アムステルダムで人気のお土産ショップ13選!おすすめのチーズ、ミッフィーグッズも!

35,808

views

0

17世紀に東インド会社の本拠地として繁栄したオランダの首都、アムステルダム。扇状に運河が広がり、クラシカルな建物が立ち並ぶ華やかな港町です。ここでは、そんなアムステルダムでお土産を買うのに一押しのショップを13店紹介します。

アムステルダムでお土産探しに一押しのショップ13選

17世紀に東インド会社の本拠地として栄えた、オランダの随一の大都会・アムステルダム。デパートやモール、各種専門店など、ショッピング施設も充実しています。ここでは、そんなアムステルダムでお土産を買うのに一押しのお店を4店紹介します。

ちなみに「東インド会社って何だったっけ!?」という方。世界史の必須キーワード「東インド会社」は簡単に言うと「アジアとの貿易独占権」を与えられた会社のことを指します。
当時のヨーロッパでは、地中海より東は全部「インド」と呼ばれており、その中でも今のアジアの辺り(東)は「東インド」と位置付けられていました。「東インド会社」と名の付くものはイギリスにもフランスにもありましたが、中でもオランダの東インド会社は、豊富な航海技術や海に近い地の利を活かして特に発展し、現在も建物や美術品・食文化・デザインなど、街の随所に多くの影響を残しています。それらを味わいながらとっておきの逸品を探すのも楽しいかもしれません。

ヘマ(Hema)

出典: www.wugly.nl

カラフルで可愛らしいデザインの高機能な商品が揃う、オランダ全土に展開するお店。現地の人たちからの支持も厚く、多くの買い物客で賑わいを見せています。食材から雑貨・衣類まで、幅広い商品をお手頃な価格で販売しているので、いわゆる「プチプラ」商品を購入するにはうってつけのお店です。

1号店は1926年に誕生し、90年以上の時を経て、現在はドイツやフランス、イギリス等への出店も果たしHemaグッズはヨーロッパ全土で愛されるようになりました。日本の量販店のような雰囲気なので気軽に手に取って物色出来ますよ!ワールドワイドに展開しているが故に商品のほとんどが英語表記の為、オランダ土産として物足りない…という方は、オランダ特有ののっぽなレンガ造りの建物モチーフのマグネットやポストカード、ナショナルカラーのビビッドオレンジのマニキュアなどがおすすめです。秋から新年にかけてアムステルダムを訪れる方は、あえてオランダの祝日が書かれたカレンダーや手帳を買ってみても面白いかもしれません。

ヘマ(Hema)
住所:
Nieuwen Dijk 176 Amsterdam
営業時間:
09:00~19:00
電話番号:
31 20 623 4176
木曜は21:
00まで
日曜は11:
00~18:00
【定休日】1/1、イースター、王の日、12/24・25

アムステルダム・チューリップ博物館 ミュージアムショップ(Amsterdam Tulip Museum Shop)

オランダの花といえば、何と言ってもチューリップ。チューリップの歴史や品種などを展示するアムステルダム・チューリップ博物館併設のショップでは、チューリップをモチーフにした様々なグッズを販売しています。チューリップの国・オランダらしさが伝わるお土産を探すなら、ぜひこのショップへ!

お店では日本で見慣れた赤・白・黄色のチューリップを探す方が大変な程、見たこともないようなチューリップがいっぱいに咲き誇っています。「せっかくなら球根を買って帰りたい!」と言う方は、日本に持ち込む際に空港で検疫がございますので旅行中に最新情報をご確認の上お買い求めください。気軽に買える造花や木でできたチューリップも定番で、室内で1年樹楽しむことが出来ますし、本格的な作りなのでおすすめです!出窓や食卓に飾るだけで、一年中家じゅうに春が訪れることでしょう。
川向かいにはあの「アンネフランクの家」もあり、家の前には行列が出来ているのですぐにわかると思います。ここまで来たら歩いて2-3分ですので、是非合わせて立ち寄ってみてください。

アムステルダム・チューリップ博物館 ミュージアムショップ(Amsterdam Tulip Museum Shop) 編集
住所:
Prinsengracht 116, 1015 EA Amsterdam
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
31 20 421 0095
【定休日】4/27,12/25

