オランダの人気お土産15選!おすすめの定番から日本未上陸アイテムまで新情報をお届け

11,125

views

0

旅行で一番悩むのがお土産ではないでしょうか?オランダ旅行が初めてという方にぴったりな最新のお土産情報お届けします。バラマキ用の定番アイテムはもちろん、日本未上陸のショップ情報など気になるオランダお土産を余すところなく一気にお届け!気になるアイテムは要チェック、ぜひ現地での購入にお役立てください。

オランダのおすすめお土産①:Drosteのチョコレート

Droste(ドロステ)は1863年にオランダで設立されたチョコレートメーカーで、品質と味わいの良さから国内はもちろん、今や世界中にファンを持つオランダチョコレートの草分け的存在です。そしてドロステと言えば、独特な画像効果を生み出したことでも知られています。

その画像はドロステ・ココアのパッケージに描かれている、通称「ドロステ効果」。どういうものかと言えば、女性の持っているお盆の上のココアとコップにも同じドロステココアの箱が乗っていて、その箱には同じように女性とココアの箱、そしてコップが同じように描かれています。この絵柄が使用され始めたのは、1904年のこと。以来長い間、オランダはもちろん世界中で親しまれています。

ドロステの人気No.1チョコレートと言えば、丸い一口サイズが特徴のパステロシリーズ。定番のミルク味をはじめ、ビター、ホワイト、オレンジ、エキストラダークなど種類も豊富です。パステロシリーズはスーパーなどでも購入できるので、オランダのお土産にはぴったりです。

もう少しオランダらしいチョコレートを探すなら、風車やオランダの街並み、チューリップの形をしたチョコレートもあります。ちゃんとした箱入りなので、お土産としても十分使えます。こちらもオランダの大型スーパー「Alvert Heijn(アルバート・ハイン)」で購入でき、街の至るところで見かけるので探すのにも困りません。

荷物が多くなりそう、と心配のあなたにはスキポール空港内にも同じ店舗があるのでそちらで購入するといいでしょう。

Albert Heijn(アルバート・ハイン)

Albert Heijn(アルバート・ハイン)は、オランダ国内だけでも700店舗以上を構える大型スーパーです。食料品はもちろん日曜用品など生活に必要なものがほぼ手に入り、地元市民にとってはなくてはならない貴重な存在。

また観光客にとってもアルバート・ハインは、とても便利なスーパーです。オランダらしいお土産品など品ぞろえも豊富で、オランダを代表する有名なお菓子類などはここで購入することができます。アムステルダムでは、De Dam(ダム広場)近くの店舗が一番大きく便利ですが、Amsterdam Airport Schiphol(アムステルダム・スキポール空港)にも店舗があるので、荷物を少なく移動したいなら空港店がおすすめです。

Alvert Heijn(Schipore Plaza)
住所:
Evert v/d Beekstraat 202, 1118CP Schiphol, Netherlands
営業時間:
05:00~00:00
電話番号:
+31 20 794 0800
アクセス:
アムステルダム市内から車で約20分

オランダのおすすめお土産②:チーズ

オランダを代表するチーズと言えば、「Gouda Kaas(ゴーダチーズ)」。南ホラント州にある小さな街ゴーダ(オランダ語では「ハウダ」)は、世界的に有名な産地として知られています。この街では市庁舎の向かいに「計量所」があり、その昔は生産されたチーズに課税目的で計量が行われていたそうです。

ゴーダチーズは表面がロウでコーティングされているので、食べる時はそのロウを取って食べます。日本人の味覚に最も合うチーズとしても有名で、クセがなく豊かなコクと旨みはどんな料理やお菓子にも使用できる万能チーズなのでオランダお土産にはぴったりです。

ゴーダチーズと並びオランダで有名なのが、「Edam Kaas(エダムチーズ)」。オランダ北部のエダム地方で主に生産されるチーズで、クセが少なく低カロリーなのが特徴です。お土産用(諸外国へ輸出)は赤いワックスでコーティングされており、食べ方はゴーダチーズ同様、ワックスをカットしてそのまま食べたりサラダやスープに入れても美味しいのだとか…。

