アフリカ・マダガスカルで人気のお土産おすすめ3選

16,249

views

0

インド洋に浮かぶアフリカの孤島マダガスカルには、古代樹バオバブ、世界遺産のツィンギー、固有種であるキツネザルなどなど 見どころがたくさん。一方でその独特の生態系をモチーフにしたものや、マダガスカルならではの素材を作ったものなど、個性的なお土産もあるのです。今回はマダガスカルのお土産情報をお届けします。

1.マダガスカルのお土産はどこで買う?

出典:Instagram

イソラカ地区のショップ

首都アンタナナリボには、オシャレなイソラカ地区などでしばしばお土産屋を見かけますし、バオバブの並木道で有名なモロンダバだと、観光客が集まるノシ・ケリー地区でも何軒かあります。また、例えばアンタナナリボのアナラケリーマーケットの向かい側にある、イソラカ地区へと続く階段には、両側にお土産屋が並んでいてよく声をかけられます。
露店のものは品質にやや難がある場合もありますが、値段は正規のお店よりも大分安く、また価格交渉も可能ですので試してみてください♪

2.オススメのお土産3選

①マダガスカル特有のものをモチーフにしたもの

まずは、やっぱりマダガスカルならではの動植物をモチーフにしたTシャツから。マダガスカルにはバオバブやキツネザルなど「ここでしか見られないもの」がたくさんあり、それらを生かしたデザインのTシャツをよく見かけます。筆者が購入したのはバオバブをモチーフにしたシンプルなものや、

キツネザルをモチーフにしたもので、1枚はキッズ用。なかなかかわいらしいデザインで、こういったものを着ている旅行者をしばしば見かけます。観光客に人気なのはやはりこの2種類で、他だとシンプルに「MALAGASY」と書いたものなども見かけました。

また定番の「ポストカード」。やっぱりマダガスカルと言えばバオバブですよね、ということでバオバブの並木道と、愛し合うバオバブのポストカードを購入。

②チョコレート

2つ目はカカオの生産が盛んなマダガスカルならではのお菓子、チョコレート。マダガスカルは世界でも貧しい国の一つですが、カカオ、バニラなど農業品の生産が盛んなのです。

別の記事でも紹介させていただきましたが、オススメなのは「La Chocolaterie Robert」というお店のもの。カカオの風味が強く、そして甘さ控えめなこちらのチョコレートは本当に美味しかったです!アンタナナリボにお店があり、滞在中、結局3度も通ってしまいました…種類も豊富で、特産のバニラを使ったものや、ダークチョコレート、ホワイトチョコレートなど、いろいろ選べるのも楽しいですね。

ケーキ類も売っていて、もちろんチョコレートを使ったものも。こちらもなかなか美味しかったです♪

③ラフィアを用いた製品

最後はマダガスカルの特産品であるラフィア(マダガスカルヤシ)で作られたポーチ。ラフィアは世界一良質とも言われる天然の素材であり、独特のしなやかさと使えば使うほど味が出るのが、その特徴だそうです。

こちらはラフィアで作られたポーチ。手に取ると分かるのですが、確かに柔らく、折りたたんで持ち運べるほど。ポーチの他にも麦わら帽子のようなハットやかぎ編みバッグなど色々あります。筆者たちはいくつかサイズ違いで購入しました。

最後に

以上、マダガスカルで実際に見て気に入ったお気に入りのお土産でしたが、いかがだったでしょうか?他の観光地化されている国とは少し違い、首都のアンタナナリボでもショップが一か所に集まっているエリアというのはほとんど見かけませんでした。それでもいくつか女性が好きそうなお土産も見かけ、実際に筆者の妻はいろいろと買い込んでいました。今回挙げたものの他にもいろいろとありましたので、マダガスカルに行ったらぜひすてきなお土産をゲットしてくださいね!

石塚皓

2014年7月より、元教師の妻と世界一周の旅を始め、2016年3月に無事、帰国した33歳の元会計士。1年8カ月かけ48カ国を回る中で出会った絶景やオススメのグルメ情報など、旅に関する情報を発信していきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • マダガスカルで絶対行くべき観光スポット10選

    インド洋に浮かぶ絶海の孤島マダガスカル。いつかは訪れてみたいと思う方も多いのではないでしょうか?今回はそんなマダガスカルで訪れるべきスポット10選をお届けします!

  • マダガスカル島で稀少動物に会える人気観光スポット保護区!...

    「最後の楽園」とも呼ばれ、未だ手つかずの大自然が残るマダガスカル島。島に生息する固有種は動物や植物共に、いまだに新種が発見されるほどの豊富さです。ぜひ島国の自然の神秘を感じてください!

