瀬戸内海・しまなみ海道をドライブ&自転車で観光!絶景&絶品グルメざんまいの人気コースとは?

3,986

views

0

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶしまなみ海道。青空の下、人気の観光コースをサイクリングやドライブ、クルージングで島巡りしてみませんか?

絶景にグルメと盛りだくさんな人気ルート!

新尾道大橋や因島大橋など、9本の橋が架けられたしまなみ海道。神社や博物館、足湯があるインターチェンジなど、途中で立ち寄りたいスポットが多く、1日でまわれる観光ルートとして人気を集めています。

島めぐりのスタート地点「尾道駅」

尾道城が建つ山のふもとにある尾道駅。
こちらでレンタルサイクルの受け付けや事前に送ったロードバイクを受け取れば、サイクリングの始まりです。(愛媛の今治でも可能)
車の場合は、西瀬戸尾道ICから尾道大橋を渡る行程ですね。

フェリーで海を行くのも風情がありそうです。運行時間は旅の大事な部分なので、下のリンクをご参照ください。

地元の味を楽しむなら「瀬戸の味 万作」へ

出典: tabelog.com

広島県の生口島で、ぜひ立ち寄りたいのがこちらの「万作」。地元の海の幸・山の幸が味わえます。

出典: tabelog.com

こちらの名物は、昔この辺の塩田で働いていた浜子さんたちが食べていたという「浜子鍋」です。これらの新鮮な魚介&野菜を、昆布出汁と特別なお味噌のみで仕上げるそう。その他、たこ飯なども人気のメニューです。

万作
住所:
広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田530-1
営業時間:
11:00~15:00
電話:
0845-27-3028
アクセス:
生口島北ICから車で12km。
定休日:
木曜日
※夜は予約のみ営業。

歴代の朝廷や武将が尊崇した大山祇神社

海と山の神様、大山積神を祀る「大山祇神社」の総本社。愛媛県の大三島にあります。かつて瀬戸内海で活躍していた村上水軍も、こちらを氏神としていました。
武運を祈って多くの武将から甲冑などが奉納され、それらが今でもこちらに納められています。今回の旅の無事をお願いしましょう。

境内には天然記念物に指定された「大山祇神社のクスノキ群」があります。こちらは初代総理大臣の伊藤博文が参拝時に植樹されたクスノキだそうです。中には樹齢2600年のクスノキもあります。なんだか精霊がいそうですね。

大山祇神社
住所:
今治市大三島町宮浦3327
営業時間:
17:00 閉門~
電話:
0897-82-0032
アクセス:
大三島ICから車で10km。
定休日:
無休
料金:
無料(宝物館は大人1,000円、大学・高校生800円、中小学生400円)
駐車場はないので、最寄りの藤公園市営駐車場(無料)を利用。

瀬戸内で戦国ロマンを体感するなら村上水軍博物館

2004年、大島にオープンしたのが「村上水軍博物館」。南北朝時代から瀬戸内海の警護にあたっていた村上水軍の一族、能島村上氏の資料などが展示されています。

戦いの道具なども展示されています。当時の交通手段は船のみだったので、道具も独自の発達を遂げたようです。

村上水軍博物館
住所:
今治市宮窪町宮窪1285
電話:
0897-74-1065
アクセス:
大島北ICから車で3km。
定休日:
月曜日(月曜が祝日の際は翌日)と年末年始(12/29~1/3)
営業時間:
9:00~17:00(入館16:30まで)
料金:
大人300円・学生150円。高校生以下または18歳未満は無料 。

しまなみ海道が誇る絶景ビュー「亀老山展望公園」

そして、今治手前の大島南から少し足を伸ばして立ち寄って欲しいのが「亀老山展望公園」。亀老山から瀬戸内の島々を見下ろして眺めるのは気持ちが良さそうです。

この景色!夕焼け時はなんともいえない美しさ。

建築家の隈研吾氏が設計した未来的な印象の展望台からは、絶景を見渡すことができます。天気が良ければのんびり散策しましょう。

「亀老山」は、昔々観音像を背負った大亀を僧侶が発見し、その観音様を崇拝し始めたのが由来だそうです。少しずんぐりしたところが、かわいいですよね。

亀老山展望公園
住所:
今治市吉海町南浦487-4
アクセス:
大島南ICから車で4km
駐車場:
あり/無料、普通車18台/大型車6台

最後に

以上、しまなみ海道で人気の観光スポットでした。しまなみ海道には魅力的なスポットが多すぎて、ここではご紹介しきれないほどです。宿泊するもよし、もう一度訪れてみるもよし、いくつもの魅力に触れられる宝箱のようなルートをぜひ辿ってみてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 【瀬戸内海】しまなみ海道周辺で海の幸を堪能できる人気店を...

