ニュージーランドで人気のお土産おすすめ厳選15選

43,255

views

0

人間よりも羊が多いと言われるほど自然豊かな国「ニュージーランド」!そんなニュージーランドで大自然を満喫したら、気になるのがお土産!ニュージーランドには、ニュージーランドらしさを感じさせる人気のお土産がたくさん。特におすすめをピックアップしてみたので参考にしてみてください!

スーパーマーケットで手軽に購入できるお土産

お得にさまざまな種類のニュージーランドのお土産をゲットしたいなら、スーパーに足を運んでみましょう。ニュージーランドの主なスーパーでイチオシなのが、カウントダウン、パックンセーブ、ニューワールドなど。主な大都市に滞在する際には、必ず見つけることができるチェーン店です。オークランドでは24間オープンしているお店もあるので、お土産選びに時間を取られたくないという人にもぴったり!大手スーパーでも祝日やクリスマス、イースターのグッドフライディなどは、通常よりも早くクローズしたり、お休みの場合もあるので事前に確認しておきましょう。レジ袋が有料であるスーパーもあるので、現地で購入したエコバッグなどに入れてお土産にしてみてはいかがでしょうか。スーパーでは、現地の人の生活スタイルも覗くことができます。

ニュージーランドのスーパーでは、野菜や果物は、パックには入っておらずバラ売りがほとんど。重さで値段が変わります。長期でニュージーランドに滞在する人やホテルで自炊する予定の人は、ニュージーランドの自然が育んだ野菜や果物を購入してみましょう。日本ではあまり見ないタロイモなどがおすすめ。さらにニュージーランド産のラム等もにもチャレンジしてみましょう。臭みがあまりないので、ラムは苦手という人でも受け入れられるかもしれません。海苔や醤油などもスーパーで販売していることが多いので、日本食が恋しくなった人はお土産選びと共に日本の食材も探してみても良いですね。ベルトコンベア式が採用されてるスーパーがほとんどなので、日本のスーパーとの支払い方法の違いを楽しんでみましょう。お得なオリジナルブランドにも注目です。

クッキータイム

クッキータイムは、ニュージーランドを訪れたことがある人なら知らない人はいないと言っても過言ではない国民的なお菓子。日本でも大人気のクッキータイムは、ニュージーランドのお土産選びに失敗したくないという人におすすめです。スーパーではばらまき用にぴったりな小さいサイズが7枚ほど入ったものもあります。どんな味なのか試したいという人は、NZ航空の国内線で提供される場合もあるので一度試してみて購入することもおすすめ。スーパーだけでなく、クライストチャーチやクインズタウンには直営店も展開しているので足を運んでみましょう。直営店では、焼きたてのクッキーやクッキータイムのマスコットキャラクターであるクッキーマンチャー関連グッズなども販売されています。クッキータイムファンには、クッキーマンチャーのTシャツもおすすめ。

ニュージーランドにしか売っていない味もあるので、珍しいクッキータイムを購入したいという人はお店の人に尋ねてみましょう。定番はチョコレートチップですが、アプリコットチョコレートやホワイトチョコレート味などが日本人に人気です。ニュージーランドでは、クッキータイムをそのまま食べるのではなく電子レンジであたため、アイスクリームやチョコレートソースと共に食べることも一般的。自分へのご褒美に贅沢な食べ方をしてみても良いですね。牛乳に浸して食べると美味しいという口コミも見受けられました。1個約2ニュージーランドドルとお手軽価格であるところも魅力的!パッケージもいかにも海外のお菓子という雰囲気なので、子どもへのお土産としても重宝しそうです。ギフト用にラッピングされたものも専門店などで販売されています。

ウィッタカーズチョコレート

ウィッタカーズチョコレートは、ニュージーランドでチョコレートをお土産にしたいと考えている人におすすめ!創業は、1896年という老舗メーカーです。創業者のジョン・ヘンリー・ウィッタカーは、14歳からイングランドでお菓子作りを学んでいたという筋金入りのお菓子職人。ニュージーランドのクライストチャーチに引越してから、オリジナルのアイテムであるピーナッツスラブやホーキーポーキ、ミニスラブなどを販売する会社を設立します。家族経営で始まったチョコレートメーカーとしてもお馴染み。公式のHPにもありますが、“Blood is thicker than water, and chocolate is thicker than that. ”(水よりも血縁関係は濃いが、チョコレートは血より濃い)という言葉を一族の間で語っているのだとか。ウィッタカーズチョコレートは、日本のいわゆる板チョコに比べて分厚さは倍以上の物も!見た目以上にボリュームがあるので、お土産の量には注意が必要です。