ヨリット・ヘイネン・デルフトウエア(Jorrit Heinen Delftware)

オランダで17世紀から作られている伝統的な焼き物、「デルフト焼き」の専門店。中国陶器や日本の伊万里焼などの影響を受けた、白地に「デルフトブルー」と呼ばれる独特の青色の模様の入った陶器です。職人の手作業で造られた数々のデルフト焼きが並ぶ店内は、まるでアートギャラリーのようです。

ヨリット・ヘイネン・デルフトウェアは、デルフト焼のお膝元デルフトの街と首都アムステルダムに何店舗か直営店を構えており、いずれも観光地からのアクセスも抜群です。是非、看板を見かけたら立ち寄ってみてください。デルフトブルーのアイテムが中心ですが、デルフト焼き自体は「青色」とは限らないので、中にはチューリップを思わせるような黄色や赤色の鮮やかなデルフト焼もあり、目移りしてしまうことでしょう。オランダの風景や特産品が描かれたものが多く、チューリップや風車モチーフのものはお土産らしくて良いかもしれません。描かれた絵の数々を見るだけでもオランダの文化や名所を知ることが出来るので、店内を見て回るだけでもとっても楽しいですよ!

ヨリット・ヘイネン・デルフトウエア(Jorrit Heinen Delftware)
住所:
Prinsengracht 440, 1017 KE Amsterdam
営業時間:
9:30~18:00
電話番号:
31 20 6278299

デ・カースカーマー(De Kaaskamer)

丸い形のオランダ産ゴーダチーズをはじめ、300~400種類のチーズを販売しているチーズ専門店。真空パックになっているので、日本へ持って帰るときも安心です。その場で本場のチーズを味わいたい方には、お店でスライスしてくれるハムと好きなチーズを挟んだサンドウィッチがお勧めです!

ヨーロッパでチーズのお土産が有名な国はイタリア・スイス・フランスなどたくさんありますがここ、オランダもチーズ一大生産大国。特に日本でも有名な「ゴーダチーズ」「エダムチーズ」はオランダを代表するチーズですので要チェックですよ!
ゴーダチーズは給食などでもおなじみの「プロセスチーズ」の原料にもなっているので癖が無く万人受けする味でしょう。オランダ国内でも生産量の多くをこのゴーダチーズが占めております。エダムチーズはゴーダチーズよりやや酸味のある味わいですが、こちらも食べやすいです。塊で買うのに抵抗がある方や、一人暮らしの方などは粉チーズタイプなども使いやすくておすすめです。

デ・カースカーマー(De Kaaskamer)
住所:
Runstraat 7, 1016 GJ Amsterdam
電話番号:
31 20 623 34 83
月 12:
00~18:00
火~金 9:
00~18:00
土 9:
00~17:00
日 12:
00~17:00

ブロンド・アムステルダム(Blond Amsterdam)

女の子同士でアムステルダム旅行に来たら、絶対1日じゅう過ごせちゃいそうなとっても可愛らしいこちらのお店は「ブロンド・アムステルダム」と言います。アムステルダム観光の中心地からは少しだけ離れた場所にありますが、ワザワザ時間を取ってでも足を運ぶべき!というほど、店内はとにかく可愛いものばかりなので見逃せませんよ!
お店の名前の由来は創業者のフェムケさんとヤネケさんが2人ともブロンドヘアーだったことに由来します。2人ともオランダ人女性なのですが、ブランドの人気は口コミでどんどん火が付き、今では世界中にファンを獲得するまでに成長を遂げました。あのハリウッドセレブのジェイミー・オリバーさんやカイリー・ミノーグさんたちもブロンド・アムステルダムの大ファンなんですよ!

