カナダ観光で絶対外せないスポット大特集15選!大自然vs大都市の魅力!

2,506

views

0

都市の要素も大自然の要素、両方満喫できるのがカナダ。カナダ旅行の際に絶対訪れるべき観光スポットを15カ所ピックアップしてみました。今回はバンクーバー、トロント、ケベックの3つのエリアを中心にご紹介したいと思います。

1.スタンレーパーク(Stanley Park)

スタンレーパーク(Stanley Park)は、世界中にある公園の中でも3本の指に入るほど美しい公園といわれています。とにかく広い都市公園で年間800万人もの人々が訪れるカナダ随一の観光スポットです。公園内には3500本ものバラが咲き誇るローズガーデンがあり、6〜10月頃に見頃を迎えます。美しい山々やライオンズゲートビレッジが望める展望スペースやカナダ最大の水族館があり、イルカやペンギンなどのショーも見られるので1日中楽しめちゃいます。緑豊かな公園で、観光客だけでなくローカルの人々からも愛されている都会の中のオアシス。春は桜、秋は紅葉を楽しむことができるのも魅力ですね。

トーテムポールもバンクーバーの中で有名な観光スポットですね。トーテムポールはカナダの先住民によって造られました。こちらで写真を撮るのが定番でインスタ映えも狙えます!ダウンタウンからもほど近いので、気軽に自然を感じられる場所として人気を集めています。海沿いには外周9kmの遊歩道シーウォールがあるので旅の合間にゆっくりサイクリングやジョキングで汗を流しリフレッシュするのもおすすめです。

スタンレーパーク(Stanley Park)
住所:
Vancouver, British Columbia V6G 1Z4, Canada
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
+1 604-681-6728
アクセス:
ダウンタウンよりウエストペンダーストリート(West Pender Street )行きの19番バスに乗車して約10分
定休日:
なし
料金:
無料

2.カナダプレイス(Canada Place)

カナダプレイス(Canada Place)は、バンクーバーの有名な観光スポット。ウォーターフロントにあり、美しい景色が楽しめる場所でもあります。周辺をぐるっと1周出来るので、スタンレーパークやフローム山などが見渡せ散策するにももってこいです。1986年に開催されたバンクーバー万博のカナダ館をそのまま残して利用した建物で、コンベンション&トレードセンターとして活用されています。夏にはアラスカへ向かう大型クルーズ船のターミナルとしても利用されています。カナダプレイスは船のマストと帆をイメージした独特で美しい外観が特徴なので、すぐに見つけることが出来ます。また、カナダプレイスの近くにバンクーバーの観光名所が集中しているので、バンクーバー観光には欠かせないスポットとなっています。ホテルやレストランなどもあるので素敵な景色を眺めながらのんびりしてみるのはいかがでしょうか?夜のライトアップも素敵なので是非足を運んでみてください。旅のいい思い出になること間違いなしです。

カナダプレイス(Canada Place)
住所:
201-999 Canada Place
営業時間:
12:00~22:00
電話番号:
+1 604 682-4629
アクセス:
Waterfront Stationより徒歩約9分
定休日:
なし
料金:
大人$12 / 子ども・シニア$11

3.キャピラノ渓谷(Capilano Canyon)

ダウンタウンから車で、20分ほどで行くことができる、キャピラノ渓谷(Capilano Canyon)。無料のシャトルバスも出ているので、こちらを利用しましょう。スタンレーパークやライオンズゲートブリッジなどのバンクーバーの名所を巡りながらキャピラノ渓谷まで到着します。キャピラノリバー州立公園にある渓谷で、中でもキャピラノつり橋は年間80万人の観光客が訪れるカナダを代表する観光地です。橋の長さは140mで高さは70m!吊り橋はかなり揺れるのでスリル満点です!トレッキングも体験できるなどカナダの大自然を身近に感じられる観光スポットとして親しまれているんです。吊り橋を渡った先には、森の中の大きな木の上を渡る遊歩道「ツリートップアドベンチャー」、渓谷の絶壁に歩道橋が宙づりとなっている「「クリフウォーク」と吊り橋以外にも大自然の中でスリリングな体験が出来ます。森林浴をしながらアトラクションを体験できる魅力あるスポットですね。

