【エストニア】世界遺産の街・タリンに行ってみよう!

1,976

views

0

エストニアの首都タリンの旧市街は世界遺産に登録された中世の町並みが残る街。あまり日本では知られていないすてきな街、タリンをご紹介!

世界遺産の街タリン

タリンはエストニアの首都。エストニアは日本人にあまりなじみがない国ですが、実はコンピューター関係の仕事に就いてる人には結構有名な超IT大国。例えば、Skype(スカイプ)ってエストニア生まれなんですよ!他にも、コンピューターを使った授業が学校で義務づけられているそうです。推進しているなんて話じゃなくて、義務ってのがスゴいですよね!

それはともかく、そんな最新のIT技術がある反面、ここタリンは中世の町並みや城壁が残ったすてきな街なんです‼

エストニアの首都タリンはどこにある?

エストニア タリン

エストニアはヨーロッパの東部でロシアの隣にある国で、バルト3国の一つとしても知られています。

タリンの見どころをご紹介!

まずは中世に発展した都市ならではの、街をぐるっと取り囲んだ城壁。

城壁の要所要所に見張り用の塔が建っています。

街の内部へと通じる門がある所には、いざという時に街を守るための堅固なとりでがあります。

これは城壁の内側。城壁内側の上部には見張りや兵隊が移動するための渡り廊下があります。ちなみに城壁に登って、壁づたいに歩けるところがいくつかありますよ。

城壁内には石畳が残り、中世そのまんまの雰囲気です。

門ととりで。旧市街のあちらこちらがまるで映画のセット。よろいを着た騎士が馬に乗って出てきそうです!

ここは旧市街の中にあるToompea lossトームペア城。今はエストニアの国会議事堂として使われています。またこの城があるあたりは、タリンの旧市街の中で少し高い位置にあるため山の手と呼ばれており、故に街全体を見渡すにはもってこいの場所がいくつかあるのです。

オレンジ色の屋根が立ち並ぶ旧市街の町並みを見下ろす、トームペア城周辺からの眺め。教会の鐘楼や城壁にある見張りの塔なども見えます。

旧市街の外側には近代的なビルが立ち並んでいます。非常に対照的ですよね!

旧市街の中には、中世の頃の服を着て音楽を奏でるショーをやっているレストランもあります。お店の外で演奏をしてたりもするので、運が良ければ見られるかも?!

最後に...超おすすめなタリンへのアクセス方法!

突然ですが、ここはどこでしょう?

ここはフィンランドの首都ヘルシンキの港。ヘルシンキとタリンはなんとフェリーで約2時間の距離で、季節にもよりますが1日に数本のフェリーが出航しています。

フィンランドの人たちはよくタリンに行きます。エストニアはフィンランドから最も近い、しかも行きやすい身近な外国の一つなんです。船で国境を越えるってカッコ良くないですか!?

こちらはタリンの港。タリン旧市街にある教会の鐘楼がシルエット見えます。港と旧市街は非常に近いので、ヘルシンキからタリンの旧市街に行くのは、実はとっても簡単なんです!

日本人はフィンランドからエストニアに入国する際、特にビザなどは必要ないですし、ヘルシンキに行ったら是非タリンにも寄ってもらいたいところです。そして可能であればタリンで宿泊して街の雰囲気を楽しむのがおすすめです。ヘルシンキとは全く異なる雰囲気を味わえますよ!

いかがでしたか?
あなたも魅力満載のタリンの旧市街で、中世の町並みに迷い込んでみませんか?

タリン旧市街
アクセス方法
フィンランドの首都ヘルシンキからフェリーで約2時間。ラトビアの首都リガからはバスで約4時間。
vale46

2年8ヶ月の世界各地を巡る旅を終え、昨年日本に戻ってきためっちゃ旅好きの社会科教員です!

今まで訪れた国は60以上!
世界中の面白いものを求めて西へ東へ!!

現地の人と深く関わり、素敵な場所、楽しいこと、ウマい食べ物を現地の人に聞きながら探すのが大好きです。

特に美味いものを見つけ出す嗅覚(才能?執念?)はそこらの野生動物に負けません!v(・∀・)v

次はどこ行こうかな?

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ハープサルレースの本場、バルト三国・エストニアの旅へ!

    軽く繊細なレースのショールは永遠の憧れ。バルト三国・エストニアにあるハープサル地方は、200年の伝統を持つと言われるレース編みの本場です。エストニアでのんびりと旅をしたいなら、小さな海の町ハープサルへぜひ!

