イラン・イスファハーンでイスラム建築を堪能!おすすめ観光スポットガイド

1,916

views

0

「世界中の美しさの半分が、このイスファハーンに集まっている」当時を生きたヨーロッパ人にそう言わしめたきらびやかな都市、イスファハーン。砂漠の国に花開いた魅惑の街は、今も訪れる人々を幻惑させるほどに妖しく美しくたたずんでいます。

「世界の半分」イスファハーン

紀元前のアケメネス朝の時代までさかのぼることのできる、由緒正しい街イスファハーン。16世紀にはサファビー朝の首都に定められ、さらなる栄華と発展を極めました。その繁栄ぶりは、当時のヨーロッパ人に「イスファハーンは世界の半分」と言わしめたほどでした。

大河ザーヤンデ・ルードの恵みで周辺に肥沃な農耕地を持つことができたことで発展。街はイスラム建築の宝庫で、歴史的・文化的にも大変貴重となっていて、街並みの美しさは「イランの真珠」とたたえられるほど。

街のあちらこちらで見られるイスラム建築の涼やかな壮麗さ、緻密さは、見ているだけで幻惑されたような気分になってしまうことでしょう。

イマーム広場と数々のイスラム建築

イスファハーンの象徴であるイマーム広場は、周囲をさまざまなモスクや回廊型のアーケードに取り囲まれた、南北513m、東西156mの空間。王の謁見式場や市民のバザール会場など、さまざまな催しに利用され、イスファハーンの中心地となっています。

広場南にあるイマーム・モスク、別名「王のモスク」は、サファビー朝5代皇帝アッバース1世の時代に建造されたものです。

外観も内部も、ため息が出そうなくらい美しく夢幻な装飾で覆われていて、イラン建築の最高峰と言われるほど。

見つめていると、何か胸が騒ぐような、陶然と吸い込まれてしまうような…。不思議な気持ちでいっぱいになることでしょう。

イマーム広場西には、アーリー・カープー宮殿があります。宮殿の本体は破壊されてしまっていますが、門にあたる部分が現存。突き出したバルコニー部分が、王の立った場所です。広場が一望できて、王の特等席にふさわしいと言えます。

広場東にあるのが、シェイフ・ロトフォッラー・モスク。王族専用の礼拝場所だったものです。

こちらも、内部にはこの世のものとは思えないほど緻密な世界が広がっています。平面に描かれる装飾だけでも圧倒されるのに、立体表現まで加えられてしまうと、もう言葉を失ってしまうほどですね。

国土の大半が砂漠であるイランには大きな川がほとんどありませんが、標高1590mの高原にあって比較的雨の多いイスファハーンには、ザーヤンデ・ルード川というイラン最大の内陸河川が流れています。この川にかかる橋は長大で見事なものが多く、こちらのハージュ橋もそのひとつ。

イスファハーンにある橋にも言えることですが、橋の下はこのように日差しを遮る空間となっていて、市民が思い思いにくつろげるスペースが!

橋の歩行者が歩く部分には、こんなふうに望楼も張り出していて、単なる「交通のため」ではなく憩いの場所としての機能も果たしているのが見て取れますね。

イスファハーンはまた、伝統工芸の中心地でもあります。特にペルシャじゅうたんの産地としてよく知られており、美しく良質なペルシャじゅうたんが並ぶ様は、イスラム建築に見事に調和。「世界三大織物」のひとつを、じっくり堪能してくださいね。

イスファハーン(Esfahan)
住所:
Esfahan, Iran
アクセス:
日本からドーハ経由でテヘランまで飛行機で約20時間半、テヘランからイスファハーンまでバスで約6時間

「世界の半分」と言われたイスファハーンですが、その美しさは「世界の半分以上」が集まっているとしか思えないほど。まさに楽園というにふさわしいこのきらびやかな街に、ぜひ一度は訪れてみてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 不思議がいっぱい!イランの新年のお祭りノウルーズに参加し...

    日本ではネガティブなイメージで語られることが多いイランは、実際に行ってみるとイメージとのギャップが大きい国の一つです。そしてイランで行われる新年のお祭りノウルーズは、日本人にとっては時季外れながら楽しい雰囲気が味わえ、しかも日本にどこか似ている不思議なお正月なんです。今回はイランの新年のお祭りノウルーズをご紹介します。

  • イランのマスジェデ・ナスィーロル・モスク観光で感動!万華...

    イランのシーラーズにあるマスジェデ・ナスィーロル・モスクは、まるで万華鏡の中にいるかと錯覚するほどの美しいモスク。その美しさはタイルによる装飾だけではなく、朝日とステンドグラスが合わさる事によってもたらされ、その姿は芸術とひと言では言い表せられない程の幻想的な空間。 その美しいマスジェデ・ナスィーロル・モスクの魅力を紹介します。

  • イラン旅行で行くべき人気観光スポット&おすすめの見どころ5選

    OPEC第2位の石油産出国で、宗教規律が厳しく、傍目から見ると戦争、アメリカとの関係悪化、人権問題など色々問題のある国と見られているイラン。でも実際は人々は優しく、日本からの旅行者も多く、遺産など見どころも多いです。そんなイランの見どころをご紹介しましょう。

  • 入れるかは運次第!?イランの宝石箱のような美しさの霊廟「...

