フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケットにおまかせ!

36,192

views

0

「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

ヘルシンキでおすすめのお土産:①K スーパーマーケット(K-SUPERMARKET)

出典: www.kaleva.fi

青い四角に白いKの字がトレードマークで、ヘルシンキ市民には欠かせないスーパーの代表格。郊外の大型店から中心部にある小型店まで、いろんなタイプの店舗が揃っています。

喜ばれるヘルシンキのお土産の定番といえばスイーツ系。このスーパーには、北欧で広く食べられているお菓子の品揃えが充実してます。日持ちがするので、安心して多めに買うことも可能。箱を開けて個包装で配ることもできますね。

K スーパーマーケットを単なる食料雑貨店と思ってはいけません。なんと、ムーミンとのコラボ商品も販売しているのです! ムーミンショップで買いそびれたグッズがあるなら、自分用にここで買い足してもOK。中には日本では見られないアイテムも。ヘルシンキのお土産として買い込みたいなら、ムーミンのタオルやハンドタオルがお手頃でおすすめ。

フィンランドも日本に負けず劣らず、缶詰のバラエティが豊富な国。おなじみのツナや鶏肉はもちろん、なんとトナカイの肉の缶詰までも売られています! 日本で手に入れるのはなかなか難しいでしょう。「知り合いにヘルシンキのお土産としてあげるのはちょっと・・・・・・」とためらってしまう人は、まずご自身で味見をしてみるのもいいかも。柔らかい肉質で、とても上品な味。ほかの人に薦めたくなるくらい美味なのです。

ヘルシンキ市内のK スーパーマーケットの中で一番旅行者にとってアクセスが良く、店内も広々としていて品揃え豊富なのが、ヘルシンキの玄関口「ヘルシンキ中央駅」横のK-Supermarket Postitalo店です。駅から一旦外へは出るもののスグ目の前の為、空港や他の都市に行く前に立ち寄るにも便利ですよ。
ヘルシンキ市内の店は、日曜日は終日お休みのところがほとんどですが、こちらは日曜日も営業しているのでランチスポットなどに困った際はデリを購入して近くの公園で食べるのもよいでしょう。
Postitaloとはすぐ横にあるヘルシンキ中央郵便局に由来する名前。その名の通り上階とお隣には中央郵便局があり、こちらでもムーミンのポストカードなど、見逃せないヘルシンキのお土産の数々がゲットできます。

K スーパーマーケット(K-SUPERMARKET)
住所:
Helsinki, Finland
アクセス:
ヘルシンキ市内に点在
営業時間:
店舗により異なりますが、7:00~23:00が目安
定休日:
店舗により異なりますが、無休の店舗が多い

ヘルシンキでおすすめのお土産:②R キオスク(R-kioski)

青と黄色の看板と言えば、R キオスク。こちらは大型のスーパーマーケットというよりは、コンビニ型の小ぶりな店舗が主流。街角を歩いていれば、いたるところでカラフルな看板が目に飛び込んでくるでしょう。コンビニ系だからこそ、コンパクトにまとまっていて素早く買い物ができます。ヘルシンキのお土産だけじゃなく、旅行中に日用品が必要になった時にも便利なお店です。

R キオスクはとりわけお菓子や飲み物が充実しているお店。陳列棚には、いかにもおいしそうなお菓子類がずらりと並んでいます。日本でもよく見かける海外のお菓子メーカーの商品も売られているので、親しみが感じられるでしょう。

ヘルシンキのお土産としてお菓子を買うなら、やっぱりチョコレート。カール・ファッツエル(Karl Fazer)社の商品はフィンランド国民に広く愛されているチョコレートで、創業は1891年! フィンランドでは由緒あるメーカーなのです。青の包装が目印になっていて、見つけやすいデザインも印象的。味もビター、ミルク、ホワイト、ナッツと様々。荷物としてかさばらないので、たくさん買えるのも嬉しいですね。

出典: www.geek.com

ヘルシンキのお土産で、しかもお菓子とくれば、グミやクッキーも候補になります。アングリー・バード(Angry Bird)はフィンランド人が考案したゲームのキャラクター。ご存知の方も多くいるでしょう。そのキャラクターがパッケージになったお菓子は、R キオスクでも大人気の商品なのです。