オランダを旅してチーズ工房を巡ったり、スーパーでズラッと並んだチーズを見ると何やら気づくことがあります。「Gouda」や「Edam」の文字の後に「40+」や「60+」といった表記を目にするかもしれませんが、これは乳脂肪分を表わす数字です。数値が高いほど乳脂肪分が高いという意味で、濃厚なチーズを意味しています。チーズ類もアルバート・ハインで購入できます。

Alvert Heijn(Schipore Plaza)
住所:
Evert v/d Beekstraat 202, 1118CP Schiphol, Netherlands
営業時間:
05:00~00:00
電話番号:
+31 20 794 0800
アクセス:
アムステルダム市内から車で約20分

オランダのおすすめお土産③:ストロープワッフル

「ストロープワッフル」はオランダ・ゴーダの街を発祥とした、伝統菓子です。2枚に重ねられたワッフルの間には、甘くて美味しいキャラメルシロップが挟んであります。オランダを旅していると市場周辺ではワゴンによるワッフル販売があり、食べ歩きにぴったりなチョコレートやナッツでコーティングしたものを見かけることでしょう。

またオランダでは、ストロープワッフルをコーヒーや紅茶のカップの上に蓋のようにかぶせて置く習慣があります。ワッフルがちょうどいい加減で軽く温められ、シロップがトロリとしてくる瞬間が一番美味しいのだそう。

オランダのお土産としてストロープワッフルを選ぶなら、箱入りや缶入りのものを選ぶといいでしょう。袋入りのものもありますが、お土産として持ち歩きにはあまり適しません。またストロープワッフルは多くのメーカーから販売されているので、スーパーやお土産店で品定めをしようとしても種類の多さに圧倒されてしまいます。

またゴーダの街で商いをする老舗店の古いレシピでは、ワッフル生地の表面(表と裏)にキャラメルシロップをぬるそうです。定番のオランダお土産を買うなら、アルバート・ハインが便利です。

Alvert Heijn(Schipore Plaza)
住所:
Evert v/d Beekstraat 202, 1118CP Schiphol, Netherlands
営業時間:
05:00~00:00
電話番号:
+31 20 794 0800
アクセス:
アムステルダム市内から車で約20分

オランダのおすすめお土産④:ロータスビスケット

Lotus(ロータス)社はベルギーに本社を置く食品メーカー。オランダでも知らない人はいないというくらいロータス社の食品は有名です。中でもBiscoff(ビスコフ)は、オランダ中のスーパーに並んでいるのでオランダお土産として購入する旅行客も多いのだとか。

今や世界中のホテルやレストラン・飛行機の機内食でも提供されるビスコフは、程よい甘さと口当たりの良さ、そしてほのかに香るシナモンが絶妙。コーヒーにも紅茶にも合う逸品は、世界中で愛される美味しさです。

軽い舌触りのビスコフは、さまざまなスイーツとも相性バツグンです。そのまま食べても美味しいですが、ケーキやムース・アイスクリームなどにトッピングしたり、チーズケーキの土台にしても美味しいビスコフ。

さらにペースト状になったビスコフは、焼きたてのパンにぬったりフルーツやヨーグルトと合わせても美味しい逸品です。ビスコフの粒々感が残っているので、バターやマーガリンとも違う味わいに仕上がっています。ロータス社商品も購入するなら、アルバート・ハインの利用がおすすめです。

Alvert Heijn(Schipore Plaza)
住所:
Evert v/d Beekstraat 202, 1118CP Schiphol, Netherlands
営業時間:
05:00~00:00
電話番号:
+31 20 794 0800
アクセス:
アムステルダム市内から車で約20分

オランダのおすすめお土産⑤:マスタード

アムステルダム市内から北へ15km・車で40分くらいのところに、風車で有名な村「Zaanse Schans(ザーンセ・スカンス)」があります。カラフルで可愛らしい建物が並び、村全体がまるでおとぎの世界のよう。そして村の入り口からまっすぐ歩き、最初の風車ではなんとマスタードを作っています。

