大自然!エチオピアへ野生動物に会いに行こう!

2,580

views

0

アフリカの東部にある国、エチオピア。唯一アフリカで植民地とならずに独立を守り続けた長い歴史を持つ国。そのため、国内各地にはいくつもの世界遺産があり、唯一無二の歴史的な建造物や個性的な文化が存在します。そういった以外に、エチオピアには手付かずの大自然があることも忘れてはいけません。街から出ればすぐに大自然というエチオピアで見ることができる、数々の野生動物をご紹介します!

エチオピアの首都アジスアベバ

エチオピアのアジスアベバへは、日本からドバイなどで飛行機を乗り換え約18時間。直行便はないので中東やヨーロッパを経由することになります。

首都であるアジスアベバはそれなりに都会ですが、南部の都市アルバミンチ周辺まで来ると道路の多くは未舗装で、建物はほとんどなくなります。そして、数多くの野生動物に遭遇することになるのです。

ハゲワシ

遠くにハゲワシが見えます。

ハゲワシは死んだ動物の食べるらしく、私たちが見かけたハゲワシも車に轢かれた動物を食べてました。ハゲワシは翼を広げるとなかなかに大きく、彼らが空を飛ぶ姿は非常にダイナミックでした。

おススメはチャモ湖周辺!

これはエチオピア南部にあるアルバミンチという町の近くにある湖、チャモ湖。日本ではあまり知られていませんが、ここは手付かずの自然が残っており、野生動物を至近距離から見られることで有名です。

それでは、ボートに乗ってチャモ湖に出発!

ペリカンやサギの群れ

チャモ湖は水鳥たちの楽園です。サギやペリカンなどがたくさんいます!

チャモ湖名物その1、ワニ!

水鳥のすぐそばにワニがうじゃうじゃいます。ここはクロコダイルマーケットと呼ばれる場所。ワニがすぐ隣にいるのに水鳥は食べられてしまわないの?と思いましたが、船頭さん曰く、ワニは魚を狙っているので水鳥には目もくれないそうです。

また水鳥も魚を食べにここに集まってきています。そのため、運が良ければワニや水鳥が魚を補食する瞬間を見ることができます。ワニや水鳥が魚を捕らえる時の素早い動き、その瞬間を是非見てほしいです。特にワニは普段のったらのったら動いているので、そのスピードのギャップに絶対ビックリすると思います!

ワニが自分たちの乗るボートのすぐ近くを悠々と泳いでいます。触れそうな距離ですが、ワニに向かって手を伸ばしてはいけません。間違いなく腕ごとパクリとやられます!

小さいワニは1mくらい、大きいのは5m(それ以上かも?)くらいあります。船頭さんは動物たちとの安全な距離を確保しながら、ギリギリまで近づいてくれます。

チャモ湖名物その2、カバ!

船頭さんが湖の遠くを指差し、『あっち見て!』というので湖面をよーく見てみると…。
なんと、カバがいました!

カバは非常に警戒心が強い動物で、あまり近づいて見ることはできないそうです。水面から顔を半分出したカバが、目と耳を動かしながら泳ぐ様子をしっかりと見ることができたのでよかったです!

イボイノシシ

チャモ湖周辺には陸地にもたくさんの動物がいます。湖の周りにある深い森の中を4WDで走っていると、前方に何かがいるのを発見しました!

あれってイボイノシシってやつかな~?と見てたら、こっちに向かって走ってきました!しかも、全力ダッシュ!!

心の中で、このままいったら車にぶつかっちゃうよ!あぶないぞ~!と叫んでいたら、イボイノシシは車にぶつかる直前で向きを変えて、ジャングルの中に消えていきました。

ヒヒの仲間

森の中でヒヒの群れに出会いました。

サルも見かけましたが、動きが早すぎて写真を撮れませんでした。まあ、野生動物相手なわけですから当然ですね。野生動物を撮ってるカメラマンって、実はスゴいことやってるんだな~と感心しちゃいました。

チャモ湖
エチオピアの首都アジスアベバから南へ約450km、車で約7〜8時間で走ると南部の都市アルバミンチに着きます。アルバミンチには空港もあるので飛行機でも行けるそうです。チャモ湖はアルバミンチからすぐ近くです!

最後に...

エチオピアの野生動物はいかがでしたか?

これら動物たちはほんの一部です。多くの人が知っているケニアのサファリとは違った野生動物を見に行ってみませんか?

おまけ

何だあれ?

なんと、これはアリ塚なんです!高さ5mはあります。

エチオピアの自然は奥が深いです!!

vale46

2年8ヶ月の世界各地を巡る旅を終え、昨年日本に戻ってきためっちゃ旅好きの社会科教員です!

今まで訪れた国は60以上!
世界中の面白いものを求めて西へ東へ!!

現地の人と深く関わり、素敵な場所、楽しいこと、ウマい食べ物を現地の人に聞きながら探すのが大好きです。

特に美味いものを見つけ出す嗅覚(才能?執念?)はそこらの野生動物に負けません!v(・∀・)v

次はどこ行こうかな?

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • エチオピア基本情報 【気候・服装編】

    エチオピアはアフリカにある大きな国です。国土の大部分が標高2000mを超える高原にあります。またサバンナや砂漠など、変化に富んだ地形も持ち合わせています。ここではそんなエチオピアの気候と服装について紹介しましょう。

  • エチオピア・ダロル火山の見どころとは?アディスアベバから...

