現代ロマンスのバイブル『(500)日のサマー』のロケ地を巡る♪

7,741

views

0

現実的で真実の愛が信じられないサマーと運命の恋を信じるロマンチスト・トムのロマンティック・コメディ『(500)日のサマー』のロケ地をご紹介!空想と現実が入り混じる世界観と、思わず共感してしまう男女特有の価値観の相違が、魅力的に展開する本作では、主人公のトムが建築家志望ということもあり、L.A.ダウンタウンを象徴する歴史的建造物が多く登場します。 トムとサマーの500日間を想いを馳せながら、散策してみましょう!

1、『(500)日のサマー』ってどんな映画?

現実的で真実の愛が信じられないサマー(ズーイー・デシャネル)と運命の恋を信じるロマンチスト・トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)のロマンティック・コメディ『(500)日のサマー』(2009年)は、後に『アメージング・スパイダーマン』の監督として大抜擢されるマーク・ウェブの出世作で、サンダンス映画祭で絶賛されるや、ゴールデングローブ賞を始めとする数々のアワードにノミネートされた話題のインディペンデント映画です。

出典: thepoly.org

空想と現実が入り混じる世界観と、思わず共感してしまう男女特有の価値観の相違が、魅力的に展開する本作のロケ地は、主人公のトムが建築家志望ということもあり、L.A.ダウンタウンを象徴する歴史的建造物が多く登場します。
トムとサマーの500日間を思い出しながら、歴史ロマンに浸るのも最高です!

2、トムとサマーが急接近したカラオケ店「レッドウッド・バー&グリル」

トムとサマーが働くグリーティングカード会社の同僚で、悪友のマッケンジー(ジェフリー・エアンド)に誘われいくカラオケ・バーがレッドウッド・バー&グリル(Redwood Bar & Grill)です。アメリカでは個室のカラオケ店はほとんどなく、スナックのような形で、カラオケが設置してあるバーの方がスタンダードなんです。

ここは航海や海賊をイメージした内装が特徴で、「伝説の探検家アメリゴ・ヴェスプッチがオーナーだったら」というコンセプトで作られているのだそうです。実際のところ、カラオケ・バーというよりは、ライブ・バーのような感じで、毎日のように様々なバンドがステージに立ち、素敵な夜を演出してくれます。

アメリカらしいステーキやハンバーガーが人気で、地元紙で『ダウンタウンで一番美味しいバーガー』に選ばれたというレッドウッド・バーガーはその中でも一押しメニュー!とにかく大きくてダイナミックなバーガーを一度試してみてはいかがでしょうか。

レッドウッド・バー&グリル(Redwood Bar & Grill)
住所:
316 West 2nd St., Los Angeles, CA
営業時間:
11:00~26:00
アクセス:
バス停「Hill/3rd」より徒歩2分
定休日:
年中無休
料金:
平均価格10ドル前後
補足:
HPにて毎日のイベント情報を掲載しているので、事前にチェックすることをおすすめします。

3、トムが建築家としての夢を再び燃え上がらせる場所「ブラッドべリ・ビル」

1893年に建てられながら、未来都市を意識して造られたというブラッドベリ・ビルディング(Bradbury Building)は、1971年に米国国家歴史登録財、77年に国定歴史建造物として登録されています。古いようでいて独特な雰囲気を醸し出す同ビル内にある建築会社に、数々の面接に落ち続けるトムが最後の勝負をかけるというシーンに登場します。

『ブレードランナー』(1982)から2012年のオスカー受賞作『アーティスト』にいたるまで、様々な映画やテレビ番組、CMなどのロケ地として起用されている大人気スポットですが、以前は廃墟状態で自由に見学することができなかったそうです。現在は夕方5時まで見学可能だとのことですので、中に入って映画のワンシーンのような空気感に浸るのもいいでしょう。

ブラッドベリ・ビルディング(Bradbury Building)
住所:
304 Broadway, Los Angeles, CA 90013
営業時間:
9:00~17:00
アクセス:
バス停「Hill/3rd」より徒歩2分
定休日:
不定休
料金:
無料
補足:
毎週土曜日に歴史的建造物をめぐるウォーキングツアーがあるので、時間が合う方は要チェック!https://www.laconservancy.org/events/historic-downtown-walking-tour

4、キーとなる3つのシーンに登場する米最古の映画館『ミリオンダラー・シアター』

チャップリン、ピックフォードらも訪れた歴史的な映画館ミリオンダラー・シアター(Million Dollar Theatre)は、1918年にオープンした全米最古の歴史を誇る映画館のひとつです。『(500)日のサマー』では、まずトムとサマーがデートで楽しく映画鑑賞するシーン、中盤うまくいかずにトムが一人やさぐれるシーン、そして、関係がぎくしゃくしてしまった2人が『卒業』を鑑賞し、サマーが号泣するシーンと、3回登場します。

