エストニア基本情報 【時差・空港編】

2,678

views

0

ユネスコの世界遺産にも指定されているタリンを首都にもつエストニア。本記事では、そんなエストニアを旅するときに知っておきたい、日本との時差やエストニアまでの所要時間などの基本情報をお届けします。

エストニアと日本との時差

北ヨーロッパに位置するエストニア。中世の都市をうまく保存していることでも有名ですが、実はIT大国としても知られています。そんなエストニアと日本とは、いったいどれくらいの時差があるのでしょうか。またエストニアにサマータイムはあるのでしょうか。

日本との時差

エストニアと日本との時差は7時間。日本の方が7時間進んでいます。たとえば、日本が午前0時のとき、エストニアは前日の午後5時となります。

サマータイムがある

エストニアはサマータイム制を導入しています。サマータイム期間中の日本との時差は1時間縮まり、6時間になります。先ほどの例でいうと、サマータイム中は日本が午前0時のとき、エストニアは前日の午後6時です。

サマータイムの適用期間

エストニアのサマータイムは、毎年3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までと、他の多くの欧州諸国と同じスケジュールです。この期間をまたいで旅行する場合は、時計の針をあわせるのを忘れずに。

エストニアまでの飛行時間

バルト三国のひとつであるエストニアは、北がフィンランド湾に西はバルト海に面しています。そんなエストニアに行くときは、日本からどれくらい時間がかかるのでしょうか。

直行便はない

日本からエストニアまでの直行便は運航していないので、エストニアに行くには必ず他国の都市を経由して行くことになります。

乗継便を利用の場合

乗継便を利用の場合、所要時間は航空会社や使用便、乗継時間などに大きく左右されますが、欧州系または日系の航空会社の利用が一般的です。

時期にもよりますが、たとえば北欧系のフィンランド航空でヘルシンキ経由の場合、所要時間は最短で約14時間台、SASスカンジナビア航空のコペンハーゲン経由だと約17時間台からです。また複数の航空会社を組み合わせて、たとえばブリュッセルやミュンヘン、ウィーンなどで乗り換えても最短約15~19時間ほどでエストニアに到着可能です。

空港について

エストニアの主要空港は、首都タリンにある「タリン国際空港」。空港ビル内に銀行、両替所、ATMがあります。またこじんまりとした空港ながら、カフェなどの飲食店や免税店もあります。

空港からのアクセス方法は市内バス、シャトルバス、タクシーがありますが、市内までの距離は約3kmと、市内へのアクセスのよい空港です。

エストニアはシェンゲン加盟国

エストニアは多くの欧州諸国が加盟しているシェンゲン協定に加盟しています。シェンゲン圏での乗り継ぎでエストニアに到着する場合は、経由地の空港で出入国審査が行われます。経由地がシェンゲン圏外の場合は、エストニアの空港で出入国審査が行われます。

なお、シェンゲン協定により、基本的にはシェンゲン加盟国間の移動には出入国審査が不要ですが、近年ではセキュリティ上の理由で、加盟国間の移動であってもパスポートの提示が必要なケースも増えています。

最後に

以上、エストニアを旅するための基本情報をまとめてみました。おとぎの国のようなメルヘンチックな中世の街並みに、IT先進技術がぎっしり詰まったエストニアはいつか訪れてみたい国ですね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ハープサルレースの本場、バルト三国・エストニアの旅へ!

    軽く繊細なレースのショールは永遠の憧れ。バルト三国・エストニアにあるハープサル地方は、200年の伝統を持つと言われるレース編みの本場です。エストニアでのんびりと旅をしたいなら、小さな海の町ハープサルへぜひ!

  • エストニア基本情報【気候・服装編】

    北欧のバルト海に面しているエストニアは、バルト三国の最も北に位置しています。中世には港湾都市として栄えた国。ほとんどの方が北欧イコール寒い、という印象を持つのではないでしょうか。そこで本記事では、エストニアを訪れる際の気候と服装についてご紹介したいと思います。

  • 【エストニア首都タリン】世界遺産の旧市街地にうっとり!