ウィッタカーズチョコレートは、スーパーで数多くの種類が販売されています。定番のブロックチョコレートやイースター用のキウィチョコレート、ケイ・バーなど。時間とお腹が空いていれば、自分でも美味しさを確かめてみたいところです。自分ではお土産選びに味を食べ比べする時間が無いという人は、ニュージーランドコレクションという板チョコレートシリーズがおすすめ。高級感のあるパッケージで、ニュージーランドの主要な都市の有名な名物がフレーバーになっています。洋ナシやマヌカハニー味などが特に一押し!スーパーなどで、約4ニュージーランドドル程度で取扱されている点も要チェック。一般的なウィッタカーズチョコレートに比べて内容量もスリムなので、お土産として持ち歩く際に便利です。ニュージーランドの特産の勉強にもなりますよ。

マヌカハニー

マヌカハニーは、ニュージーランドのお土産として、に行った人が必ず持ち帰ると言われている定番中の定番。専門店に行けば高級なマヌカハニーが手に入りますが、スーパーでもお手頃なマヌカハニーがゲット可能です。ちょっとしたお土産や自分用のマヌカハニーは、スーパーで購入できるタイプで十分。マヌカハニーは、ニュージーランド原産の「マヌカの木」から採取されるハチミツのこと。ニュージーランドでは、風邪をひいた時に薬代わりに食べる人がいるなど栄養価も抜群。マヌカハニーに原材料であるマヌカは、もともと先住民のマオリ族が薬として様々な使い方をしてきました。マヌカハニーは、ほかのはちみつとは違いメチルグリオキサールという成分が入っているので、抗酸化作用が強いといわれています。マヌカハニーをつかった歯磨き粉なども販売されています。

マヌカハニーには、さまざまな種類があります。見分けるポイントは、パッケージなどに記載されているUMFという値。UMFとは、ユニーク・マヌカ・ファクターを略した言葉。UMFが高くなるとお値段も高くなります。10以上のマヌカハニーは、お医者さんも使う場合があります。特別な贈り物や高級でも品の良いマルカハニーが良いという人は、UMFの数値に注目しておきましょう。UMFだけでなく、メチルグリオキサールがどのぐらい入っているかという数値を表すMGOと表記されているマヌカハニーもあります。一般的にMGO200がUMF10に相当するので、注意深く観察してみましょう。また製から販売の流れが見えるものを選ぶと○。ロット番号やUMFが表記されているかどうかがポイントになるので、スーパーではなく個人店で購入する際などは要注意です。

フィジョアティー

キウイフルーツのを風から守るために植えられてきたフェイジョア。フェイジョアは、グァバと同じ系列の果樹です。ビタミンC、ポリフェノールがたっぷり入っていて抗酸化作用も期待できます。そんなフェイジョアから作られたオイルや果肉などを元に作られているフィジョアティーは、お肌を綺麗にしたいと努力している友人や同僚、最近ストレスを感じてるなという人へのニュージーランドージーランドのお土産としておすすめです。フィジョアは、匂いに特徴がありパイナップルやバナナのようなスイートな香りがします。独特の香りは、フィジョアティーにも受け継がれていることが多いのでまずは香りから楽しみましょう。フィジョア自体が日本ではなかなか珍しい果物であるので、珍しいものが好きという人へのお土産にもおすすめです。お値段も幅広いです。

ニュージーランド滞在中にフェイジョアを食べる機会があれば、ぜひトライしてみましょう。フェイジョアは、一般家庭の庭に生えていることも多く、旬はニュージーランドでは秋にあたる3~6月ごろ。一度に大量に実がなるので、運が良ければ現地で自宅で栽培している人からおすそ分けしてもらえる可能性もあるかも!確実に絶対食べたいという人は、スーパーの売り場をチェックしてみましょう。スムージーにしたりそのまま食べることが一般的です。美味しいと思ったら、フィジョアティーティーをまとめ買いしてみても良いですね。ただ、お値段が安いフィジョアティーの中には匂いが強すぎるものもあるので注意が必要です。地元の人におすすめを聞いてみることが無難!