上の写真に載っているカラフルな色使いが可愛らしいマグカップはブロンド・アムステルダムのクリスマス限定商品です。イラストはこの店オリジナルのもので「A cup of Blond(ア・カップ・オブ・ブランド)」というシリーズでマグカップだけでなく皿、コースターなど様々なアイテムが商品展開されています。
オリジナルのイラストが描かれたシリーズは一年を通じて世界中の観光客に大人気!四季折々のアイテムが豊富に並ぶのもブロンド・アムステルダムの大きな魅力です。
公式HPやインスタグラムも頻繁に更新されていて、常に旬なアイテムがUPされていますので旅行前にチェックしておいて、品定めしておくと良いかもしれません。

ブロンド・アムステルダム(Blond Amsterdam)
住所:
Gerard Doustraat 69 1072 VL Amsterdam
電話番号:
020-4284929
営業時間:
Monday – Friday: 9:00~20:00(土曜は17:00まで)
定休日:
日曜日
アクセス:
トラムAlbert Cuypstraat(アルバートカイプ・ストラート)下車徒歩約1分

ミュージアムショップ

「ミュージアムショップ」は美術館の中にあるお土産物店のこと。美術鑑賞をアムステルダム旅行の楽しみの一つにしている人にとっては欠かせないお土産購入スポットではないでしょうか?
アムステルダムには有名な美術館がたくさんあり、どの美術館にもお土産物店(ミュージアムショップ)が併設されています。館内を巡る時間がない方も、お土産物店だけ無料で入れるエリアに設置されていることがほとんどなので、是非行ってみてください!
上の写真は「アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam)」のミュージアムショップ。すぐ近くには「ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)」もあり、どちらのショップも有名です。

ミュージアムショップ(museum Shop)
住所:
Museumstraat 1, 1071 XX Amsterdam
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
+31 20 674 7000
定休日:
不定休
アクセス:
トラム「Rijksmuseum」にて下車。目の前。お土産物店は美術館に入らなくても入れます。

デ・ウィンケル・ファン・ナインチェ(De Winkel Van Nijntje)

「デ・ウィンケル・ファン・ナインチェ」は長くて舌を噛んでしまいそうな名前ですが、何を隠そうオランダきっての有名キャラクターうさぎのミッフィーちゃんの専門店です。
ミッフィーはいまや世界中で見かけますが、実はオランダ生まれのうさぎの女の子です。本国オランダでは「ナインチェ(オランダ語で「うさぎちゃん」という意味)と呼ばれ愛されており、空港でも街でもホテルでも、あらゆるところで大活躍しているんですよ!「デ・ウィンケル」は「お店」という意味なので、まさにこのお店はミッフィーファンの為のお店といっても過言ではありません!日本には無いようなアイテムの数々に大興奮間違いなしでしょう。

こちらが店内の様子です。オランダ人絵本作家のディック・ブルーナさんが描くミッフィーは2015年に誕生から60周年を迎えた為、壁には記念のイラストが大きく描かれています。
1955年にミッフィーを主人公にした絵本を描いた、当時グラフィックデザイナーだったブルーナさんは、シンプルなタッチとほのぼのとした色彩の織り成す絵本作品の数々が瞬く間に世界中の子ども達を虜にし、1963年からは本格的に海外でも翻訳版を通してブルーナさんの作品が紹介されるようになりました。
日本へミッフィーがやってきたのは1964年のコト!ということで、お友達だけでなく、お母さんやおばあちゃんへのお土産にもミッフィーはもってこいかもしれません。

デ・ウィンケル・ファン・ナインチェ(De Winkel Van Nijntje)
住所:
Scheldestraat 61, 1078 GH Amsterdam
電話番号:
+31 20 664 8054
アクセス:
トラム「Amsterdam, Scheldestraat」駅から徒歩3分

チーズ & モア(Cheese And More)

ポップな外観がとってもキュートなこちらのお店は、チーズ専門店の「チーズ & モア」です。実はオランダ人はチーズが大好き!イタリアやフランス土産としても有名なチーズは、オランダ土産としてもオススメですよ!
オランダ語でチーズは「Kaas(カアス)」といい、空港から駅、スーパーなど街じゅう至る所にお土産によさそうなチーズがたくさんあります。
中でもここ、チーズ&モアは看板下にも書かれているオランダ産チーズのスペシャリスト「Henri Willig(ヘンリー ウィリング)氏」が立ち上げたお店とだけあってオランダ人の中でも超有名店です。
明るくて清潔感のある店内は観光客にも立ち寄りやすいでしょう。