キャピラノ渓谷(Capilano Canyon)
住所:
3735 Capilano Road, North Vancouver, BC
営業時間:
09:00~19:00
電話番号:
+1 604-985-7474
アクセス:
ダウンタウンより車で約20分
(営業時間:
シーズンにより異なります。公式サイトでご確認下さい。)
定休日:
なし
料金:
大人$39.95 / 学生$32.95

4.グランビル・アイランド(Granville Island)

バンクーバーを代表する観光スポット、グランビル・アイランド(Granville Island)。グランビル橋の下にある小さな半島のことで、かつてはカナダの造船業の中心地として栄えた場所です。ダウンタウンからバスで10分。また小型フェリーでもアクセス出来ちゃいます。アクセスも抜群なので今ではお食事やショッピングを楽しめる所として、観光客や地元の方々など多くの人に愛されており、年中賑わっているスポットです。

グランビル・アイランドは7つのエリアによって構成されたおしゃれなショッピングセンターという印象です。ユニークなショップがたくさん並んでいるので、お土産探しにもぴったりのスポットです。まさにバンクーバーの魅力ぐっと凝縮されたような場所!中でも人気なのは、新鮮な野菜や果物など、お肉にパスタなど食べ物が並ぶパブリックマーケット!色とりどりの食べ物が並び、カラフルなので見ているだけでも飽きません。海外のマーケットは日本と違ってとってもおしゃれですもんね!海を見ながら食事をしたりビール工場を見学するなど、さまざまな楽しみ方があります。雨でも十分楽しめますが天気のいい日に行くのがおすすめ!

グランビル・アイランド(Granville Island)
住所:
1689 Johnston St, Vancouver, BC
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
+1 604-666-6655
アクセス:
ダウンタウンより車で約15分
(営業時間:
日曜日のみ12:00〜17:00)
定休日:
なし
料金:
無料

5.ロブソン通り(Robson Street)

バンクーバーでショッピングを楽しむならココ!ロブソン通り(Robson Street)です。ロブソン通りはダウンタウンの中心を通る大通りです。最先端のファッションを扱う店が勢揃いするバンクーバーで一番のショッピングエリアです。旅行の醍醐味と言えばショッピングは欠かせませんよね!若者向けのファッションブランドから、カナダ発ブランドまでたくさんのお店が並び深夜まで賑わっています。治安もとってもいい場所なので安心して夜遊びも出来ますよ。ロブソン通りには多くの飲食店も軒を連ねているので食べ歩きをしながら歩いているだけでも十分楽しめる場所です。カフェも多いので、ショッピングに疲れたときの休憩場所にももってこいです。日本食のレストランが並んでいるエリアもあるので是非行ってみてくださいね。日本料理はもちろん中国料理や韓国料理などアジア系の飲食店がとっても多いのが特徴です。日本のものがたくさん揃うスーパー兼コンビニのような店もあるそうなので、安心して買い物が出来ますね。

ロブソン通り(Robson Street)
住所:
Robson Street Vancouver, BC
電話番号:
+1 604-669-8132
アクセス:
グランビ
アクセス:
グランビル駅より徒歩約5分
定休日:
なし
料金:
無料

6.トロント・イートン・センター(Toronto Eaton Centre)

もう一箇所カナダでのショッピングスポットをご紹介します。トロント・イートン・センター(Toronto Eaton Centre)は、250以上の店舗が入るカナダで2番目に大きなショッピングセンターです。ダウンタウンの中心にあるのでトロントでショッピングをしたかったら迷わずトロント・イートン・センターへ行きましょう!2つの駅に直結しているので、アクセスも楽々。しかも地下鉄に直結しているので、雨の日や冬でも安心です。定番の人気ブランドやジュエリー、ドラックストア、レストランなど数多く入っているのできっとお目当てのものが見つかります。トロント・イートン・センターのフードコートはファストフード店から、日本食、ギリシャ料理、タイ料理に韓国料理などリーズナブルな価格で楽しめます。トロントは移民が多いのでこの多国籍感も納得ですね。日曜日以外は夜9時半まで営業していますが巨大過ぎて一日では回りきれないかも!ショッピングは海外旅行に欠かせないので、トロント・イートン・センターを訪れてみてはいかがでしょうか?