フラットホワイト

フラットホワイトは、ニュージーランド一般的なカフェで楽しむことができます。ニュージーランドのカフェは、ランチやディナーを提供してることが一般的。朝早くから営業していることもあるので、人気のカフェに朝ごはんも兼ねて足を運ぶと良いでしょう。ニュージーランドでは定番の朝ごはんであるマフィンとフラットホワイトを味わえば気分はまさにKIWI(ニュージーランド人の愛称)!日本に帰った後も真似したくなることでしょう。インスタントではなく本格的なフラットホワイトを作ってみたいという人は、まず泡がしっかりしたエスプレッソに、キメの細かいスティームミルクをスプーンなどで入れていきます。フラットホワイトという名前の通り、表面が平らになるように注いでいけば完成です。何度かチャレンジしてみましょう。

ニュージーランドワイン

ニュージーランドワインは、ワイン好きなら知らない人はいないほどの世界的にも有名なワインの1つ。ワインの産地も多く、マールボロやホークスベイ、オタゴがよく知られています。ニュージーランドを周遊する予定の人は、ワインの産地に行ってワイナリーなどで購入することもおすすめです。日本でニュージーランドワインを購入するよりもぐっと安く手に入れることができるでしょう。スーパーでは8ニュージーランドドル程度から販売されていますが、お土産用の美味しいワインを探したいという場合にはあまり安すぎるワインは日本人の口に合わない可能性があります。ニュージーランドのお土産として人にあげる予定の人は、ある程度の値段のワインをゲットしておいた方が無難。銘柄が分からないという人は、ニュージーランドらしいキウイワインがおすすめです。甘くさっぱりした味わいは女性にも○。

ニュージーランドのレストランで食事をする機会がある人は、ニュージーランドワインをオーダーしてみて気に入った銘柄を押さえておきましょう。奮発しても良いワインが買いたいという人は、専門店などに足を運んでみることも良いですね。白ワインであれば「ソーヴィニヨンブラン」が有名です。ソーヴィニヨンブランは、滑らかな味わいと花の香りがするニュージーランドではメジャーな存在。白ワインをお土産にしたいけど、銘柄を選んでいる時間が無いという人は参考にしてみて下さい。ニュージーランドのワインは、輸出することを目的に保存料が入っているものもあります。とても長持ちするので、お土産として安心して手渡すことが可能な点も魅力的。今勢いに乗っているニュージーランドワインを日本でも存分に楽しみましょう。

パブロワ・ミックス

パブロワ・ミックスは、ニュージーランドの国民的スイーツ「パブロワ」を簡単に作ることができるミックスのこと。パブロワとは、甘味たっぷりのメレンゲを焼き、ホイップクリームやフルーツでで飾り付けた焼き菓子のこと。バリエーションも豊かでお店や家庭によってさまざまなアレンジがあります。ニュージーランドでパブロワを食べて美味しいと感じたら手軽に自宅で作ることができるパブロワ・ミックスを購入してみましょう。パブロワ・ミックスで作ったオリジナルのパブロワに、ニュージーランド産のキウイやブルーベリージャムなどを付けてみても良いですね。甘いものが大好きという人を自宅に真似ていて、手作りのパブロワと一緒にニュージーランドのお土産話を語り合ってみてはいかがでしょうか。ニュージーランドの食文化を伝える良いチャンスです。

美味しいパブロワを作るコツは、美味しいパブロワをたくさん食べることです。ニュージーランドでは、さまざまなレストランなどで提供されているので美味しいと評判のお店を複数回ってどんなアレンジをされているのかに注目しながら味わってみましょう。特におすすめのお店は、ワイナリーレストラン「Pegasus Bay」。クライストチャーチから車で1時間程度で行くことができるので、美味しいワインと主にパブロワを味わってみましょう。人気のお店なので、レストランは予約しておいた方が無難。パブロワは、ニュージーランドではパブ(Pav)と略されて呼ばれることもあります。パブロワの名前の由来は、ロシアのアンナ・パブロワといバレリーナ―がニュージーランド公演を行った際に作られたお菓子がベースになっているからなのだとか。