    フィンランド湾に面し、ヘルシンキから南対岸に位置するバルト3国の一つエストニア。その首都のタリンは、中世の面影を残す世界遺産の都市。どんな見どころがあるのか早速巡ってみましょう!

  • エストニア・タリンの人気観光スポット&おすすめ見どころ紹...

    ヨーロッパ北部、バルト三国の入り口にあるエストニアという国。日本人には割と知名度の低い国ですが、タリン歴史地区という古い街は期待を裏切らない可愛い雰囲気を持った北欧らしい国です。そしてクリスマス時期のタリンは小人や妖精が出てきそうな程可愛らしい街に変化します。昼から夜にかけて見逃せないタリンに一歩足を踏み入れてみませんか?

  • エストニア首都・タリンの観光スポット5選♡まるで中世のテー...

    フィンランドからの日帰り旅のメッカともいうべきエストニア。この国はヘルシンキから南へバルト海を挟んだバルト三国の1つ。その首都タリンは、美しい世界遺産の古都なのです。でもただ美しいだけではありませんよ!女子に人気のスポットが目白押しなのです!早速ご紹介します。

  • 【エストニア】世界遺産の街・タリンに行ってみよう!

    エストニアの首都タリンの旧市街は世界遺産に登録された中世の町並みが残る街。あまり日本では知られていないすてきな街、タリンをご紹介!

このエリアの新着記事
  • 美人の国エストニアの秘密10選!名物グルメやお土産をご紹介

    近年、特に女性の間で注目されている北欧の国エストニアは、カラフルな街並みとおとぎ話に出てくるような可愛らしくおしゃれなデザインの建物や雑貨があふれている国です。そして美人が多いと言われるエストニアのその秘密を、エストニアグルメや雑貨、お土産から探ってみましょう。名物グルメ、お土産10選のご紹介です。

  • ハープサルレースの本場、バルト三国・エストニアの旅へ!

    軽く繊細なレースのショールは永遠の憧れ。バルト三国・エストニアにあるハープサル地方は、200年の伝統を持つと言われるレース編みの本場です。エストニアでのんびりと旅をしたいなら、小さな海の町ハープサルへぜひ!

  • エストニア基本情報【気候・服装編】

    北欧のバルト海に面しているエストニアは、バルト三国の最も北に位置しています。中世には港湾都市として栄えた国。ほとんどの方が北欧イコール寒い、という印象を持つのではないでしょうか。そこで本記事では、エストニアを訪れる際の気候と服装についてご紹介したいと思います。

  • 【エストニア】世界遺産の街・タリンに行ってみよう!

    エストニアの首都タリンの旧市街は世界遺産に登録された中世の町並みが残る街。あまり日本では知られていないすてきな街、タリンをご紹介!

  • エストニア・タリンの人気観光スポット&おすすめ見どころ紹...

    ヨーロッパ北部、バルト三国の入り口にあるエストニアという国。日本人には割と知名度の低い国ですが、タリン歴史地区という古い街は期待を裏切らない可愛い雰囲気を持った北欧らしい国です。そしてクリスマス時期のタリンは小人や妖精が出てきそうな程可愛らしい街に変化します。昼から夜にかけて見逃せないタリンに一歩足を踏み入れてみませんか?

  • エストニア首都・タリンの観光スポット5選♡まるで中世のテー...

    フィンランドからの日帰り旅のメッカともいうべきエストニア。この国はヘルシンキから南へバルト海を挟んだバルト三国の1つ。その首都タリンは、美しい世界遺産の古都なのです。でもただ美しいだけではありませんよ!女子に人気のスポットが目白押しなのです!早速ご紹介します。

  • 【エストニア首都タリン】世界遺産の旧市街地にうっとり!

    フィンランド湾に面し、ヘルシンキから南対岸に位置するバルト3国の一つエストニア。その首都のタリンは、中世の面影を残す世界遺産の都市。どんな見どころがあるのか早速巡ってみましょう!

新着記事