キロメートルの長さがあり、これは世界最長スケートリンクとしてギネス世界記録に認められました。スケートを楽しみにしている観光客はもちろん、地元の人も活用します。驚くことに地元の人はこの時期、スケート靴を履いて滑りながら通勤しています。

リドー運河(ライドー・カナル・ナショナル・ヒストリック・サイト)
住所:
C839+QJ サマーセット・ワード, カナダ Ontario, Ottawa
電話番号:
+16132835170
営業時間:
10:00~16:00(土日は9時から17時)
定休日:
無休
アクセス:
オタワ駅から車で7分

カナダのおすすめ絶景スポット:7 グラン・プレの景観

グラン・プレの景観は、カナダのおすすめ絶景スポットのひとつです。これはカナダ東部のノバスコシア州にあります。ここは農業自治体ですが、独特の景観。気持ちがほっこりするような絶景を堪能できます。湿地帯と考古遺跡で構成されています。その歴史は17世紀にフランス系入植者のアカディア人が始めたものでした。そして2012年位は世界文化遺産として登録されています。入植当時は広い塩沼でした。そして堤防を築きながら豊穣な農地に変えていきます。ちなみにグラン・プレとは「大牧草地」という意味があります。

グラン・プレの文化的景観はできれば、高台から海の見える方向に向かって眺めてみましょう。その風景がワーズワースの詩「エヴァンジェリン」で登場してからその名前が有名になります。手前に見える牧草地帯、四角に整理された区画ごとに微妙に違う色合い、そしてその先に広がる大西洋の青い海。これらがあたかもキルト模様のように広がっています。また季節によっても違った顔を見せてくれます。暖かい春から夏にかけては田園地帯の散歩やピクニックに最適。さらに冬になると、一面が雪景色に覆われます。ちなみに現在この地域はワイナリーとして有名となりました。絶景を見た後に飲むワインの味わいも間違いなく絶品です。

グラン・プレの景観
住所:
2205 Grand Pré Rd, Grand Pré, NS B0P 1M0 カナダ
営業時間:
10:00~16:00
電話番号:
+19025423631
定休日:
無休
アクセス:
ハリファックスから車で1時間

カナダのおすすめ絶景スポット:8 キャピラノ吊り橋

キャピラノ吊り橋の景観は、カナダのおすすめ絶景スポットのひとつです。これはカナダ西部のブリティッシュコロンビア州にあります。キャピラノ川にかかる歩行者専用の吊り橋。橋の長さは140メートルで、谷底にある川からの高さが70メートルあります。見た目は弱そうに見える吊り橋ですが、実は120トン程度の重量に耐えられるような設計が施されています。架けられたのは1889年で、スコットランド人のジョージ・グラン・トマッカイのものが初めてです。最初は麻のロープで作られましたが、のちにワイヤーのものとなり、所有者が何人か入れ替わりました。ちなみに現在の橋は1956年に完全に架け替えられたものを使っています。

キャピラノ吊り橋は、現在観光用の有料橋で、大人4000円弱で渡れます。そして橋を渡ると空中散歩の光景が見られます。高所恐怖症の人は厳しいかもしれません。しかし勇気を振り絞ってでも価値がある絶景が待っています。しっかりワイヤーで固定され、柵も大人の首の高さまでありますからよほどのことがない限り安心です。そして橋の周りには非常に背の高い、樹齢1000年以上ともいわれる針葉樹林が数多く生えており、自然の真っただ中いることがわかります。そして、近くにはもっとスリルあるものが完成しました。それはクリフウォークと呼ばれるアトラクションです。上空91メートル地点にある遊歩道は吊り橋をはるかに凌駕する恐怖。よりスリルを味わいたい人はぜひチャレンジしましょう。

キャピラノ吊り橋
住所:
3735 Capilano Rd, North Vancouver, BC V7R 4J1 カナダ
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
+16049857474
定休日:
木~火曜日(水曜日のみ営業)
アクセス:
バンクーバー駅から車で10分

カナダのおすすめ絶景スポット:9 ザ・フェアモント・エンプレス・ホテル

ザ・フェアモント・エンプレス・ホテルは、カナダのおすすめ絶景スポットのひとつです。これはカナダ西部の都市バンクーバーの対岸にあるバンクーバー島の南端、ブリティシュコロンビア州の州都、ビクトリアにあるホテルです。この町のすぐ対岸がアメリカとなっている地域。この町は英国風の古い建物がいくつも残っています。その街の中でも象徴的なのが、フェアモント・エンプレス・ホテルです。目の前にはハーバー沿いのエリアとなっていてそこから見る伝統的なホテルの建物は圧巻。宿泊せずとも眺めているだけで存分に楽しめます。