ゴールドキウイフルーツ

ゴールドキウイフルーツは、ニュージーランドを語る際に忘れてはいけない定番フルーツ。日本のリンゴのような感覚で、ニュージーランド中の人から愛されています。日本で購入するよりもぐっとお得にゲットすることが可能!冬がシーズンなので、最安値で購入したいという人はスーパーの売り場で値段をチェックしてみましょう。お土産として購入する場合には、やや硬めのゴールドキウイフルーツをあえて選んでみると良いですね。ニュージーランド以外の国に立ち寄らずそのまま日本に帰る場合には、申請し植物検疫所に立ち寄ると日本に持ち込むことができます。簡単なチェックを受けただけという口コミもあったので、思い切ってゴールドキウイフルーツをばらまき用のニュージーランドのお土産にしてみましょう。意外にニュージーランドらしさを一番感じるお土産になるかもしれません。

申請したりするのが面倒だと感じる人は、ゴールドキウイフルーツが加工されたチョコレートやジャムになったものを選ぶと良いですね。また、ニュージーランドのスーパーやお土産店などではゴールドキウイフルーツの絵が描かれた雑貨なども多数販売されています。ゴールドキウイフルーツが美味しくて思い出をいつまでも残しておきたいという人は、ゴールドキウイフルーツが描かれたキッチンタオルセットなどもおすすめです。ゴールドキウイフルーツがニュージーランドに伝わってきたのは、20世紀のはじめごろといわれています。品質改良なども盛んに行われているゴールドキウイフルーツは、さらに美味しくなる可能性大。ゴールドキウイフルーツがまだ硬いと思ったら、リンゴやバナナと一緒にしておくと程よく熟成してくれます。

アボカドオイル

アボカドオイルは、健康志向の人に人気のニュージーランドのお土産です。食べても良し、肌の手入れをしても良しというアボカドオイルは、女性に持って帰ると喜ばれることでしょう。アボカドオイルには、オレイン酸というコレステロールを減らしてくれる成分やビタミンEがたっぷり。ニュージーランドで栽培されたアボカドをコールドプレスすることによって作られているものが多いです。森のバターというアボガドを手軽に摂取できるとあって重宝すること間違いなし。選ぶ際には、アボカド100%のものやなるべく保存料などが入っていない物を選ぶようにしましょう。おすすめはGrove社のアボカドオイル。ニュージーランドでのシャアは、80パーセントという会社です。スーパーでも取扱されていることが多いので、どれがいいか迷ったらGroveという文字を探してみましょう。

Grove社のアボカドオイルは、ニュージーランドでもフルーツ・ボールと呼ばれるほど気候がフルーツ栽培に適しているベイ・オブ・プランティ地区で作られています。近くを観光する予定の人は、一度足を運んでみましょう。ベイ・オブ・プランティ地区の温暖な気候はずっとここにいたいという気持ちにさせてくれるでしょう。さらにGrove社のアボカドオイルは、すべての作業を一貫して行っていて品質管理システムも充実しています。安心してお土産として手渡すことができるでしょう。アボカドオイルの使い方は、無限大です。サラダかけたり、パスタに絡めたり一つあると大活躍してくれること間違いなし。味噌汁に入れて隠し味にすると美味しいという口コミもあるアボカドオイル!自分なりの楽しみ方を見つけて、お土産として手渡す際に紹介してみることもおすすめです。

トワイニングのニュージーランド限定紅茶

コーヒーより紅茶派という人におすすめなニュージーランドのお土産が、有名なトワイニング社が販売しているニュージーランド限定紅茶です。種類は、ニュージーランドブレックファーストとニュージーランド・アールグレイ。カフェではコーヒーを飲むけれど、自宅では紅茶派という地元の人も多いのだとか。ニュージーランドブレックファーストのパッケージには、マウントクックとトゥイが描かれていてニュージーランドさも抜群!お手軽な値段でゲットできるので、ばらまき用のお土産としても重宝することでしょう。ニュージーランド・アールグレイの方は、オレンジピールのオレンジがピックアップされているパッケージでとてもキュート。紅茶を購入すると、ニュージーランド国内で救急サービスを行うSt. Johnに5セント寄付する仕組みになっています。