  • エストニア基本情報【気候・服装編】

    北欧のバルト海に面しているエストニアは、バルト三国の最も北に位置しています。中世には港湾都市として栄えた国。ほとんどの方が北欧イコール寒い、という印象を持つのではないでしょうか。そこで本記事では、エストニアを訪れる際の気候と服装についてご紹介したいと思います。

  • エストニア・タリンの人気観光スポット&おすすめ見どころ紹...

    ヨーロッパ北部、バルト三国の入り口にあるエストニアという国。日本人には割と知名度の低い国ですが、タリン歴史地区という古い街は期待を裏切らない可愛い雰囲気を持った北欧らしい国です。そしてクリスマス時期のタリンは小人や妖精が出てきそうな程可愛らしい街に変化します。昼から夜にかけて見逃せないタリンに一歩足を踏み入れてみませんか?

  • エストニア首都・タリンの観光スポット5選♡まるで中世のテー...

    フィンランドからの日帰り旅のメッカともいうべきエストニア。この国はヘルシンキから南へバルト海を挟んだバルト三国の1つ。その首都タリンは、美しい世界遺産の古都なのです。でもただ美しいだけではありませんよ!女子に人気のスポットが目白押しなのです!早速ご紹介します。

  • エストニア基本情報 【時差・空港編】

    ユネスコの世界遺産にも指定されているタリンを首都にもつエストニア。本記事では、そんなエストニアを旅するときに知っておきたい、日本との時差やエストニアまでの所要時間などの基本情報をお届けします。

  • 【エストニア】世界遺産の街・タリンに行ってみよう!

    エストニアの首都タリンの旧市街は世界遺産に登録された中世の町並みが残る街。あまり日本では知られていないすてきな街、タリンをご紹介!

このエリアの新着記事
  • 美人の国エストニアの秘密10選!名物グルメやお土産をご紹介

    近年、特に女性の間で注目されている北欧の国エストニアは、カラフルな街並みとおとぎ話に出てくるような可愛らしくおしゃれなデザインの建物や雑貨があふれている国です。そして美人が多いと言われるエストニアのその秘密を、エストニアグルメや雑貨、お土産から探ってみましょう。名物グルメ、お土産10選のご紹介です。

  • ハープサルレースの本場、バルト三国・エストニアの旅へ!

    軽く繊細なレースのショールは永遠の憧れ。バルト三国・エストニアにあるハープサル地方は、200年の伝統を持つと言われるレース編みの本場です。エストニアでのんびりと旅をしたいなら、小さな海の町ハープサルへぜひ!

  • エストニア基本情報【気候・服装編】

    北欧のバルト海に面しているエストニアは、バルト三国の最も北に位置しています。中世には港湾都市として栄えた国。ほとんどの方が北欧イコール寒い、という印象を持つのではないでしょうか。そこで本記事では、エストニアを訪れる際の気候と服装についてご紹介したいと思います。

  • エストニア・タリンの人気観光スポット&おすすめ見どころ紹...

    ヨーロッパ北部、バルト三国の入り口にあるエストニアという国。日本人には割と知名度の低い国ですが、タリン歴史地区という古い街は期待を裏切らない可愛い雰囲気を持った北欧らしい国です。そしてクリスマス時期のタリンは小人や妖精が出てきそうな程可愛らしい街に変化します。昼から夜にかけて見逃せないタリンに一歩足を踏み入れてみませんか?

  • エストニア首都・タリンの観光スポット5選♡まるで中世のテー...

    フィンランドからの日帰り旅のメッカともいうべきエストニア。この国はヘルシンキから南へバルト海を挟んだバルト三国の1つ。その首都タリンは、美しい世界遺産の古都なのです。でもただ美しいだけではありませんよ!女子に人気のスポットが目白押しなのです!早速ご紹介します。

  • 【エストニア首都タリン】世界遺産の旧市街地にうっとり!

    フィンランド湾に面し、ヘルシンキから南対岸に位置するバルト3国の一つエストニア。その首都のタリンは、中世の面影を残す世界遺産の都市。どんな見どころがあるのか早速巡ってみましょう!

  • エストニア基本情報 【時差・空港編】

    ユネスコの世界遺産にも指定されているタリンを首都にもつエストニア。本記事では、そんなエストニアを旅するときに知っておきたい、日本との時差やエストニアまでの所要時間などの基本情報をお届けします。