  • マダガスカルの秘境!ツィンギ・ド・ベマラハ厳正自然保護区

    雨の浸食により数万年もかけて尖った石灰岩がある、666平方キロメートルもの面積を持つマダガスカルの「ツィンギ・ド・ベマラハ厳正自然保護区」。1990年、世界遺産に登録されました。高温で乾燥している針状の岩の上という過酷な環境で、懸命に生きる動植物の姿は一見の価値ありです!

  • マダガスカルの首都アンタナナリボでフレンチを!おすすめレ...

    横っ飛びするキツネザルのシファカや、幻想的な古代樹バオバブで知られるマダガスカルは、実は食も豊富。旧宗主国のフランスの影響で、町中にはたくさんのフレンチレストランが並び、ローカルな食事でも他のアフリカ諸国とは違って一手間かけられていたりします。今回は、首都アンタナナリボからオススメのフレンチレストランを3つ、ご紹介します!

  • マダガスカル・アンタナナリボでキツネザル園レミュール・パ...

    インド洋に浮かぶマダガスカルにはバオバブの並木道や世界遺産ツィンギーなどなど、たくさんの見どころがあります。ですが、首都アンタナナリボにも素敵な見どころがあるんです。その名はレミュールパーク。マダガスカルでしか見ることが出来ないキツネザルが放し飼いにされていて、とっても近くでキュートな彼らに会うことが出来るんですよ!

  • 【マダガスカル】フレンチ以外も!アンタナナリボおすすめレ...

    マダガスカルの食と言えば、意外に美味しいのがフレンチ。旧宗主国フランスの影響で、フレンチを格安で楽しむことができ、またその料理も高レベル。ですが、アンタナナリボは首都だけあって、フレンチだけではなく各国の料理が楽しめるんです。今回は、アンタナナリボのオススメレストラン(フレンチ以外)の情報をお届けします!

このエリアの新着記事
  • マダガスカル・アンタナナリボでキツネザル園レミュール・パ...

    インド洋に浮かぶマダガスカルにはバオバブの並木道や世界遺産ツィンギーなどなど、たくさんの見どころがあります。ですが、首都アンタナナリボにも素敵な見どころがあるんです。その名はレミュールパーク。マダガスカルでしか見ることが出来ないキツネザルが放し飼いにされていて、とっても近くでキュートな彼らに会うことが出来るんですよ!

  • 【マダガスカル】フレンチ以外も!アンタナナリボおすすめレ...

    マダガスカルの食と言えば、意外に美味しいのがフレンチ。旧宗主国フランスの影響で、フレンチを格安で楽しむことができ、またその料理も高レベル。ですが、アンタナナリボは首都だけあって、フレンチだけではなく各国の料理が楽しめるんです。今回は、アンタナナリボのオススメレストラン(フレンチ以外)の情報をお届けします!

  • マダガスカルの首都アンタナナリボでフレンチを!おすすめレ...

    横っ飛びするキツネザルのシファカや、幻想的な古代樹バオバブで知られるマダガスカルは、実は食も豊富。旧宗主国のフランスの影響で、町中にはたくさんのフレンチレストランが並び、ローカルな食事でも他のアフリカ諸国とは違って一手間かけられていたりします。今回は、首都アンタナナリボからオススメのフレンチレストランを3つ、ご紹介します!

  • マダガスカルで絶対行くべき観光スポット10選

    インド洋に浮かぶ絶海の孤島マダガスカル。いつかは訪れてみたいと思う方も多いのではないでしょうか?今回はそんなマダガスカルで訪れるべきスポット10選をお届けします!

  • マダガスカル・モロンダバおすすめシーフードレストラン2選!...

    絶海の孤島に位置するマダガスカル。四方を海に囲まれたこの国では新鮮なシーフードを格安で味わうことが出来ます。バオバブで有名なモロンダバも例外ではなく、海岸を歩いていると獲れたての魚やエビを山のように積んだ船が漁から戻ってくるのをよく見かけます。今回はモロンダバの絶品シーフードレストランの情報をお届けします。

  • マダガスカルの秘境!ツィンギ・ド・ベマラハ厳正自然保護区

    雨の浸食により数万年もかけて尖った石灰岩がある、666平方キロメートルもの面積を持つマダガスカルの「ツィンギ・ド・ベマラハ厳正自然保護区」。1990年、世界遺産に登録されました。高温で乾燥している針状の岩の上という過酷な環境で、懸命に生きる動植物の姿は一見の価値ありです!

  • マダガスカル島で稀少動物に会える人気観光スポット保護区!...

    「最後の楽園」とも呼ばれ、未だ手つかずの大自然が残るマダガスカル島。島に生息する固有種は動物や植物共に、いまだに新種が発見されるほどの豊富さです。ぜひ島国の自然の神秘を感じてください!