イランの世界遺産イスファハーンにあるお宝を観光!

2,856

views

0

イランの古都イスファハーン。世界遺産にも登録されているこの街には、いくつもの重要な宮殿やモスクがあり、観光客の目を楽しませています。そんなイスファハーンの街中には、あまり日本では知られていない特別なお宝が存在するのです!今回はその知られざるお宝をご紹介!!

まずはイスファハーンへ

イスファハーンはイランの首都から南へ約340kmのところにあります。バスだと約6時間くらいで着きます。この街にはイランの有名なイスラム建築がいくつもあります。

モスクや宮殿等を彩る青いタイルはイスファハーンのシンボルです。本当に鮮やかな青でめちゃくちゃ素敵!とくにイマーム広場にある建築物は全てが素晴らしく、この広場とその周辺をじっくり見ることに1日割いても惜しくはないです。

夜は夜で、幻想的な雰囲気でたまりません!

天井、外側&内側の壁、どこを見ても溜め息が出てしまいます!

イスラムの国にあるキリスト教の教会

イランは皆さんご存知の通り、厳格なイスラム教の国です。そのためイラン国内では、女性はたとえ旅行者でもイスラム教徒でなくても、国内では必ずヒジャブと呼ばれるスカーフのような布で頭髪を隠さなくてはいけません。

しかし、イランはイスラム教の国ではあるものの、国内にはキリスト教の教会が存在します。実は、イランはお隣の国アルメニアとの関わりが長いこともあり、アルメニア人がそれなりに住んでいます。ちなみにアルメニアはキリスト教の国。そのためイランにはアルメニア人が建てたキリスト教の教会があるのです。

こちらは17世紀に建てられたヴァーンク教会。私たちがここを訪れたときは12月だったのでリースが飾ってありました。ところでこの教会、外側は地味なんですが内部がスゴいんです!

金色とイスファハーンならではの青色が融合した正に芸術の極み!

イスラム教の建築では幾何学模様の素晴らしさに驚かされますが、それに対してキリスト教の教会では、壁を埋め尽くす見事な宗教画に圧倒されます。

お宝登場!

さてさて、これは何でしょう?

表紙に十字架が描かれているので、すぐに聖書の類だと想像できると思います。でもこの聖書はただの聖書じゃないんです!なんと重さ0.7g、大きさは1cmにも満たないという世界最小の聖書なんです!!

中にはちゃ〜んと字がびっしり書かれており、しかも14ページもあります!

驚愕です!! もちろん字は小さすぎて全く読めません。(笑)

この小さな聖書は教会に隣接する博物館内にあるので、是非本物を見てほしいです。また、その博物館にはもう一つ、とんでもないものがあります。それは、顕微鏡を使わないと全く見えません。

顕微鏡の中を覗くと...

これはなんと!

髪の毛に聖書の一説をアルメニア文字で記したものなんだそうです。髪の毛の細さは約0.1mm。これらはアルメニア人の金細工職人たちの手によるものらしいですが、一体どうやって書いたんでしょう?不思議すぎます!!

ヴァーンク教会 Kelisa-ye Vank
住所:
Vank Church Alley, Isfahan
イスファハーン南部のジョルファ地区にあります。イスファハーンの中心を流れる川にかかるスィー・オ・セ橋から歩いて20〜30分くらいです。

最後に

いかがでしたか?

是非、ご自分の目でイスファハーンのお宝をご覧になってみて下さい!あまりの精巧さに度肝を抜かれます。もちろん教会自体も素晴らしいですし、イスファハーンの街全体が必見です。その昔、『イスファハーンは世界の半分』と言われていたそうですが、納得です!!

vale46

2年8ヶ月の世界各地を巡る旅を終え、昨年日本に戻ってきためっちゃ旅好きの社会科教員です!

今まで訪れた国は60以上!
世界中の面白いものを求めて西へ東へ!!

現地の人と深く関わり、素敵な場所、楽しいこと、ウマい食べ物を現地の人に聞きながら探すのが大好きです。

特に美味いものを見つけ出す嗅覚(才能?執念?)はそこらの野生動物に負けません!v(・∀・)v

次はどこ行こうかな?

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 不思議がいっぱい!イランの新年のお祭りノウルーズに参加し...

    日本ではネガティブなイメージで語られることが多いイランは、実際に行ってみるとイメージとのギャップが大きい国の一つです。そしてイランで行われる新年のお祭りノウルーズは、日本人にとっては時季外れながら楽しい雰囲気が味わえ、しかも日本にどこか似ている不思議なお正月なんです。今回はイランの新年のお祭りノウルーズをご紹介します。

  • イランのマスジェデ・ナスィーロル・モスク観光で感動!万華...

