アメリカ西海岸・ヨセミテ国立公園で遊ぶ!人気アクティビティと出会える動物紹介

2,536

views

1

西海岸から数時間で訪れることができるヨセミテ国立公園は、そのアクセスの良さと大自然の魅力からアメリカの国立公園の中でも最も人気のある場所の1つです。今回はそんなヨセミテ公園への行き方や適した服装など基本情報をご紹介します。

1.ヨセミテ国立公園とは

ヨセミテ国立公園はカリフォルニア州の東にあり、サンフランシスコから車で約4~5時間と日帰りも可能な国立公園として人気の場所です。
世界最初の国立公園はロッキー山脈にあるイエローストーン国立公園ですが、自然保護活動が行われた地としてはヨセミテ国立公園の方が古く、「自然保護発祥の地」としても知られています。

国立公園の中心ヨセミテバレーにはロッジやレストラン、ストアなどがあり、ヨセミテ観光の中心地です。

公園内には豪快な滝が複数あって、季節ごとにさまざまな表情を見せます。ただし雪解けから初夏にかけては大量の水が流れるのですが、夏場には枯れてしまうので滝が見たい場合には夏場をさけるようにしましょう。

ヨセミテ国立公園は岩場や森林、滝や湖など見どころの多い公園です。ホテルやロッジなど宿泊施設も多いので、旅行で訪れた際にも滞在しやすい環境。ぜひゆっくりと大自然を楽しんでみたいですよね。

2.ヨセミテ国立公園への行き方

ヨセミテ国立公園へのアクセス方法は多彩なので、自分の予算やペースに合わせて選ぶことができます。一番時間がかからないのはやはり飛行機を使う方法で、サンフランシスコやロサンゼルスからなら最寄りのフレズノ空港まで約1時間。さらに車に乗り換えて3時間ほどで到着します。

車ではサンフランシスコからなら4~5時間、ロサンゼルスからなら6~7時間くらいが目安です。ほかにも長距離バスや日帰りのツアーバスで訪れることもできます。

3.ヨセミテ国立公園の天候と服装、持ち物

ヨセミテ国立公園は山岳地帯にあるので、天気が変わりやすい場所です。ハイカントリーやグレイシャーポイントなど標高の高い場所もあり、谷底のヨセミテバレーとは最高で10℃近い差がある場所も。

そのため季節に関わらず、重ね着などで気温の変化に対応できるような備えをする必要があります。もし準備が足りなかった場合でも、ビレッジのストアやアウトドア用品店で買うこともできるので安心です。

バケーションシーズンの夏場にはTシャツとショートパンツという服装で訪れる観光客も多いのですが、虫が多い季節なので虫よけスプレーなどを忘れないように。
秋のバレーでは日没が早く急激に気温が下がるので、セーターなどがあると便利です。また冬にはスキーができるほどの積雪と寒さなので、本格的な冬の装備が必要となります。

持ち物は滞在方法にもよりますが、キャンプを楽しみたい場合にはテントや調理器具などたくさんのものを準備する必要があります。逆にホテルに滞在したい場合にはほとんどのものが準備されている場合が多いので、着替えだけをもって行くことも可能です。

4.ヨセミテ国立公園の楽しみ方

ハイキング

園内には気軽に楽しめるハイキングコースから、数日をかけて踏破するような本格的なトレイルまでさまざまなコースが整備されています。ビジターセンターではエリアごとのハイキングガイドが配られているので、ぜひ自分の足で歩いて自然を満喫してみましょう。

植物の群生地などにはハイカーによって踏み荒らされないように木道がつくられています。夏のハイシーズンには混雑することもありますが、自然環境を守るために絶対に道をそれないように気をつけましょう。

サイクリング

また園内には全長20kmのサイクリングコースがあり、ハーフドームやエルキャピタンなどを仰ぎ見ながら自転車でまわることができます。ヨセミテロッジなどで自転車を借りられるので、海外からの旅行客でも気軽に楽しむことができるのがうれしいですよね。

ラフティング

ほかにも園内を流れるマーセド川を下るラフティングもあります。初夏にしかできないアクティビティなので、その時期に訪れた際にはぜひ!

