イラン旅行で行くべき人気観光スポット&おすすめの見どころ5選

6,595

views

0

OPEC第2位の石油産出国で、宗教規律が厳しく、傍目から見ると戦争、アメリカとの関係悪化、人権問題など色々問題のある国と見られているイラン。でも実際は人々は優しく、日本からの旅行者も多く、遺産など見どころも多いです。そんなイランの見どころをご紹介しましょう。

1. ペルセポリス

圧倒的な存在感に悠久の古代を味わうことができる

ヨルダンのぺトラ遺跡、シリアのパルミラ遺跡に並ぶ中東3大遺跡の1つ。イランでは「タフテ・ジャムシード(ジャムシードの玉座)」と呼ぶ。ペルシャ帝国アメケネス朝時代に新年祭を執り行う場として建設。また、天文観測所の機能も併せ持っていた。暦はここで決定されたという説が有力。

アパダーナの東側にある階段には沢山のレリーフ(浮彫細工)が刻まれた。東西南北の23の当時の属国からの使者の像が刻まれており、このレリーフからペルシャ帝国の栄華を感じる。

ペルセポリス(Persepolis)
住所:
about 50 km North of Shiraz, Shiraz, Iran
営業時間について:
4月~10月は8:00~19:00、それ以外の時期は8:00~17:00。
アクセス:
シーラーズ市から北へタクシーで1時間程度。
定休日:
無し
電話番号:
00989179143436
料金:
150000イランリアル
おススメの時期:
4月~5月、10月

2. イマーム広場

「世界の半分」にあるイスラム建築の頂点

かつては「王の広場」と呼ばれ、イスファハーンの中心として構築。0.5キロメートル×150メートル長方形の広場が回廊式のアーケードに囲われ、各辺の中心にモスクもしくは門が配置。ペルシャ伝統のチャハール・バーグ(四分庭園)の考え方がベース。宗教・政治・経済の中心として、王の謁見やポロ競技、商業やパフォーマンスで市民に開放された場所であった。

広場の北側にはバザールへの門があり、その先にバザールが広がる。回廊式アーケードの一部はお土産屋やクラフトショップ。夜には、世界遺産らしく上品なライトアップで別の一面を覗く。

イマーム広場(Imam Square)
住所:
Isfahan,Iran
アクセス:
エマーム・ホメイニー国際空港から車で4時間。
定休日:
無し
電話番号:
00982128105
料金:
モスクへの入館料が約5000イランリアル
おススメの時期:
4月~5月、10月

3. イマーム・リダー寺院

撮影一切禁止のシーア派聖地

イラン第2の都市であるマシュハドに位置。マシュハドとは、マシュハデ・レザー、つまりシーア派の第8代であるリダーが殉教した地。年間2000万人もが巡礼に訪れる。姉妹都市はアメリカのシアトルや韓国の釜山。マシュハドは宗教教育の中心でありまた、芸術・科学の中心地でもあった。梅毒に関する初期の論文の著者もこのマシュハドの病院の医者。

現在は、この寺院(聖廟)と博物館がイラン最大の手稿本や絵画の文化芸術の宝庫。イスラム教徒の巡礼地の中で、ムスリム以外の異教徒が入ることができるモスクの1つ。異教徒には英語が話せるボランティアがガイドしてくれる。カメラは持込不可。携帯電話は問題ないが、館内を撮影は控えること。女性はチャドル着用。

イマーム・リダー寺院(Imam Reza Holy Shrine)
住所:
Khorasan Razavi, Mashhad, Holy Shrine, Zirgozar-e-Haram, Iran
営業時間について:
終日
アクセス:
マシュハド国際空港からタクシーで15分程度。
定休日:
無し
電話番号:
+98 51 3225 8001
料金:
無料
おススメの時期:
4月~5月、10月

4. ミーラード・タワー

テヘランの街並みはこのタワーで独り占めできる

2007年に完成。現時点で世界第6位の高さ(電波塔として)。最頂部は435メートル。登れる最上階は315メートル。年間46万人以上の観光客が訪問した(2013年時点)。塔内のエレベーターは50秒以内で観光客を最上階に連れて行ってくれる。頭頂部(展望フロア含む)は世界の電波塔の中で最大級の構造物とのこと。

