エストニア・タリンの人気観光スポット&おすすめ見どころ紹介!クリスマスマーケットも素敵!

4,394

views

1

ヨーロッパ北部、バルト三国の入り口にあるエストニアという国。日本人には割と知名度の低い国ですが、タリン歴史地区という古い街は期待を裏切らない可愛い雰囲気を持った北欧らしい国です。そしてクリスマス時期のタリンは小人や妖精が出てきそうな程可愛らしい街に変化します。昼から夜にかけて見逃せないタリンに一歩足を踏み入れてみませんか?

エストニア・タリンへのアクセス

タリンまではヘルシンキを経由して成田・名古屋・関西空港から毎日就航しています(10月~3月は名古屋・関空便が一部減便)。
日本~ヘルシンキ間は約9.5~10.5時間、ヘルシンキ~タリン間は約0.5時間です。ヘルシンキからタリンへの乗り継ぎ便は1日に複数出ていますが、乗り継ぎ時間が1時間以内の便はお勧めしません。1.5時間以上の便を選んでください。

出典: kitagawa.ws

タリン旧市街の入り口であるヴィル門。
ここから絵本の世界が始まります。

ふとっちょマルガレータ(海洋博物館)

こちらは直径24m、高さ20m、壁の厚さは4.7メートルの砲塔です。1511年~1529年にかけて、海の玄関口を守ってきました。

しかし時が経ち、その役割を終えた塔は倉庫や兵舎、または監獄として利用されていました。

この「ふとっちょマルガレータ」という名称は、囚人の世話をしていたふくよかな女性の名前だったという説と、塔の3階に据えてあった丸々とした大砲のことだという説があるそうです。

海洋博物館(Estonian Maritime Museum)
住所:
Pikk 70, Tallinn Estonia
営業時間:
10:00~18:00
アクセス:
市街地城壁の一番北、ス-ル・ランナ門に隣接
定休日:
なし (冬季は月曜日、祝日)
電話番号:
+3726411408
料金:
5ユーロ (学生3ユーロ)

ラエコヤ広場

出典: kitagawa.ws

タリン旧市街の中心にある広場で、「ラエコヤ」とは市庁舎という意味を持っています。

出典: kitagawa.ws

こちらではカフェやレストランがたくさんあり、日中はとても賑やかな場所です。
かつては市場や結婚式などにも使われていたそうですよ。

街には可愛らしい三角屋根の建物がたくさんありますね。
小さい時に読んだ絵本にはこんなおうちが描かれていたものです。

こちらは「三人姉妹」という建物で、商家の住宅として15世紀に建てられました。この3棟の正面の壁が、美しく飾られてることからこの名前が付いたそうですよ。

旧市庁舎

北欧に現存する最古のゴシック建築と言われている旧市庁舎はラエコヤ広場の南側にあります。

1402年~1404年にかけて造られたものなので、600年の歴史があり、現在はコンサートなどのイベントに利用されているようです。北欧では唯一そのままの姿で残っているそうなので、一見の価値アリですね。

塔の高さは64mあり、その先端にはなんと人形が乗っています。風向計らしいのですが、町の人には「トーマスおじいさん」との愛称で呼ばれているとのこと。

出典:http://kitagawa.ws/tallintownhall/

タリン市ツーリストインフォメーションセンター発行の小冊子を見ると、その由来が詳しく説明されていました。昔タリンでは、貴族のみが参加できるアーチェリーのコンテストが行なわれており、ポールの先につけた木製のオウムを撃ち落とす競技だったそうです。誰もオウムを撃ち落とせなかったある年、群衆の中にいた貧しい家庭のトーマス少年が一発でオウムを撃ち落すことができ、彼はその後の戦争でも多くの手柄を残したそうです。後年タリンの市民が市庁舎の上にある衛兵の形をした風向計を見て、トーマスに似ていることから「トーマスおじいさん」と呼ぶようになったそうで。現在ではタリン市のマスコットにもなっています。

出典:http://kitagawa.ws/tallintownhall/

タリン旧市庁舎(Tallinn Old Town Hall)
住所:
Raekoja 1, 10114 Tallinn, エストニア
営業時間:
10:00~16:00
アクセス:
旧市街地のラエコヤ広場内
営業日:
9月~6月は事前予約必須
定休日:
日曜日、祝日
電話番号:
+372 645 7900
料金:
4ユーロ(学生2ユーロ)
おススメの時期:
7、8月

ピエール・ショコラティエ(The Pierre Chocolaterie)

タリンのガイドブックには大抵紹介されている有名なチョコレートカフェ。
店内でも飲食ができますが、オープンテラスもあるので天気が良い時はおススメします。

出典: qthee.com

ショーケースの中はどれも美味しそうなスイーツが並んでいて迷ってしまいますね。

出典: hg2.com

寒い国だけあって濃厚な甘さでアルコールのしっかり効いたケーキが多いそうですよ。
観光で冷えて疲れた身体には嬉しいひと休みになりそうですね。

ピエール・ショコラティエ(The Pierre Chocolaterie)
住所:
Vene tn 6, Tallinn
営業時間:
8:00~23:00
アクセス:
旧市街のヴィル通りと重なるヴェネ通りを北上すると看板が出てきます。
定休日:
なし
電話番号:
+372 641 8061

夜になるとさらに絵本の世界に

北欧の街は夜がおススメ。
北欧なので気温は冷え込みますが空気が澄んでライトアップされた建物が美しく輝きだします。

昼は見落としがちなこんな可愛いフクロウも夜になると浮き上がってきます。

この石壁と石畳に囲まれた小路は聖カタリーナ通り。まさにおとぎの国にまぎれてしまった感覚に陥ります。この通りはレストランやカフェもあるのでお茶をしながらうっとりできそうですね。