ザ・フェアモント・エンプレス・ホテルは、1908年にできたホテルで、エドワード朝の古城スタイルで作られています。フランシス・ラッテンベリーという建築家の手により設計されました。そして外観だけでなく内装も、歴史を感じる装飾で構成されています。ビクトリアに来たのなら、レストランでランチあるいはアフタヌーンティーで利用したいところ。内装のこだわった装飾を眺めながらいただく食事やティーの旨さは格別です。もし宿泊を考えてているのなら注意点があります。それは部屋によってロケーションなどが大きく違うところ。可能な限り、港が見渡せる絶景のある部屋に泊まりましょう。

ザ・フェアモント・エンプレス・ホテル
住所:
721 Government St, Victoria, BC V8W 1W5 カナダ
電話番号:
+12503848111
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
スワーツ・ベイ乗船場から車で30分

カナダのおすすめ絶景スポット:10 イエローナイフ

イエローナイフは、カナダのおすすめ絶景スポットのひとつです。これはカナダ北部にあるノースウェスト準州にある州都です。州の中にあるグレートスレープ湖の北側にあり、北極圏からは400キロ南に位置。そしてこの町はわずかにある有人地域のほかは、永久凍土に覆われた大自然に囲まれた場所です。主にイヌイットやネイティブカナディアンと呼ばれる人々が住んでいます。そして北緯62度27分に位置するオーロラ帯のほぼ真下に町がるため、年間を通じてオーロラが見られる場所として有名。ぜひ言葉に表せない不思議な現象「オーロラ」を観測に行きましょう。

「お金のある場所」との語源を持つイエローナイフでは金の鉱脈が見つかったことにより町が出来上がりました。さらに北極圏探索の基地にもなります。その後金の鉱脈は閉鎖されましたが、代わりにダイヤモンドが見つかり、現在はダイヤモンド鉱業としてにもにぎわっています。さて観光業としてのオーロラですが、この遭遇率は世界トップクラス。3日間滞在して見られない確率が5%と言われており、ほぼ確実にみられるでしょう。またみられるオーロラの質も特に高いと世界中からファンがこの町に終結します。そして月に数回オーロラの爆発現象の日に来ると、その絶景はさらにすごいものに。あたかも天空で光が破裂し、恐怖すらも感じる激しいオーロラ現象に目が釘付けになります。

イエローナイフ(プリンス・オブ・ウェールズ・ノーザン・ヘリテージ・センター)
住所:
4750 48 St, Yellowknife, NT X1A 3T5 カナダ
営業時間:
13:00~17:00
電話番号:
+18677679347
定休日:
月・火曜日
アクセス:
イエローナイフ空港より車で7分

カナダの美しい景色を眺めて、素敵な思い出を作ろう

アメリカの北に広がるカナダは、西部バンクーバーの周辺にある絶景ポイントと、東部にある複数の都市にまたがって存在する絶景エリアに大きく分けられます。広大な大自然のすばらしさは言葉に尽くせません。そして自然だけではなく、カナダの開拓使と深いつながりのある人工的な建物にも素晴らしい見栄えのものがいくつもあります。さらにはあのオーロラの世界的なスポットもあります。機会があれば島国日本とは次元の違う大陸カナダの絶景を堪能しましょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • カナダ バンフでショッピング!自分のお気に入り&お土産にお...

    カナダ人気の観光地であるバンフ。世界遺産でもあるロッキー山脈に囲まれた小さな街です♪山岳リゾートとしても有名なバンフですが、街の中にはさまざまなジャンルのお店があり、ショッピングを存分に楽しめるのも魅力。今回はバンフの中でも特にオススメのショップを6つご紹介します♪

  • ファッションだってカナダは凄い!カナダ生まれのブランド4選♪

    北米といえば 流行の発信基地ニューヨークが有名ですが、そのお隣のカナダも負けてはいません!カジュアルなものからフォーマルなものまで様々なデザインのブランドが生まれました。早速ご紹介しましょう。

  • カナダ・ナイアガラ観光でおすすめの人気レストラン5選!滝め...

    カナダといえばナイアガラの滝! 一度は見てみたい人気観光スポットのひとつですよね。そして観光と言えばレストラン選びも大切。今回はナイアガラの滝観光の際に立ち寄りたいおすすめレストランをご紹介します♪

  • カナダ・モントリオール・ダウンタウンエリアのベストショッ...

    北米のフランス文化の中心として人気の高いカナダ・モントリオール!北米のパリとも称される街並みは、まさにヨーロッパを思わせる造り!大聖堂をはじめとする建築物は美しく、観光名所もたくさんありますが、おしゃれなお店が多いことでも有名!今回はその中でも、特におすすめなスポットを5つご紹介します!

  • バンクーバー・イエールタウンのおすすめショッピングスポッ...