保守的な人が多いニュージーランドですが、ニュージーランドでコンテストで優勝した経歴も持つニュージーランドブレックファーストは地元の人からも大人気。肝心の味ですが、癖が無い味で万人受けすること間違いなし。ミルクティーとして飲んだり、マヌカハニーを入れてみるアレンジも美味しいと評判です。無難なお土産を渡しておきたい上司や同僚、友人などへのお土産に最適。軽いので、帰りのスーツケースの重量が気になるという人にもおすすめできます。ニュージーランドのスーパーマーケットでは、トワイニング以外にもたくさんのメーカーから紅茶が販売されているので、パッケージが気になったものを爆買いしてみることもおすすめ。フレーバーティーなども日本にはない味も取り扱いされている場合があるので、要チェックです。

キヌア

キヌアは、スーパーフードとして全世界から注目を集めるオーガニックフード。南米産の食べ物ですが、ニュージーランドでも受け入れられて入れいてスーパーなどでも手軽に購入することが可能です。日本でもテレビ番組で取り上げられて注目度が集まってきているので、健康志向の人へのニュージーランドのお土産にいかがでしょうか。サラダやスープ、リゾットに混ぜたりと使い方のバリエーションは豊富。鍋にキヌアとキヌアの倍の量の水を投入し、沸騰後弱火で15分程度煮込めば食べることができる気軽さも人気の秘密。プチプチした食感がたまらないとクセになる人も続出しています。一人暮らしをしている人や健康になってほしい人へのお土産にいかがでしょうか。プレーン味だけでなく、フレーバーが付いたタイプもニュージーランドでは販売されています。

キヌアはエネルギー量は少ないのに、白米、玄米よりもはるかに多い栄養素を含みます。ダイエット中で炭水化物の量を減らしているという人へお土産にしてみてみも良いでしょう。海外セレブのグウィネス・パルトローやミランダ・カーなどが食べていることでも有名。ニュージーランドに行って初めてキヌアを知り、ハマってしまったという人も多いです。日本で購入するよりも安くゲットできるので、普段からキヌアを食べているひとはニュージーランドのスーパーマーケットで爆買いしてみても良いでしょう。バリエーションも豊富で、ニュージーランドの人がいかに健康志向かということも感じられるはず。さらにキヌアは、NASAの研究者も宇宙食として推奨されています。宇宙に思いを馳せつつ、キウイフルーツと共にキヌアを食べてみましょう。

マーマイト&ベジマイト

ニュージーランドを代表する発酵食品と言えば、マーマイト&ベジマイト!バターやマーガリンと一緒にトースターに塗って食べることが一般的です。味に特徴があるので、好き嫌いが分かれまずがハマってしまう人は大好きになってしまうこと間違いなしの食品です。イギリスからニュージーランドに伝わった食べ物で、ビール酵母をベースに作られています。納豆好きやビール酵母の匂いが好きな人に一度お試しとして小さなサイズのマーマイトやベジマイトを購入してみても良いでしょう。マーマイトとベジマイトに大きな違いはありません。イギリスでもともと誕生していたマーマイトと後にオーストラリアで製造されるようになったベジマイトは、成分などもほとんど一緒です。マーマイトの方はやや甘いという声もあるので、食べ比べてみてはいかがでしょうか。

マーマイトとベジマイトは、ベジタリアンの人からも高く支持されています。ベジタリアンを公言する人へのお土産にも最適です。ただし苦手な人も多いので、マーマイトやベジマイトをニュージーランドのお土産にする際には注意が必要です。食べ始めは見た目、匂い、味に抵抗感を感じる場合も。慣れてくると無いと物足りなく感じる人もいます。地元の人におすすめの食べ方を聞いてみても良いでしょう。ニュージーランドでは、パンにマーマイト、パケットポテトチップを組み合わせた「マーマイトとクリスプサンドウィッチ」が大人気。一度勇気を出して食べてみれば、マーマイトとベジマイトの美味しさに気が付くかもしれません。直接食べることは難しいと感じる人は、カレー、ビーフシチューの隠し味として使うこともおすすめです。ビタミンBたっぷりのマーマイトとベジマイトを楽しみましょう。