    イランのシーラーズにあるマスジェデ・ナスィーロル・モスクは、まるで万華鏡の中にいるかと錯覚するほどの美しいモスク。その美しさはタイルによる装飾だけではなく、朝日とステンドグラスが合わさる事によってもたらされ、その姿は芸術とひと言では言い表せられない程の幻想的な空間。 その美しいマスジェデ・ナスィーロル・モスクの魅力を紹介します。

  • イラン旅行で行くべき人気観光スポット&おすすめの見どころ5選

    OPEC第2位の石油産出国で、宗教規律が厳しく、傍目から見ると戦争、アメリカとの関係悪化、人権問題など色々問題のある国と見られているイラン。でも実際は人々は優しく、日本からの旅行者も多く、遺産など見どころも多いです。そんなイランの見どころをご紹介しましょう。

  • 入れるかは運次第!?イランの宝石箱のような美しさの霊廟「...

    ここは万華鏡の中?それとも宝石箱の世界?いいえ、こちらはイランにあるイスラム教シーア派の聖地である霊廟なんです!世にも珍しいキラキラと光り輝く室内。壁から天井にかけて、ガラスと鏡で埋め尽くされています!では早速この美しすぎる世界をご覧ください。

  • イランの歴史観光名所「バム遺跡」城塞都市が地震から文化の...

    砂漠の国・イラン。独特の「土の文化」をもつ彼の地には「バム遺跡」という巨大な城塞都市がありました。繰り返される他国からの侵略、そして近年起きた大地震…。悲しい出来事を乗り越え今に至る素晴らしい古都をご覧ください。

  • イラン・ペルセポリスの見どころ大特集!壮麗な宮殿跡が残る...

    その昔「世界の中心」とまで称えられた大帝国アケメネス朝ペルシャの首都とされるペルセポリス。廃墟となった今も、往時の栄華と繁栄の痕跡が見られる貴重な遺跡です。国は決して永遠のものではなく、儚く滅びていくという事実が感じられる世界遺産の旅をご一緒にいかがでしょうか。

このエリアの新着記事
  • イラン・イスラム共和国基本情報 【気候・服装編】

    イランは中東にある国で、世界を代表する石油産出国です。豊かな自然と深い歴史のある国で、見所もたくさんあります。ここではイランの気候を、イランを訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • イランに行ったら絶対外せない古代遺跡!パサルガダエ

    イランの世界遺産、パサルガダエ。世界史の教科書に載っているイランの遺跡ペルセポリスに有名度では負けちゃいますが、パサルガダエはペルセポリスよりも古い古代遺跡なんです。歴史好きは必見です!

  • イランの歴史観光名所「バム遺跡」城塞都市が地震から文化の...

    砂漠の国・イラン。独特の「土の文化」をもつ彼の地には「バム遺跡」という巨大な城塞都市がありました。繰り返される他国からの侵略、そして近年起きた大地震…。悲しい出来事を乗り越え今に至る素晴らしい古都をご覧ください。

  • イランのマスジェデ・ナスィーロル・モスク観光で感動!万華...

    イランのシーラーズにあるマスジェデ・ナスィーロル・モスクは、まるで万華鏡の中にいるかと錯覚するほどの美しいモスク。その美しさはタイルによる装飾だけではなく、朝日とステンドグラスが合わさる事によってもたらされ、その姿は芸術とひと言では言い表せられない程の幻想的な空間。 その美しいマスジェデ・ナスィーロル・モスクの魅力を紹介します。

  • イラン・イスファハーンでイスラム建築を堪能!おすすめ観光...

    「世界中の美しさの半分が、このイスファハーンに集まっている」当時を生きたヨーロッパ人にそう言わしめたきらびやかな都市、イスファハーン。砂漠の国に花開いた魅惑の街は、今も訪れる人々を幻惑させるほどに妖しく美しくたたずんでいます。

  • イラン旅行で行くべき人気観光スポット&おすすめの見どころ5選

    OPEC第2位の石油産出国で、宗教規律が厳しく、傍目から見ると戦争、アメリカとの関係悪化、人権問題など色々問題のある国と見られているイラン。でも実際は人々は優しく、日本からの旅行者も多く、遺産など見どころも多いです。そんなイランの見どころをご紹介しましょう。

  • 不思議がいっぱい!イランの新年のお祭りノウルーズに参加し...

    日本ではネガティブなイメージで語られることが多いイランは、実際に行ってみるとイメージとのギャップが大きい国の一つです。そしてイランで行われる新年のお祭りノウルーズは、日本人にとっては時季外れながら楽しい雰囲気が味わえ、しかも日本にどこか似ている不思議なお正月なんです。今回はイランの新年のお祭りノウルーズをご紹介します。

  • イラン・ペルセポリスの見どころ大特集!壮麗な宮殿跡が残る...

    その昔「世界の中心」とまで称えられた大帝国アケメネス朝ペルシャの首都とされるペルセポリス。廃墟となった今も、往時の栄華と繁栄の痕跡が見られる貴重な遺跡です。国は決して永遠のものではなく、儚く滅びていくという事実が感じられる世界遺産の旅をご一緒にいかがでしょうか。

  • 入れるかは運次第!?イランの宝石箱のような美しさの霊廟「...

    ここは万華鏡の中?それとも宝石箱の世界?いいえ、こちらはイランにあるイスラム教シーア派の聖地である霊廟なんです!世にも珍しいキラキラと光り輝く室内。壁から天井にかけて、ガラスと鏡で埋め尽くされています!では早速この美しすぎる世界をご覧ください。

新着記事