    ここは万華鏡の中?それとも宝石箱の世界?いいえ、こちらはイランにあるイスラム教シーア派の聖地である霊廟なんです!世にも珍しいキラキラと光り輝く室内。壁から天井にかけて、ガラスと鏡で埋め尽くされています!では早速この美しすぎる世界をご覧ください。

  • イランの歴史観光名所「バム遺跡」城塞都市が地震から文化の...

    砂漠の国・イラン。独特の「土の文化」をもつ彼の地には「バム遺跡」という巨大な城塞都市がありました。繰り返される他国からの侵略、そして近年起きた大地震…。悲しい出来事を乗り越え今に至る素晴らしい古都をご覧ください。

  • イランに行ったら絶対外せない古代遺跡!パサルガダエ

    イランの世界遺産、パサルガダエ。世界史の教科書に載っているイランの遺跡ペルセポリスに有名度では負けちゃいますが、パサルガダエはペルセポリスよりも古い古代遺跡なんです。歴史好きは必見です!

このエリアの新着記事
  • イラン・イスラム共和国基本情報 【気候・服装編】

    イランは中東にある国で、世界を代表する石油産出国です。豊かな自然と深い歴史のある国で、見所もたくさんあります。ここではイランの気候を、イランを訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • イランに行ったら絶対外せない古代遺跡!パサルガダエ

    イランの世界遺産、パサルガダエ。世界史の教科書に載っているイランの遺跡ペルセポリスに有名度では負けちゃいますが、パサルガダエはペルセポリスよりも古い古代遺跡なんです。歴史好きは必見です!

  • イランの歴史観光名所「バム遺跡」城塞都市が地震から文化の...

    砂漠の国・イラン。独特の「土の文化」をもつ彼の地には「バム遺跡」という巨大な城塞都市がありました。繰り返される他国からの侵略、そして近年起きた大地震…。悲しい出来事を乗り越え今に至る素晴らしい古都をご覧ください。

  • イランのマスジェデ・ナスィーロル・モスク観光で感動!万華...

    イランのシーラーズにあるマスジェデ・ナスィーロル・モスクは、まるで万華鏡の中にいるかと錯覚するほどの美しいモスク。その美しさはタイルによる装飾だけではなく、朝日とステンドグラスが合わさる事によってもたらされ、その姿は芸術とひと言では言い表せられない程の幻想的な空間。 その美しいマスジェデ・ナスィーロル・モスクの魅力を紹介します。

  • イランの世界遺産イスファハーンにあるお宝を観光!

    イランの古都イスファハーン。世界遺産にも登録されているこの街には、いくつもの重要な宮殿やモスクがあり、観光客の目を楽しませています。そんなイスファハーンの街中には、あまり日本では知られていない特別なお宝が存在するのです!今回はその知られざるお宝をご紹介!!

  • イラン旅行で行くべき人気観光スポット&おすすめの見どころ5選

    OPEC第2位の石油産出国で、宗教規律が厳しく、傍目から見ると戦争、アメリカとの関係悪化、人権問題など色々問題のある国と見られているイラン。でも実際は人々は優しく、日本からの旅行者も多く、遺産など見どころも多いです。そんなイランの見どころをご紹介しましょう。

  • 不思議がいっぱい!イランの新年のお祭りノウルーズに参加し...

    日本ではネガティブなイメージで語られることが多いイランは、実際に行ってみるとイメージとのギャップが大きい国の一つです。そしてイランで行われる新年のお祭りノウルーズは、日本人にとっては時季外れながら楽しい雰囲気が味わえ、しかも日本にどこか似ている不思議なお正月なんです。今回はイランの新年のお祭りノウルーズをご紹介します。

  • イラン・ペルセポリスの見どころ大特集!壮麗な宮殿跡が残る...

    その昔「世界の中心」とまで称えられた大帝国アケメネス朝ペルシャの首都とされるペルセポリス。廃墟となった今も、往時の栄華と繁栄の痕跡が見られる貴重な遺跡です。国は決して永遠のものではなく、儚く滅びていくという事実が感じられる世界遺産の旅をご一緒にいかがでしょうか。

  • 入れるかは運次第!?イランの宝石箱のような美しさの霊廟「...

    ここは万華鏡の中?それとも宝石箱の世界?いいえ、こちらはイランにあるイスラム教シーア派の聖地である霊廟なんです!世にも珍しいキラキラと光り輝く室内。壁から天井にかけて、ガラスと鏡で埋め尽くされています!では早速この美しすぎる世界をご覧ください。

新着記事