こちらはお店の中にあるチーズ棚のほんの一部です。上段にあるカラフルなチーズたちは10 ユーロ以下で気軽に買えるチーズ & モアの人気シリーズ。どれも400グラム入りでパッケージの中心にはオランダ国旗が描かれているのでお土産にもぴったりでしょう。
何を買ったらいいか迷ってしまった方は、まずは定番の赤パッケージの「ナチュラル・ゴーダチーズ」をご賞味ください。また緑パッケージの「ハーブ&ガーリック」も日本人の口に合いやすく、クラッカーなどに乗せるだけで簡単に一品料理が出来るのでオススメです。
日本への持ち帰りに不安がある方はやはり空港で真空パックタイプを買うのが確実ですが、しっかり梱包して手荷物などにすれば街中のチーズも美味しくいただけるハズです。

チーズ & モア(Cheese And More)
住所:
Nieuwendijk 109, 1012 MD Amsterdam
電話番号:
+31 6 23843749
営業時間:
10:00 - 19:00 (木曜は - 21:00)
定休日:
なし
アクセス:
アムステルダム中央駅から徒歩6分

ディル&カミーユ

オランダ生まれの雑貨店「ディル&カミーユ」はまるで日本の恵比寿や自由が丘にありそうな、日本人にも入りややすい雰囲気満点のスタイリッシュな雑貨店です。
シンプルかつナチュラルな素材をベースとしたアイテムの数々は値札を見てびっくり!上質な素材の割にどれもお手頃価格なのでついつい色々なものを手にとってしまいます。
お土産には軽くて持ち帰りやすいポストカードや文房具類、タオルやバスアイテムなどアイテムが人気だそう。また四季折々の商品にも力を入れているので旅行のシーズンに合わせてとっておきの限定アイテムをチェックするのも楽しいかもしれません。公式ホームページにはオンラインショップ(オランダ語)もあるので事前に商品をチェックしておくのも良いでしょう。

こちらが店内の様子の一例です。写真はベルギーの首都ブリュッセルのお店の様子ですが、現在オランダに約15店舗、お隣ベルギーに約10店舗展開するディル&カミーユは、店内のインテリアもそれぞれ雰囲気が異なるので見逃せません。これから新生活を始める方には、インテリアの参考にもなりそうですね!
お土産には写真中央に並んでいるカトラリー類もオススメですし、写真奥に並んでいるジャムやワイン、お菓子などの食品類もオススメで、食卓に並べるだけで毎日の食事やホームパーティなどがクラスアップすること間違いありません。
気軽に買えるエコバッグも観光客には大人気だそう。是非色々チェックしてみてください。

ディル&カミーユ(DILLE&KAMILLE)
住所:
Nieuwendijk 16-18 1012 MK Amsterdam
電話番号:
+31 20 330 3797
営業時間:
火曜~土曜9:30~18:00
(月曜は11時~、木曜は~21時まで、日曜は12時~)
定休日:
無休
アクセス:
アムステルダム中央駅から徒歩6分

キッチュ・キッチン

キッチュ・キッチンは1994年にアムステルダムの市場から誕生したビタミンカラーたっぷりの元気いっぱいのオランダ発、人気雑貨店です。
お店の名前通り、お店の中はキッチン用品を中心にキッチュなアイテムがずらりたっくさん!可愛らしい雑貨の数々は初めて見た方もスグにその魅力に取り憑かれてしまうことでしょう。
上の写真はポップアップストアの様子で、現在キッチュ・キッチンはアムステルダム市内のセレクトショップ内にて買うことが出来ます。アイテムの数々は1ユーロ台から豊富に取り揃えられており、常にセール品もたくさんありますよ!日本でも買うことは出来ますが、本国オランダでは日本の数倍のアイテムが揃うので是非お立ち寄りください。

