トルコ・カッパドキア夏休み旅行に必要なグッズ10点

2,843

views

0

カッパドキアの長くて厳しい冬が終わると、みんなが待ちわびた夏がやってきます。カッパドキアの夏は湿気が少なく、木陰や建物の中は暑くなり過ぎないので過ごしやすいです。また日本に比べ蚊も少ないです。 しかし、日差しがとても強いので出かけるときは要注意です。 そんなカッパドキアの在住者が、いつもバックに持ち歩いているものをご紹介します。

帽子

バッグの中ではありませんが、帽子は必要です。
筆者は頭がかゆくなるので帽子は好きではありませんが、あまりにも暑いため帽子を被ります。数時間被らずに太陽の下にいると頭痛がひどくなります。
カッパドキアの女性は宗教上スカーフをつけている人が多く、帽子代わりになりますね。

暑さで頭痛がひどくなったときは、スーパーで売っているmaden suyu(炭酸水)がお勧めです。味のない炭酸水が苦手な人は、レモン味やザクロ味などを試してみてください。

サングラス

日差しが強さで目が痛くなります。
車の運転中もサングラスなしでは運転しづらいです。
また太陽が沈む時間には西日が強くなり、西に向かって進む場合はサングラスなしでは、まったく前が見えないということもあるので気をつけましょう。

日焼け止めクリーム

カッパドキアでは、ちょっと外に出ていただけで真っ黒になることもあります。

リップクリーム

乾燥しているので唇がカサカサになります。
日本のカサカサとはレベルが違い、唇の下まで荒れて痛くなります。
荒れる前からリップクリームをつけて保湿しておくことをお勧めします。

ハンドクリーム

唇だけでなく皮膚も乾燥します。かかともひび割れがひどくなります。
トルコの100%オリーブ油のクリームがお勧めです。

ウェットティッシュ

カッパドキアは埃っぽく、手洗い場がどこにでもあるわけではないので、ウェットティッシュを携帯したほうがよいです。

ビニール袋

出先でハーブを取ったり、ゴミを入れておくときに使います。

絆創膏

外で歩くとちょこちょこ怪我をすることがあります。ちょっとした怪我用の薬や絆創膏を持っておくといいでしょう。

ミニハサミ

ちょっとしたものを切りたいときに重宝します。トルコのパッケージは、ちぎって開けられないものも結構あります。

飲み水

出典: diatek.com.tr

夏は飲み水を常にバッグの中に入れておいたほうがよいです。道にはチェシメという自由に使える水汲み場はありますが、どこにでもあるわけではありません。
チェシメの水は私も含め、地元の人たちは普通に飲んでいます。

その他にも

虫などに刺されることも

この他にも筆者のバッグの中には、爪楊枝や綿棒、輪ゴム、爪切り、ピンセットが入っています。
それから、毒や針を抜くエクストラクターも入っています。

昔ギョレメの実家でサソリに刺されたこともあります。子どもたちもときどき蜂に刺されます。
そんなときに応急措置として毒を抜くと、その後の傷の治りも違ってきます。

ダニに注意

乾燥地帯の草むらにはマダニが隠れていることもあります。
また最近では、ギョレメでも毒蜘のヒヨケムシが出没しているらしいとのことです。

噛まれると皮膚が恐ろしいことになるだけでなく、死に至ることもあるので気をつけましょう。

最後に

筆者は両手が自由になるウェストポーチタイプを利用しています。
最近はリックサックを持って博物館へ入ることが禁止になったので注意しましょう。
またカッパドキアは歩く場所が多いので歩きやすい靴にしましょう。夏の暑い日でも、開きすぎた服装は目立って注目されすぎるかもしれません。

miki

トルコのカッパドキアで7人の子供たちと生活しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • トルコの世界遺産カッパドキアで人気の熱気球ツアーおすすめ2選

    カッパドキアの絶景は地上で眺めても十分満足のできるものですが、さらなる満足を求めて空から眺めてみませんか?カッパドキアをより楽しむためのアクティビティとして観光客にとても人気のある熱気球に乗れば、今まで体験したことのない空の旅ができるんです。

  • トルコ・カッパドキア観光でおすすめの人気観光スポット5選!...

    トルコ観光で絶対に外せない観光スポットカッパドキア。世界遺産に登録されている奇岩の群れはまさに異世界、思わず言葉を失いそうになるほどです。そんな素晴らしい風景を見ればもう満足!かもしれませんが、カッパドキアには他にも見て欲しいものがあるんです。今回はそんなスポットをご紹介しましょう。

  • カッパドキアに不思議な絶景!トルコ在住者おススメの観光ス...

    トルコ、カッパドキアは世界遺産の奇岩群や地下都市が有名で世界中から人々が観光に訪れています。 筆者自身、カッパドキアに住んでいると、遊びに来た友達を案内することがときどきあります。 ギョレメ野外博物館、ゼルベ野外博物館、ウフララ渓谷など歴史的な教会跡を見るのもよいですが、時間がない場合は、そのような歩き回る場所へは行かずに、主に景色で楽しめる場所を案内します。 今回はトルコ在住の筆者が、1日で見て回る場合に絶対案内する場所を紹介します。

  • トルコ・カッパドキア旅行の穴場!入場無料のタトラリン地下...

