悪魔のタワーに虹色の川!?南米「コロンビア」の絶景観光スポット5選

5,139

views

1

まだまだ治安が悪いイメージの強い南米コロンビア。しかし、ここ近年は観光に力を入れているため、治安もどんどん良好な状態へと変わってきています。日本からは遠くアクセスしづらいのでまだまだ観光地として名を挙げていませんが 、素敵な観光地や大自然がいっぱい!!

治安も回復され旅をしやすくなった「コロンビア共和国」

コロンビアと言えば治安が悪く危険と言うイメージをお持ちではないですか?
近年回復傾向にあり手つかずの自然と美しい町並みに観光客が続々増えています。
知られざるコロンビアの魅力を紐解いてみましょう!

多くの文化が集まる首都「ボゴタ」

標高2,640mに位置するコロンビアの首都でスペイン植民地時代の面影をよく残す旧市街がとても美しいです。数多くの博物館や美術館があり様々な文化を学べることから「南米のアテネ」とも言われています。

まずは「ボリバール広場」へ行ってみましょう!
南アメリカ解放の父と言われている「シモン・ボリバル」の銅像が美しい広場の中心にあります。

南アメリカはブラジルと数カ国を除きスペインの植民地として長い事支配下におかれていました。
そんな中18世紀初めにスペインに立ち向かいコロンビア・ベネズエラ・エクアドル・ボリビア・ペルーを独立指導していったのがシモン・ボリバル。
コロンビアにとって重要人物を称える広場はとても綺麗です。

ボゴタで行きたいのが「黄金博物館」!
コロンビアは金山が多くありかつては金装飾が数多く作られていました。

残念ならがスペインが植民地として支配してから根こそぎ持って行かれてしまい残ったのは約1割程度ですが量や種類は豊富!
他国の黄金博物館と比べても見ごたえがかなりある内容になっています。

加えて行きたいのが「ボテロ美術館」です。
コロンビアの画家で彫刻家のフェルナンド・ボテロの作品が多数飾られています。

最もコロンビアらしい芸術家といわれている彼の作品は人間や動物を誇張したふくよかな体型で表現したものが多くなっています。
貨幣博物館と併せて無料なのでぜひ行って下さい!

色々ある教会の中でも「ヌエストラ・セニョール・デル・カルメン教会」の内装はとっても素敵!
散策してお気に入りの建物を見つけるのも良いですね。

ボゴタの北に約49㎞行ったところに「シパキラ」という街があます。
なんとそこには「塩の教会」が存在します。

太古の昔は海底で地殻変動により陸地になったシパキラは岩塩がたくさん採掘されています。
鉱山労働者が安全祈願のために作った岩塩教会は十字架も壁も天井も全て岩塩!
ミステリアスかつ神聖な空間があなたを待っています。

ボゴタ(Bogotá)
住所:
Bogota,Colombia
アクセス:
成田空港からアメリカ合衆国の空港を1~2箇所経由しボゴタ・エル・ドラード国際空港へ。
最短で約19時間。

悪魔のタワー!「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」

み!見てください!!この大きな岩を!!
なんとこちら高さ220mの一枚岩なんです!!!

コロンビア第二の都市メテジンの郊外グアタペにある巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」で別名「悪魔のタワー」とも呼ばれています。

階段は740段あり外観はまるで靴紐のよう!
のぼり終わった後岩の頂上から見える景色は何とも言えず素晴らしいです。

ここに来たら一緒に訪れておきたいのが「グアタペ」という街です。
なんと街全体がとってもカラフルにペインティングされてます!

思わずかわいい~!と叫んでしまいそう。
まるでメルヘンの世界に迷い込んだような気分になりますよ!!

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール(La Piedra Del Peñol)
住所:
Poblado, Guatape, Colombia
アクセス:
メテジンからバスで約2時間。

世界で一番美しい川「キャノ・クリスタレス」

車ではなかなか行くことができないような森の奥地、国立自然公園シエラ・デ・ラ・マカレナに全長100キロにおよぶキャノ・クリスタレス川が流れています。
通常は普通の川なのですが9月~11月の2週間のみ川が虹を飲み込んだような美しい色に変化するのです!!!