    なにこれ地球!?思わず口走ってしまいそうな、不思議な色彩の景色が広がるエチオピアのダロル火山。目の前に広がる目を疑うような光景!圧倒される旅人続出!ダロル火山の異世界、絶景を集めてみました。

  • 地下の聖地・第二のエルサレム―エチオピア・ラリベラの岩窟教...

    エチオピア北東部の高原地帯にある、ラリベラの岩窟教会群。現在も11の教会が残っており、すべて地下通路で結ばれている。12世紀のはじめ、当時エチオピアを治めていたキリスト教国ザグウェ朝・第7代国王のラリベラは、この地を第二のエルサレムにするようにというお告げを受けた。岩に彫られた教会は世界的にも珍しく、一見の価値がある。どのような場所なのか、簡単に紹介していく。

  • エチオピアの世界遺産「ゴンダール」で面白い独自の文化を観光!

    ゴンダールはエチオピアの首都として栄えていた街。現在はただの地方都市でしかありませんが、ここには過去の繁栄を物語るファジル・ゲビ(ゴンダール城)というエチオピア王が建てた立派な城あります。しかもこのファジル・ゲビは世界遺産に登録された特別な城なんです!またそれだけでなく、他にも見どころがいっぱいあります。そんなゴンダールの魅力をご紹介!

  • 世界で最も行きたい場所!個性溢れる国エチオピアの魅力

    アフリカ最古の独立国でもあり、世界で最高の観光場所に選ばれた国”エチオピア”。世界遺産も数多く点在、独自の文字や暦を持ち、一年が13か月あることでも有名ですね。アフリカのドバイとも言われ世界で急成長している今注目株の国。知れば知る程エチオピアの魅力にどっぷりハマってしまうかも!?

  • 一生のうちに必ず見たいアフリカの幻想的な風景5選

    日本から遠く離れたアフリカ大陸。なかなか旅行する機会がないかもしれませんね。54の国の中にとても魅力的な大自然や景色、町並みが点在します。そんな魅力的なアフリカの、えりすぐりの幻想的でロマンチックな絶景をご紹介いたします。

このエリアの新着記事
  • エチオピア基本情報 【時差・空港編】

    エチオピアは東アフリカにある国です。日本からはアジアの都市や中東などを経由して行くことができます。本記事ではエチオピアへのフライトやボレ国際空港などについて紹介しましょう。

  • エチオピア基本情報 【気候・服装編】

    エチオピアはアフリカにある大きな国です。国土の大部分が標高2000mを超える高原にあります。またサバンナや砂漠など、変化に富んだ地形も持ち合わせています。ここではそんなエチオピアの気候と服装について紹介しましょう。

  • エチオピアの世界遺産「ゴンダール」で面白い独自の文化を観光!

    ゴンダールはエチオピアの首都として栄えていた街。現在はただの地方都市でしかありませんが、ここには過去の繁栄を物語るファジル・ゲビ(ゴンダール城)というエチオピア王が建てた立派な城あります。しかもこのファジル・ゲビは世界遺産に登録された特別な城なんです!またそれだけでなく、他にも見どころがいっぱいあります。そんなゴンダールの魅力をご紹介!

  • エチオピアの世界遺産を巡る旅〜ゴンダール&バハールダル編

    紀元前3000年ごろから高度な文明が栄えていたと言われるエチオピア。80以上の民族からなる多様な文化を誇り、偉大な歴史家コンティ・ロッシニが「エチオピアは豊かなモザイク文化である」と称され、多くのスポットが世界遺産に登録されています。近年の発展は目覚ましく、観光にも注力し、日本にも直行便が就航!そんなエチオピア北部の街、ゴンダールとバハールダルの見どころをご紹介します。

  • 一生のうちに必ず見たいアフリカの幻想的な風景5選

    日本から遠く離れたアフリカ大陸。なかなか旅行する機会がないかもしれませんね。54の国の中にとても魅力的な大自然や景色、町並みが点在します。そんな魅力的なアフリカの、えりすぐりの幻想的でロマンチックな絶景をご紹介いたします。

  • 地下の聖地・第二のエルサレム―エチオピア・ラリベラの岩窟教...

    エチオピア北東部の高原地帯にある、ラリベラの岩窟教会群。現在も11の教会が残っており、すべて地下通路で結ばれている。12世紀のはじめ、当時エチオピアを治めていたキリスト教国ザグウェ朝・第7代国王のラリベラは、この地を第二のエルサレムにするようにというお告げを受けた。岩に彫られた教会は世界的にも珍しく、一見の価値がある。どのような場所なのか、簡単に紹介していく。

  • エチオピア・ダロル火山の見どころとは?アディスアベバから...

    なにこれ地球!?思わず口走ってしまいそうな、不思議な色彩の景色が広がるエチオピアのダロル火山。目の前に広がる目を疑うような光景!圧倒される旅人続出!ダロル火山の異世界、絶景を集めてみました。

  • 世界で最も行きたい場所!個性溢れる国エチオピアの魅力

    アフリカ最古の独立国でもあり、世界で最高の観光場所に選ばれた国”エチオピア”。世界遺産も数多く点在、独自の文字や暦を持ち、一年が13か月あることでも有名ですね。アフリカのドバイとも言われ世界で急成長している今注目株の国。知れば知る程エチオピアの魅力にどっぷりハマってしまうかも!?