    カッパドキアにはあちこちに地下都市があります。つい最近、ネヴシェヒル城の下にも地下都市が見つかり、7キロに及ぶ世界最大の地下都市の発掘作業が進んでいます。

  • トルコ・カッパドキアから3時間!穴場観光スポット「カプズバ...

    カッパドキアの中心から車で3時間ほどのところに、地元の人や観光客で賑わうカプズバシュの滝があります。地元の人は朝早くから行って場所を取り、持ち寄った手作りパンやおかずを食べながらカプズバシュのおいしい水で沸かしたお茶を飲みます。学校遠足でもよく利用される場所です。

  • 世界遺産カッパドキアで味わう!伝統のトルコ料理店3選

    トルコといえば、やはり世界遺産カッパドキア! 今回は、カッパドキアから近くにあるトルコ料理のお店を3つご紹介します。 中東に位置するトルコはヨーロッパとも近く、様々な要素を取り入れながら独自の文化を築いてきました。もちろんトルコ料理もそのひとつです。 たっぷり食べて、どっぷりとトルコ文化に浸ってみてはいかがでしょう?この記事をぜひ参考にしてください!

このエリアの新着記事
  • 【トルコ】カッパドキアでもモザイク画が発掘されていた!「...

    シャーヒンエフェンディ村に住むメフメットさんは、1963年頃から自分の畑でモザイクのかけらや柱などを見つけていました。しかし、博物館や県の偉い人に連絡しても何の反応もありませんでした。 2002年、探検家が近所の畑で遺跡の一部を発掘して事態は急変。ネヴシェヒル博物館による、保護のための発掘作業が始まりました。 ここでは、カッパドキア地方には珍しいモザイクが発見されています。

  • カッパドキアで唯一の文化博物館「カルチャーミュージアム」...

    オルタヒサールの町の中心は、お城とちょっとしたお土産物屋さん以外に何も見るものはないと思われています。しかし、ここには規模こそ小さいものの、カッパドキアで唯一の博物館があります。

  • トルコ・カッパドキア空港付近で立ち寄りたい!ギュルシェヒ...

    カッパドキア空港のあるギュルシェヒルは人口22,000人の小さな町です。空港からネヴシェヒルへの通り道にあるので、時間に余裕があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

  • 【トルコ】嬉しい効果も!春のカッパドキアはカモミール畑が素敵

    4月中旬から5月初めは、カッパドキアのあちらこちらでカモミールの花が咲き乱れます。誰かが植えたわけではなく、毎年自然に咲いています。

  • 【トルコ旅行記】世界遺産カッパドキア大満喫プラン!個人旅...

    自然が作り出した唯一無二の景色が広がるカッパドキア。この場所はトルコで最も人気のある観光地のひとつなので、日本から出発するツアーもたくさんあります。でも…ツアーで見れるものはカッパドキアのほんの一部分。さらに一歩踏み込むと、カッパドキアの本当の魅力を感じることができるのです。今回は、ツアーじゃ行けない、見られない、知ることができない、カッパドキアの秘めたる魅力をご紹介!

  • トルコ・カッパドキアで最も美しい谷「クルチラルの谷」を散策!

    岩の多いカッパドキアですが、クルチラルの谷の岩は他とはちょっと違います。 大岩を剣で割ってできたような細い道は、まるでおとぎ話の世界のようです。 大きな岩に挟まれて不思議な気分を体験することができます。

  • 村全体が教会に!トルコ・カッパドキア観光で行きたい「ソア...

    ソアンルはソアンル人形で有名です。白くて平べったい顔にペンで目や鼻を描き、派手なトルコパンツやスカートをはかせた人形で、手作り感があふれています。足には針金が入っていて、折り曲げて座らせることができます。女性たちが作る人形は、今カッパドキアのあちらこちらで売られていて、ソアンル村の収入源になっています。

  • 世界遺産カッパドキアで味わう!伝統のトルコ料理店3選

    トルコといえば、やはり世界遺産カッパドキア! 今回は、カッパドキアから近くにあるトルコ料理のお店を3つご紹介します。 中東に位置するトルコはヨーロッパとも近く、様々な要素を取り入れながら独自の文化を築いてきました。もちろんトルコ料理もそのひとつです。 たっぷり食べて、どっぷりとトルコ文化に浸ってみてはいかがでしょう?この記事をぜひ参考にしてください!

  • 実は世界最大級!トルコ・カッパドキアの地上絵を見よ!

    カッパドキアをドライブしていると、丘に大きな馬の絵が描かれているのを見ることができます。 実はその馬の絵は世界で最も大きい地上絵、”時と空間”の一部分です。 この地上絵はアバノスとネヴシェヒルを結ぶ道に沿って2.5kmに及び、6つの地上絵と7つの石柱の構造物から成り立っています。

  • トルコ・カッパドキア旅行の穴場!入場無料のタトラリン地下...

    カッパドキアにはあちこちに地下都市があります。つい最近、ネヴシェヒル城の下にも地下都市が見つかり、7キロに及ぶ世界最大の地下都市の発掘作業が進んでいます。

このエリアの人気記事
新着記事