トロント・イートン・センター(Toronto Eaton Centre)
住所:
220 Yonge St, Toronto, ON
営業時間:
10:00~21:30
電話番号:
+1 416-598-8560
アクセス:
Queen駅、Dundas駅に直結
(営業時間:
日曜日は〜19:00)
定休日:
クリスマス
料金:
無料

7.ロジャーズ・センター(Rogers Centre)

ロジャーズ・センター(Rogers Centre)は、MLBのトロント・ブルージェイズとカナディアンフットボールのトロント・アルゴノーツのホームスタジアム。野球やカナディアンフットボールに興味のある方におすすめです。約48,000人収容出来る巨大スタジアムで、世界で初めて開閉式の屋根付き球場として建設されました。スタジアムからは巨大なCNタワーを見上げることができ、その姿はなかなかの迫力です!試合のチケットをゲットしてスポーツ観戦を楽しむのも、球場ツアーに参加するのもあり!球場ツアーはガイドがスタジアムの裏側を案内してくれるので家族連れでも楽しむことが出来ます。また、ロジャーズ・センターに併設されている「ルネッサンス・ホテル」の部屋からは試合を観戦出来るという贅沢も!観戦可能な部屋は70部屋あるそうです。ロジャーズ・センターでは、一流アーティストのコンサートや、ディズニー・オン・アイスなどのファミリー向けイベントも開催され多目的施設としてもカナダの方々から愛されています。

ロジャーズ・センター(Rogers Centre)
住所:
1 Blue Jays Way, Toronto, ON
電話番号:
+1 416-341-1000
アクセス:
Union駅より徒歩10分
定休日:
なし
料金:
球場ツアー 大人$16 / 子ども$12

8.CNタワー(CN Tower)

CNタワー(CN Tower)は、1976年に建てられたトロントのランドマーク的な存在。トロントと言えばCNタワー!というほど有名です。実際にCNタワーをその目で見るとその高さに圧倒されることも間違いなしです。131階の超高層タワーでその高さは何と553.33m!CNタワーの魅力は何と言っても3つある展望台!360度その眺望を楽しむことができます。高さ346mにある「ルックアット」にはエレベーターで58秒というスピードで到着します。この「ルックアット」にはレストランがあるのでその絶景を楽しみながら食事をすることが可能です。スリル満点で観光客に人気なのが、高さ324mにある「グラスフロア」です。その名の通り、床がガラス張りになっているので眼下にはトロントの街並が・・・!また屋外展望台まであるので、直接外の空気を感じることも出来るというスリル感!そして中でも絶景を拝めるのが高さ447mにある「スカイポッド」。別料金は発生しますが、天気が良ければNYやナイヤガラの滝まで見られちゃうので行く価値あり!

CNタワー(CN Tower)
住所:
301 Front St W, Toronto, ON
営業時間:
09:00~22:30
電話番号:
+1 416 868-6937
アクセス:
トロントコンベンションセンターより徒歩約6分
定休日:
なし
料金:
$36〜(プランにより異なります。)

9.カナダ・リプレイ水族館(Ripley's Aquarium of Canada)

カナダの中で人気ナンバーワン水族館として知られる、カナダ・リプレイ水族館(Ripley's Aquarium of Canada)。2013年にオープンしたばかりの新しい水族館です。先ほどご紹介したロジャース・センターのすぐ下にあり、CNタワーの真横に位置しているのでトロント観光の際は是非足を運びたいスポットですよね。カナダ・リプレイ水族館には約16,000以上の生き物たちが展示されています。子どもから大人まで楽しめる人気観光スポットです。夜遅くまで営業しており、デートにもおすすめですよ。


迫力満点の巨大水槽はかなり人気。カナダの海や湖に生息する珍しい17種類の生き物が展示されるなどフォトスポットもあるので、記念撮影もしたいところです。特に数メートルにもなる巨大な海藻は日本の水族館では見ることが出来ないので、また違う体験ができるところも魅力。実際にウエットスーツを着用し、エイに触れられるというアクティビティまで!また一番の目玉は北米最長と言われる水中トンネルです。ノコギリサメなどを間近で見られるのは迫力満点で楽しいです。