材料を大きな臼でひき細かく砕く様子も見学でき、昔ながらの製法で作るマスタードはとても有名。味そのものは日本のものよりもマイルドで、ソースやドレッシングなど使い勝手はさまざまです。もちろんわざわざザーンセ・スカンスへ足を運ぶことなく、アルバート・ハインやその他お土産店でも購入できるので安心です。

Alvert Heijn(Schipore Plaza)
住所:
Evert v/d Beekstraat 202, 1118CP Schiphol, Netherlands
営業時間:
05:00~00:00
電話番号:
+31 20 794 0800
アクセス:
アムステルダム市内から車で約20分

オランダはチーズが有名ですが、チーズに合うマスタードというのもあります。意外にもオランダ人は、チーズにマスタードをつけて食べる風習があるようです。チーズ専門メーカー「Henri Willing」は世界30ヶ国以上に輸出を手掛け、専門メーカーが造るマスタードはチーズがさらに美味しくなるとの評判です。

数あるマスタードの中で、地元でも人気なのが「ハニーマスタード」と「バルサミコマスタード」。ほどよい酸味と粒が、チーズの美味しさを引き立てアクセントになるのだとか。オランダ旅行のお土産にぜひ一ついかがでしょうか。

Henri Willing ( Cheese & More )
住所:
Leidsestraat 52 1017NV Amsterdam, Netherlands
電話番号:
+31 20 620 9030
営業時間:
10:00~19:00(ただし木曜は21:00まで)
アクセス:
アムステルダム中央駅よりNo.2,11,12番のバスで15分程度

オランダのおすすめお土産⑥:ピーナッツバター

オランダではピーナッツバターも有名で、スーパーにはたくさんの種類が並んでいます。スーパーに置いてあるものは通常甘くないものがほとんどで、日本人好みの味ではないかもしれません。しかし今回オランダお土産としてご紹介するのは、誰もが頷くほどの美味しいピーナッツバター、専門店の「De Pindakaaswinkel」です。

420ml入りの瓶で一つ5.95ユーロ・2つで10ユーロなので、スーパーで買うよりも高めです。しかし他では味わうことのできない美味しさの秘密は、定番のナチュラルに加え常時10種類ものフレーバーがあること。キャラメルシーソルト、ホワイトチョコレートなど、ピーナッツバターにほんのりと味がついたものが人気でどれも美味しく日本人の口にも合うそうです。

De Pindakaaswinkelのピーナッツバターはどれもシンプルで、容器も可愛らしいのでオランダお土産にもぴったりです。ちょっと大きいかな、という方にはミニサイズの詰め合わせもあるのでバラマキ用としても重宝しそうです。

De Pindakaaswinkel
住所:
Czaar Peterstraat 169, 1018 PJ Amsterdam, Netherlands
電話番号:
06 302 01166
営業時間:
14:00~17:00(水~金)・12:00~17:00(土のみ)
定休日:
日曜日~火曜日

De Pindakaaswinkelの店舗は、観光名所などの近くにあるわけではないので本店で購入しようとお考えの方は、わざわざ足を運ぶことになります。本店近くには、Pythonbrug(アナコンダ橋)という木製デッキの橋があるので寄ってみるのもいいでしょう。

Phythonbrug
住所:
Pythonbrug, 1019 Amsterdam, Netherlands
アクセス:
アムステルダム中央駅からバスで約15分

オランダのおすすめお土産⑦:Puccini Bomboni(プッチーニ・ボンボニ)

オランダ・アムステルダムでしか食べられない大人気のチョコレート店と言えば、「Puccini Bomboni(プッチーニ・ボンボニ)」。常に店内は人で溢れるほどの人気ぶりです。お店は運河の細い路地の中にあるので、なかなか見つけにくい場所かもしれません。

本格的なチョコレートと言えばお隣ベルギーが有名ですが、オランダのチョコレートも引けを取らないほどの美味しさです。店内のショーケースにはたくさんのチョコレートが並んでいて、どれを買うか迷ってしまいそうです。