このような小さな屋台もいくつか出ているのでゆっくりと散歩をしながら楽しめますよね。

タリンのクリスマス

ヨーロッパのクリスマスマーケットの上位に選ばれているタリンのクリスマス。
雪が降り積もりここでしか見れない絵本の世界が広がります。

クリスマスマーケットに訪れる人々はホットワインを片手に買物をしたり、家族や仲間と談笑したりするそうです。やはりとても寒いそうですが甘いホットワインで身体を温めるのだそうですよ。

タリンのクリスマスマーケット(Tallinn Christmas market)
住所:
Raekoja plats 1, 10146 Tallinn, エストニア
営業時間:
10:00~19:00
アクセス:
旧市庁舎前のラエコヤ広場
開催時期:
11月中旬~1月初旬

北海道の6割程度の国土しかないエストニアという国。その首都であるタリンは本当に小さな絵本の物語に登場しそうな街なのです。そんな小さな街はヨーロッパの中でも中世の雰囲気をかなり楽しめると定評があるので一度は観光に訪れてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ハープサルレースの本場、バルト三国・エストニアの旅へ!

    軽く繊細なレースのショールは永遠の憧れ。バルト三国・エストニアにあるハープサル地方は、200年の伝統を持つと言われるレース編みの本場です。エストニアでのんびりと旅をしたいなら、小さな海の町ハープサルへぜひ!

  • エストニア基本情報【気候・服装編】

    北欧のバルト海に面しているエストニアは、バルト三国の最も北に位置しています。中世には港湾都市として栄えた国。ほとんどの方が北欧イコール寒い、という印象を持つのではないでしょうか。そこで本記事では、エストニアを訪れる際の気候と服装についてご紹介したいと思います。

  • エストニア・タリンの人気観光スポット&おすすめ見どころ紹...

    ヨーロッパ北部、バルト三国の入り口にあるエストニアという国。日本人には割と知名度の低い国ですが、タリン歴史地区という古い街は期待を裏切らない可愛い雰囲気を持った北欧らしい国です。そしてクリスマス時期のタリンは小人や妖精が出てきそうな程可愛らしい街に変化します。昼から夜にかけて見逃せないタリンに一歩足を踏み入れてみませんか?

  • エストニア首都・タリンの観光スポット5選♡まるで中世のテー...

    フィンランドからの日帰り旅のメッカともいうべきエストニア。この国はヘルシンキから南へバルト海を挟んだバルト三国の1つ。その首都タリンは、美しい世界遺産の古都なのです。でもただ美しいだけではありませんよ!女子に人気のスポットが目白押しなのです!早速ご紹介します。

  • エストニア基本情報 【時差・空港編】

    ユネスコの世界遺産にも指定されているタリンを首都にもつエストニア。本記事では、そんなエストニアを旅するときに知っておきたい、日本との時差やエストニアまでの所要時間などの基本情報をお届けします。

  • 【エストニア】世界遺産の街・タリンに行ってみよう!

    エストニアの首都タリンの旧市街は世界遺産に登録された中世の町並みが残る街。あまり日本では知られていないすてきな街、タリンをご紹介!

このエリアの新着記事
  • 美人の国エストニアの秘密10選!名物グルメやお土産をご紹介

    近年、特に女性の間で注目されている北欧の国エストニアは、カラフルな街並みとおとぎ話に出てくるような可愛らしくおしゃれなデザインの建物や雑貨があふれている国です。そして美人が多いと言われるエストニアのその秘密を、エストニアグルメや雑貨、お土産から探ってみましょう。名物グルメ、お土産10選のご紹介です。

  • ハープサルレースの本場、バルト三国・エストニアの旅へ!

    軽く繊細なレースのショールは永遠の憧れ。バルト三国・エストニアにあるハープサル地方は、200年の伝統を持つと言われるレース編みの本場です。エストニアでのんびりと旅をしたいなら、小さな海の町ハープサルへぜひ!

  • エストニア基本情報【気候・服装編】

    北欧のバルト海に面しているエストニアは、バルト三国の最も北に位置しています。中世には港湾都市として栄えた国。ほとんどの方が北欧イコール寒い、という印象を持つのではないでしょうか。そこで本記事では、エストニアを訪れる際の気候と服装についてご紹介したいと思います。

  • 【エストニア】世界遺産の街・タリンに行ってみよう!

    エストニアの首都タリンの旧市街は世界遺産に登録された中世の町並みが残る街。あまり日本では知られていないすてきな街、タリンをご紹介!

  • エストニア首都・タリンの観光スポット5選♡まるで中世のテー...

    フィンランドからの日帰り旅のメッカともいうべきエストニア。この国はヘルシンキから南へバルト海を挟んだバルト三国の1つ。その首都タリンは、美しい世界遺産の古都なのです。でもただ美しいだけではありませんよ!女子に人気のスポットが目白押しなのです!早速ご紹介します。

  • 【エストニア首都タリン】世界遺産の旧市街地にうっとり!

    フィンランド湾に面し、ヘルシンキから南対岸に位置するバルト3国の一つエストニア。その首都のタリンは、中世の面影を残す世界遺産の都市。どんな見どころがあるのか早速巡ってみましょう!

  • エストニア基本情報 【時差・空港編】

    ユネスコの世界遺産にも指定されているタリンを首都にもつエストニア。本記事では、そんなエストニアを旅するときに知っておきたい、日本との時差やエストニアまでの所要時間などの基本情報をお届けします。