R キオスクはヘルシンキヴァンダー空港をご利用の方は、現地に到着した直後から、帰国ギリギリまでお世話になるお店かもしれません。ペットボトルの水を買ったり、SIMカードや各種公共交通機関のチケットを買ったりすることも出来ます。コンビニ型ではありますが、100円未満の物でもクレジットカードを利用出来、特に空港店はヘルシンキのお土産や街歩きに最適な物を中心に揃えていて見逃せません。
空港から街中へ一気に行くことの出来る電車「リング・レイル・ライン」の終点駅であるヘルシンキ中央駅構内にも、もちろんR キオスクがあり、いずれもチケット・航空券等不要の自由通行エリアにございますので是非チェックしてみてくださいね。

R キオスク(R-kioski)
住所:
Helsinki, Finland
アクセス:
ヘルシンキ市内に点在
営業時間:
店舗により異なりますが、7:00~22:00が目安
定休日:
店舗により異なりますが、無休の店舗が多い

ヘルシンキでおすすめのお土産:③S マーケット(S-MARKET)

S マーケットもヘルシンキ市民の台所となるお店。生鮮食品から日用雑貨まで、取り扱う商品の幅広さは申し分なし。とくに、S マーケットはデリが評判で、総菜コーナーからはいい香りが漂ってきます。ヘルシンキのお土産購入ついでに、ちょっとしたサンドウィッチを買うことも可能。使い勝手のよいお店です。

フィンランドのフルーツと言えばブルーべリー。日本でも有名です。ならば、フィンランド産のブルーベリーが使われているジャムをヘルシンキのお土産にしてはいかがでしょうか。小ぶりの瓶なら荷物にもなりません。ぎゅっと味が濃縮されたジャムは、朝食のトーストにぴったりです。

フィンランド料理を食べて、「また食べたい!」と思った人には、粉末の味付け調味料が良いヘルシンキのお土産になります。旅行での思い出の味が、簡単に再現できるのです! これでは自分用の買い物ですが、きっとお土産としても喜ばれるはず。お土産代わりに、友達にフィンランド料理を作ってあげるのもひとつの手です。

予防歯科の先進国フィンランドは、キシリトール発祥の国。日本でもおなじみですね。ならば、キシリトールのキャンディーもヘルシンキのお土産になります。S マーケットのお菓子コーナーに行けば、ずらりとキャンディーが並んでいます。本場フィンランドのキシリトールを、日本のものと比べてみるのもおもしろいかも。

S マーケットとK スーパーマーケットを比べると、若干「S マーケットの方が安い」というフィンランド人が多いそうですが、旅行者が利用する分にはさほど違いは感じないことと思います。S マーケットもヘルシンキ中央駅横のソコスホテルおよびソコスデパートがある建物の地下1階にSokos Helsinki店がありますので、気軽に立ち寄ることが出来るでしょう。嬉しいことに24時間営業!フィンランドは物価が高く、ランチでも数千円あっという間に使ってしまうこともありますので、とっておきのお土産を購入するべく、食事代をできるだけ安く抑えたい方にもおすすめ。ヘルシンキ中央駅から別の都市に移動される方は、電車内のフードもお高めなので、こちらでサンドイッチなどを買って乗車するのもアリですよ!利便性が抜群なだけに、ヘルシンキのお土産を買うだけでなく、色々な使い方が出来るのが魅力です。

S マーケット(S-MARKET)
住所:
Helsinki, Finland
アクセス:
ヘルシンキ市内に点在
営業時間:
店舗により異なりますが、7:00~21:00が目安
定休日:
店舗により異なりますが、無休の店舗が多い

ヘルシンキでおすすめのお土産:④jumboショッピングセンター

Jumboショッピングセンター(Jumbo Shopping Centre)の「Junbo」はフィンランド語で「ユンボ」と発音します。ヘルシンキ・ヴァンダー空港の目と鼻の先にあるため帰国前のお買い物やトランジットで長い時間空港に滞在予定の方には見逃せないスポットですよ!
館内は日本のショッピングセンターのように清潔感たっぷりで開放的な雰囲気。雨や雪の日も空模様や温などをを気にせず楽しくショッピングを楽しむことが出来るでしょう。
先ほどご紹介したスーパーマーケット「K-MARKET」や、後程ご紹介予定の「プリスマ」も出店しているのでこちらも要チェックです。