こちらもまた『ブレードランナー』や『アーティスト』のロケ地として使われていながら、業績不振から2012年に閉館したため、内部には入れないのが心底悲しいですが、映画ファンなら一度は訪れておきたい聖地ともいえる場所です。
中には入れませんが、入り口に立って、様々な映画のシーンを呼び起こしてみると、タイムスリップした気持ちになれること間違いなしです。

ミリオンダラー・シアター(Million Dollar Theatre)
住所:
307 South Broadway, Los Angeles, CA
アクセス:
グランド・セントラル・マーケットすぐ横
補足:
シアターの中に入ることはできないが、グランド・セントラル・マーケットでは関連のイベントが行なわれることもあるようなので、そちら(http://www.grandcentralmarket.com/events)のイベントも要チェックです。

5、物語のはじまりとおわりの場所「エンジェルス・ノール」

トムのお気に入りの場所として登場する小高い丘の公園エンジェルス・ノール(Angel's Knoll)へはミリオンダラー・シアターの隣にある老舗市場「グランド・セントラル・マーケット(Grand Central Market)」を抜けて、世界一短いと言われるケーブル・カー「エンジェルズ・フライト」に乗ります。あまりに短いので本当に乗る必要はありませんが、可愛いし、片道25セント(約23円)なので、おすすめです。

サマーに建築の知識を披露する微笑ましいシーンが印象的ですが、残念なことに維持費がかかりすぎるという理由で近年閉鎖されてしまった模様。二人が座ったベンチには特製プレートもかかっていましたが、今となっては格子のむこうにかすかに見えるのみ…公園を見に行くことはできますから、お散歩がてら周辺を歩いてみるといいでしょう。

エンジェルス・ノール(Angel's Knoll)
住所:
356 S Olive St, Los Angeles, CA
アクセス:
グランド・セントラル・マーケットから徒歩10分
補足:
トムとサマーが座ったベンチは格子越しにも見ることができるそうなので、近くまで行くことをおすすめします。

いかかでしたでしょうか?経済的な理由で閉鎖されてしまった場所もありますが、映画のシーンのかけらを感じることは十分にできますので、ぜひ一度トムやサマーになりきって、L.A.ダウンタウンを散策してみてください。

Carrie

学生の頃は海外、最近はもっぱら国内を巡っています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • インスタフォロワー1万人越の私が教える!ロサンゼルスのフォ...

    "Insta Worthy"とはインスタする価値のあるという意味の現代語!可愛いカフェや綺麗な場所にいったらインスタしたいのは世界共通。私は元LA在住ですが、その後も遊びに行く度に”これぞLA”って感じの写真を撮ってインスタにアップ♪また有名Instagrammerが多いのもLA。ブロガーたちのポストには写真のインスピレーションがいっぱい。アイコニックな場所を訪れて、記憶に残るLA旅行の様子を収めましょう!この記事ではLAで行くべき撮影スポットを5つご紹介!

  • ビバリーヒルズでセレブの豪邸を見に行こう!

    カリフォルニア州ロサンゼルスの西部にあるビバリーヒルズ は、高級住宅街として有名な場所だけあって大スターのお宅を巡るツアーなんてのもあるほど。 ”ビバリーヒルズに住む”それこそがスターの証とも言える、この場所に居を構える誰しもが知る有名人の豪邸を紹介します。

  • ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのおすすめお土産特集

    アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス郡にあるユニバーサルスタジオ ハリウッドは映画を題材にしたテーマパークです。日本でもおなじみのテーマパークですが、ユニバーサルスタジオ ハリウッドでは敷地内に現在も使われている映画スタジオがあることでも有名。今回は日本の倍以上も広いユニバーサルスタジオ ハリウッドで購入したいお土産を紹介します。

  • ロサンゼルス「メルローズ・アベニュー」で買い物ならココ!...

    ロサンゼルスといえばファッションの街!お洒落で美容意識が高い人が多く、ロスにあるストアもお洒落なところが多いです。アメリカに行ったら、日本未発売のお洒落ファッションアイテムを手に入れたいところですよね。そこで今回は、ハリウッド・メルローズ・アベニューでオススメのファッション・ストア4店をご紹介していきます!

  • カリフォルニアディズニーランドだけのお土産をゲット!人気...

