エチオピア基本情報 【時差・空港編】

1,119

views

0

エチオピアは東アフリカにある国です。日本からはアジアの都市や中東などを経由して行くことができます。本記事ではエチオピアへのフライトやボレ国際空港などについて紹介しましょう。

エチオピアとは

エチオピアは東アフリカにあるアフリカで最古の独立国です。首都はアディスアベバ。ケニア、スーダン、南スーダン、エリトリア、ジブチと国境を接しています。

最貧国のひとつですが、近年は経済成長が著しく観光開発にも積極的に取り組んでいます。4つの世界遺産はどれも比較的良好な状態で残されていて、アフリカの歴史を知ることができます。

時差

日本とエチオピアとの時差は6時間です。日本のほうが6時間進んでいるため、日本の時刻が13:00であれば、エチオピアの時刻は7:00となります。

エチオピアへのフライト

成田国際空港からアディスアベバまでは香港経由でエチオピア航空が就航しています。週に3便が運航しており、所要時間は約16時間です。

エチオピア航空は、日本から香港線・バンコク線でANAとコードシェア運航しています。羽田空港からバンコク経由でアディスアベバまで1日1便運航、香港経由も1日1便運航しています。エチオピア航空は2017年6月からシンガポール航空ともコードシェア運航をはじめました。シンガポール=アディスアベバ間は週5便が運航しています。

エミレーツ航空を利用する場合はドバイを経由し、乗り継ぎ時間を含めて21時間ほど。エジプト航空を利用する場合は2都市での乗り継ぎが必要になり、継所要時間は34時間です。

ボレ国際空港

ボレ国際空港はエチオピアの首都アディスアベバ近郊のボレにあるエチオピアの空の玄関口です。エチオピア航空のハブ空港であるほか、ルフトハンザドイツ航空、ケニア航空、ターキッシュ エアラインズ、エミレーツ航空などが就航しています。

東アフリカを代表する大きな空港であり設備も充実しています。カフェや免税店、両替所のほかにラウンジもあります。近代的な空港ですが、税関や搭乗手続き、荷物検査などに時間がかかります。出発の際は早めに空港へ行くことをおすすめします。

空港から市内

到着ロビーのタクシー・デスクでは市内の各地を目的地としたタクシーを固定料金で斡旋しています。ターミナル反対側の高架下にあるボール・ディルド駅からはミニバスも利用できます。タクシーより安いのですが、慣れていないと旅行者は高い料金を払わされることがあります。市内の主要ホテルでは空港までの送迎をしています。

最後に

アディスアベバは標高2300〜2500mと標高が高いところにあるため、赤道直下の国ですが快適に過ごすことができます。朝夕は冷え込むので長袖をご用意ください。安全や健康に気をつけてアフリカの旅を楽しんでください!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • エチオピア基本情報 【気候・服装編】

    エチオピアはアフリカにある大きな国です。国土の大部分が標高2000mを超える高原にあります。またサバンナや砂漠など、変化に富んだ地形も持ち合わせています。ここではそんなエチオピアの気候と服装について紹介しましょう。

  • エチオピア・ダロル火山の見どころとは?アディスアベバから...

    なにこれ地球!?思わず口走ってしまいそうな、不思議な色彩の景色が広がるエチオピアのダロル火山。目の前に広がる目を疑うような光景!圧倒される旅人続出!ダロル火山の異世界、絶景を集めてみました。

  • 大自然!エチオピアへ野生動物に会いに行こう!

    アフリカの東部にある国、エチオピア。唯一アフリカで植民地とならずに独立を守り続けた長い歴史を持つ国。そのため、国内各地にはいくつもの世界遺産があり、唯一無二の歴史的な建造物や個性的な文化が存在します。そういった以外に、エチオピアには手付かずの大自然があることも忘れてはいけません。街から出ればすぐに大自然というエチオピアで見ることができる、数々の野生動物をご紹介します!

  • 地下の聖地・第二のエルサレム―エチオピア・ラリベラの岩窟教...

    エチオピア北東部の高原地帯にある、ラリベラの岩窟教会群。現在も11の教会が残っており、すべて地下通路で結ばれている。12世紀のはじめ、当時エチオピアを治めていたキリスト教国ザグウェ朝・第7代国王のラリベラは、この地を第二のエルサレムにするようにというお告げを受けた。岩に彫られた教会は世界的にも珍しく、一見の価値がある。どのような場所なのか、簡単に紹介していく。

  • エチオピアの世界遺産「ゴンダール」で面白い独自の文化を観光!