5.ヨセミテ国立公園で出会える動物チェック

ヨセミテ国立公園の楽しみは美しく壮大な景観だけではありません。自然環境に適応した動物たちの生態を観察することもできます。

ミュール鹿

ミュール鹿は北アメリカの西部に生息する体長2mを超す個体もいるという大きな鹿で、耳が大きくラバ(ミュール)に似ているのでこの名前がつきました。近縁のオジロジカと非常に似た見た目なのですが、尾が白いオジロジカに対してミュール鹿は尾が黒いので、そこで見分けましょう。

春はミュール鹿の出産シーズンで、初夏から冬にかけては親子連れの鹿の姿を見ることができます。

ブラックベア

ブラックベアはアメリカグマともよばれるクマで、名前の通り黒い毛をもつ個体が多いのですが、ヨセミテ国立公園では茶色の毛皮を持つものが多いといわれています。

ヨセミテ国立公園ではキャンパーなどの残した食料に味をしめたブラックベアがキャンプ場などにあらわれることが問題になっています。国立公園内では食料が入ったバッグなどから目を離さないようにし、残った食料などは決められた場所に捨てるなど、マナーを守った行動をとるようにしましょう。

キンイロジリス

キンイロジリスは北アメリカ西部の山間部に生息するリスで、地面に穴を掘って巣をつくります。大人の体長は23cmから29cmほどで、背中には黒地に白のラインが2本入っているのが特徴です。

秋には冬眠に備えるために食料を運ぶ姿がよく見られます。

ビーバー

園内の川ではビーバーの姿を見ることもあります。ビーバーは川にダムをつくり、流れがゆるくなった場所につくった島のように見える巣で暮らしているのです。性格は臆病なので陸上で活動する姿はなかなか見られないのだそう。

コヨーテ

広くアメリカ大陸に生息するコヨーテはオオカミに近い種類のイヌ科の動物ですが、大きさは小型で全体的に淡い黄褐色をしています。コヨーテはよく遠ぼえをすることでも知られていて、園内でも遠ぼえを耳にすることがよくあります。

ヨセミテ国立公園(Yosemite National Park)
住所:
Yosemite National Park, CA 95389
アクセス:
サンフランシスコから車で約5時間。飛行機の場合はサンフランシスコからフレズノ空港まで約1時間、車に乗りついで約3時間。
定休日:
無し
電話番号:
+1 209-372-0200

ヨセミテ国立公園について基本的な情報をメインにご紹介しました。
たくさんの魅力がある美しいこの公園は、アクセスの良さから夏場にはかなり混雑します。ハイシーズンに旅行に行かれる際には早めの予約を心がけてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • インスタフォロワー1万人越の私が教える!ロサンゼルスのフォ...

    "Insta Worthy"とはインスタする価値のあるという意味の現代語!可愛いカフェや綺麗な場所にいったらインスタしたいのは世界共通。私は元LA在住ですが、その後も遊びに行く度に”これぞLA”って感じの写真を撮ってインスタにアップ♪また有名Instagrammerが多いのもLA。ブロガーたちのポストには写真のインスピレーションがいっぱい。アイコニックな場所を訪れて、記憶に残るLA旅行の様子を収めましょう!この記事ではLAで行くべき撮影スポットを5つご紹介!

  • ビバリーヒルズでセレブの豪邸を見に行こう!

    カリフォルニア州ロサンゼルスの西部にあるビバリーヒルズ は、高級住宅街として有名な場所だけあって大スターのお宅を巡るツアーなんてのもあるほど。 ”ビバリーヒルズに住む”それこそがスターの証とも言える、この場所に居を構える誰しもが知る有名人の豪邸を紹介します。

  • ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのおすすめお土産特集

    アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス郡にあるユニバーサルスタジオ ハリウッドは映画を題材にしたテーマパークです。日本でもおなじみのテーマパークですが、ユニバーサルスタジオ ハリウッドでは敷地内に現在も使われている映画スタジオがあることでも有名。今回は日本の倍以上も広いユニバーサルスタジオ ハリウッドで購入したいお土産を紹介します。

  • ロサンゼルス「メルローズ・アベニュー」で買い物ならココ!...

    ロサンゼルスといえばファッションの街!お洒落で美容意識が高い人が多く、ロスにあるストアもお洒落なところが多いです。アメリカに行ったら、日本未発売のお洒落ファッションアイテムを手に入れたいところですよね。そこで今回は、ハリウッド・メルローズ・アベニューでオススメのファッション・ストア4店をご紹介していきます!

  • カリフォルニアディズニーランドだけのお土産をゲット!人気...