カナダ・リプレイ水族館(Ripley's Aquarium of Canada)
住所:
288 Bremner Boulevard, Toronto, Ontario
営業時間:
09:00~23:00
電話番号:
+1 647-351-3474
アクセス:
Union駅より徒歩約8分
定休日:
なし
料金:
大人$29.98 / 子ども$19.98

10.セント・ローレンス・マーケット(St.Lawrence Market)

トロントの台所とも呼ばれている、セント・ローレンス・マーケット(St.Lawrence Market)。約200年前からトロント市民に愛されてきたマーケットです。トロントのユニオン駅から徒歩 10分ほどの距離にあるこのセント・ローレンス・マーケットは通りを挟んで市庁舎を改築したレンガ造りのサウスマーケットと屋外のノースマーケットに分かれています。美味しいメープルシロップが販売されていたり、食事ができる場所もあったりと、観光スポットとしても十分楽しめる場所となっています。またテイクアウトも出来る店が多いので食べ歩きにもおすすめです。新鮮な食材がそろっているので、見て回るだけでも楽しいですよ。また、セント・ローレンス・マーケットはカナダ土産を買うスポットとしてももってこい。名物のメープルシロップはもちもん、パッケージが可愛いスパイスやマスタード。お土産の定番であるチョコレートなど何でも揃います。海外の食品ってどれもパッケージデザインが可愛くてついついたくさん買ってしまいますよね。

セント・ローレンス・マーケット(St.Lawrence Market)
住所:
92-95 Front St. E., Toronto, Ontario
営業時間:
08:00~18:00
電話番号:
+1 416-392-7219
アクセス:
Union駅より徒歩約12分
(営業時間:
金曜日は8:00〜19:00、土曜日は5:00〜17:00)
定休日:
日、月曜日
料金:
無料

11.テラス・デュフラン(Terrasse Dufferin)

テラス・デュフラン(Terrasse Dufferin)は、ケベックで有名な観光地として有名です。旧市街アッパータウンに位置している遊歩道で、多くの観光客でにぎわっている場所です。約700m続く木製の遊歩道からはケベックの美しい街並みを眺めることができるので、写真スポットとしても人気です。セント・ローレンス川や対岸の町並みを見ながらほっと一息ついてはいかがでしょうか?ベンチもたくさんあるので、観光の途中の休憩スポットとしてもおすすめです。豪華客船も停泊していたり、夏には世界中から集まった大道芸人がパフォーマンスをしていたりと見所もたくさん。ケベックは街自体が世界遺産です。現在でも9割以上フランス系の方々が生活しており、カナダにいながらフランスの文化を味わえるスポットです。フランスを思わせる建物も多く望め、バンクーバーやトロントとは全く異なる雰囲気を味わうことが可能です。またテラス・デュフランで見る夜景も絶景なので、夜に訪れてみるのもおすすめです。

テラス・デュフラン(Terrasse Dufferin)
住所:
Place Terrasse Dufferin, Québec
電話番号:
+1 418-641-6290
アクセス:
ダルム広場 (Place D'Armes) より徒歩約1分

12.ノートルダム大聖堂(Notre-Dame Basilica)

誰もが知っている、ノートルダム大聖堂(Notre-Dame Basilica)。バロック様式の美しい建物は見ものです。1642年に建立された起源をもつノートルダム大聖堂は北米で最も古いカトリック教会ということで、ケベックに行ったら是非訪れたい観光名所となっています。現在の形になったのは1820年代だと言われています。しかし1978年には火事で消失し1982年に現在のノートルダム大聖堂として生まれ変わっています。

結婚式や葬儀などの行事がない日であれば、無料で入場できます。ノートルダム大聖堂の美しさは外観素晴らしさだけではありません。一歩足を踏み入れるとその色鮮やかさと煌びやかさに息を飲むこと間違いなしです。こんなにも精巧に造られた内装はどこの教会を探しても見つからないのではないでしょうか?ブルーにライトアップされた祭壇は美しい以外の表現が見つからないほど。また、ステンドグラスも素晴らしく、聖書に登場する場面などが描かれています。礼拝のパイプオルガンの演奏を聞きながら美しいステンドグラスにも注目してみてくださいね。一番大きなパイプオルガンは10mととっても巨大なことで豪華絢爛なことでも知られています。ノートルダム大聖堂で少しの間日常を忘れてみませんか?

