世界で最も行きたい場所!個性溢れる国エチオピアの魅力

3,297

views

0

アフリカ最古の独立国でもあり、世界で最高の観光場所に選ばれた国”エチオピア”。世界遺産も数多く点在、独自の文字や暦を持ち、一年が13か月あることでも有名ですね。アフリカのドバイとも言われ世界で急成長している今注目株の国。知れば知る程エチオピアの魅力にどっぷりハマってしまうかも!?

実は個性の塊 魅力あふれるエチオピア

人類発祥の地とも言われるエチオピア。1年が13か月というエチオピア歴。2015年でいうと、エチオピア歴では2008年ということ。独特なのはそれだけではありません!国が民族ごとに9つの州に分かれていて、見どころも満載。80からなる民族が存続する多民族国家とは我々には想像もつきませんね。

面積は、世界で27番目に大きい国で国土のほとんどは以外にも高地なんです。エチオピアと聞くと、コーヒーを思い浮かべる人も多いかも知れませんね。歴史、民族、活火山など手つかずの自然、発展・・・と魅力あふれるエチオピアで地球を肌で感じられる新たな体験が待っています!

見どころポイント① エチオピア崇拝の地 ラビレラ教会群

ラビレラ教会群は、標高2600メートルに位置し世界の8不思議の一つとして知られている場所。祈りの聖地であり、巨大な一枚岩を手で掘って造られた12棟からなる教会群なんです。その建造方法は現代の技術でも解明出来ないとか。地下には他の教会とつながる地下道まで造られており、その技術には驚きしかありませんね。

ラビレラ教会群一有名 聖ギオルギス教会

中でも有名な聖ジョージ教会は別名「ノアの方舟」と言われています。十字架の形になっており、部屋や窓、外壁には凝った彫り物まであるなんて驚きです。内部は、柱がなく広い天井が印象的。800年も前ににこれほどのものを建造した技術って・・・スゴイとしか言いようが有りません。

壁から天井にかけて、宗教的な絵が描かれてる部分が有ります。見れば見るほど、歴史を学びたくなる空間です。

ラビレラ教会群最古 聖マリア教会

聖マリア教会は、12世紀~13世紀頃に掛けて建造された最古の教会。キリストの昇天やゴルゴダでの受難、三位一体等、聖書からモチーフを得て描いたフレスコ画が残っている教会なんです。人類の発祥と終焉の象徴が描かれている柱があるのですが、布で覆われており、人々は見ることが出来ないのだとか。興味深いですね。

ラリベラ岩窟教会群(Rock-hewn Churches Lalibela)
住所:
Lalibela, Ethiopia
営業時間:
時期、イベントにより異なる~
アクセス:
ラリベラ空港から街まで乗合バスや乗合タクシーで約30分
料金:
教会群の共通入場料1006ブル(5850円)料金は都度変更の可能性有り、要チェック。
その他:
おススメは乾季の9月中旬から4月。エチオピアクリスマス(1月7日)には、神聖で盛大なセレモニーがおススメ!

見どころポイント②エチオピア最大の聖地「ハラール」

ハラールは、1520年~と歴史がとっても古く、世界各地から巡礼者が集まるイスラム教の聖地でもあるんです。99ものモスクがあり、歴史ある建造物はもちろん街を外から守る”壁”も有名。エチオピアのスピリッツを知るのに足を運びたい街です。

ハラールの街は、2006年に歴史的城塞都市”ハラール・ジュゴル”として世界遺産に登録されました。「ジュゴル」とは、城壁の事を指しているのだそう。言葉通りに、ハラールの街は現在も城壁に囲まれているんです。色彩も鮮やかなものも多く雰囲気が出ていますね。

ハラールは、繊維や手工芸品などでも知られている街。そういった民芸品や生活用品を壁に飾る風習があり、ほとんどの家に飾り部屋が設けられているのだとか。主に客人用として、そこでお茶等をいただいたりするコミュニケーションの場として使用しているんですね。エチオピアとの文化の違いに触れ、初めての体験に心が躍ります。

見どころポイント③世界で最も過酷な観光地!?ダロル火山

なんともカラフルで不思議な世界に紛れ込んでしまったような景色。ダロル火山は、1926年~今現在まで噴火活動が続いていて、黄色や緑色の起伏のある岩々、池や沼が広がっています。そして世界でただ一つ、海面よりも低い位置にある火山として有名なんです。

黄色に見えるのは地中の硫黄が噴出している為で、その濃度によって緑色になったりオレンジになったり表情を変えるんです。黄色や緑など鮮やかな結晶が美しいですね。息をのむ光景とはまさにこの事!世界は広いということを実感しますね。