頭頂部の展望フロアにはレストランがあり、最大300人が1時間に360度回転し、食べているだけでテヘラン市街をすべて見渡せる。タワーの地上に近い階には、コイン博物館やカフェテリアも。

ミーラード・タワー(Milad Tower)
住所:
Private Road of Milad Tower, Northern Angle of Hemmat Cross | Shahid Sheikh Fazlollah Nouri Highway, Tehran, Iran
営業時間について:
金曜日以外の9:00~23:00
アクセス:
テヘラン・メフラーバード国際空港から車で20分程度。
定休日:
金曜日
電話番号:
(0098 21) 84361000
料金:
展望台入場料が400,000イランリアル
おススメの時期:
4月~5月、10月

5. ヤズドの旧市街

マルコ・ポーロに称えられた繊維工業の発展の証跡

ヤズドは砂漠に交わるオアシス都市。イランで建前として公認されている、イスラム教以外の宗教の1つである、ゾロアスター教の中心地。その中の旧市街は、世界最大規模の日干し煉瓦で構成された茶色の街並みで迷宮のよう。中東諸国の中では中央アジアのような雰囲気。

ヤズドの旧建築の多くは、夏の著しい暑さを凌ぐため、バードギール(風採り塔)や地下室、ヤフチャール(氷室)を設けているところが多い。また世界最大のカナート(地下用水路)を持つ。

ヤズドの旧市街(Old Town)
住所:
Intorno ad Amir Chakhmag Square, Yazd, Iran
アクセス:
シャヒッド・サドーギ空港から車で20分程度。
定休日:
無し
おススメの時期:
4月~5月、10月

いかがでしたか?色々見れば見るほど、宗教的なものも近代的なものも古代のものも見どころが満載のようですね。ぜひ、中東諸国の旅の目的地にしてはいかがでしょう!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 不思議がいっぱい!イランの新年のお祭りノウルーズに参加し...

    日本ではネガティブなイメージで語られることが多いイランは、実際に行ってみるとイメージとのギャップが大きい国の一つです。そしてイランで行われる新年のお祭りノウルーズは、日本人にとっては時季外れながら楽しい雰囲気が味わえ、しかも日本にどこか似ている不思議なお正月なんです。今回はイランの新年のお祭りノウルーズをご紹介します。

  • イランのマスジェデ・ナスィーロル・モスク観光で感動!万華...

    イランのシーラーズにあるマスジェデ・ナスィーロル・モスクは、まるで万華鏡の中にいるかと錯覚するほどの美しいモスク。その美しさはタイルによる装飾だけではなく、朝日とステンドグラスが合わさる事によってもたらされ、その姿は芸術とひと言では言い表せられない程の幻想的な空間。 その美しいマスジェデ・ナスィーロル・モスクの魅力を紹介します。

  • イラン旅行で行くべき人気観光スポット&おすすめの見どころ5選

    OPEC第2位の石油産出国で、宗教規律が厳しく、傍目から見ると戦争、アメリカとの関係悪化、人権問題など色々問題のある国と見られているイラン。でも実際は人々は優しく、日本からの旅行者も多く、遺産など見どころも多いです。そんなイランの見どころをご紹介しましょう。

  • 入れるかは運次第!?イランの宝石箱のような美しさの霊廟「...

    ここは万華鏡の中?それとも宝石箱の世界?いいえ、こちらはイランにあるイスラム教シーア派の聖地である霊廟なんです!世にも珍しいキラキラと光り輝く室内。壁から天井にかけて、ガラスと鏡で埋め尽くされています!では早速この美しすぎる世界をご覧ください。

  • イランの歴史観光名所「バム遺跡」城塞都市が地震から文化の...