    100を超える大小様々な島が浮かぶ瀬戸内海。その主な島を本州から四国にかけて結ぶしまなみ海道は、風光明媚な瀬戸内海の景色を眺めながらドライブやサイクリングを楽しめる人気の観光コース。そんな海道で地元の海の幸も楽しんでみませんか?今回はしまなみ海道周辺にある絶品の海の幸が楽しめるお店を紹介します!

  • 瀬戸内海・しまなみ海道をドライブ&自転車で観光!絶景&絶...

    広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶしまなみ海道。青空の下、人気の観光コースをサイクリングやドライブ、クルージングで島巡りしてみませんか?

  • 瀬戸内海と言ったらやっぱり柑橘系のおみやげ♪はずせない3大...

    瀬戸内海に浮かぶ大三島と生口島。そこの温暖な気候によって育まれるフレッシュなレモンやみかんは安心して食べられる上にとても美味しいですよ。生のフルーツの味わいはもちろんですが、ジュースやお菓子などの加工品もおすすめ!そんな瀬戸内のイチオシ柑橘系加工品をご紹介しましょう。

  • 愛媛のしまなみ海道をドライブでまわろう! おすすめ観光スポ...

    広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶしまなみ海道。全長約70kmほどあるこの海の道周辺には、様々なスポットがあります。今回は、車でしまなみ海道を利用した際に立ち寄れる人気スポットを紹介したいと思います。

  • 日本初・自転車で渡れる海峡!澄み渡る海と緑鮮やかな島々が...

    現在、本州と四国は3つのルートでつながっていますが、このうち尾道・今治ルート(通称:瀬戸内しまなみ海道)にあるこのサイクリングロードは、日本で初めて海峡を横断できる自転車道。このエリアの海は波が穏やかで水の透明度も高く、そこに大小さまざまな島が点在する多島美が楽しめます。ところどころで気ままに寄り道したり、景色や気候をゆっくり楽しめるのは自転車旅行の醍醐味。今回は、そんな旅をご紹介します。

  • 絶景を眺めながらサイクリング!しまなみ海道おすすめスポット

    愛媛県から瀬戸内海の島々を通って広島県に至る西瀬戸自動車道、通称しまなみ海道は自動車専用道路でありながら、自転車歩行者専用道路も併設されています。瀬戸内海の景色を眺めながら通行できるため、サイクリングロードとして人気です。そこでしまなみ海道でおすすめのスポットを紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • 日本初・自転車で渡れる海峡!澄み渡る海と緑鮮やかな島々が...

    現在、本州と四国は3つのルートでつながっていますが、このうち尾道・今治ルート(通称:瀬戸内しまなみ海道)にあるこのサイクリングロードは、日本で初めて海峡を横断できる自転車道。このエリアの海は波が穏やかで水の透明度も高く、そこに大小さまざまな島が点在する多島美が楽しめます。ところどころで気ままに寄り道したり、景色や気候をゆっくり楽しめるのは自転車旅行の醍醐味。今回は、そんな旅をご紹介します。

  • 愛媛のしまなみ海道をドライブでまわろう! おすすめ観光スポ...

    広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶしまなみ海道。全長約70kmほどあるこの海の道周辺には、様々なスポットがあります。今回は、車でしまなみ海道を利用した際に立ち寄れる人気スポットを紹介したいと思います。

  • 広島と愛媛を結ぶしまなみ海道を満喫できる!離島巡りのおす...

    広島県と愛媛県を結ぶしまなみ海道を観光するのなら、離島巡りがおすすめです。自然豊かな島々には、観光スポットや宿泊施設などが充実していて、特産品などもたくさんあります。今回は、それぞれの島のおすすめスポットをご紹介します。

  • 絶景を眺めながらサイクリング!しまなみ海道おすすめスポット

    愛媛県から瀬戸内海の島々を通って広島県に至る西瀬戸自動車道、通称しまなみ海道は自動車専用道路でありながら、自転車歩行者専用道路も併設されています。瀬戸内海の景色を眺めながら通行できるため、サイクリングロードとして人気です。そこでしまなみ海道でおすすめのスポットを紹介しましょう。

  • 瀬戸内海と言ったらやっぱり柑橘系のおみやげ♪はずせない3大...

    瀬戸内海に浮かぶ大三島と生口島。そこの温暖な気候によって育まれるフレッシュなレモンやみかんは安心して食べられる上にとても美味しいですよ。生のフルーツの味わいはもちろんですが、ジュースやお菓子などの加工品もおすすめ!そんな瀬戸内のイチオシ柑橘系加工品をご紹介しましょう。

  • 【瀬戸内海】しまなみ海道周辺で海の幸を堪能できる人気店を...

    100を超える大小様々な島が浮かぶ瀬戸内海。その主な島を本州から四国にかけて結ぶしまなみ海道は、風光明媚な瀬戸内海の景色を眺めながらドライブやサイクリングを楽しめる人気の観光コース。そんな海道で地元の海の幸も楽しんでみませんか?今回はしまなみ海道周辺にある絶品の海の幸が楽しめるお店を紹介します!

新着記事