ダロル火山(Dallol Volcano)
住所:
Dallol Afar Zone 2 Afar Ethiopia
営業時間:
ツアーによる~
アクセス:
エチオピアのボレ国際空港よりアルラ・アバ・ネラ空港へ。そこから車で約6時間
※ツアーでの参加要
その他:
20分ほど溶岩台地の斜面を登るので、足元は滑りにくい靴が必要。

見どころポイント④人生で一度は行ってみたい火山 エルタ・アレ火山

出典: daiki55.com

「エルタ・アレ」とはアファール族の言葉で「煙の山」を意味するのだそう。山頂に2つの火口があり、そのうちの1つの火口内には世界的にも貴重な溶岩湖があり、溶岩湖は現在も活動中。火口には柵などは一切なく、その溶岩湖をなんとメートル先に眺める事が出来るとは驚きです。マグマをこんなに間近で見る事ができるのは地球上でもここだけです!

アフリカの火山のうち4分の1ほどがダナキル砂漠に集中しているんです。全部で30を超える火山があり、世界的にも是非訪れたい場所の一つ。マグマの迫力は想像をはるかに超えます!地球が生きているそのもののエネルギーを感じる瞬間に立ち会えますね。

エルタ・アレ火山(Erta Ale)
住所:
Mekelle Ethiopia
営業時間:
ツアーによる~
アクセス:
アルラアバネガ空港より、火山ふもとまで約6時間。そこから火口まで4時間の登山。足元は滑りにくい靴が必要 ※ツアーでの参加要
その他:
ベストシーズンは1月、2月、12月

見どころポイント⑤ エチオピアのグルメ

エチオピアの料理に欠かせないのが「インジェラ」インジェラは、テフと呼ばれる穀物から作られている酸味がある柔らかいクレープ生地。ワットと呼ばれるさまざまな具材のシチューを包んで食べるのが主流なんです。

そしてエチオピアと言えば、「コーヒー」ですね。皆でコーヒーを頂く(コーヒーセレモニー)を楽しむのが日常なんです。作法は、3杯飲むのが礼儀。大体1~2時間程度その時間を楽しみます。コーヒーのお供は、その場で作ったポップコーンや自家製パン。観光で訪れても体験が出来るので、是非参加して本場のコーヒーを味わってみてはいかがでしょう。

コーヒーはもちろん豆からローストして入れます。香ばしい香りに包まれながらその間もおしゃべりや団らん、ゆったりとした時間を仲間や家族と過ごすのが日常的。この時間こそが贅沢なのではないでしょうか。エチオピアの発展は、こうした根柢の過ごし方が力の源になっているのかも知れませんね。

エチオピアの印象はいかがでしたか?今尚発展を遂げているエチオピアはこれから大注目の国です。まだまだ観光地化されていない地球誕生のころから変わらぬ自然をを直に体験できるのはこの国しか無いかも知れません。この地に訪れ地球の鼓動を感じる体験をあなたもいかがでしょうか。

kaoruko

国内外問わず旅行は大好き。旅行も好きですが、定住してその土地を良く知る事が個人的にはもっと好き。南半球、ヨーロッパ、カナダ・・自然豊かなほどワクワクします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • エチオピア基本情報 【気候・服装編】

    エチオピアはアフリカにある大きな国です。国土の大部分が標高2000mを超える高原にあります。またサバンナや砂漠など、変化に富んだ地形も持ち合わせています。ここではそんなエチオピアの気候と服装について紹介しましょう。

  • エチオピア・ダロル火山の見どころとは?アディスアベバから...

    なにこれ地球!?思わず口走ってしまいそうな、不思議な色彩の景色が広がるエチオピアのダロル火山。目の前に広がる目を疑うような光景!圧倒される旅人続出!ダロル火山の異世界、絶景を集めてみました。

  • 大自然!エチオピアへ野生動物に会いに行こう!

    アフリカの東部にある国、エチオピア。唯一アフリカで植民地とならずに独立を守り続けた長い歴史を持つ国。そのため、国内各地にはいくつもの世界遺産があり、唯一無二の歴史的な建造物や個性的な文化が存在します。そういった以外に、エチオピアには手付かずの大自然があることも忘れてはいけません。街から出ればすぐに大自然というエチオピアで見ることができる、数々の野生動物をご紹介します!

  • 地下の聖地・第二のエルサレム―エチオピア・ラリベラの岩窟教...