    せっかく海外のディズニーランドに来たのなら、お土産にもこだわりたいところ。カリフォルニアでしか買えないグッズが手に入るお土産ショップを5つご紹介します♪

  • サンフランシスコ観光を100%満喫する!行かなきゃ損な鉄板コ...

    写真好きの人におすすめしたい街サンフランシスコ!今回ご紹介する鉄板観光スポットで、思う存分写真を撮ってみませんか?どこを切り取ってもフォトジェニックな街ですが、さらにさらに素敵な一枚が狙えますよ。お気に入りのカメラとの二人旅に出かけましょう!

このエリアの新着記事
  • ロサンゼルス旅行ならファーマーズ・マーケットでランチがお...

    所狭しと店が並び、新鮮な野菜や果物が直接生産者の手によって売られるファーマーズ・マーケット。地元の人も観光客も集まり、まるでどこかの家のリビングルームのようにアットホームな雰囲気で買い物が楽しめる場所です。ここではロサンゼルスの有名マーケットを3店、ご紹介します!

  • サンフランシスコ人気美術館&おすすめアートスポット7選!...

    サンフランシスコは観光地として人気が高く、外国人だけでなくアメリカ人からも人気のある都市です。ゴールデンゲート・ブリッジやアルカトラズ島…数多くの観光スポットがありますが、今回は少し視点を変えておすすめのアートを堪能出来る場所をご紹介します!

  • ディズニーファン大興奮!サンフランシスコのウォルト・ディ...

    2009年にオープンしたウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム。世界中を魅了し続けるディズニーワールドの原点であり、ミッキーマウスの生みの親。ウォルト・ディズニーについての博物館です。ディズニー氏の生い立ちやコレクションが展示され、人物としてのディズニーの魅力とクリエーターとしての歴史が分かる貴重なスポットです。

  • カリフォルニア・ディズニーのオフィシャルホテルまとめ

    せっかく本場カリフォルニア・ディズニーに来たのならディズニー公式のオフィシャルホテルに泊まりたいですよね♡カリフォルニアディズニーには3つのディズニー直営ホテルがあります。どれも最高級のディズニーステイが満喫できるホテルばかりです。

  • ロサンゼルスで人気のおすすめナイトスポット3選!夜景を満喫...

    カルフォルニア州のロサンゼルスといえばディズニーランドにユニバーサルスタジオと観光スポット満載の人気旅行先です。ロサンゼルスを訪れたら、活気あるナイトライフも楽しみたいところです。今回は夜景が特に素敵なおすすめスポットをご紹介します。

  • カリフォルニア・サルベーションマウンテンは砂漠の中にある...

    ロスアンゼルスから車で3時間ほどのところに、カラフルで現代アートのような建造物が建っているのをご存知でしょうか?砂漠の中に突如として出現するこの建物は、レナード・ナイト氏が30年もの歳月をかけて作った作品なんです。テーマはずばり「GOD IS LOVE」”神は愛”。この言葉があちこちに描かれています。そんなサルベーションマウンテンをご紹介します。

  • サンフランシスコで花束を!想いも届けるフラワーショップ「...

    サンフランシスコにある、おしゃれな花の問屋さん『ファームガール フラワーズ』。 ただ花を売るだけじゃない、環境と花への想いが詰まった新たな取り組みが評価され、ジワジワと話題を集める注目のショップをご紹介。

  • ロサンゼルスのお洒落レストラン&カフェおすすめ3選!テラス...

    旅行中、観光やショッピングに夢中になり、小腹が空いてしまうことありませんか?そんなときに行きたいのが軽食が美味しいレストランやカフェです!L.A.にはおしゃれで素敵なお店がたくさんあります。そこで今回はロサンゼルスでおすすめの軽食スポットを詳しくご紹介していきますね!

  • L.A.でお土産選びに困ったら!センス抜群で個性的なお土産屋...

    旅行へ行くのは楽しいですが、いつも困ってしまうのはお土産探しです。今回はそんなお土産探しを少しでも楽にするために、個性的で面白い友達受け抜群のお土産を手にいれることのできるショップを詳しくご紹介していきます!L.A.に行ったからには周りとお土産で差をつけましょう!

  • ロサンゼルス観光で行くべきおしゃれな本屋2店!アンティー...

    ロサンゼルスにはエンターテインメント系施設以外にも、おしゃれな書店が充実しており、観光するのにとてもおすすめです。旅行中でもゆっくりしたい日、そんなときは現地の静かな書店に足を運んでみてください。日本では珍しい英語の本がたくさん置いてあり、見るだけでも楽しいですよ。そこで今回はロサンゼルスでおすすめの書店をご紹介していきます!

このエリアの人気記事
新着記事