    バンクーバーの中でも、ショッピング街として大人気のイエールタウン♪もともとは倉庫街でしたが、現在は改装されてシックな大人の雰囲気が魅力のスポット!そんなお洒落な空間で、自分のお気に入りを探してみませんか?今回はイエールタウン観光に欠かせない、おすすめショップを5つご紹介します!観光中は是非訪れてみてください!

  • カナダ・ケベックのお土産を買うならここ!おすすめショップ5選

    ケベック州の州都ケベック・シティ。入植時代からフランス系の住民が多く、現在もほとんどの看板や標識にフランス語がつかわれています。今回はそんなフランスの文化と伝統が残るこの街にピッタリなお土産を買うことができるショップをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • 絶景すぎるロケーション!カナダのトロントでアイススケート...

    カナダといえばウィンタースポーツ。一番コストもロケーションもお手軽なのが、アイススケート!トロントの町のあちこちで、最高にロマンチックなスケート体験はいかが?

  • カナダ・モントリオールのおすすめレストラン&カフェ特集!...

    カナダのモントリオールは、北米のパリと呼ばれるほど洗練されたモダンな都市。本場顔負けのフレンチやケーキが堪能できるグルメスポットもたくさん軒を連ねています。特にダウンタウンは名店がしのぎを削るエリア。そんな中から、絶品の料理とスイーツが楽しめるお店を厳選してご紹介しましょう。

  • 温泉大好き!カナダで行くべき人気温泉スポットおすすめ5選

    驚きと感動あり!カナダへ温泉旅行に行きませんか?日本とは雰囲気も入り方もちがうけれど、カナダの温泉は浸かって気持ちいいだけじゃない! いろんな動物に出会っちゃうかも!? 大自然豊かなこの国でとっておきの、温泉スポットをご紹介します。

  • カナダ・バンクーバーの名所!ロブソンストリートおすすめレ...

    バンクーバー観光に欠かせないロブソンストリート!お洒落なお店が立ち並び、いつも多くの人達で賑わっています。今回はそんなロブソンストリート内のおすすめの人気レストランを7つご紹介♪観光中に、是非立ち寄ってみてください!

  • 手元に残るお土産をゲットしたい!バンクーバーの目抜き通り...

    バンクーバーの中でも、観光場所として絶大な人気を誇るロブソンストリート!カフェやレストラン、ブティックなどのお店が立ち並び、連日多くの人で賑わっています。せっかく行くならここでしか買えない、カナダらしいお土産をゲットしてみませんか?今回は、ロブソンストリートの中でも特におすすめのショップを5つご紹介します!

  • カナダ・モントリオール旧市街おすすめカフェ&人気レストラ...

    セント・ローレンス川にある中州に発展した街、モントリオール。カナダで2番目に大きい都市です。北米地域の中で唯一フランス語を公用語としている地域で、フランス文化が根付いています。街や人々も垢抜けており、「北米のパリ」とも呼ばれているほどです。もちろんグルメに関しても高いレベルを誇ります。街の観光を楽しむと共に是非訪れてほしいスポット5店舗をご紹介します。

  • バンクーバー・ロブソン通りでショッピング!カナダ発の人気...

    日本人の中でも人気の都市、バンクーバー(Vancouver)。ダウンタウンにあるロブソン通り(Robson Street)には最先端のファッションを扱うショップがたくさん♡そこで今回はおしゃれなバンクーバーっ子が集まるロブソン通りにある、カナダ発祥のファッション系ショップをご紹介します。

  • カナダのおすすめ人気ホテルベスト15!口コミ高評価ホテル厳選!

    素敵な旅にするには思い出に残る観光はもちろん、ホテル選びも重要です。カナダは多くの観光スポットがあるので、自由旅ならホテル選びも迷ってしまうところ。でも大丈夫!今回は単なる有名なだけでなく口コミで高評価のホテルを厳選し、実際に滞在したくなるカナダ国内のホテル15選をお届けします。

  • カナダ旅行で行くべき!ビクトリアおすすめ人気観光スポット8選

    カナダ西部を代表する都市バンクーバー。そのバンクーバーからフェリーで4時間ほどのところにあるのが、英国の雰囲気漂う美しい街ブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリアです。ビクトリアといえば、美しい庭園のイメージが強いですが、実は他にも魅力的な観光スポットがたくさんあるんです。今回はビクトリアを訪れたらぜひ行ってほしいスポットをご紹介します。

  • バンクーバー・イエールタウンのおすすめショッピングスポッ...

    バンクーバーの中でも、ショッピング街として大人気のイエールタウン♪もともとは倉庫街でしたが、現在は改装されてシックな大人の雰囲気が魅力のスポット!そんなお洒落な空間で、自分のお気に入りを探してみませんか?今回はイエールタウン観光に欠かせない、おすすめショップを5つご紹介します!観光中は是非訪れてみてください!

このエリアの人気記事
新着記事