こちらがJumboショッピングセンターの外観です。どことなく日本の大型ショッピングモールを彷彿とさせますね!4600台収容の巨大駐車場も完備しているのでこれからレンタカーでフィンランドを周遊する方にも長旅前の買い出しスポットとしておすすめです。
また空港からバスやタクシーなどでも簡単にアクセスすることが出来ます。バスで行く場合はヘルシンキ・ヴァンダー空港のターミナル2の到着口を出ると、目の前にバス乗り場がありますのでそちらをご利用ください。約10分でショッピングセンターまで行くことができ、写真にも写っているオレンジの「j」のマークが目的地への目印です。

ユンボショッピングセンター(Jumbo Shopping Centre)
住所:
Vantaanportinkatu 3, 01510 Vantaa
電話番号:
+358 9 77446068
営業時間:
9時~21時(日曜日は11時~18時)
定休日:
不定休
アクセス:
ヴァンダー空港から車で約10分

ヘルシンキでおすすめのお土産:⑤クーッケリ スーパーマーケット(KuuKKeli Supermarket)

フィンランドでサーリセルカに来た方には是非足を運んでいただきたいのがこちらのショッピングスポット「クーッケリ スーパーマーケット」です。
ところで皆様「サーリセルカ(SAARISELKA)」という街をご存知でしょうか!?サーリセルカはフィンランドのラップランド地方最北のリゾート地。日本から直行便は出ていない為、フィンランドの首都ヘルシンキから飛行機で約1.5時間。さらにバスに揺られること30分ほどかかる大変遠い場所なのですが、オーロラを見たい人には憧れの聖地で毎年多くの日本人が足を運びます。魅力はなんといってもオーロラの観測できる時間帯が他の地域に比べ早いこと!一般に深夜にならないと観られないことがほとんどのオーロラが、ここでは20時~23時頃に観測することが出来ます。

サーリセルカは街がコンパクトな点も大きな魅力のひとつです。万が一滞在中にオーロラが見られなかったとしても、ここに来れば素敵な思い出を持って帰ることが出来ますよ!様々な施設の中でもクーッケリ スーパーマーケットはサーリセルカならではのお土産がひとところに集まっているのでとっても便利です。
地元の人も利用するスーパーマーケットなので、まるで現地に住み始めたかのような気持ちにさせてくれるのも楽しいですね。是非日本で見たこともないような食材や雑貨類をお土産にしてみてはいかがでしょうか?フィンランドの極寒の地ならではの暮らしぶりを垣間見ることができるでしょう。

クーッケリ スーパーマーケット(KuuKKeli Supermarket)
住所:
Saariselantie 1, 99830 Saariselka
営業時間:
09:00~21:00
電話番号:
+358 44 363 972

ヘルシンキでおすすめのお土産:⑥カンッピショッピングセンター(Kampin Keskus)

Forumショッピングセンター(後程詳しくご紹介)とカンピ礼拝堂を挟んで隣同士にある大きな建物が「カンッピショッピングセンター(Kampin Keskus)」です。カンッピショッピングセンターはForumショッピングセンターに負けず劣らずの品揃え超充実のショッピングモールで、この2施設を巡ればヘルシンキでのお土産調達はばっちりでしょう。店内にはショップやレストランがたくさん!お店からお店へと移動する際にイチイチ外に出なくて良いので冬がとにかく寒いヘルシンキでは重宝しますよ!
さらに芯から温まりたい方には「ロバーツコーヒー(ROBERT'S COFFEE)」がオススメ。カンッピショッピングセンターの1階にあるコーヒーショップでフィンランドきっての人気チェーン店です。

こちらがカンッピショッピングセンターの中の様子です。地上6階、地下にもフロアが広がっており、大型パーキングエリアや公共交通機関の乗り場がございます。
先ほどご紹介したR キオスクもありますよ!広すぎて「どこに行ったらいいかわからない!」という方は1階にある「Asiakaspalvelupiste(カスタマーサービス)」に立ち寄ってみてください。フィンランド語だけでなく英語が出来る店員さんがいるので色々教えて下さいます。バラマキ土産購入にはR キオスク以外にドイツ系スーパーマーケットの「Lidl(リードル)」もオススメ。大型店を構えているのでフィンランド以外のヨーロッパの食品やお菓子類が気になる方は是非行ってみてください。

カンッピショッピングセンター(Kampin Keskus)
住所:
Urho Kekkosen katu 1, 00100 Helsinki
電話番号:
+358 40 5670939
営業時間:
月曜~金曜)9時~21時
土曜)9時~19時
日曜)12時~18時
定休日:
不定休
アクセス:
ヘルシンキ中央駅から徒歩5分

