やさしい人と自然が出迎えてくれるフィンランドに癒される人続出!その魅力とは?!

2,607

views

0

「森と湖の国」と呼ばれている北欧・フィンランド。その名の通り豊かな自然に恵まれ、人々もほっこりあたたかな雰囲気です。夏には「白夜」、冬には「オーロラ」と魅力的な景色を楽しむことができ、都市部では洗練された北欧デザインによる建築、テキスタイル、雑貨など心くすぐるコンテンツが満載!一度訪れたら病みつきになっちゃうフィンランドのおススメスポットをご紹介します。

ロヴァニエミ(Rovaniemi)

サンタクロース村(Santa Claus Village)

サンタさんに会いたい!そんな希望を叶えてくれるのが、ここ、ロヴァニエミの「サンタクロース村」。ロヴァニエミは北極圏の南8kmのところにある、フィンランド・ラップランド最大の街です。とても寒い地域で、冬場はマイナス30℃にまで達する厳しい環境ですが、サンタさんと言えばクリスマス&雪景色!イメージぴったりのところです!

サンタクロース村では本物のサンタさんがオフィスでお仕事をしており、お客様をいつでも温かく出迎えてくれます。一緒に写真撮影も出来ちゃいますよ♪敷地内は木造家屋のあたたかな雰囲気で、レストランやお土産屋さんが併設されています。また、サンタクロースポストオフィスではサンタさんのメッセージがもらえるサンタメールも受けつけています!子供にとっても大人にとっても嬉しい夢のような場所ですね♪

冬のラップランドで人気の定番アクティビティと言えば「犬ぞり」「トナカイぞり」!可愛いハスキー犬やトナカイたちが引くソリに乗って真っ白な雪原を駆け抜けます。想像よりもスピードがあって楽しいですよ♪

サンタクロース村(Santa Claus Village)
住所:
Rovaniemi, Finland
営業時間:
9:00~18:00
定休日:
無休
入場料:
無料
アクセス:
ロヴァニエミ市から路線バスで15~30分
電話番号:
358 (0) 16 356 2096
※営業時間は季節により変動あり

サーリセルカ(Saariselka)

オーロラ鑑賞をするならサーリセルカに行きましょう!ラップランド地方最北の地にあり、オーロラ観測のリピーターも多く訪れるオーロラリゾート!日本ではお目にかかれないオーロラは一生に一度は見てみたい憧れの景色ですよね!

オーロラの見方はさまざま。オーロラ観測ツアーはバスでポイントまで連れて行ってくれます。雲の出具合などをコンダクターが逐一チェックし、もしポイントが見えにくければ、雲の少ない別のポイントへ移動してくれて、なるべく観測できる可能性を広げてくれますよ。
また、天井がドーム型になっていてあたたかいベッドに寝っ転がりながらオーロラを見られる、なんて素敵な造りをしたホテルもあります。

サーリセルカ(Saariselka)
住所:
Saariselka,Finland
アクセス:
イヴァロ空港よりバスで30分

ナーンタリ(Naantali)

ムーミン・ワールド(Muumimaailma)

フィンランドと言えばムーミンが有名ですよね!フィンランド国内でも子供から大人までみんなに愛されています。そんなムーミンの世界を再現したテーマパーク「ムーミンワールド」がナーンタリという海辺の街に毎年期間限定で開園しています。開園期間は毎年6月上旬から8月下旬にかけてと、2月半ばに1週間だけ!それ以外の期間、ムーミンたちは冬眠中なのです…。
ゆるーい感じの雰囲気がたまらなく可愛い…♪

そして、ムーミンに登場するキャラクター「自由と孤独と音楽を愛する放浪の吟遊詩人スナフキン」の実写版がイケメン!と話題に!女子はこちらの意味でも必見です!