ノートルダム大聖堂(Notre-Dame Basilica)
住所:
16 Rue De Buade, Ville de Québec
営業時間:
07:00~16:00
電話番号:
+1 418-692-2533
アクセス:
ダルム広場 (Place D'Armes) より徒歩約2分
(営業時間:
事前に公式サイトをご確認下さい。)
定休日:
結婚式や葬儀などある日は休館
料金:
無料

13.ホテル・ドゥ・グレース(Hotel de Glace)

ホテル・ドゥ・グレース(Hotel de Glace)は、なんと雪と氷でできたホテル。氷で出来たホテルなんてカナダならではですよね。44室の客室はテーマ別に分かれており、スイートルームまであります。1500tの雪と50tの氷で作られたホテル・ドゥ・グレースはシャンデリアや電話、椅子、ベッドなどホテル内のあらゆる物が雪と氷でできており、一生に一度は宿泊してみたいホテル。ウィンターシーズンのみ営業しており、毎年作り変えられるためデザインも毎年異なります。ウィンターシーズンのみのわずか3ヶ月間の営業ですが、世界各国から100万人以上の人々が訪れます。


氷でできたベッドは非常に幻想的ですよね。寒がりさんにはちょっぴり厳しいかもしれませんが、非日常を体験したい方におすすめのホテルです。日本では体験できないことなので、冬にケベックへ行く予定の方は是非検討してみてはいかがでしょうか。ホテル内にはバーやスパもあります。星空を見上げながら入るお風呂は最高の一言。また結婚式も挙げることが出来るので一生の思い出を作りたい方にもおすすめです。お土産に持ち帰ることが出来る氷のグラスも楽しみの一つ。氷と雪だけの幻想的な空間は圧巻です!また運が良ければオーロラも見ることが出来るので、冬のカナダを訪れたならホテル・ドゥ・グレースに宿泊してみてはいかがでしょうか?

ホテル・ドゥ・グレース(Hotel de Glace)
住所:
1860, Valcartier blvd, Valcartier, Quebec, G0A 4S0 Canada
営業時間:
16:00~11:00
電話番号:
+1 418-623-2888
アクセス:
ケベック中心地より車で約15分
(営業時間:
記載した営業時間はチェックイン、アウト時間です。)
定休日:
なし
料金:
一泊$259〜

14.ロワイヤル広場(Place Royale)

ケベックの有名な観光スポットである、ロワイヤル広場(Place Royale)。17〜18世紀の建物が並ぶ旧市街にある広場で、まるでヨーロッパにいるかのような気分を味わうことができます。旧市街地の中でも特に古いのがこの場所で、石畳の道が続く一体は、カナダにいながらフランスの空気を存分に感じることができます。可愛らしい建物がたくさん並び、特に夏はその外壁に色とりどりの花たちが咲き誇りとても綺麗です。ロワイヤル広場は小さな広場ではありますが中世の香りが漂っています。ブリュッセル王宮やブリュッセル公園、ベルビュ博物館など観光名所もたくさん。先ほどもご紹介したノートルダム教会も近くにあるので、観光の拠点としても是非立ち寄りたい場所です。写真を撮ったり、カフェで休憩したりとたくさんの人々がそれぞれの時間を過ごしています。ロワイヤル広場の周りにはお土産屋さんがたくさんあるので、カナダ旅行のお土産を買うのにもおすすめのスポットです。

ロワイヤル広場(Place Royale)
住所:
32 Rue Sous le Fort, Quebec City, Quebec
アクセス:
プチ・シャンプラン通り(Petit Champlain)

15.ケベック美術館(Musee National des Beaux-arts du Quebec)