ヘルシンキでおすすめのお土産:⑦プリスマ(PRISMA)

プリズマはフィンランドのSグループ(後程詳しくご紹介)に所属するファミリー向けの大型チェーン系スーパーマーケットです。日本でいうとイトーヨーカドーやイオンのような雰囲気のお店で、明るく広い店内に並ぶ品々はどれもお買い求め安く、セール品も沢山あるので、宝探し気分でお土産を探すことが出来るでしょう。
メイン商材は食品類や日用品類ですが、その他にもアパレル用品・雑貨類なども豊富に取り揃えられています。プリズマは国内に何店舗かありますが、どのお店も大型駐車場を完備しており広大な敷地面積を誇るのでフィンランドに初めて行かれる方も迷わず辿りつけることと思います。

こちらが店内の様子です。プリズマは公式Instagramもあるのでお店の特徴や雰囲気を掴みたい方は是非チェックしてみてください。セール情報など思わぬお得情報をゲット出来る可能性も高まりますよ!
現在フィンランド国内に65店舗近くあるプリズマは、エストニア・ラトビア・リトアニア・ロシアにも進出を果たしました。ネットスーパーにも力を入れているので旅行前にホームページを覗けば、どのようなアイテムが買えるか事前に把握することも出来ます。写真に掲載した玩具類も良いですし、化粧品関係もオススメです。特にハンドやフェイスクリームは北欧の冬に打ち勝つ強力なアイテムが豊富に取り揃えられているので乾燥にお悩みの方は重宝することでしょう。

プリスマ(PRISMA)
住所:
Kantelettarentie 1 00420 Helsinki
電話番号:
+358 10 7668000
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
Gamlas 駅から徒歩10分

ヘルシンキでおすすめのお土産:⑧K-CITYMARKET(ケーシティマーケット)

K-Citymarketは最初にご紹介した「K スーパーマーケット(K-SUPERMARKET)」の大型バージョン。母体となる「Keskoグループ」は、ちょうど日本でいうところの「イオングループ」のような存在で、K-SUPERMARKETがミニストップ、K-Citymarketがイオンモールに近い存在です。
ということで店舗はいずれもヘルシンキの市街地から少し離れた場所にありますが、1日中いても飽きないほど店内は魅力に溢れています。現地に住み始めたかのような気分でゆっくりお買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか?レンタカーでフィンランドを周遊される方にも食料調達に持って来いのスポットです。

こちらは食品エリアの様子です。野菜・果物類はフィンランド国内で生産されたものもたくさん置いてありますが、周辺ヨーロッパ諸国から輸入されたものも多く、ポップを見ながら「どこから来た物だろう…」とチェックするだけでも楽しいですよ!また、日本であまり見かけないような野菜・果物があったり、逆に日本の定番食材があっと驚くほど高値で扱われていたりするのも興味深いところ。なんだか遠くに来たなぁと更に実感することでしょう。
お土産にはドライフルーツが軽くて日持ちするのでオススメ。単品でもよいですし、ナッツ類とミックスされたものもスナック菓子やおつまみにぴったりなので是非チェックしてみてください。

K-CITYMARKET(ケーシティマーケット)
住所:
Itämerenkatu 21, 00180 Helsinki
電話番号:
+358 10 5382800
営業時間:
9時~22時
定休日:
なし
アクセス:
Ruoholahti 駅から徒歩1分

ヘルシンキでおすすめのお土産:⑨シワ(SIWA)

SIWA(シワ)も「Keskoグループ」の展開するスーパーマーケットの一つで比較的コンパクトな点が旅行者にとって魅力です。狭い通路にどこまでも高く積み上げられた商品の数々は、どれも日本で見ないものばかりなので大興奮間違いないでしょう。
お目当てのものを探しに行く際は商品点数の多いK-CITYMARKETなどの大型店の方がオススメですが、旅行中にドリンクや軽食を買いたい時や、グミ・キャンディなど、とにかくバラマキ土産になるようなものが必要な場合はSIWAはとってもオススメです。大型店に比べてレジも混み合うことが無いので欲しいものだけササっと買うことが出来ます。

