火山の国アイスランド旅行でおすすめな温泉3選!間欠泉や天然露天風呂も

2,794

views

0

アイスランドは火山の国と言われ、温泉がさまざまな地で沸きやすい国です。アイスランドで有名な温泉「ブルーラグーン」の他、有名な温泉はたくさん。そこで、今回はアイスランドのおすすめな温泉を紹介します。ちなみに、アイスランドの温泉は混浴で水着を着用していないと入浴はできません。

アイスランドってどんな国?

アイスランドは、北ヨーロッパの北大西洋上にある島国。

国内には、火山が多数あるため周りには温泉や地熱発電所がたくさんみられます。
それらの火山の中には活発な火山活動が見られるものもあり、噴火などの災害もたびたび発生します。

また、アイスランドは北緯63度~66度のところに位置しており、一部が北極圏に入ります。
そのため、国内のほとんどの場所でオーロラを観察することができます。

そして、アイスランドの平均気温は氷点下3℃と同緯度にある都市に比べて暖かいです。
その理由は、メキシコ湾から流れてくる北大西洋海流という暖流の影響のためです。

ストロックル間欠泉 【Strokkur】

間欠泉とは、一定の周期で熱湯を噴出する温泉のこと。ストロックル間欠泉は、5分~10分おきに熱湯が噴出します。
仕組みは、くぼみに溜まった地下水が地熱によって加熱され、沸点に達したら水蒸気となって一気に噴出するというものです。

出典: tr.twipple.jp

熱湯が噴出する瞬間は、これから地下から青い巨人が姿を現すのではないのかという雰囲気を醸し出します。
そして、熱湯は高さ20mまで一気に噴出し数秒で元に戻ります。

ストロックル間欠泉 【Strokkur】
住所:
Hafnartún、Selfoss、アイスランド
アクセス:
南部のクヴィータ川の近辺。レイキャビックからは約110kmほど
定休日:
なし
料金:
無料
おススメの時期:
通年
営業時間:
24時間

ミーヴァトン・ネイチャーバス 【Myvatn Nature Baths】

ミーヴァトン・ネイチャーバスは、世界最北の天然温泉であり露天風呂。湯船は露天風呂のみです。

湯船はかなり広いです。

水温は、36℃~40℃と少しぬるめの設定。

また、ここにはサウナもあります。
サウナは、室温が約50℃、湿度が100%と日本のものと比べると温度は低く、人によっては長く入っていられるかもしれません。

こんなに広い露天風呂で、乾杯!なんて夢心地ですね。

ミーヴァトン・ネイチャーバス 【Myvatn Nature Baths】
住所:
Jarðbaðshólar, 660 Mývatn
営業時間:
【6月~8月】 9:
00~24:00 最終入場時間 23:30  
【9月~5月】 12:
00~22:00 最終入場時間 21:30
【12月24日、31日】 13:
00~16:00
料金:
・大人
【6月~9月】 kr. 4.000. 【10月~5月】 kr. 3.500.
・13歳~15歳
【6月~9月】 kr. 1.500. 【10月~5月】 kr. 1.100.
・障害者、お年寄り、学生
【6月~9月】 kr. 2.500. 【10月~5月】 kr. 2.200.
※回数券や貸タオル(kr.700.)などもあります。
アクセス:
北部のミーヴァトン湖の周辺
定休日:
12月25日、1月1日
電話番号:
+354 464 4411
おススメの時期:
冬の夜間に天気が良ければ温泉につかりながらオーロラが見られます。

グリョゥタギャウ 【grjótagjá】

この洞窟の中に温泉が湧いてます。

アイスランドは、前述の通り、大西洋中央海嶺の上にある世界でも珍しい島国。海嶺とは、海洋プレートが生成される場所のことです。

そのため、アイスランドの国土は日々引き裂かされており、地球の割れ目を見ることができます。

グリョゥタギャウは、その「地球の割れ目」の底に湧いた温泉。

昔は入浴ができたのですが、現在は火山活動の影響により水温が上昇(約50℃)したため、残念ながら入浴はできません。

グリョゥタギャウ【grjótagjá】
住所:
N65° 34' 29.535
アクセス:
北部にあるミ-ヴァトン湖の周辺
定休日:
なし
料金:
無料
おススメの時期:
通年
営業時間:
24時間

セリャベリール 【Seljavallalaug】

大自然のど真ん中にあります。

セリャベリールは、川のほとりにある温泉。

この歴史は古く1923年に地元の人たちに泳ぎを教えるための施設として造られました。
水温は25℃~35℃とかなりぬるめです。

自然の雄大さに浸りながら温泉を楽しめます。

また、営業は夏期のみ(6月1日~9月1日)となっています。

セリャベリール【Seljavallalaug】
住所:
Skogar, Vik and Myrdalsjokull、アイスランド
営業時間:
11:00~23:00
※夏期のみ(6月1日~9月1日)の営業
アクセス:
南部のSeljavellirから徒歩15分~20分程度。Seljavellirまでは車で行くことが可能
料金:
無料
定休日:
9月2日~5月31日

さいごに

いかがでしたか。
ぜひ、これらの温泉に行って日々の疲れを癒したり、地球の底知れぬパワーを味わってみて下さい!