プッチーニ・ボンボニには、美味しそうなプラリネがたくさんあります。一つ一つが大きくどれも食べ応えがありそうなものばかり。店内に並ぶチョコレートは全て材料にこだわり、人工保存料を全く使用しない天然素材を使用しています。スパイスやハーブを練り込んである量り売りのチョコレートが人気なのだとか…。

自然素材だけを使用しているので、賞味期限は一週間程度。帰国に合わせて、オランダ旅行の最後にお土産として購入するのがおすすめです。もちろん旅の途中のおやつにもぴったりですよ。

Puccini Bomboni(プッチーニ・ボンボニ)
住所:
Staalstraat 17 1011 JK Amsterdam, Netherlands
電話番号:
020 626 5474
営業時間:
11:00~18:00(月・日)・9:00~18:00(火~土)

オランダのおすすめお土産⑧:Urban Cacao(アーバン・カカオ)

オランダお土産にスタイリッシュなものを探しているなら、「URBAN CACAO(アーバン・カカオ)」がおすすめです。こちらのお店は2014年にオープンし、クオリティーの高さと美味しさはオランダならではの歴史を感じるほど。

お店はアムステルダムの中心部から少し離れたヨルダン地区にあり、周辺は高級住宅街となっています。「ナインストリート」呼ばれるショップが増えつつある一画にあり、お店の佇まいからして高級感が漂いおしゃれな雰囲気の中でゆったりと過ごすことができます。

アーバン・カカオでおすすめしたいのは、種類豊富なマカロンです。チョコレート店が手掛けるマカロンは、自然素材のみを使用し食べるのがもったいないくらいの可愛らしさと口に含んだ時のサクッと溶けてしまうような舌触りが特徴です。

チョコレートもマカロンも一粒から購入でき、「カフェ」とまではいかないものの店内でコーヒーと一緒に味わうことができます。アーバン・カカオに限らず、オランダではほとんどの菓子店でコーヒーと一緒に味わうことができるので、日本とは違う雰囲気を楽しむのもいいかもしれません。

URBAN CACAO(アーバン・カカオ)
住所:
Rozengracht 200, 1016 NK AMSTERDAM, Netherlands
営業時間:
12:00~18:30(日月)・10:00~19:00(火水)・10:00~19:30(木金)・10:00~18:30(土)

オランダのおすすめお土産⑨:Pickwick(ピックウィック)

バラマキ用のオランダお土産を探しているなら、オランダで人気フレーバーティーはいかがですか?「Pickwick(ピックウィック)」シリーズは特に有名で、ライトイングリッシュティーをベースにオレンジ・マンゴー・ストロベリーなど、天然果実粉末をブレンドした紅茶が人気です。

1箱あたり20パック入り。箱入りなのでややかさ張りますが、お値段もお手頃で軽いので、お土産にぴったりです。種類が豊富なミックスパックなら、その日の気分でフレーバーを味わうこともできるのでかなりおすすめ。アルバート・ハインで購入できます。

Alvert Heijn(Schipore Plaza)
住所:
Evert v/d Beekstraat 202, 1118CP Schiphol, Netherlands
営業時間:
05:00~00:00
電話番号:
+31 20 794 0800
アクセス:
アムステルダム市内から車で約20分

紅茶ブランド・ピックウィックを手掛けているのは、オランダの貿易商「Douwe Egberts(ダウ・エグバート社)」です。18世紀頃から、ヨーロッパ人の嗜好に合うものを探し求めて世界を航海したことでも知られています。

そんなダウ・エグバート社は紅茶だけではなく、高水準のコーヒーも手掛けています。「DE」のロゴは変わらない品質を保証するもので、日本ではあまり知られていませんがオランダでは有名です。もちろん直営のカフェもあるので、美味しいコーヒーと共にお土産にもぴったりなオリジナルマグなどはいかがですか?