写真のように店内には日本のコンビニとそっくりなデリ系フードも充実しています。サンドイッチが600~700円近くするので日本から来たばかりの方はびっくりされるかもしれませんが、フィンランドはレストラン等で食べるとあっという間に数千円かかってしまうので、旅行中はSIWAで扱われているようなデリは非常に重宝しますよ!ツアーなどで巡る方はどうしても野菜類が不足しがちなのでサラダなどを買って体調を整えても良いかもしれません。他にもパンコーナーなどにはフィンランド名物シナモンロールやカレリアンパイ(カレリアンピーラッカ)なども置いてあり、いずれもサンドイッチ等よりさらにお手頃価格なのでオススメです。

シワ(SIWA)
住所:
Hameentie 42、00500 Helsinki
電話番号:
+358 20 7002025
営業時間:
7~24時
定休日:
なし
アクセス:
Sörnäinenから徒歩10分

ヘルシンキでおすすめのお土産:⑩オールドマーケットホール(Vanha Kauppahalli)

ヘルシンキで有名なマーケット(市場)といえばハカニエミ地区で1914年から続くハカニエミマーケットホール(Hakaniemen kauppahalli 後程詳しくご紹介します)とここ、オールド・マーケットホール(Vanha Kauppahalli)です。オールド・マーケットホールの創業はハカニエミマーケットホールよりさらにさかのぼること、約20年!1889年に開業したため、現在もヘルシンキっ子の中では親子3代、4代でご贔屓にする人も少なくありません。
上の写真をご覧ください。オールド・マーケットホールの建物はフィンランドの建築家グスタフ・ニューストロム(Gustaf Nyström)によって建設されました。ひと際目を引く建物は市場が休みの日でも見ておくべきく美しい佇まいです。

こちらがオールド・マーケットホールの中の様子です。この写真を見て「あれ!?」と思った方。…そう!オールド・マーケットホールはなんと2014年に一大リニューアルオープンを果たし、現代的でさらにカッコイイ建物へと生まれ変わったのです。
清潔感たっぷりの屋内は生鮮食品に興味がない方でも楽しめる一大娯楽施設となりました。ちょうど函館・横浜や神戸などにあるレンガ倉庫のような雰囲気で、カフェやレストランもたくさんありますよ!。場所もヘルシンキきっての観光スポット、ヘルシンキ大聖堂やエテラ港からすぐ。エテラ港にもカウパットリと呼ばれる素敵な青空市場があるので是非違いも楽しんでみてください。

オールドマーケットホール(Vanha Kauppahalli)
営業時間:
月曜~土曜8時~18時
定休日:
日曜日
アクセス:
ヘルシンキ中央駅より徒歩20分

ヘルシンキでおすすめのお土産:⑪Forumショッピングセンター(Kauppakeskus Forum)

Forum The Shopping Mallはフィンランドの日常がぎゅっと詰まったショッピングモールです。「フィンランドの人ってどんな暮らしをしているの!?」と興味津々のあなた!行かない手はないですよ!
広い店内には私たち日本人にもおなじみの「マクドナルド」などのファストフード店や、お隣スウェーデン発祥の人気アパレルブランド「H&M」など、数えきれないくらいのテナントショップが軒を連ねています。
フィンランドの冬はとにかく夜が長くて寒い!観光や街歩きで冷え切ってしまった身体もこんなショッピングモールでならぬくぬく温まりながらお土産選びを楽しめることでしょう。

こちらが店内の様子です。Forum The Shopping Mallは特にホリデーシーズンのクリスマスイルミネーションが見事であちこちに写真スポットが登場します。フィンランド語で「ショッピングモール」は「Kauppakeskus」。空港からタクシーなどで向かう場合は「Kauppakeskus Forum」の文字を運転手さんに見せてください。
一方ヘルシンキの玄関口「ヘルシンキ中央駅( Helsingin päärautatieasema)」から向かう貴方は徒歩でスグなので歩いて行くのがオススメです。
すぐ隣には有名観光地の「カンピ礼拝堂(Kampin kappeli)」があり、毎日無料で見学することが出来ます。是非セットで訪れてみてはいかがでしょうか?