なぜこのような色合いになるかというと川床一面に広がる苔と藻です。

乾季になると水位が落ち太陽の熱によって水温が上昇し始めます。
その影響から毎年数週間だけ爆発的に赤やピンク色をした苔の花が咲き乱れるのです!

そこへ緑の藻や黄色の苔や川の青色が混ざり合いまるで川が虹色に彩られたかのように見えます。

あらゆる条件が揃わないと見ることが出来ないまさに幻の景色。
あなたの運にかけて行ってみてはいかがでしょうか?!

キャノ・クリスタレス(Caño Cristales)
住所:
Calle 5 7-35, La Macarena, Colombi
アクセス:
ラ・マカリーナ空港から車で約1時間半。
現地のツアーで申し込んでいくのが一般的。

コバルトブルーのカリブ海を楽しむ!「カルタヘナ」と島々

コロンビアの北はカリブ海に面しておりいくつかの島も所有しているのでビーチでのんびりしたりマリンアクティビティを楽しむ事もできちゃいます!
まずは国内きっての観光リゾート地「カルタヘナ」を紹介。

旧市街の街並みは色鮮やかな建物が立ち並び散歩していて飽きませんよ。
ちなみに「カルタヘナの港、要塞、歴史的建造物群」が世界遺産に登録されています。
夜はいたるところから音楽が聞こえ陽気な気分にさせてくれます。

カタルヘナの港から近くの島まで行くことができます。
コバルトブルーのカリブ海を楽しむならだんせん島がおすすめです。

カルタヘナからボートで1時間で行けるロサリオ島はサンゴ礁がとても綺麗!
さらにはロサリオ島からボートで1時間かけて行った先にバル島もあります。

プラヤ・ビアンカという美しい白砂のビーチが広がりクリアな海と共に非日常の時間を過ごすことが出来ます。

コロンビアの北西には隠れた美しい島でニカラグアに近い「サンアンドレス島」や「プロビデンシア島」、西の太平洋にはダイバーの憧れ「マルペロ島」など魅力あふれる島がたくさん!
お気に入りの島をぜひ見つけてみてください。

カルタヘナ(Cartagena)
住所:
Cartagena,Colombia
アクセス:
ラファエル・ヌニェス空港から車で約15分でカルタヘナ市街地着。

動植物の宝庫・アマゾン「レティシア」

なんとコロンビアではアマゾンでジャングルクルーズもできちゃいます!
その地が「レティシア」。ペルーとブラジルと国境を挟みます。

レティシアの町からボートでアマゾンを探検できるツアーがあるので申し込みましょう。
途中でボートを降りてジャングルの中を探検できます。
大きな蝶をはじめとする昆虫や様々な動植物、カラフルな鳥やワニに蛇まで観察出来ちゃいます。

そして目玉はかわいいピンクのイルカで通年見ることが出来ます。
一面広がる密林地帯で野生の偉大さを体感して下さい!!

レティシア(Leticia)
住所:
Leticia,Colombia
アクセス:
ボゴタより飛行機で約2時間で到着。

いかがでしたか?
コロンビアには手つかずの自然や素晴らしい文化がたくさん詰まっています!
日本からの経由地アメリカ合衆国の各空港からのアクセスも南米の中で良いです。
感動が待っています!!!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • コロンビア基本情報 【お金編】

    ここでは、南米のコロンビアを旅行する際に知っておきたいお金に関する情報についてまとめてみました。通貨、両替、チップ、物価など、コロンビアを訪れたときにはぜひ役に立ててください。

  • 南米コロンビア・イピアレスで世界一美しいラス・ラハス教会...

    コロンビアとエクアドルの国境に位置するイピアレス。この町には世界で一番美しいと言われるラス・ラハス教会があります。深い山の谷間に突然現れる、川床から100mの高さにそびえ立つその姿はただただ圧巻です。今回はそんな世界で一番美しいと言われるラス・ラハス教会の魅力を紹介します。

  • コロンビア基本情報 【気候・服装編】

    コロンビアは南米に位置する国。自然豊かな国で、観光名所も多くあります。そんなコロンビアの気候と訪れる際の服装について紹介しましょう。準備を整え、楽しい旅にしてくださいね!