エコストア

ニュージーランドでは、自然由来のソープなどが大人気。数あるニュージーランドのメーカーの中でも最も支持されているのが、エコストアです。1993年に環境保護活動を盛んに行っているマルコム・ランズさん夫妻が、自宅の地下で自然のものだけを使って作った洗剤やスキンケア用品を開発したことが誕生のきっかけ。当初は、メールでの注文することができたアイテムでしたが、広く人々に使ってほしいという思いからスーパーなどでも気軽にゲットすることができるように!商品の種類も豊富で、シンプルながらどこかエレガントな雰囲気がするパッケージもおすすめポイントです。エコストアは、環境問題について何か行動したいと感じている人やシンプルな生活を送りたいと考えている人へのニュージーランドのお土産にぴったりと言えるでしょう。

エコストアでは、外容器にもサトウキビ由来の材料を使うなど細かな点にもこだわりがあります。成分も公開されている商品が大半なので、小さな子どもがいる家庭へのお土産にしても良いでしょう。動物実験や遺伝子を組み替えた材料は使われていません。安心できるお土産を探している人にもエコストアのアイテムをおすすめします。匂いが無いアイテムもありますが、ほのかで優しい自然由来の香りがするアイテムも大人気!洗濯用液体洗剤やハンドウォッシュなどは、お母さんへの特別なお土産としても重宝しそうです。グレープフルーツ&ミントの匂いがするソープも大人気。手を洗う度にニュージーランドの楽しかった思い出が頭に浮かんでくるかもしれません。ほかのメーカーよりはややお高めですが、自分用のお土産として重宝することでしょう。

カウントダウン オークランドシティ店(Countdown Auckland City)
住所:
76 Quay Street Auckland City
営業時間:
00:00~00:00
電話番号:
+64 9-373 5017
アクセス:
バスターミナルQuay St near Tangihua Stから徒歩1分
営業時間:
アルコール7:00〜23:00

オールブラックス関連商品

オールブラックスは、ニュージーランドだけでなく世界中にファンがいるラグビーニュージーランド代表です。ラグビーワールドカップでは3度も優勝するなど驚異的な強さを見せつけているチームで、ワールドラグビーランキングでは世界1位の常連チームでもあります。オールブラックスの魅力は強さだけではなく、試合の前に行われる圧巻のパフォーマンス。ニュージーランドにもともと住んでいたマオリの人々に昔から伝わる舞踊「ハカ」を屈強な選手たちがパフォーマンスします。もし機会があれば、ニュージーランドでオールブラックスの試合を見てみましょう。ブラックを基調したアイテムが多いので、オールブラックスを知らないという人にもお洒落なジム着としてプレゼントすることもおすすめです。

定番のニュージーランドのお土産は、Tシャツや文房具などほかにもオールブラックスの応援旗やショットグラス、靴下など幅広いジャンルのオールブラックス関連商品が展開されています。赤ちゃんのベビー用スタイなどもあるので、出産祝いも兼ねたお土産にもぴったり。関連商品を選ぶ際には、公式オールブラックス商品を探すと良いでしょう。おすすめのお店は、ニュージーランド国内でラグビージャージーを専門に取り扱っていることでも有名なチャンピオンズ・オブ・ザ・ワールド。品揃えも他を圧倒してるので、オールブラックス関連商品が欲しいけれど具体的に何が買いたいか決まっていないという人にもぴったりです。有名ホテルなどにチャンピオンズ・オブ・ザ・ワールドの割引クーポンが置かれている場合があるので、お得に購入したい人は要チェック。

チャンピオンズ・オブ・ザ・ワールド(Champions Of The World)
住所:
8 George St, Dunedin, 9016 ニュージーランド
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
+64 3-477 7852
アクセス:
バスターミナルGeorge St, 19 (Stand Eight)から徒歩1分
営業時間:
土曜日 、日曜日:10:00~17:00

プラセンタ基礎化粧品

自分用や女性向けの特別なニュージーランドのお土産を探している人は、プラセンタ基礎化粧品をニュージーランドで探してみましょう。プラセンタ基礎化粧品は、羊の胎盤から抽出されているものも展開されています。羊由来のプラセンタは、タンパク質たっぷり。栄養価も優れていると言われています。羊のプラセンタで肌のケアをすれば、毎日ニュージーランドを感じられることでしょう。美白効果に優れているといわれているアイテムが多く、ニュージーランド産は品質の高さでも有名!誕生日や結婚記念日など彼女や奥様へのお土産選びに迷ったら、高級プラセンタ基礎化粧品を日本に持ち帰れば喜ばれること間違いなしでしょう。お値段はさまざまですが、ある程度の値段のプラセンタ基礎化粧品を購入しておいた方が安心です。