ひろ吉

25歳の千葉県在住のコピーライターです。
海外や国内を旅しています。
特に、温泉が大好きです!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • アイスランド・ヴァトナヨークトル氷河の洞窟スーパーブルー...

    青い光が満ち溢れた、どこまでも続く氷の洞窟。そんな神秘的な光景が見られるのが、ノルウェーにあるヴァトナヨークトル氷河です。あまりの美しさから「スーパーブルー」とも呼ばれるそこは、自然がつくりだした奇跡の世界!今回は、そんなヴァトナヨークトルの魅力をたっぷりとご紹介します。

  • アイスランドの自然観光スポット「シングヴェトリル国立公園...

    雄大な自然が広がるアイスランドにある世界遺産がシングヴェトリル国立公園です。地球の息吹を感じられるこの公園には、私たちの常識を覆すほどの素晴らしい風景が広がっています。迫力ある地球の割れ目や冬にはすべてが凍ってしまう滝、世界有数のダイビングスポットなどを有するシングヴェトリル国立公園。今回はその絶景や魅力をご紹介します。

  • アイスランド基本情報 【気候・服装編】

    火山が多く「火と氷の国」と呼ばれるアイスランド。絶景の宝庫とも言われ、その壮大な風景を見に多くの観光客が訪れています。冬の寒さは厳しいのですが、オーロラは一度は見てみたいものですね。ここではそんなアイスランドの気候や服装について紹介しましょう。

  • アイスランド・セリャラントスフォス、冬はオーロラと滝のコ...

    北ヨーロッパにあるアイスランドには、その景色の美しさで観光客に大人気の滝セリャラントスフォスがあります。季節ごと、時間ごとにさまざまに表情を変えるすばらしい風景に何度も訪れたくなるのもうなずけます。特に、オーロラと滝が一緒に楽しめる場所は他に類を見ません。

  • アイスランド基本情報 【時差・空港編】

    北太平洋上に位置するヨーロッパの国アイスランド。本記事では、北アイスランドを旅する前に知っておきたい日本との時差や、アイスランドまでの飛行時間などの基本情報をお届けします。

  • アイスランド首都レイキャビク旅行の見どころ5選!オーロラ...

    「火と氷の島」とも呼ばれるアイスランド。 オーロラを見ることができることでも有名なこの国は、総人口30万人ほどで治安もよく、温泉や美しい自然が魅力です。 中でも首都レイキャビクは世界的にも空気のきれいな都市として有名です。 今回はそんなレイキャビクの見どころをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • アイスランド基本情報 【気候・服装編】

    火山が多く「火と氷の国」と呼ばれるアイスランド。絶景の宝庫とも言われ、その壮大な風景を見に多くの観光客が訪れています。冬の寒さは厳しいのですが、オーロラは一度は見てみたいものですね。ここではそんなアイスランドの気候や服装について紹介しましょう。

  • アイスランド・ヴァトナヨークトル氷河の洞窟スーパーブルー...

    青い光が満ち溢れた、どこまでも続く氷の洞窟。そんな神秘的な光景が見られるのが、ノルウェーにあるヴァトナヨークトル氷河です。あまりの美しさから「スーパーブルー」とも呼ばれるそこは、自然がつくりだした奇跡の世界!今回は、そんなヴァトナヨークトルの魅力をたっぷりとご紹介します。

  • アイスランドの自然観光スポット「シングヴェトリル国立公園...

    雄大な自然が広がるアイスランドにある世界遺産がシングヴェトリル国立公園です。地球の息吹を感じられるこの公園には、私たちの常識を覆すほどの素晴らしい風景が広がっています。迫力ある地球の割れ目や冬にはすべてが凍ってしまう滝、世界有数のダイビングスポットなどを有するシングヴェトリル国立公園。今回はその絶景や魅力をご紹介します。

  • アイスランド・セリャラントスフォス、冬はオーロラと滝のコ...

    北ヨーロッパにあるアイスランドには、その景色の美しさで観光客に大人気の滝セリャラントスフォスがあります。季節ごと、時間ごとにさまざまに表情を変えるすばらしい風景に何度も訪れたくなるのもうなずけます。特に、オーロラと滝が一緒に楽しめる場所は他に類を見ません。

  • アイスランドで露天風呂⁉︎50mプール4個分の巨大ブルーラグー...

    鮮やかなコバルトブルーが目に飛び込んでくる!ここはアイスランドの国際空港からもほど近い温泉施設です。アイスランド国内外からこの絶景と温泉治療を求めて多くの人々が訪れる人気の観光スポットで心も体も癒されたいですね。

  • アイスランド基本情報 【時差・空港編】

    北太平洋上に位置するヨーロッパの国アイスランド。本記事では、北アイスランドを旅する前に知っておきたい日本との時差や、アイスランドまでの飛行時間などの基本情報をお届けします。

  • アイスランド首都レイキャビク旅行の見どころ5選!オーロラ...

    「火と氷の島」とも呼ばれるアイスランド。 オーロラを見ることができることでも有名なこの国は、総人口30万人ほどで治安もよく、温泉や美しい自然が魅力です。 中でも首都レイキャビクは世界的にも空気のきれいな都市として有名です。 今回はそんなレイキャビクの見どころをご紹介します。