DOUWE EGBERTS(coffe cafe)
住所:
Villa Arena(Koffie & Kado)Arenaboulevard 96, 1101 DJ Amsterdam, Netherlands
営業時間:
13:00~17:30(月)・10:00~17:30(火~土)、日曜定休日
アクセス:
アムステルダム中央駅からBijlmer Arenaで下車し徒歩5分

オランダのおすすめお土産⑩:HEMAの雑貨

「HEMA(ヘマ)」は、プチプラグッズが手に入るオランダでは大人気のお店です。ここではオランダらしい可愛いアイテムが多いので、お土産として調達する人も多いでしょう。日本には未上陸ですが、ヨーロッパではオランダの他、フランスやイギリスにも店舗を拡大中です。

ヘマはアムステルダム市内だけでも十数店舗を構えていて、場所によっては大きなショッピングモールなどにも入っています。大型スーパー・アルバートハイン同様、観光ついでに見かけた時には足を運んでみるのもいいかもしれません。

ヘマではオランダお土産はもちろん、ステーショナリーなどの雑貨、化粧品、キッチングッズ、洋服など何でもあるのでショッピング好きにはいいかもしれません。単に安いだけでなくオランダらしいアイテムがそろっているので、お土産はもちろん自分へのご褒美にもぴったり。

特に人気なのは女性の場合、マニキュアやリップなどの化粧品です。種類が豊富でプチサイズのものが多いので、色々と試したいおしゃれ女子にはおすすめ。バラマキ用のお土産にも重宝するので要チェックです。

HEMA(ヘマ)
住所:
Nieuwendijk174-176, Amsterdam, Netherlands
電話番号:
020 623 4176
営業時間:
9:00~19:00(ただし木曜は21:00まで、日曜は11:00~18:00)、年中無休
アクセス:
トラムNO.4・9・14・16・24・25にてDam(ダム)から徒歩5分

オランダのおすすめお土産⑪:ミュージアムショップの雑貨

オランダは世界有数の美術館大国で、アムステルダムだけでもたくさんの美術館があります。オランダはレンブラントやフェルメール、ファン・ゴッホなどの巨匠が誕生した地でもあり、「国立美術館」や「ゴッホ美術館」は多くの観光客で賑わうスポット。

オランダお土産におすすめなのは、そういった美術館の中にあるDe Museumshop(ミュージアムショップ)で購入できるアイテムです。美術に興味がないという人でも、ミュージアム広場には館内よりも小規模なショップが立ち並んでいるので、散策ついでに立ち寄ることもできます。

ミュージアムショップでおすすめなのは、お気に入り作品が描かれたポストカードやポスター、食器類です。ポストカードは旅の記念にもなり、フォトフレームに入れて飾るだけでもおしゃれなインテリアとなります。また数十枚購入しても持ち物としてかさ張ることなく、持ち運びにもとても便利。

また食器類も上手にタオルでくるめば、スーツケースの中でも安心です。定番のものは飽きたという方やおしゃれでセンスあるオランダお土産を探しているなら、アムステルダムの二大美術館を訪れてみてはいかがです?

Rijksmuseum Amsterdam(アムステルダム国立美術館)
住所:
Museumplein/Museumstraat 1 1071 CJ Amsterdam, Netherlands
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
+31 (0) 20 6621 440
年中無休
アクセス:
アムステルダム中央駅からトラムNo.2・5にて「Rijksmuseum」下車
Van Gogh Museum(ゴッホ美術館)
住所:
Museumplein 6 1071 DJ Amsterdam, Netherlands
営業時間:
9:00~17:00(金土は21:00まで、季節により若干の変動あり)

オランダのおすすめお土産⑫:マグネット

オランダお土産で数を多く買う時におすすめなのが、マグネット。職場やご家庭でも、ちょっとしたメモを貼っておく時にとても便利です。落としても壊れにくく、長く愛用できるのもポイント。コレクターなら、観光した先々で購入して旅の記念にするのもいいでしょう。