上の写真の手前に並んでいるオリエンタルな雰囲気のペンダントランプはなんと5000円以下で買えるものがほとんどです。インテリア関連商品の購入を考えている方は、あらかじめスマホなどで自宅の写真を撮っておくと、お店に行ってから商品を選びやすいかもしれません。
カーテンやカーペット、リネン関連商品に興味がある方は寸法を測っておくのも手デス。
気軽に買えるマグカップやお皿などのカキッチン関連商品は、写真奥のカラフルな顔のイラスト入りのシリーズがおすすめです。なんと顔ごとに名前が付いていて、マグカップは1000円以下のものもありますよ!プレートも2000円以下。帰国後もずっとアムステルダムの思い出を傍に置いておける素敵な一品です。

キッチュ・キッチン(KITSCH KITCHEN)
電話番号:
+31(0)20 462 00 50
営業時間:
店舗による

ダム スクエア スーベニア(Dam Square Souvenirs)

「ダム スクエア スーベニア」は文字通り「ダムスクエア」にある「お土産物(スーベニア)店」です。「ダムスクエア」とは「ダム広場(de Dam)」とも呼ばれるアムステルダム一の観光スポット。「スクエア」とは大きな広場を指し、広場には東京ドームの約半分にあたる広大な石畳が広がっています。多くの人にとって観光の出発点になるであろう「アムステルダム中央駅」からも徒歩約20分なのでアクセスも抜群ですよ!
写真の建物は「王宮」でダム スクエア スーベニアのすぐ近くにあります。1648年に建てられた建物は、現在は王室所有の迎賓館としての役割を果たしています。ダム スクエア スーベニアに行く際の目印になりますのでこれを目指して向かってみてください。

こちらが店内の様子。天井にずらっと並んでいるのはオランダ土産として人気の高い「木靴( klomp)」です。木靴は日本の下駄なども含め、世界中で独特の文化を築いてきましたが、オランダでも1200年頃に誕生し、人々の生活に寄り添ってきました。今では実際に履いているはまず見かけませんが、お土産物のモチーフとしては大変人気でマグネット・マグカップ・フラワーポットなどありとあらゆる商品が発売されています。
ぬかるんだ地面を歩くのに最適で、足を冷えから守る効果のある木靴はオランダの土地や気候に大変適しており、普段使い用・農作業用・スポーツ用など様々なものが作られていたそう!是非それらの違いも感じてみてください。

ダム スクエア スーベニア(Dam Square Souvenirs)
住所:
Dam 17, Amsterdam
営業時間:
09:00~22:00
電話番号:
+31 20 620 3432
定休日:
なし
アクセス:
トラム「Dam」駅から徒歩3分

アルバート・ハイン(Albert Heijn)

アルバート・ハインはアムステルダムに来たらさっそく空港でお目にかかることが出来るでしょう。その後も駅や街中でたくさん見かけるハズ!その位有名なオランダ発祥のチェーン系スーパーマーケットです。
その数はまるで日本の大手コンビニエンスストアのようで、アルバート・ハインにお世話にならないでアムステルダムに滞在する方が難しいといっても過言ではありません。1887年に創業したアルバート・ハインはなんと九州ほどの大きさのオランダの中に現在約700店舗も出店しています。駅構内のスーパーはほぼ独占状態だそう!是非オランダ旅行中はお土産購入に、ちょっとした買い出しに便利にご利用ください。

上の写真はアムステルダム中央駅の目の前を走る「プリンス ヘンドリック通り(Prins Hendrikkade)」にあるアルバート・ハインです。写真奥の豪華なシャンデリアやデコラティブな内装が素敵ですね!
こちらは、コンセプトショップの為、スーパーマーケットらしからぬ豪華な内装ですが、基本的には日本の街中にある普段使い用のスーパーとほとんど変わらない雰囲気の店ばかりですので気軽に足を運んでくださいね。明るくて広い店内にはオランダの生活雑貨や食品などが所狭しと並んでおり、セール品もたくさんあります。セルフレジなども導入されているので是非最先端のオランダのスーパーマーケットの雰囲気も合わせてご体感ください。


アルバート・ハイン(Albert Heijn)
住所:
Prins Hendrikkade 20, 1012 TL Amsterdam
営業時間:
08:00~22:00
電話番号:
+31 20 627 0601
アクセス:
アムステルダム中央駅目の前
定休日:
なし

クリスマスパレス(Christmas Palace)

