エチオピア・ダロル火山の見どころとは?アディスアベバから行く絶景ダナキル砂漠ツアー

1,838

views

0

なにこれ地球!?思わず口走ってしまいそうな、不思議な色彩の景色が広がるエチオピアのダロル火山。目の前に広がる目を疑うような光景!圧倒される旅人続出!ダロル火山の異世界、絶景を集めてみました。

海面よりも低い火口を持つダロル火山

ダロル火山は、エチオピアのエトラエール山脈の北東、アファール州ダナキル砂漠に位置する火山。爆発により生じた、「マール」と呼ばれるクレーター状の地形。

世界でただひとつ海面より低い場所に火口のある火山
海抜マイナス48メートルのダロル火山は、地球で最も低い地上火山である。

所在地 エチオピア、ダナキル砂漠
位置 北緯14度14分30秒 東経40度18分00秒
標高 -48 m


『ナメック星』とも呼ばれるダロル火山

アジス・アベバの北、およそ600kmのエリトリア国境付近に位置するダロル火山。

1926年に起きた水蒸気噴火により形成された。
付近の塩干潟に、いくつもの噴火クレーターの跡が点在する。

出典: corural.com

この白い塊、ぜーんぶ塩なんです。熱水活動によって出来たんだとか。
食塩の泉や酸性の泉が多く湧いている箇所がたくさん。

多彩で豊富なミネラルに囲まれた火山口。カラフルな色の沼や岩がそこかしこに点在している。

この奇抜すぎるカラフルな光景から、別名:ナメック星としても知られているそう。笑

硫黄や塩分などのミネラルで色付けられたダロル火山の火口
硫黄・鉱塩・酸など、火山に含まれる様々なミネラルによって、地球とは思えない色彩の景色が見られます。

どうしてこんな光景が出来上がる?

出典: bridoz.com

『ダロル』はアファル人の言葉で、溶解や崩壊を意味し、緑色の強酸性の池、酸化鉄、硫黄、塩で構成された砂漠の平原の風景が記述されている。

強い酸性の沼、あふれる硫黄の作り出す景色、ここはもはや地球ではない別の惑星にいるような光景がひろがる。酸性の水たまりや温泉、火山と地熱活動に関連するすべてのものが集まって究極の極彩色と形成物を生み出している。

高温すぎて人は住めない?

エチオピアの砂漠の中、人口が極めて少ない地域にダロル火山口はある。日中は気温が70度にもなり、年間の平均気温は約35.5℃。あまりの暑さに住む人もまばらで、人の住む地として最も気温の高い場所。

*アクセス
まずはエチオピアの首都アディスアベバを目指します。
日本からの直行便はないので中東などを経由する必要があります。
ダロル火山を含むダナキル砂漠へは、ツアーに参加するのが一般的です。

ダナキル砂漠/ダロル火山(Dallol Volcano)
住所:
Danakil Depression, Afar Zone 2, Afar, Ethiopia
アクセス:
日本か現地でツアーに参加が一般的
■現地ツアーの場合
3泊4日ツアーが基本となり、相場400~600ドル程。
時期や人数、交渉次第で価格は変わります。
■日本発着ツアーの場合
日数は10日前後、費用約60万円。

地球で最も低い火口の奇景な地上火山ダロル。いかがだったでしょうか?目に映るのは、この世の果てか?未来の惑星か?神秘的でとても不思議なこの場所は、旅人を惹きつけてやまない場所だといいます。地球は生きている!と感じずにはいられないダロルへ、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • エチオピア・ダロル火山の見どころとは?アディスアベバから...

    なにこれ地球!?思わず口走ってしまいそうな、不思議な色彩の景色が広がるエチオピアのダロル火山。目の前に広がる目を疑うような光景!圧倒される旅人続出!ダロル火山の異世界、絶景を集めてみました。

  • 世界で最も行きたい場所!個性溢れる国エチオピアの魅力

    アフリカ最古の独立国でもあり、世界で最高の観光場所に選ばれた国”エチオピア”。世界遺産も数多く点在、独自の文字や暦を持ち、一年が13か月あることでも有名ですね。アフリカのドバイとも言われ世界で急成長している今注目株の国。知れば知る程エチオピアの魅力にどっぷりハマってしまうかも!?

  • 一生のうちに必ず見たいアフリカの幻想的な風景5選

    日本から遠く離れたアフリカ大陸。なかなか旅行する機会がないかもしれませんね。54の国の中にとても魅力的な大自然や景色、町並みが点在します。そんな魅力的なアフリカの、えりすぐりの幻想的でロマンチックな絶景をご紹介いたします。

  • 地下の聖地・第二のエルサレム―エチオピア・ラリベラの岩窟教...

    エチオピア北東部の高原地帯にある、ラリベラの岩窟教会群。現在も11の教会が残っており、すべて地下通路で結ばれている。12世紀のはじめ、当時エチオピアを治めていたキリスト教国ザグウェ朝・第7代国王のラリベラは、この地を第二のエルサレムにするようにというお告げを受けた。岩に彫られた教会は世界的にも珍しく、一見の価値がある。どのような場所なのか、簡単に紹介していく。

  • エチオピアの世界遺産を巡る旅〜ゴンダール&バハールダル編

    紀元前3000年ごろから高度な文明が栄えていたと言われるエチオピア。80以上の民族からなる多様な文化を誇り、偉大な歴史家コンティ・ロッシニが「エチオピアは豊かなモザイク文化である」と称され、多くのスポットが世界遺産に登録されています。近年の発展は目覚ましく、観光にも注力し、日本にも直行便が就航!そんなエチオピア北部の街、ゴンダールとバハールダルの見どころをご紹介します。

今週の人気記事

この記事のキーワード