    砂漠の国・イラン。独特の「土の文化」をもつ彼の地には「バム遺跡」という巨大な城塞都市がありました。繰り返される他国からの侵略、そして近年起きた大地震…。悲しい出来事を乗り越え今に至る素晴らしい古都をご覧ください。

  • イラン・ペルセポリスの見どころ大特集!壮麗な宮殿跡が残る...

    その昔「世界の中心」とまで称えられた大帝国アケメネス朝ペルシャの首都とされるペルセポリス。廃墟となった今も、往時の栄華と繁栄の痕跡が見られる貴重な遺跡です。国は決して永遠のものではなく、儚く滅びていくという事実が感じられる世界遺産の旅をご一緒にいかがでしょうか。

このエリアの新着記事
  • イラン・イスラム共和国基本情報 【気候・服装編】

    イランは中東にある国で、世界を代表する石油産出国です。豊かな自然と深い歴史のある国で、見所もたくさんあります。ここではイランの気候を、イランを訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • イランに行ったら絶対外せない古代遺跡!パサルガダエ

    イランの世界遺産、パサルガダエ。世界史の教科書に載っているイランの遺跡ペルセポリスに有名度では負けちゃいますが、パサルガダエはペルセポリスよりも古い古代遺跡なんです。歴史好きは必見です!

  • イランの歴史観光名所「バム遺跡」城塞都市が地震から文化の...

    砂漠の国・イラン。独特の「土の文化」をもつ彼の地には「バム遺跡」という巨大な城塞都市がありました。繰り返される他国からの侵略、そして近年起きた大地震…。悲しい出来事を乗り越え今に至る素晴らしい古都をご覧ください。

  • イランのマスジェデ・ナスィーロル・モスク観光で感動!万華...

    イランのシーラーズにあるマスジェデ・ナスィーロル・モスクは、まるで万華鏡の中にいるかと錯覚するほどの美しいモスク。その美しさはタイルによる装飾だけではなく、朝日とステンドグラスが合わさる事によってもたらされ、その姿は芸術とひと言では言い表せられない程の幻想的な空間。 その美しいマスジェデ・ナスィーロル・モスクの魅力を紹介します。

  • イラン・イスファハーンでイスラム建築を堪能!おすすめ観光...

    「世界中の美しさの半分が、このイスファハーンに集まっている」当時を生きたヨーロッパ人にそう言わしめたきらびやかな都市、イスファハーン。砂漠の国に花開いた魅惑の街は、今も訪れる人々を幻惑させるほどに妖しく美しくたたずんでいます。

  • イランの世界遺産イスファハーンにあるお宝を観光!

    イランの古都イスファハーン。世界遺産にも登録されているこの街には、いくつもの重要な宮殿やモスクがあり、観光客の目を楽しませています。そんなイスファハーンの街中には、あまり日本では知られていない特別なお宝が存在するのです!今回はその知られざるお宝をご紹介!!

  • 不思議がいっぱい!イランの新年のお祭りノウルーズに参加し...

    日本ではネガティブなイメージで語られることが多いイランは、実際に行ってみるとイメージとのギャップが大きい国の一つです。そしてイランで行われる新年のお祭りノウルーズは、日本人にとっては時季外れながら楽しい雰囲気が味わえ、しかも日本にどこか似ている不思議なお正月なんです。今回はイランの新年のお祭りノウルーズをご紹介します。

  • イラン・ペルセポリスの見どころ大特集!壮麗な宮殿跡が残る...

    その昔「世界の中心」とまで称えられた大帝国アケメネス朝ペルシャの首都とされるペルセポリス。廃墟となった今も、往時の栄華と繁栄の痕跡が見られる貴重な遺跡です。国は決して永遠のものではなく、儚く滅びていくという事実が感じられる世界遺産の旅をご一緒にいかがでしょうか。

  • 入れるかは運次第!?イランの宝石箱のような美しさの霊廟「...

    ここは万華鏡の中?それとも宝石箱の世界?いいえ、こちらはイランにあるイスラム教シーア派の聖地である霊廟なんです!世にも珍しいキラキラと光り輝く室内。壁から天井にかけて、ガラスと鏡で埋め尽くされています!では早速この美しすぎる世界をご覧ください。

新着記事