ムーミンワールド(Muumimaailma)
住所:
Tuulensuunkatu 14, 21100, Naantali
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
開園期間中は無休
入園料:
1日券25ユーロ、2日券35ユーロ(3歳以下無料)
アクセス:
トゥルク駅からタクシーで約20分
電話番号:
+358 2 511 1111

ヘルシンキ(Helsinki)

アラビア ファクトリー(Arabia Factory)

北欧食器好きは外せないスポットがこちら、Arabia社商品の工場。ここではデザイナーがアトリエをかまえ、年中無休で巨大窯を稼働させています。一般客が入れるのはアウトレット店とカフェ、そして博物館のみ。事前予約をすれば工場内の見学も可能です。

アウトレット店ではArabia社のほか、ガラスブランドのIittala社、刃物や庭道具のFiskars社、テキスタイルブランドのFinlayson社などフィンランドを代表する有名ブランドのアウトレット品や掘り出し物がリーズナブルに手に入ります。食器類は、日本への発送も出来ますよ。

アラビア ファクトリー(Arabia Factory)
住所:
Hämeentie 135 A, 00560 Helsinki
営業時間:
10:00~20:00
定休日:
フィンランドの祝日は営業時間短縮、または休業
入場料:
無料
アクセス:
トラム6,8番「Arabian katu」下車すぐ
電話番号:
+358 2 0439 3507

テンペリアウキオ教会(Temppeliaukionkirkko)

外から見るとなんの変哲もないドーム型の建物が…

実は岩盤をくり抜いた地下空間に埋もれる近代建築、テンペリアウキオ教会なんです!なんとオシャレで神秘的な教会なんでしょう…!夜になるとコンサート会場として使われることもあるそうです。

テンペリアウキオ教会(Temppeliaukionkirkko)
住所:
Lutherinkatu 3, 00100 Helsinki
営業時間:
10:00~17:00
休館日:
無休
入場:
無料
アクセス:
ヘルシンキ中央駅から北西方向に徒歩約20分、トラム2番「Sammonkatu」下車徒歩約5分
電話番号:
+358 9 2340 6320

エテラ港のマーケット広場(Eteläsataman kauppatori)

マーケット巡りはその国の特色を知ることのできる楽しさがありますよね。各国の船が行き交うエテラ港周辺はテント市場が並び、新鮮な海の幸、森の幸、素敵な民芸品、手作り小物、日用品まで実に様々な品揃えで賑わっています。

美味しそうなベリーなどをテイクアウトして食べ歩きなんかもおススメです!そのほかにも出来立ての料理を気軽に食べられるカフェや屋台も多く揃っているので青空の下でランチを楽しんでみてください♪

エテラ港のマーケット広場(Eteläsataman kauppatori)
住所:
Eteläsatama, 00170 Helsinki
営業時間:
8:00~16:00
定休日:
日曜日
アクセス:
ヘルシンキ中央駅から南東方向に徒歩約13分、トラム1A,2番「Kauppatori」下車すぐ

ヌークシオ国立公園(Nuuksio National Park)

フィンランドは「森と湖の国」。国土の70%が森林に覆われています。こうしたイメージ通りの景色はフィンランドの中東部に広がる湖水地方がメインですが、首都ヘルシンキから電車とバスを乗り継いで1時間ほどのところにあるヌークシオ国立公園は首都圏にありながら美しい森と湖を堪能できます。ここは、映画「かもめ食堂」のロケ地。映画の風景と変わらぬ、ゆったりのんびりした空気が感じられますよ。

ヌークシオ国立公園(Nuuksio National Park)
住所:
Haukkalammentie 30, 02820 Espoo
アクセス:
ヘルシンキ中央駅から近郊列車E,Sに乗りエスポー駅(Espoo)で降車(約25分)、駅前バス停(Espoon asema)から市バス85Aに乗りハウッカランメンティエ(Haukkalammentie)で降車(約25分)、バス停からハウッカランピ入口駐車場まで徒歩約30分
電話番号:
+358 400 163 6200(ビジターセンター)

いかがでしたか?ゆったり、のんびり、ほっこりがキーワードなフィンランド。冬は厳しい寒さに見舞われますが、その中で楽しみを見つけたり、過ごしやすさを工夫しているフィンランド人の世界に触れてみることで、癒され、心のゆとりが生まれることと思います。ぜひ足を運んでみてくださいね!

yuddy

国内外問わず旅行によく行きます。
旅、音楽、写真、グルメ、インテリアを好み
湘南エリアでゆるく生活中。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フィンランド・ヘルシンキで北欧雑貨ショップに行こう!オシ...