クリスマスパレスはその名の通り「一年365日毎日がクリスマス!」な、アムステルダムきっての人気店です。上の写真はお店の外観なのですが、なんとこれ、ハロウィン直前の10月下旬の様子なんです。お正月、イースターも真夏も、ハロウィンも…クリスマスパレスはいつ行ってもサンタクロースやイルミネーションがこんな風に飾られています。
写真右上のブラックボードには「クリスマスまであと65日」という表示が掲げられていて毎日更新されています。もはや観光名所といっても過言ではないクリスマスパレスは世界中から多くの方が日々足を運ぶ人気スポット。是非皆さんも話のタネに出かけてみてください。

こちらは店内の様子です。「写真・ビデオ撮影禁止」と書かれていますので、現地では心のシャッターだけ押してくださいね。オランダは実はクリスマスが2回あり、12月25日以外に、12月6日にもお祝いをします。ドイツなどの一部ヨーロッパ圏でも同じ風習があり、この日は「聖ニコラス(シンタクラース)」という、サンタクロースによく似た聖人をお祝いする日なんです。聖ニコラスはサンタクロースの前身と言われている人で、4世紀頃貧しい人々を救い、多くの奇跡を起こした人とされています。
お店には聖ニコラスのグッズもたくさんありますので是非オランダならではのクリスマスグッズも合わせてチェックしてみてください。

クリスマスパレス(Christmas Palace)
住所:
Singel 508-510, 1017 AX Amsterdam
電話番号:
+31 20 421 0155
定休日:
なし
アクセス:
オランダ中央駅より徒歩約22分

オランダ土産を探すなら、ぜひアムステルダムで!

ここで紹介したお店をはじめ、アムステルダムには様々なオランダ土産を探せるお店があるので、ぜひアムステルダムに来たらショッピングも楽しんでくださいね!

オランダは日本の九州とほぼ同じ大きさで、首都アムステルダムから近郊の街へも電車で簡単に行くことが出来ます。ツアーでは、お隣のベルギーとセットで巡る場合も多いでしょう。チューリップの咲き誇るゴールデンウィーク頃の観光は定番ですが、極寒の冬も、冬ならではのお土産をゲット出来たり、グルメや景色を堪能したり出来るのでおすすめです。この時期は飛行機の値段もグッと下がるのでお土産も沢山買って帰ることができるでしょう。「イギリス人より英語が出来る」なんてブラックジョークも飛び出すほど、オランダ人は多くの人が流ちょうな英語を話すことが出来、街でもほとんどの店や看板は英語が併記されているので是非リラックスして旅をお楽しみください。

UG87

旅行とワインが大好きです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • アムステルダムで人気のお土産ショップ13選!おすすめのチー...

    17世紀に東インド会社の本拠地として繁栄したオランダの首都、アムステルダム。扇状に運河が広がり、クラシカルな建物が立ち並ぶ華やかな港町です。ここでは、そんなアムステルダムでお土産を買うのに一押しのショップを13店紹介します。

  • オランダで有名な食べ物6選!日本で人気のクロケットも!

    オランダは、海を埋め立てて作られた比較的新しい国で、住んでいる人種や文化もさまざまです。そのため、伝統的な料理というのはあまりありません。今回は、そんな数少ないオランダの国民食についてご紹介していきたいと思います。

  • オランダ・アムステルダムのナインストリートでお買い物!お...

    アムステルダムで最もおしゃれな通り、通称「ナインストリート」。世界遺産にも登録されている古くからのショッピングエリアでショッピングを満喫しちゃいましょう♡今回はおすすめショップを4つ厳選してみました。

  • 絶対欲しい!オランダの本場お土産をゲットしよう

    オランダへ来たからには、絶対これを買わなくっちゃ!!そんなお土産にぴったりの、オランダらしいおススメ商品をご紹介します。

  • オランダ・ユトレヒトで必ず行くべきの観光スポット5選♪

    オランダ国内で、最も小さい州のユトレヒト。オランダらしい中世の建造物や、美しい運河が印象的な街です。オランダの鉄道網の中心でもあり、国内でもユトレヒト中央駅は、最も混雑する駅だといわれています。今回は、そんな多くの人が訪れる人気の街、ユトレヒトの魅力あふれるおすすめスポットをご紹介します♪

  • 水の都オランダ・アムステルダムの観光スポットまとめ!ダム...