Forumショッピングセンター(Kauppakeskus Forum)
住所:
Mannerheimintie 14–20, 00100 Helsinki
電話番号:
+358 9 56574523
営業時間:
月~金 10-21
土10-19
日12-18
定休日:
不定休
アクセス:
ヘルシンキ中央駅から徒歩5分

ヘルシンキでおすすめのお土産:⑫VALINTATALO

VALINTATALOは「ヴァリンタタロ」と読みます。K スーパーマーケットのようなコンビニ風の店内なのでバックパッカーの方なども気軽に立ち寄ることが出来ますよ!
上の写真のようなエメラルドグリーンの外観が目印で、店舗はまるで日本のコンビニエンスストアのようなコンパクトのものからスーパーマーケットに近い中規模のものまで様々です。
現在フィンランドのスーパーは「Sグループ」と「Keskoグループ」という2つが市場のほとんどをけん引しています。VALINTATALOはこの2つのうち「Keskoグループ」に属していて、先述のシワ(SIWA)などと同じグループです。

店内の様子はこんな感じです。個人商店や街の市場などと違ってVALINTATALOは自由に商品を手に取って品定め出来る点が気楽で嬉しいですね。
生鮮食品は特売品なども多いので、小腹が減った時に自分用に買ってホテルでつまむのも良いでしょう。フィンランドはレストランで食事をすると物価が高いため、ランチでも2000~3000円ほどかかってしまうこともザラです。お土産やショッピングにお金を使いたい方はVALINTATALOを上手に利用して、お手軽デリなどを楽しんでみてもよいかもしれません。なお、写真はチーズコーナー。フィンランドの人達はチーズが大好きで牛乳から作られたもの以外にもヤギのチーズやトナカイのチーズなど様々な種類があります。

ヴァリンタタロ(VALINTATALO)
営業時間:
7時~23時(店舗により異なる)
定休日:
なし(ただし日曜日は昼からの営業)

ヘルシンキでおすすめのお土産:⑬ハカニエミマーケットホール(Hakaniemen kauppahalli)

ハカニエミマーケットホール(Hakaniemen kauppahalli)は先述のオールド・マーケットホール(Vanha Kauppahalli)と並ぶヘルシンキきっての一大有名マーケットです。「ハカニエミ(Hakaniemen)」とはハカニエミマーケットホールのある地区の名称です。
オールド・マーケットホール(フィンランド語でヴァンハ・カウッパハッリ)の「ヴァンハ(Vanha)」は「古い」という意味なので、場所を訪ねる際は「ハカニエミ」と「ヴァンハ」のどちらに行きたいかしっかり伝えるようにしましょう。
余談ですが「カウパッハリ(Kauppahalli)」は「市場」という意味でこれだけ伝えるとフィンランド人はどこのマーケットに行きたいか理解してくれませんのでご注意を。是非ヴァンハとの違いをお楽しみください。

ハカニエミマーケットホール(Hakaniemen kauppahalli)
住所:
Hakqaniementorikatu 1, 00530 Helsinki
営業時間:
月~金)8時~20時
土曜)
定休日:
日曜
アクセス:
Hakaniemi駅前

ヘルシンキでおすすめのお土産:⑭ストックマン(Stockmann)

ヨーロピアンなこげ茶色の外観が素敵なストックマン(Stockmann) は、フィンランドやヘルシンキを訪れるほとんどの方が間違いなくお世話になるであろう、フィンランド最大の百貨店です。日本でいう三越や高島屋のような老舗店で、創業はなんと1862年に遡るそう。特にヘルシンキの中心地にある本店は1930年の創業以来多くの観光客を魅了し続けています。
地上6階、地下2階の広大な店内は、敷地面積なんと北ヨーロッパ最大の4万平方メートル!公式ホームページは日本語版も用意されているので海外旅行初心者の方や家族連れでお越しの方にも安心してお買い物を楽しめることと思います。

ストックマンは高級ブティックが一堂に会す百貨店としてガイドなどでは紹介されることも多いですが、写真のようなお土産として気軽に渡せるキャラクターアイテム等も充実しています。
旅の記念にとっておきのブランド物を買う予定の方も、フィンランド人の日常に溶け込んでいる定番アイテムを買う予定の方も、ストックマンに行けば一度に欲しいアイテムを品定め出来ますよ!特にフィンランド土産の定番ムーミンのグッズはヘルシンキ空港よりさらに充実のラインナップ。雑貨類は日本と値段はそこまで変わりませんが、見たこともないような可愛い絵柄のものやレアキャラのアイテムも沢山あるのでムーミンファンの聖地と言えるでしょう。

ストックマン(Stockmann)
住所:
Aleksanterinkatu 52, 00100 Helsinki
電話番号:
+358 9 1211
営業時間:
月~金)9~21時
土曜)9-19時
日曜)11-18時
定休日:
不定休
アクセス:
ヘルシンキ中央駅より徒歩5分

いかがでしたか? 日本と同じように、フィンランドでもスーパーマーケットやコンビニでは同じ商品を扱っています。気に入った商品があったら、どのお店でもかまわないので積極的に入って探してみましょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケッ...