約3万8000点もの美術品が展示されている、ケベック美術館(Musee National des Beaux-arts du Quebec)も観光に欠かせないスポット。歴史を感じるものから現代風のモダンアートまで、幅広い作品を鑑賞できます。4つの建物からなるケベック美術館はとても広いので、一日中鑑賞していても飽きないくらい。2016年6月にオープンしたばかりの新館には1960年代以降のケベック現代美術やイヌイット美術などが展示されています。ガラス張りの真っ白な館内は、美術館らしくないのも特徴的。この新館の設計をした建設設計事務所OMAの代表は日本人の重松象平氏ということも訪れてみたい理由の一つです。



このケベック美術館のCharles Baillairgeパビリオンは、なんと1967年まで刑務所として利用されていました。1991年に改装されケベック美術館の一部となったのですが、刑務所の独房がそのまま残されています。独房の中に実際に入ってみることもできるので貴重な体験になるのではないでしょうか。こうした建物の歴史も知っておくとよりケベック美術館を楽しむことができるかもしれませんね。

ケベック美術館(Musee National des Beaux-arts du Quebec)
住所:
Parc des Champs-de-Bateille, Québec
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
+1 418-643-2150
アクセス:
ダルム広場(Place D'Armes)より徒歩約30分
(営業時間:
シーズンに異なるため公式サイトをご確認下さい。)
定休日:
第1日曜日、毎週月曜日、クリスマス
料金:
大人$18 / 子ども$5

最後に

いかがでしたか?今回は、カナダのおすすめ観光スポットをご紹介しました。大自然から都会的な要素まで、たくさんの体験ができるカナダ。多様な文化が存在するカナダは、人も温かく、魅力的な観光スポットが山ほどあります。カナダ旅行へ行く際は、是非こちらの記事も参考にしてもらえればと思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • カナダ バンフでショッピング!自分のお気に入り&お土産にお...

    カナダ人気の観光地であるバンフ。世界遺産でもあるロッキー山脈に囲まれた小さな街です♪山岳リゾートとしても有名なバンフですが、街の中にはさまざまなジャンルのお店があり、ショッピングを存分に楽しめるのも魅力。今回はバンフの中でも特にオススメのショップを6つご紹介します♪

  • ファッションだってカナダは凄い!カナダ生まれのブランド4選♪

    北米といえば 流行の発信基地ニューヨークが有名ですが、そのお隣のカナダも負けてはいません!カジュアルなものからフォーマルなものまで様々なデザインのブランドが生まれました。早速ご紹介しましょう。

  • カナダ・モントリオール・ダウンタウンエリアのベストショッ...

    北米のフランス文化の中心として人気の高いカナダ・モントリオール!北米のパリとも称される街並みは、まさにヨーロッパを思わせる造り!大聖堂をはじめとする建築物は美しく、観光名所もたくさんありますが、おしゃれなお店が多いことでも有名!今回はその中でも、特におすすめなスポットを5つご紹介します!

  • カナダ・ナイアガラ観光でおすすめの人気レストラン5選!滝め...

    カナダといえばナイアガラの滝! 一度は見てみたい人気観光スポットのひとつですよね。そして観光と言えばレストラン選びも大切。今回はナイアガラの滝観光の際に立ち寄りたいおすすめレストランをご紹介します♪

  • カナダ・ケベックのお土産を買うならここ!おすすめショップ5選

    ケベック州の州都ケベック・シティ。入植時代からフランス系の住民が多く、現在もほとんどの看板や標識にフランス語がつかわれています。今回はそんなフランスの文化と伝統が残るこの街にピッタリなお土産を買うことができるショップをご紹介します。

  • カナダ・ケベックシティで食を楽しむならここ!おすすめおし...

    北米の城壁都市、ケベック・シティ。旧市街は世界遺産にも登録されており、歴史的な建造物が美しい都市です。そんなケベック・シティへ来たなら、現地の美味しいレストランを訪ねてみませんか?今回は、ケベック・シティ観光で是非チェックしていただきたい、おすすめのレストランを4つご紹介します!

このエリアの新着記事
  • 絶景すぎるロケーション!カナダのトロントでアイススケート...