    ヨーロッパ屈指の都市であるオランダ、アムステルダム。そこは水路がいたるところに流れる水の都でもあります。そんなアムステルダムの象徴とも言えるダム広場には、世界中から人が集まる魅力的な観光地が集まっています。そんなダム広場で絶対に訪れたい観光地をまとめました。

このエリアの新着記事
  • オランダはミッフィーの信号機!?世界の面白い信号機特集

    交通信号の赤は止まれ、青は進めというのは世界共通のルールですが、デザインは各国様々なものがあるということをご存じでしたか?可愛いキャラクターの信号、何だろうと一瞬考えてしまうもの、思わずニヤっと笑ってしまうもの、そんなユニークな信号機をご紹介します。

  • 水の都オランダ・アムステルダムの観光スポットまとめ!ダム...

    ヨーロッパ屈指の都市であるオランダ、アムステルダム。そこは水路がいたるところに流れる水の都でもあります。そんなアムステルダムの象徴とも言えるダム広場には、世界中から人が集まる魅力的な観光地が集まっています。そんなダム広場で絶対に訪れたい観光地をまとめました。

  • オランダ・アムステルダム とっておきのおすすめ高級ホテル4選

    ヨーロッパでも高い宿泊費で有名なオランダ・アムステルダム。宿泊費を抑えたくないならば、もう少し頑張って高級ホテルでステイしてみませんか?

  • オランダ・アムステルダムのナインストリートでお買い物!お...

    アムステルダムで最もおしゃれな通り、通称「ナインストリート」。世界遺産にも登録されている古くからのショッピングエリアでショッピングを満喫しちゃいましょう♡今回はおすすめショップを4つ厳選してみました。

  • オランダ・ユトレヒトで必ず行くべきの観光スポット5選♪

    オランダ国内で、最も小さい州のユトレヒト。オランダらしい中世の建造物や、美しい運河が印象的な街です。オランダの鉄道網の中心でもあり、国内でもユトレヒト中央駅は、最も混雑する駅だといわれています。今回は、そんな多くの人が訪れる人気の街、ユトレヒトの魅力あふれるおすすめスポットをご紹介します♪

  • オランダ・アムステルダム観光におすすめのスタイリッシュな...

    運河が縦横無尽に走り、美術館や博物館、アンネ フランクの家など見どころの多い街アムステルダム。 伝統ある格式高いラグジュアリーホテルからモダンな内装とサービスを提供するブティックホテルまで、幅広いチョイスができるのが魅力です。

  • オランダの人気お土産15選!おすすめの定番から日本未上陸ア...

    旅行で一番悩むのがお土産ではないでしょうか?オランダ旅行が初めてという方にぴったりな最新のお土産情報お届けします。バラマキ用の定番アイテムはもちろん、日本未上陸のショップ情報など気になるオランダお土産を余すところなく一気にお届け!気になるアイテムは要チェック、ぜひ現地での購入にお役立てください。

  • アムステルダムのおすすめ人気ホテルベスト15!口コミ高評価...

    運河の街アムステルダムは、自由な都市として人気の都市です。ホテルの値段は高いですが、比較的清潔で良心的。朝食が豪華でおいしいと高評価です。アムステルダムでも賑やかなセントラムエリアはもちろん、環状運河エリアや中央駅・ダム広場周辺、ミュージアム広場周辺などは、観光にも便利で人気があります。

  • オランダ基本情報 【言語・お役立ち会話編】オランダ人は英語...

    首都アムステルダムやミッフィーの生まれた街、ユトレヒトなど見どころ満載のオランダ。そんなオランダの言語事情と、旅行に役立つオランダ語の簡単フレーズをまとめてみました。

  • オランダ基本情報 【ビザ・大使館・税関編】パスポートなしで...

    魅力的な観光都市と美しい自然や文化施設など見どころ満載のオランダ。そんなオランダを旅行するなら、ビザはどうする?いざという時のセーフティネットはある?そんな疑問に答えるべく、オランダのビザ・大使館・税関情報をまとめてみました。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事