海外製の化粧品の美白成分が肌に合うか心配という人は、OKギフトショップで取り扱われているプレミアム基礎化粧品がおすすめです。美白有効成分に日本の厚生労働省も認めている成分が、使われているアイテムが取り扱われていいます。OKギフトショップは、オークランドとクイーンズタウンにお店があります。著名な大橋巨泉さんが世界に展開しているお土産屋さんなので、日本語が通じるスタッフが多いところも魅力的。初めてニュージーランドに旅行にきてどのお土産が良いか分からないという人や日本的なきめ細やかなサービスを受けたいという人にもぴったりです。ニュージーランド定番のお土産だけでなく、オリジナル商品も数多く展開されているところもおすすめポイント。時間がある人は、どちらかのお店に足を運んでみましょう。

OKギフトショップ(OK Gift Shop)
住所:
131 Quay Street, AUCKLAND, NEW ZEALAND
営業時間:
09:00~22:00
電話番号:
09-303-1951
アクセス:
BRITOMART駅から徒歩 2分
営業時間:
冬季10:00-22:00

まとめ

自然豊かなニュージーランドには、健康や美容関連のお土産がたくさんあります。ぜひ実際に手にとってみて購入するかどうか決めてみてください。ニュージーランドは比較的治安が良い国として知られています。しかし夜遅くまで営業しているお土産屋さんやスーパーはあるからといって、あまり人気の無い場所を一人で歩くことは危険です。基本的にクレジットカードが普及しているニュージーランドでは、高額な紙幣を持ち歩いている人の方が少ない場合も。カフェなどでもクレジットカードが使える場所も多いので、心配な人は現金は必要最低限だけを財布に入れておくと良いでしょう。チップの必要は基本的に要らないところもニュージーランドの魅力の1つ。お店なのでチップの計算に頭を使わなくてよい分、お土産選びに集中しましょう。

さとひろろ

鉄道好きの夫と全国を鉄道で飛び回っています。娘と息子を鉄子にするか悩んでいる今日この頃。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ニュージーランドで発見!お土産に最適プチプラコスメ!

    ニュージーランドと言えば、とても自然が豊かな国です。コスメも自然の恵みがいっぱいの、植物成分が入ったナチュラルなコスメが揃っています。ほんの少しですがご紹介。

  • みんなに喜ばれる♪プレゼントに最適なニュージーランドの雑貨...

    旅行先でいっぱいあるお土産を見て何を買えばいいか迷いますよね?特に海外の雑貨は、意味も分からず買ってしまうとプレゼントしたときに説明できなくて失敗した…なんてこともありがち。今回はニュージーランドで人気の雑貨土産をいくつかピックアップしたので、旅行前の参考にしてみて下さい♪

  • オークランドの人気お土産を買うならココ!ニュージーランド...

    ニュージーランドといえば、自然がいっぱいあってのどかな国ですよね。また、島国で、ノースアイランドは商業や経済の中心地、サウスアイランドは観光や保養地として人気があります。今回は、ノースアイランドにある人気都市オークランドへ行ったら、ぜひ立ち寄っていただきたいお土産ショップを紹介しましょう。

  • 食材の宝庫ニュージーランドで食べたい!名物料理7選

    四方を海に囲まれ世界有数の牧畜国であるニュージーランド。シーフードからお肉まで美味しいものがた~~くさんあるんです!そんな日本では食べられない新鮮な食材をぜひ食べて堪能してみてください。

  • ニュージーランド観光で野生動物を見たい!有名アニマルをご...

    ニュージーランドといえば草原にいっぱいいる羊・・・と思いがちですが、羊だけではありません。 海に住む動物や爬虫類だっていますよ!そんなニュージーランドでしか見れない野生動物たちを5つ紹介します。 旅行される際には、ぜひ立ち寄ってみてください。きっと良い思い出になるに間違いありませんよ。

  • ニュージーランドで本格マオリショー!伝統文化に触れるおす...