マグネットは大型スーパーや、ショッピングセンターの中に入っているショップでも購入できるのでわざわざ探さずとも手に入ります。「お土産を買い忘れた」ということがないように、数個余分に購入しておくのもアリですね。

マグネットは、キッチンやデスク周りを飾るアイテムとしてもおしゃれです。オランダらしいマグネットと言えば、風車やチューリップ、色とりどりの街並みを模った建物もおすすめです。よく見ると一つ一つが違う色合いなので、いくつも欲しくなってしまいそうです。

またオランダと言えば、キャラクター・ミッフィーの作者であるDick Bruna(ディック・ブルーナ)が誕生した地でもあるので、ミッフィーのマグネットもおすすめ。マグネットタイプのものにそのままキャラクターが描かれているものや、ミニサイズのぬいぐるみに磁石が付いたタイプなど種類も豊富です。

Dam Square Souvenirs(ダムスクエア・スーベニア)

Dam Square Souvenirs(ダムスクエア・スーベニア)では、オランダを代表するお土産品が勢ぞろい。マグネットなどの小さな小物はもちろん、チューリップ・風車などをモチーフとした飾りや食器類まで、たくさんのアイテムがあり目移りしてしまいそうな品揃えです。店内レジの上には木靴が吊り下げられ、まるでおもちゃ箱のような雰囲気。

観光名所からも近いので、散策途中に立ち寄ってみるのもいいでしょう。広々とした店内はとてもキレイで明るく、時間が経つのを忘れてしまいそうなくらいです。

Dam Square Souvenirs(ダムスクエア・スーベニア)
住所:
Dam 17 1012 JS Amsterdam, Netherlands
営業時間:
09:00~22:00
電話番号:
00 31 020 620 3432

オランダのおすすめお土産⑬:デルフト陶器

オランダの観光名所の一つに、Royal Delft(ロイヤル・デルフト陶器工房)があります。ここは1653年に設立された国内唯一のデルフト・ブルー陶器工房。世界的にも有名なデルフト陶器は、ここでは全て職人の技による手描きで作られています。

館内は工房見学はもちろん、さまざまな体験ができるので時間に余裕がある方は訪れてみるといいでしょう。またショップも兼ね備えているので、お気に入りの逸品を探すこともできます。高級感のあるティーポットなどのキッチンアイテムから、小物までさまざまです。

ロイヤル・デルフト陶器工房は、ロッテルダムとアムステルダムにあります。ロッテルダム工房の方がより広範囲にデルフト陶器のことを知ることができますが、足をのばす時間がなければアムステルダムでも十分満足できます。

ショップでは、可愛らしい人形やオランダらしく木靴を模った置物がおすすめ。また風車が描かれたティーポットは一台あるだけで、キッチンが明るくなりインテリアとしてもおしゃれです。手描きとは思えない職人技が光る逸品を探してみてはいかがでしょう。

The Royal Delft Experience in Amsterdam(ロイヤル・デルフト陶器工房/アムステルダム)
住所:
Muntplein 12, 1012 WR Amsterdam, Netherlands
アクセス:
アムステルダム中央駅から徒歩約20分

オランダのおすすめお土産⑭:木靴

オランダと言えばチューリップや風車、そして木靴が有名です。オランダで木靴が発展したのは、土地が低湿地帯のためぬかるんだ地面を歩くのに木靴が最適だったと考えられています。木靴は水に濡れると膨張し冷えから足を守る働きがあり、材料は主にポプラの木が使用されていたのだとか。

今日ではお土産用としてさまざまなデザイン・カラフルなものが多く売られていますが、歴史を垣間見てみると、農業用やガーデニング用、釣り用、スケート用とさまざまな用途に適応した木靴がデザインされていたようです。オランダを旅したらぜひ一つは欲しい、お土産品です。

アムステルダムで木靴専門店と言えば、「De Klompenboer(デ・クロンペンブール)」が有名です。もともと子供用のぬいぐるみやおもちゃの専門店で、地下階には木靴制作の工房もあり不定期でデモンストレーションも見学できます。