    ゴンダールはエチオピアの首都として栄えていた街。現在はただの地方都市でしかありませんが、ここには過去の繁栄を物語るファジル・ゲビ(ゴンダール城)というエチオピア王が建てた立派な城あります。しかもこのファジル・ゲビは世界遺産に登録された特別な城なんです!またそれだけでなく、他にも見どころがいっぱいあります。そんなゴンダールの魅力をご紹介!

  • 世界で最も行きたい場所!個性溢れる国エチオピアの魅力

    アフリカ最古の独立国でもあり、世界で最高の観光場所に選ばれた国”エチオピア”。世界遺産も数多く点在、独自の文字や暦を持ち、一年が13か月あることでも有名ですね。アフリカのドバイとも言われ世界で急成長している今注目株の国。知れば知る程エチオピアの魅力にどっぷりハマってしまうかも!?

このエリアの新着記事
  • エチオピア基本情報 【気候・服装編】

    エチオピアはアフリカにある大きな国です。国土の大部分が標高2000mを超える高原にあります。またサバンナや砂漠など、変化に富んだ地形も持ち合わせています。ここではそんなエチオピアの気候と服装について紹介しましょう。

  • エチオピアの世界遺産「ゴンダール」で面白い独自の文化を観光!

    ゴンダールはエチオピアの首都として栄えていた街。現在はただの地方都市でしかありませんが、ここには過去の繁栄を物語るファジル・ゲビ(ゴンダール城)というエチオピア王が建てた立派な城あります。しかもこのファジル・ゲビは世界遺産に登録された特別な城なんです!またそれだけでなく、他にも見どころがいっぱいあります。そんなゴンダールの魅力をご紹介!

  • エチオピアの世界遺産を巡る旅〜ゴンダール&バハールダル編

    紀元前3000年ごろから高度な文明が栄えていたと言われるエチオピア。80以上の民族からなる多様な文化を誇り、偉大な歴史家コンティ・ロッシニが「エチオピアは豊かなモザイク文化である」と称され、多くのスポットが世界遺産に登録されています。近年の発展は目覚ましく、観光にも注力し、日本にも直行便が就航!そんなエチオピア北部の街、ゴンダールとバハールダルの見どころをご紹介します。

  • 一生のうちに必ず見たいアフリカの幻想的な風景5選

    日本から遠く離れたアフリカ大陸。なかなか旅行する機会がないかもしれませんね。54の国の中にとても魅力的な大自然や景色、町並みが点在します。そんな魅力的なアフリカの、えりすぐりの幻想的でロマンチックな絶景をご紹介いたします。

  • 大自然!エチオピアへ野生動物に会いに行こう!

    アフリカの東部にある国、エチオピア。唯一アフリカで植民地とならずに独立を守り続けた長い歴史を持つ国。そのため、国内各地にはいくつもの世界遺産があり、唯一無二の歴史的な建造物や個性的な文化が存在します。そういった以外に、エチオピアには手付かずの大自然があることも忘れてはいけません。街から出ればすぐに大自然というエチオピアで見ることができる、数々の野生動物をご紹介します!

  • 地下の聖地・第二のエルサレム―エチオピア・ラリベラの岩窟教...

    エチオピア北東部の高原地帯にある、ラリベラの岩窟教会群。現在も11の教会が残っており、すべて地下通路で結ばれている。12世紀のはじめ、当時エチオピアを治めていたキリスト教国ザグウェ朝・第7代国王のラリベラは、この地を第二のエルサレムにするようにというお告げを受けた。岩に彫られた教会は世界的にも珍しく、一見の価値がある。どのような場所なのか、簡単に紹介していく。

  • エチオピア・ダロル火山の見どころとは?アディスアベバから...

    なにこれ地球!?思わず口走ってしまいそうな、不思議な色彩の景色が広がるエチオピアのダロル火山。目の前に広がる目を疑うような光景!圧倒される旅人続出!ダロル火山の異世界、絶景を集めてみました。

  • 世界で最も行きたい場所!個性溢れる国エチオピアの魅力

    アフリカ最古の独立国でもあり、世界で最高の観光場所に選ばれた国”エチオピア”。世界遺産も数多く点在、独自の文字や暦を持ち、一年が13か月あることでも有名ですね。アフリカのドバイとも言われ世界で急成長している今注目株の国。知れば知る程エチオピアの魅力にどっぷりハマってしまうかも!?