    せっかく海外のディズニーランドに来たのなら、お土産にもこだわりたいところ。カリフォルニアでしか買えないグッズが手に入るお土産ショップを5つご紹介します♪

  • サンフランシスコ観光を100%満喫する!行かなきゃ損な鉄板コ...

    写真好きの人におすすめしたい街サンフランシスコ!今回ご紹介する鉄板観光スポットで、思う存分写真を撮ってみませんか?どこを切り取ってもフォトジェニックな街ですが、さらにさらに素敵な一枚が狙えますよ。お気に入りのカメラとの二人旅に出かけましょう!

このエリアの新着記事
  • サンフランシスコ・ミッション地区バレンシアストリートのお...

    サンフランシスコは、エリアによって非常に特徴のある町です。今回紹介するのは、ミッション地区のバレンシアストリートに立地するレストランやお店です。さまざまな人種の人たちが住んでいることもあり、多種多様の風景や文化を感じ取ることができるのではないでしょうか?

  • 【ロサンゼルス】メルローズ&ラ・ブレア地区のレストランお...

    LAで人気のショッピングエリアと言えば、LAメルローズ(Melrose)&ラ・ブレア(La Brea)地区。実は、買い物が楽しめるショップだけでなくレストランも充実しているのです。買い物途中のランチに、買い物終わりのディナーに、ぜひ立ち寄りたいレストランをご紹介します!

  • ロサンゼルスに旅行に来たら必ず行きたいセレブの集まるレス...

    ハリウッドスターや有名ミュージシャンなどのセレブはどんなお店で楽しい一時を過ごしているのでしょうか?老舗から今話題の最新スポットまでご紹介!

  • カリフォルニアディズニーランドリゾート・ダウンタウン・デ...

    カリフォルニアディズニーランドリゾート内のダウンタウン・ディズニーはショップやレストランが建ち並ぶエンターテイメントエリア。その中でも、特におすすめのレストラン「Tortilla Jo's」と限定商品が手に入る「World of Disney」をご紹介します!

  • サンフランシスコ・ユニオンスクエアで人気のステーキ&グリ...

    たくさんのホテルやショップ、レストランが集まるユニオンスクエアは、サンフランシスコでも観光の中心地のひとつです。今回はその中でもおいしいアメリカ料理を味わえるお店をご紹介します。分厚いお肉が食べたい!そんな衝動に駆られたときに行ってみて欲しいレストランです♪

  • ロサンゼルスで人気の二大メキシコ料理チェーン店エル・チョ...

    ロサンゼルスは、アメリカの中でとくにメキシコ系の住民が多いエリア。メキシコ料理が食べられるお店も数多く存在します。老舗のエル・チョロ(El Cholo)とニューウェーブのピンク・タコ(Pink Taco)はロサンゼルスのグルメ界でも評判のメキシカンチェーン店。それぞれのタコスとエンチラーダを比較し、さらにおすすめの1品をご紹介します。

  • サンフランシスコ観光ならアラモ・スクエアへ!「フルハウス...

    オルセン姉妹が子役として知名度をあげたアメリカのシットコム「フルハウス」のロケ地でも有名なペインテッド・レディース(19世紀のビクトリア建築)の家並みとその向こうに見えるダウンタウンを一枚の写真に収めなきゃ、サンフランシスコ観光は語れない!?

  • ロサンゼルス・ハリウッドのお土産ショッピングスポット&人...

    アメリカ西海岸ロサンゼルスにある映画産業で栄えたハリウッド。テレビでもよく使用されているハリウッドサインは、「1度は見てみたい!」という人も多いはず。観光の合間、食事やカフェ休憩も必要ですし、買い物したいお店をその場で探すのも一苦労。今回は、今から知っておくべき選りすぐりの5店をご紹介します!

  • カリフォルニアディズニーランドのファンタジックなショーが...

    カリフォルニア州にある世界で一番最初に出来たディズニーランド。ここで見られる夢に溢れたファンタジックなエンターテインメントをご紹介します♪

  • 60th記念!カリフォルニア・ディズニーのダイヤモンド・セレ...

    1955年7月17日にオープンしたカリフォルニア・ディズニーランドは今年で60周年を迎えます。ダイヤモンド・セレブレーションと名付けスタートしたこのスーパーイベントは大盛況!絶対に見逃せないイベントとなっています。

このエリアの人気記事
新着記事