子供用サイズの木靴は、小物入れなどにも活用できちょっとしたインテリアとしてもおしゃれです。何より種類が豊富なので、一つを選ぶことさえ時間がかかってしまい時間が経つのも忘れてしまいそうです。お気に入りの逸品が見つかるといいですね。

De Klompenboer(デ・クロンペンブール)
住所:
Sint Antoniesbreestraat 39-51, Amsterdam, Netherlands
電話番号:
020 427 3862
営業時間:
10:00~18:00、年中無休
アクセス:
地下鉄「Nieuwmarkt(ニューマルクト)駅」下車し徒歩3分

オランダのおすすめお土産⑮:RITUALS(リチュアルズ)

「RITUALS(リチュアルズ)」は、オランダ発・日本未上陸のスキンケア商品を扱うブランドです。発祥はヨーロッパでも、雰囲気はオリエンタルでお店の内装もアジア風。アイテムのほとんどが、ナチュラルでオーガニックというこだわりが最大の特徴と言えます。

またこだわりは材料だけでなく、スキンケア商品の容器やチューブはリサイクル可能なプラスチックが使用され、詰め替えを基本とした商品づくりは地球へのやさしさも考慮されています。オランダらしいお土産には、ギフトボックスタイプのものが人気です。

リチュアルズではハンドクリーム、香水、シャワージェル、バスソルトをはじめとするスキンケア商品に加え、メイクアップアイテムも多数あります。お店の人気シリーズは、日本の桜をイメージした優しい香りが特徴の「SAKURA」。パッケージも白やピンクといった可愛らしさもあり、オランダの女性にも好評です。

その外にもインディアンローズとヒマラヤハニーの独特な香りを放つ「AYURVEDA(アーユルヴェーダ)」シリーズや、ユーカリとローズマリーの癒し系の「HAMMAM(ハマム)」も人気です。また女性だけでなく、メンズ商品や子供用のスキンケア商品もあるのでじっくり見てみたい一軒です。

RITUALS(リチュアルズ)/ AMSTERDAM KALVERSTRAAT
住所:
Kalverstraat 73 1012 NZ Amsterdam, Netherlands
営業時間:
12:00~19:00(月)・10:00~19:00(火~土、木のみ21:00まで)・12:00~18:00(日)
my4208lp

国内外を問わず、旅行が大好きです。海外を知り尽くしてこそ日本の魅力が高まると思うので、そんな記事をお届けできたらな、、、と思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • オランダで有名な食べ物6選!日本で人気のクロケットも!

    オランダは、海を埋め立てて作られた比較的新しい国で、住んでいる人種や文化もさまざまです。そのため、伝統的な料理というのはあまりありません。今回は、そんな数少ないオランダの国民食についてご紹介していきたいと思います。

  • オランダの人気お土産15選!おすすめの定番から日本未上陸ア...

    旅行で一番悩むのがお土産ではないでしょうか?オランダ旅行が初めてという方にぴったりな最新のお土産情報お届けします。バラマキ用の定番アイテムはもちろん、日本未上陸のショップ情報など気になるオランダお土産を余すところなく一気にお届け!気になるアイテムは要チェック、ぜひ現地での購入にお役立てください。

  • オランダ・アムステルダムのナインストリートでお買い物!お...

    アムステルダムで最もおしゃれな通り、通称「ナインストリート」。世界遺産にも登録されている古くからのショッピングエリアでショッピングを満喫しちゃいましょう♡今回はおすすめショップを4つ厳選してみました。

  • 絶対欲しい!オランダの本場お土産をゲットしよう

    オランダへ来たからには、絶対これを買わなくっちゃ!!そんなお土産にぴったりの、オランダらしいおススメ商品をご紹介します。

  • オランダ・ユトレヒトで必ず行くべきの観光スポット5選♪

    オランダ国内で、最も小さい州のユトレヒト。オランダらしい中世の建造物や、美しい運河が印象的な街です。オランダの鉄道網の中心でもあり、国内でもユトレヒト中央駅は、最も混雑する駅だといわれています。今回は、そんな多くの人が訪れる人気の街、ユトレヒトの魅力あふれるおすすめスポットをご紹介します♪

  • 水の都オランダ・アムステルダムの観光スポットまとめ!ダム...