    カナダといえばウィンタースポーツ。一番コストもロケーションもお手軽なのが、アイススケート!トロントの町のあちこちで、最高にロマンチックなスケート体験はいかが?

  • カナダ・モントリオールのおすすめレストラン&カフェ特集!...

    カナダのモントリオールは、北米のパリと呼ばれるほど洗練されたモダンな都市。本場顔負けのフレンチやケーキが堪能できるグルメスポットもたくさん軒を連ねています。特にダウンタウンは名店がしのぎを削るエリア。そんな中から、絶品の料理とスイーツが楽しめるお店を厳選してご紹介しましょう。

  • 温泉大好き!カナダで行くべき人気温泉スポットおすすめ5選

    驚きと感動あり!カナダへ温泉旅行に行きませんか?日本とは雰囲気も入り方もちがうけれど、カナダの温泉は浸かって気持ちいいだけじゃない! いろんな動物に出会っちゃうかも!? 大自然豊かなこの国でとっておきの、温泉スポットをご紹介します。

  • カナダ・バンクーバーの名所!ロブソンストリートおすすめレ...

    バンクーバー観光に欠かせないロブソンストリート!お洒落なお店が立ち並び、いつも多くの人達で賑わっています。今回はそんなロブソンストリート内のおすすめの人気レストランを7つご紹介♪観光中に、是非立ち寄ってみてください!

  • 手元に残るお土産をゲットしたい!バンクーバーの目抜き通り...

    バンクーバーの中でも、観光場所として絶大な人気を誇るロブソンストリート!カフェやレストラン、ブティックなどのお店が立ち並び、連日多くの人で賑わっています。せっかく行くならここでしか買えない、カナダらしいお土産をゲットしてみませんか?今回は、ロブソンストリートの中でも特におすすめのショップを5つご紹介します!

  • カナダ・モントリオール旧市街おすすめカフェ&人気レストラ...

    セント・ローレンス川にある中州に発展した街、モントリオール。カナダで2番目に大きい都市です。北米地域の中で唯一フランス語を公用語としている地域で、フランス文化が根付いています。街や人々も垢抜けており、「北米のパリ」とも呼ばれているほどです。もちろんグルメに関しても高いレベルを誇ります。街の観光を楽しむと共に是非訪れてほしいスポット5店舗をご紹介します。

  • バンクーバー・ロブソン通りでショッピング!カナダ発の人気...

    日本人の中でも人気の都市、バンクーバー(Vancouver)。ダウンタウンにあるロブソン通り(Robson Street)には最先端のファッションを扱うショップがたくさん♡そこで今回はおしゃれなバンクーバーっ子が集まるロブソン通りにある、カナダ発祥のファッション系ショップをご紹介します。

  • カナダのおすすめ人気ホテルベスト15!口コミ高評価ホテル厳選!

    素敵な旅にするには思い出に残る観光はもちろん、ホテル選びも重要です。カナダは多くの観光スポットがあるので、自由旅ならホテル選びも迷ってしまうところ。でも大丈夫!今回は単なる有名なだけでなく口コミで高評価のホテルを厳選し、実際に滞在したくなるカナダ国内のホテル15選をお届けします。

  • カナダ旅行で行くべき!ビクトリアおすすめ人気観光スポット8選

    カナダ西部を代表する都市バンクーバー。そのバンクーバーからフェリーで4時間ほどのところにあるのが、英国の雰囲気漂う美しい街ブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリアです。ビクトリアといえば、美しい庭園のイメージが強いですが、実は他にも魅力的な観光スポットがたくさんあるんです。今回はビクトリアを訪れたらぜひ行ってほしいスポットをご紹介します。

  • バンクーバー・イエールタウンのおすすめショッピングスポッ...

    バンクーバーの中でも、ショッピング街として大人気のイエールタウン♪もともとは倉庫街でしたが、現在は改装されてシックな大人の雰囲気が魅力のスポット!そんなお洒落な空間で、自分のお気に入りを探してみませんか?今回はイエールタウン観光に欠かせない、おすすめショップを5つご紹介します!観光中は是非訪れてみてください!

このエリアの人気記事
新着記事