    日本で人気の北欧雑貨。特にフィンランドのヘルシンキにはマリメッコやヨハンナ・グリグセンなどの憧れブランドショップが集まっています。日本よりお手頃だったり、デザインが豊富だったり…。ぜひお気に入りの雑貨を手に入れてください。

  • フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケッ...

    「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランドで酔いしれたい!病みつきになるほどおいしいハ...

    フィンランドにはオリジナリティ豊かなお酒がありますが、北欧という土地柄、寒さをしのぐためにアルコール度数の高いハードリカーを飲むのが定番なんですよ!おみやげにもってこい、強いけれど一度飲んだら病みつきになること間違いなしのフィンランド産ハードリカー3選をご紹介します。

  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

  • 意外とビール好きの国フィンランド!飲み比べてみたいビール...

    日本ではあまりフィンランド産ビールを見かけませんが、実はフィンランドの人々はビールが大好き!国内で日常的に一番良く飲まれているお酒です。国産ビールの銘柄も数えきれないほどあります!今回は、そんなフィンランドの人々が愛してやまない、おすすめビール5銘柄をご紹介します!

このエリアの新着記事
  • フィンランド・ヘルシンキ雑貨ショップ4選!北欧アイテムをお...

    ヘルシンキはフィンランドの首都かつフィンランド最大の都市。日本でも注目されている北欧風デザインの発祥地としても有名です。人気の「マリメッコ」やガラスメーカー「イッタラ」、インテリアショップ「アルテック」などデザイン性の優れたショップが多く立ち並んでいるのが何よりの魅力。そんな北欧インテリアや雑貨がずらりとそろった、見るだけでも楽しめるヘルシンキの人気ショップをご紹介します。

  • フィンランド・イナリで過ごす白夜と大自然、おすすめの過ご...

    フィンランドと言えばオーロラ!それともムーミン?いやいや、白夜と大自然も中々のものですよ!今回はフィンランドでおすすめのオーロラ以外の楽しみ方を紹介したいと思います。

  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランド・ヘルシンキで北欧雑貨ショップに行こう!オシ...

    日本で人気の北欧雑貨。特にフィンランドのヘルシンキにはマリメッコやヨハンナ・グリグセンなどの憧れブランドショップが集まっています。日本よりお手頃だったり、デザインが豊富だったり…。ぜひお気に入りの雑貨を手に入れてください。

  • フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケッ...

    「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

  • フィンランド・ヘルシンキの観光名所14選!北欧の雰囲気をた...

    今回ご紹介するのはフィンランドの首都であるヘルシンキの観光名所!定番のスポットを中心に、教会やイベントホール、ショッピングに最適なストリートまで網羅してみました。おすすめの観光名所ばかりです。お気に入りの場所を見つけてくださいね♪

  • トゥルクの観光スポット5選!のんびりブラリ旅しよう

    アウラ川が町の中心を流れ、中世の雰囲気漂うトゥルク。そこは、スウェーデン統治時代から600年もの間、都のあった街。フィンランドなのにスウェーデンの香りがする独特の空気をもったトゥルクを のんびり、ぶらりと旅してみましょう!

  • フィンランド基本情報 【治安・情勢編】事前にチェックして...

    福祉国家として知られるフィンランド。日本ではムーミン、北欧デザインなどの人気もあって観光で訪れる人が増加。世界的に見ても治安が良く安全度の高い国ですが、渡航に際しては注意も必要です。フィンランドでの滞在を楽しいものにするために治安情勢について調べておきましょう。

  • フィンランド基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    北欧の小さな国フィンランド。近年の北欧インテリア人気もあり、人気の海外旅行先となっています。そんなフィンランドを訪れる際に参考にしたい、祝祭日の情報やビジネスアワーをまとめてみました。

このエリアの人気記事