    ヨーロッパ屈指の都市であるオランダ、アムステルダム。そこは水路がいたるところに流れる水の都でもあります。そんなアムステルダムの象徴とも言えるダム広場には、世界中から人が集まる魅力的な観光地が集まっています。そんなダム広場で絶対に訪れたい観光地をまとめました。

このエリアの新着記事
  • アムステルダムで人気のお土産ショップ13選!おすすめのチー...

    17世紀に東インド会社の本拠地として繁栄したオランダの首都、アムステルダム。扇状に運河が広がり、クラシカルな建物が立ち並ぶ華やかな港町です。ここでは、そんなアムステルダムでお土産を買うのに一押しのショップを13店紹介します。

  • オランダ・アムステルダム観光におすすめのスタイリッシュな...

    運河が縦横無尽に走り、美術館や博物館、アンネ フランクの家など見どころの多い街アムステルダム。 伝統ある格式高いラグジュアリーホテルからモダンな内装とサービスを提供するブティックホテルまで、幅広いチョイスができるのが魅力です。

  • アムステルダムのおすすめ人気ホテルベスト15!口コミ高評価...

    運河の街アムステルダムは、自由な都市として人気の都市です。ホテルの値段は高いですが、比較的清潔で良心的。朝食が豪華でおいしいと高評価です。アムステルダムでも賑やかなセントラムエリアはもちろん、環状運河エリアや中央駅・ダム広場周辺、ミュージアム広場周辺などは、観光にも便利で人気があります。

  • オランダ基本情報 【言語・お役立ち会話編】オランダ人は英語...

    首都アムステルダムやミッフィーの生まれた街、ユトレヒトなど見どころ満載のオランダ。そんなオランダの言語事情と、旅行に役立つオランダ語の簡単フレーズをまとめてみました。

  • オランダ基本情報 【ビザ・大使館・税関編】パスポートなしで...

    魅力的な観光都市と美しい自然や文化施設など見どころ満載のオランダ。そんなオランダを旅行するなら、ビザはどうする?いざという時のセーフティネットはある?そんな疑問に答えるべく、オランダのビザ・大使館・税関情報をまとめてみました。

  • オランダ基本情報 【お水事情編】

    海外旅行で気になることの一つに、その国のお水事情があります。ここでは、オランダの水道水やミネラルウォーターなど、オランダのお水に関する情報を紹介します。オランダに行かれる際はぜひ参考にしてください!

  • オランダ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    日本の九州と同じくらいの面積という小さな国土の中に、多くの見どころが集約されたオランダ。祝日にはお休みになってしまう施設も多いので、オランダ観光の前には、ここで紹介するオランダの祝祭日やビジネスアワーをチェックしておいてくださいね!

  • オランダ基本情報 【Wi-Fi編】

    海外旅行中は上手にWi-Fiを利用すれば、無料もしくは格安料金でインターネットに接続が可能です。ここでは、オランダで無料Wi-Fiが使用できる場所や、格安で借りられるWi-Fiルーターなど、オランダのWi-Fiにまつわる情報をお届けするので、通信料を節約されたい方はぜひ参考にしてください!

  • オランダ基本情報 【トイレ編】

    海外に行くと、トイレがどこにあるのかわからなかったり、日本とトイレの使い方が違ったりして、困惑してしまうこともありますよね。ここでは、そのようなことのないよう、オランダへ行かれる前にぜひ把握しておきたい、オランダのトイレ事情について紹介します!

  • オランダ基本情報 【お金編】

    赤レンガの風車小屋に、色とりどりのチューリップが咲き乱れ、美しい風景が広がるオランダ。ここでは、そんなオランダの通貨や為替レート、両替、チップなど、オランダのお金に関する基本情報を紹介します。オランダに行かれる前には、ぜひご一読くださいね!

このエリアの人気記事