    「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランドで酔いしれたい!病みつきになるほどおいしいハ...

    フィンランドにはオリジナリティ豊かなお酒がありますが、北欧という土地柄、寒さをしのぐためにアルコール度数の高いハードリカーを飲むのが定番なんですよ!おみやげにもってこい、強いけれど一度飲んだら病みつきになること間違いなしのフィンランド産ハードリカー3選をご紹介します。

  • 意外とビール好きの国フィンランド!飲み比べてみたいビール...

    日本ではあまりフィンランド産ビールを見かけませんが、実はフィンランドの人々はビールが大好き!国内で日常的に一番良く飲まれているお酒です。国産ビールの銘柄も数えきれないほどあります!今回は、そんなフィンランドの人々が愛してやまない、おすすめビール5銘柄をご紹介します!

  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

  • フィンランド・ヘルシンキの観光名所14選!北欧の雰囲気をた...

    今回ご紹介するのはフィンランドの首都であるヘルシンキの観光名所!定番のスポットを中心に、教会やイベントホール、ショッピングに最適なストリートまで網羅してみました。おすすめの観光名所ばかりです。お気に入りの場所を見つけてくださいね♪

このエリアの新着記事
  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランド・ヘルシンキで北欧雑貨ショップに行こう!オシ...

    日本で人気の北欧雑貨。特にフィンランドのヘルシンキにはマリメッコやヨハンナ・グリグセンなどの憧れブランドショップが集まっています。日本よりお手頃だったり、デザインが豊富だったり…。ぜひお気に入りの雑貨を手に入れてください。

  • フィンランド・ヘルシンキの観光名所14選!北欧の雰囲気をた...

    今回ご紹介するのはフィンランドの首都であるヘルシンキの観光名所!定番のスポットを中心に、教会やイベントホール、ショッピングに最適なストリートまで網羅してみました。おすすめの観光名所ばかりです。お気に入りの場所を見つけてくださいね♪

  • トゥルクの観光スポット5選!のんびりブラリ旅しよう

    アウラ川が町の中心を流れ、中世の雰囲気漂うトゥルク。そこは、スウェーデン統治時代から600年もの間、都のあった街。フィンランドなのにスウェーデンの香りがする独特の空気をもったトゥルクを のんびり、ぶらりと旅してみましょう!

  • フィンランド基本情報 【治安・情勢編】事前にチェックして...

    福祉国家として知られるフィンランド。日本ではムーミン、北欧デザインなどの人気もあって観光で訪れる人が増加。世界的に見ても治安が良く安全度の高い国ですが、渡航に際しては注意も必要です。フィンランドでの滞在を楽しいものにするために治安情勢について調べておきましょう。

  • フィンランド基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    北欧の小さな国フィンランド。近年の北欧インテリア人気もあり、人気の海外旅行先となっています。そんなフィンランドを訪れる際に参考にしたい、祝祭日の情報やビジネスアワーをまとめてみました。

  • フィンランド基本情報 【交通手段編】

    北欧人気が高い中、ムーミンの生まれた国であるフィンランドはマリメッコなどの北欧デザインを代表するメーカーも多く、日本から訪れる人も多い国です。今回は、そんなフィンランドに訪れる前に知っておくと便利な、フィンランド国内の移動手段をご紹介します。

  • フィンランドで行くべきおすすめ観光スポット15選!大人気ムー...

    北ヨーロッパで大自然が残る国フィンランド!サンタクロースやムーミン、鮮やかな北欧デザインやファッションブランドのマリメッコなど日本でもお馴染みの国ですよね。そんなフィンランドに観光に行くことになったら是非とも足を運んでいただきたい人気のスポットをご紹介!

  • フィンランド基本情報 【気候・服装編】

    ムーミン、サンタクロースの故郷、オーロラで知られるフィンラド。夏は白夜、冬は白銀の世界が広がる美しい国です。ここではそんなフィンランドの気候と、訪れる際におすすめの服装について紹介しましょう。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事