    先住民族であるマオリの文化に触れられるショーがあり、踊りが見られます。勝利を祈願するためのハカという踊りなので相手を威嚇する姿などがありとても迫力があります。ニュージーランド独特の文化を一番身近に感じられるものかもしれません。

このエリアの新着記事
  • オークランドの人気お土産を買うならココ!ニュージーランド...

    ニュージーランドといえば、自然がいっぱいあってのどかな国ですよね。また、島国で、ノースアイランドは商業や経済の中心地、サウスアイランドは観光や保養地として人気があります。今回は、ノースアイランドにある人気都市オークランドへ行ったら、ぜひ立ち寄っていただきたいお土産ショップを紹介しましょう。

  • タウポのお土産はこれ!ニュージーランドならではのお土産を...

    ニュージーランドの北にある島の町、タウポは豊かな自然に囲まれているため、アウトドアスポーツが盛んです。また、タウポ湖、トンガリロ国立公園、クレーター・オブ・ザ・ムーンなどさまざまな観光名所があります。今回は、そんなタウポで人気のお土産を紹介しましょう。

  • ルートバーン・トラックのハイキングコースおすすめスポット...

    ニュージーランドの数あるハイキング・コースの中で、特に風光明媚で人気の高いルートバーン・トラック。ここは世界自然遺産のフィヨルドランド国立公園とマウントアスパイアリング国立公園とを結ぶルートで、フィヨルドが創りだした地形に美しい滝や湖が楽しめます。今回はこのルートバーン・トラックを1日でまわるコースをご紹介します。

  • ニュージーランドのアーサーズ・パス国立公園を観光しよう!...

    ニュージーランド南島のサザンアルプスにかつては人を近づけなかった2,000mを越える山々と氷河によってけずられた深い谷が多い峠の地アーサーズ・パスがあります。そこを中心とするアーサーズ・パス国立公園は、道と鉄道が切り開かれた現在においては、クライストチャーチからも容易に行くことができて人気のスポットとなっています。今回はアーサーズ・パス国立公園で壮大な自然を楽しむ方法をご紹介します。

  • オークランドでおすすめの観光スポット&人気ツアー10選

    ニュージーランド最大の都市、オークランド。その周辺は都会でありながら自然も多く、さまざまなアクティビティやバードウォッチング、トレッキングが楽しめるんですよ!今回は、そんなオークランド周辺で、ニュージーランドが初めてでも思い切り楽しめるツアーをご紹介します。

  • マオリの文化を知る!おすすめスポット in ニュージーランド

    みなさん、マオリ族について知っていますか?イギリス人たちが植民地化する前からニュージーランドに昔から住む先住民族です。現在でも、彼らは独自文化や風習を持ちながら、暮らしています。今回は、そんなマオリ族と彼らの暮らしが学べるスポットを紹介しましょう。

  • オークランドでNZビーフを味わうならこのお店!おすすめレ...

    日本人に人気の観光地、ニュージーランド。人の数より羊の数の方が多いと言われているこの国では、羊以外にもたくさんの牛が放牧されています。今回は、そんなニュージーランドの人気都市オークランドエリアにある、美味しいNZビーフのお店を紹介しましょう。

  • ヨットの街オークランドでクルーズとセイリング体験!inニュ...

    ヨットの街と呼ばれる、ニュージーランドの人気都市オークランド。町の大半が海に面しているため、クルーズやヨットなど、様々なマリンアクティビティーが盛んです。今回は、そんなオークランドで体験できる、人気クルーズとセイリングツアーについて紹介しましょう。

  • ニュージーランドの人気観光名所15選!絶対に行きたいおすす...

    その自然を一目見ようと、世界中から観光客が訪れるニュージーランド。この記事では、ウェリントン(Wellington)、クイーンズタウン(Queenstown)、オークランド(Auckland)を中心に人気の観光スポットをまとめました。

  • ロード・オブ・ザ・リングのホビット村を訪問!「ホビトンム...

    北島、南島からなるニュージーランド。そんなニュージーランド北島の観光名所、ハミルトン・ワイカトは美しい自然に恵まれたおすすめのエリアです。中でも映画ファンに注目されているホビット村をご紹介します!

このエリアの人気記事