  • コロンビア基本情報 【時差・空港編】

    南米に位置するコロンビアへは日本から直行便がなく、アメリカの都市を経由して行くのが一般的です。ここではコロンビアへの行き方や国際空港、時差などについて紹介しましょう。

  • コロンビア基本情報 【交通手段編】

    南米に位置するコロンビアは、都市間の移動は長距離バスか飛行機になります。ここではコロンビアの交通事情について紹介しましょう。バスやメトロなどを上手に利用して楽しい旅にしてください。

  • コロンビア基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    コロンビアは観光を目的とする90日間以内の滞在であればビザは必要ありません。しかし、入国の際には注意する事柄もあります。ここではコロンビアのビザや入国審査、通関、予防接種などについてまとめてみました。コロンビアを訪れる際の参考にしてください。

このエリアの新着記事
  • コロンビア基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    コロンビアは観光を目的とする90日間以内の滞在であればビザは必要ありません。しかし、入国の際には注意する事柄もあります。ここではコロンビアのビザや入国審査、通関、予防接種などについてまとめてみました。コロンビアを訪れる際の参考にしてください。

  • コロンビア基本情報 【お金編】

    ここでは、南米のコロンビアを旅行する際に知っておきたいお金に関する情報についてまとめてみました。通貨、両替、チップ、物価など、コロンビアを訪れたときにはぜひ役に立ててください。

  • コロンビア基本情報 【交通手段編】

    南米に位置するコロンビアは、都市間の移動は長距離バスか飛行機になります。ここではコロンビアの交通事情について紹介しましょう。バスやメトロなどを上手に利用して楽しい旅にしてください。

  • コロンビア基本情報 【時差・空港編】

    南米に位置するコロンビアへは日本から直行便がなく、アメリカの都市を経由して行くのが一般的です。ここではコロンビアへの行き方や国際空港、時差などについて紹介しましょう。

  • コロンビア基本情報 【気候・服装編】

    コロンビアは南米に位置する国。自然豊かな国で、観光名所も多くあります。そんなコロンビアの気候と訪れる際の服装について紹介しましょう。準備を整え、楽しい旅にしてくださいね!

  • コロンビア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    南米に位置するコロンビア。カーニバルやパレードなど華やかなお祭りが多く行われています。ここではコロンビアの祝日や祭日、主なお祭り、ビジネスアワーについて紹介しましょう。コロンビアを訪れる際の参考にしてください。

  • コロンビア基本情報 【治安・情勢編】

    南米に位置するコロンビア。手つかずの自然が残る魅力的な国です。でもコロンビアの治安は大丈夫でしょうか?ここではコロンビアの情勢や治安、訪れる際に気をつけたいことについてまとめてみました。

  • 南米コロンビア・イピアレスで世界一美しいラス・ラハス教会...

    コロンビアとエクアドルの国境に位置するイピアレス。この町には世界で一番美しいと言われるラス・ラハス教会があります。深い山の谷間に突然現れる、川床から100mの高さにそびえ立つその姿はただただ圧巻です。今回はそんな世界で一番美しいと言われるラス・ラハス教会の魅力を紹介します。

  • 世界一美しい川!コロンビアの観光スポット「キャノクリスタ...

    場所は南米・コロンビアの秘境。「キャノ・クリスタレス」という川は別名「世界一美しい川」と呼ばれ、その光景は一度目にしたら忘れることのできない美しさなんです!さらに、その美しさはある期間にしか見られないとか…!その全貌をお見せします。

  • コロンビア観光でおすすめの街はグアタペ!壁がカラフルで街...

    南米大陸の西に位置する国、コロンビア。こちらの「グアタペ」という街は、身悶えするほどかわいらしいカラフルなペンキで彩られたところなのです。日本では見られないカラフルさは見た瞬間ビックリすること間違いなし!そしてどこを切り取っても絵になる風景は、カメラのシャッターをとめどなくきってしまうことでしょう!ではさっそく、かわいすぎる街並みを写真とともにご覧ください♪