ブータン基本情報 【お水事情編】~Drupchu(霊水)の湧き出るブータン~

3,352

views

0

ブータンの水といえば、なんとなくヒマラヤ山脈から流れ出る美味しい水といったイメージですが、実際のところ現地では直接水道水から出る水は飲めるのでしょうか。今回はブータンのお水事情をご紹介します。

水源はほぼヒマラヤ山脈

ブータン国内を流れるほとんどの河川は、ヒマラヤ山脈を水源としています。ブータンを流れた水は、やがてインド、バングラデッシュ、ベンガル湾へと流れていきます。

ブータンの水は飲めるの?

ブータンの水は飲料水には適しておらず、硬水なので軟水に慣れている日本人が飲むとおなかをこわす原因になります。お水はミネラルウォーターを購入しましょう。歯磨き程度なら水道水は利用できます。現地の人は、一度沸騰させてから使用しています。

河川の汚染について

ブータンにあるティンプー市では、下水処理場不足により実際に処理される汚水は全体の6割程度。残りの4割は処理されないまま河川へ流れます。また、工場から出る廃油や汚水などは、そのまま下水管を伝って河川へと流れます。地方では汚水をくみ上げて飲料にしている人々もいます。飲み続けると人体へも悪影響を及ぼす雑菌が含まれているので、政府は汚水問題の解決策として下水処理場の拡大を検討しています。

水くみに1時間

道路もないような田舎に住む人々の中には、自宅に水道が引かれていないことが多く、1時間かけて水源まで水をくみに行っています。決して衛生的な水ばかりではないけれど、生きるためにはどんな水でも飲まなくてはならなりません。

ミネラルウォーターの値段

ミネラルウォーターは町中のお店なら1リットル15~25Nu(ヌルタム)/日本円で約26円~43円で、宿泊先のホテルだと2倍の料金です。ただし、ホテルの場合は無料のミネラルウォーターが部屋に置いてある場合もあります。

ブータンで売られているミネラルウォーター

ブータンでは、国産のRoyal Bhutan Mountain Spring Water・Kurje Drupchu(クジェ・ドゥプチュ)・ブータン・アグロなどが販売されています。

フィンランドのブランド「VEEN」

ブータンでは、VEENというフィンランド・ブランドのミネラルウォーター(水源はブータン国内)も販売されています。値段は120ヌルタム(約207円)と高めの設定です。

※フィンランドで販売されているVEENの水源はフィンランド国内

Drupchu(ドゥプチュ)とは

Drupchu(ドゥプチュ)とは「霊水」の意味で、病を癒やす不思議なはたらきを持つ水と信じられています。ブータン国内各地には、ドゥプチュがあふれ出る湧き水があります。

滞在中に体調を崩したら

万が一、滞在中に体調を崩した場合もブータンでは医療費が無料なので、海外旅行保険などに加入していない人も我慢せずに病院へ行きましょう(外国人旅行者も対象内)。

最後に

これからブータン旅行を計画されている方は、水不足のブータンでは水はかけがえのない資源です。シャワーやトイレを利用する際は、現地の人のためにも節約を心がけましょう。

Lindos77

沖縄でウェブライターとしてストレスフリーな生活を満喫しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 魅惑の国ブータンのおすすめ観光スポット9選!幸福度世界一の...

    ブータンは、ヒマラヤ東部の中国とインド2つの巨大な国に挟まれた、総面積38,398k㎡のスイスとほぼ同じ大きさの山岳国。2011年には、ワンチュク国王夫妻が新婚旅行の地として日本を訪れ、話題となりました。その時、注目されたのが、GNH(国民総幸福量・物質的な豊かさよりも、お互いを尊重し、平和で穏やかに暮らすことができる社会を目指した仏教的思想)が、ブータンは世界一に輝きました。急激な近代化を望まずに、ゆっくりと時が流れてきたブータンは、伝統的な町並みや生活風習がそのまま残り、世界中の旅行者達から最後の秘境

  • ブータン基本情報 【気候・服装編】~ブータンはどの季節も観...

    2017年6月、日本皇族の眞子様がご公務として訪れたことで、再び脚光を浴びている幸せの国「ブータン」。眞子様の報道もありブータンに興味を持った方も多いはず。これからブータン旅行を計画する人に必見!ブータンの気候や服装、ベストシーズンについてお届けします。

  • ブータン基本情報 【お金編】~インドのお金がブータンでも使...

    ブータンの通貨や換金のお得な情報、チップや現時点での為替レートなど、ブータンのお金に関する情報をわかりやすくご紹介します。

  • ブータン基本情報 【言語・お役立ち会話編】~英語も通じるブ...

    ブータンでは、旅行者の誰もが現地ガイドとドライバー付きの旅行なので、言葉の面で不自由することはありません。しかし、せっかくブータンに旅行するなら、カタコトでも現地の言葉で話すと現地の人との距離も縮まります。この機会にぜひ、ゾンガ語を覚えてみてください。

  • ブータン基本情報 【お水事情編】~Drupchu(霊水)の湧き出...

    ブータンの水といえば、なんとなくヒマラヤ山脈から流れ出る美味しい水といったイメージですが、実際のところ現地では直接水道水から出る水は飲めるのでしょうか。今回はブータンのお水事情をご紹介します。

  • ブータン基本情報 【治安・情勢編】~幸せな国だから、治安も...

    国民が幸せに暮らす国として知られる「ブータン」。幸せなら治安もきっと良いと思う人も多いはず。今回はブータンの治安・情勢についてご紹介します。

このエリアの新着記事