    エチオピア北東部の高原地帯にある、ラリベラの岩窟教会群。現在も11の教会が残っており、すべて地下通路で結ばれている。12世紀のはじめ、当時エチオピアを治めていたキリスト教国ザグウェ朝・第7代国王のラリベラは、この地を第二のエルサレムにするようにというお告げを受けた。岩に彫られた教会は世界的にも珍しく、一見の価値がある。どのような場所なのか、簡単に紹介していく。

  • エチオピアの世界遺産「ゴンダール」で面白い独自の文化を観光!

    ゴンダールはエチオピアの首都として栄えていた街。現在はただの地方都市でしかありませんが、ここには過去の繁栄を物語るファジル・ゲビ(ゴンダール城)というエチオピア王が建てた立派な城あります。しかもこのファジル・ゲビは世界遺産に登録された特別な城なんです!またそれだけでなく、他にも見どころがいっぱいあります。そんなゴンダールの魅力をご紹介!

  • 一生のうちに必ず見たいアフリカの幻想的な風景5選

    日本から遠く離れたアフリカ大陸。なかなか旅行する機会がないかもしれませんね。54の国の中にとても魅力的な大自然や景色、町並みが点在します。そんな魅力的なアフリカの、えりすぐりの幻想的でロマンチックな絶景をご紹介いたします。

このエリアの新着記事
  • エチオピア基本情報 【時差・空港編】

    エチオピアは東アフリカにある国です。日本からはアジアの都市や中東などを経由して行くことができます。本記事ではエチオピアへのフライトやボレ国際空港などについて紹介しましょう。

  • エチオピア基本情報 【気候・服装編】

    エチオピアはアフリカにある大きな国です。国土の大部分が標高2000mを超える高原にあります。またサバンナや砂漠など、変化に富んだ地形も持ち合わせています。ここではそんなエチオピアの気候と服装について紹介しましょう。

  • エチオピアの世界遺産「ゴンダール」で面白い独自の文化を観光!

    ゴンダールはエチオピアの首都として栄えていた街。現在はただの地方都市でしかありませんが、ここには過去の繁栄を物語るファジル・ゲビ(ゴンダール城)というエチオピア王が建てた立派な城あります。しかもこのファジル・ゲビは世界遺産に登録された特別な城なんです!またそれだけでなく、他にも見どころがいっぱいあります。そんなゴンダールの魅力をご紹介!

  • エチオピアの世界遺産を巡る旅〜ゴンダール&バハールダル編

    紀元前3000年ごろから高度な文明が栄えていたと言われるエチオピア。80以上の民族からなる多様な文化を誇り、偉大な歴史家コンティ・ロッシニが「エチオピアは豊かなモザイク文化である」と称され、多くのスポットが世界遺産に登録されています。近年の発展は目覚ましく、観光にも注力し、日本にも直行便が就航!そんなエチオピア北部の街、ゴンダールとバハールダルの見どころをご紹介します。

  • 一生のうちに必ず見たいアフリカの幻想的な風景5選

    日本から遠く離れたアフリカ大陸。なかなか旅行する機会がないかもしれませんね。54の国の中にとても魅力的な大自然や景色、町並みが点在します。そんな魅力的なアフリカの、えりすぐりの幻想的でロマンチックな絶景をご紹介いたします。

  • 大自然!エチオピアへ野生動物に会いに行こう!

    アフリカの東部にある国、エチオピア。唯一アフリカで植民地とならずに独立を守り続けた長い歴史を持つ国。そのため、国内各地にはいくつもの世界遺産があり、唯一無二の歴史的な建造物や個性的な文化が存在します。そういった以外に、エチオピアには手付かずの大自然があることも忘れてはいけません。街から出ればすぐに大自然というエチオピアで見ることができる、数々の野生動物をご紹介します!

  • 地下の聖地・第二のエルサレム―エチオピア・ラリベラの岩窟教...

    エチオピア北東部の高原地帯にある、ラリベラの岩窟教会群。現在も11の教会が残っており、すべて地下通路で結ばれている。12世紀のはじめ、当時エチオピアを治めていたキリスト教国ザグウェ朝・第7代国王のラリベラは、この地を第二のエルサレムにするようにというお告げを受けた。岩に彫られた教会は世界的にも珍しく、一見の価値がある。どのような場所なのか、簡単に紹介していく。

  • エチオピア・ダロル火山の見どころとは?アディスアベバから...

    なにこれ地球!?思わず口走ってしまいそうな、不思議な色彩の景色が広がるエチオピアのダロル火山。目の前に広がる目を疑うような光景!圧倒される旅人続出!ダロル火山の異世界、絶景を集めてみました。