カッパドキアで唯一の文化博物館「カルチャーミュージアム」とは?

2,312

views

0

オルタヒサールの町の中心は、お城とちょっとしたお土産物屋さん以外に何も見るものはないと思われています。しかし、ここには規模こそ小さいものの、カッパドキアで唯一の博物館があります。

オルタヒサールの博物館とは

オルタヒサールのカルチャーミュージアムは、2004年にオープンしたカッパドキア唯一の文化人類博物館。昔、ギョレメホテルだった建物が改装されて使われています。
スペインのソフィア王妃などの著名人も訪れる地元料理レストランの一部が博物館として利用されています。

ここはカッパドキアでは珍しい私立博物館で、アンカラの2人のビジネスマン、ベルリン・ユルドゥズとムラット・サルカヤによって造られました。

2009年には”トルコの社会事業先導プロジェクト”に選ばれました。

どこにあるの?

オルタヒサールのお城が見える町の中心の丸い広場にあります。
建物にCulture Museumと書かれていて、隣にはおじさんが集まる公園があります。

入り口を開けると

トルコのカントリースタイルのマネキンがお出迎えしてくれます。
建物内はクーラーが効いていて涼しいです。
階段を上ると、働いている方が博物館へ案内してくれます。

レストランのテラス席を通り過ぎると、博物館入口です。

左側のオフィスで入館料5リラを払います。

博物館の中

真ん中に通路がある大きな部屋の両側が全部で12カ所に区切られています。
それぞれにテーマがあり、マネキンと道具が置かれていて見てわかるようになっています。

各部屋の横には、トルコ語、英語、フランス語、ドイツ語で説明があります。
ただし、トルコ人向けと外国人向けでは別の内容で書かれているようです。

最初、設立者のベルリンさんは40の部屋のアイディアを出しましたが、部屋の数が足りないため12に絞りました。

展示物の多くはオルタヒサールから調達されました。

建築の部屋

岩を掘って、家や教会を造る様子がわかります。

農業の部屋

以前は自給自足の生活で、食べ物のほとんどを自分たちで生産していました。
1人の女性が麦を刈り、もう一人がが石臼で麦を粉にしています。

伝統的な台所の部屋

女性が薄焼きパン、ユフカを作っています。
壁にかけられた枝に葡萄が吊るされています。涼しい場所にこうして置いておくことで、数カ月の間は葡萄をおいしく保つことができます。

ペクメズ作りの部屋

1人の女性が足で葡萄を踏んでジュースを取り、もう1人がそれを煮詰めて葡萄シロップ、ペクメズを作っています。

絨毯作りの部屋

以前は、絨毯も自分たちの家のものは自分たちで作っていました。
絨毯を織るのは指の細い若い女性の仕事。
クルミの殻や玉ねぎの皮を使って糸を染めていました。

トルコ蒸風呂

暖かい石のテーブルの上で垢すりやマッサージをします。

田舎の広場

広場には物売りが集まっていました。子どもたちが小銭を持って、ナッツやドライフルーツを買っていたそうです。

田舎の部屋

トルコの家は靴を脱いで上がります。カッパドキアの家は絨毯が敷き詰められていることが普通でした。
お父さんはサズを弾いて、お母さんは刺繍をしています。

求婚の部屋

求婚に来た両親と息子に、若い女性がトルココーヒーを運んでいます。

ヘンナ儀式の部屋

伝統的な結婚式は3日続き、そのうちの1日はヘンナ(染料)を手や足につけて、花嫁の幸福を願います。

花嫁の部屋

嫁入り道具の刺繍のタオルやスカーフ、それらを入れるサンドゥックといわれる箱が飾られています。

オルタヒサールの思い出の部屋

最後は、ここで記念撮影をすることができます。
壁には地下都市をわかりやすく説明した絵が貼られています。

カルチャーミュージアム
住所:
Cumhuriyet Meydanı No:15 Ortahisar Turkey
営業時間:
9:00~17:00
入館料5リラ
Tel :
0 384 343 33 44

最後に

いかがでしたか?
この博物館は、ひと昔前のカッパドキアの生活の様子が窺い知れます。カッパドキアのおじいさん、おばあさんたちにとっては懐かしいものがたくさん詰まった博物館です。
道具だけが並べられているのと違い、イメージが湧きやすく、子どもでも興味を持てるので学校などの社会勉強にも向いています。
オルタヒサールまで行かれたときは、是非のぞいて見てください。

miki

トルコのカッパドキアで7人の子供たちと生活しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 実は世界最大級!トルコ・カッパドキアの地上絵を見よ!

    カッパドキアをドライブしていると、丘に大きな馬の絵が描かれているのを見ることができます。 実はその馬の絵は世界で最も大きい地上絵、”時と空間”の一部分です。 この地上絵はアバノスとネヴシェヒルを結ぶ道に沿って2.5kmに及び、6つの地上絵と7つの石柱の構造物から成り立っています。

  • トルコの世界遺産カッパドキアで人気の熱気球ツアーおすすめ2選

    カッパドキアの絶景は地上で眺めても十分満足のできるものですが、さらなる満足を求めて空から眺めてみませんか?カッパドキアをより楽しむためのアクティビティとして観光客にとても人気のある熱気球に乗れば、今まで体験したことのない空の旅ができるんです。

  • トルコ・カッパドキア観光でおすすめの人気観光スポット5選!...

    トルコ観光で絶対に外せない観光スポットカッパドキア。世界遺産に登録されている奇岩の群れはまさに異世界、思わず言葉を失いそうになるほどです。そんな素晴らしい風景を見ればもう満足!かもしれませんが、カッパドキアには他にも見て欲しいものがあるんです。今回はそんなスポットをご紹介しましょう。

  • カッパドキアに不思議な絶景!トルコ在住者おススメの観光ス...

    トルコ、カッパドキアは世界遺産の奇岩群や地下都市が有名で世界中から人々が観光に訪れています。 筆者自身、カッパドキアに住んでいると、遊びに来た友達を案内することがときどきあります。 ギョレメ野外博物館、ゼルベ野外博物館、ウフララ渓谷など歴史的な教会跡を見るのもよいですが、時間がない場合は、そのような歩き回る場所へは行かずに、主に景色で楽しめる場所を案内します。 今回はトルコ在住の筆者が、1日で見て回る場合に絶対案内する場所を紹介します。

  • トルコ・カッパドキア旅行の穴場!入場無料のタトラリン地下...

    カッパドキアにはあちこちに地下都市があります。つい最近、ネヴシェヒル城の下にも地下都市が見つかり、7キロに及ぶ世界最大の地下都市の発掘作業が進んでいます。

  • トルコ・カッパドキア夏休み旅行に必要なグッズ10点

    カッパドキアの長くて厳しい冬が終わると、みんなが待ちわびた夏がやってきます。カッパドキアの夏は湿気が少なく、木陰や建物の中は暑くなり過ぎないので過ごしやすいです。また日本に比べ蚊も少ないです。 しかし、日差しがとても強いので出かけるときは要注意です。 そんなカッパドキアの在住者が、いつもバックに持ち歩いているものをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • 【トルコ】嬉しい効果も!春のカッパドキアはカモミール畑が素敵

    4月中旬から5月初めは、カッパドキアのあちらこちらでカモミールの花が咲き乱れます。誰かが植えたわけではなく、毎年自然に咲いています。

  • 【トルコ】カッパドキアでもモザイク画が発掘されていた!「...

    シャーヒンエフェンディ村に住むメフメットさんは、1963年頃から自分の畑でモザイクのかけらや柱などを見つけていました。しかし、博物館や県の偉い人に連絡しても何の反応もありませんでした。 2002年、探検家が近所の畑で遺跡の一部を発掘して事態は急変。ネヴシェヒル博物館による、保護のための発掘作業が始まりました。 ここでは、カッパドキア地方には珍しいモザイクが発見されています。

  • トルコ・カッパドキア空港付近で立ち寄りたい!ギュルシェヒ...

    カッパドキア空港のあるギュルシェヒルは人口22,000人の小さな町です。空港からネヴシェヒルへの通り道にあるので、時間に余裕があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

  • 【トルコ旅行記】世界遺産カッパドキア大満喫プラン!個人旅...

    自然が作り出した唯一無二の景色が広がるカッパドキア。この場所はトルコで最も人気のある観光地のひとつなので、日本から出発するツアーもたくさんあります。でも…ツアーで見れるものはカッパドキアのほんの一部分。さらに一歩踏み込むと、カッパドキアの本当の魅力を感じることができるのです。今回は、ツアーじゃ行けない、見られない、知ることができない、カッパドキアの秘めたる魅力をご紹介!

  • トルコ・カッパドキアで最も美しい谷「クルチラルの谷」を散策!

    岩の多いカッパドキアですが、クルチラルの谷の岩は他とはちょっと違います。 大岩を剣で割ってできたような細い道は、まるでおとぎ話の世界のようです。 大きな岩に挟まれて不思議な気分を体験することができます。

  • 村全体が教会に!トルコ・カッパドキア観光で行きたい「ソア...

    ソアンルはソアンル人形で有名です。白くて平べったい顔にペンで目や鼻を描き、派手なトルコパンツやスカートをはかせた人形で、手作り感があふれています。足には針金が入っていて、折り曲げて座らせることができます。女性たちが作る人形は、今カッパドキアのあちらこちらで売られていて、ソアンル村の収入源になっています。

  • 世界遺産カッパドキアで味わう!伝統のトルコ料理店3選

    トルコといえば、やはり世界遺産カッパドキア! 今回は、カッパドキアから近くにあるトルコ料理のお店を3つご紹介します。 中東に位置するトルコはヨーロッパとも近く、様々な要素を取り入れながら独自の文化を築いてきました。もちろんトルコ料理もそのひとつです。 たっぷり食べて、どっぷりとトルコ文化に浸ってみてはいかがでしょう?この記事をぜひ参考にしてください!

  • 実は世界最大級!トルコ・カッパドキアの地上絵を見よ!

    カッパドキアをドライブしていると、丘に大きな馬の絵が描かれているのを見ることができます。 実はその馬の絵は世界で最も大きい地上絵、”時と空間”の一部分です。 この地上絵はアバノスとネヴシェヒルを結ぶ道に沿って2.5kmに及び、6つの地上絵と7つの石柱の構造物から成り立っています。

  • トルコ・カッパドキア夏休み旅行に必要なグッズ10点

    カッパドキアの長くて厳しい冬が終わると、みんなが待ちわびた夏がやってきます。カッパドキアの夏は湿気が少なく、木陰や建物の中は暑くなり過ぎないので過ごしやすいです。また日本に比べ蚊も少ないです。 しかし、日差しがとても強いので出かけるときは要注意です。 そんなカッパドキアの在住者が、いつもバックに持ち歩いているものをご紹介します。

  • トルコ・カッパドキア旅行の穴場!入場無料のタトラリン地下...

    カッパドキアにはあちこちに地下都市があります。つい最近、ネヴシェヒル城の下にも地下都市が見つかり、7キロに及ぶ世界最大の地下都市の発掘作業が進んでいます。

このエリアの人気記事
新着記事