茨城でおすすめの人気お土産29選!名物グルメに人気スイーツが勢揃い

370

views

0

毎年多くの観光客が訪れる茨城県には、名物グルメをはじめ、和菓子や洋菓子などお土産がたくさんあります。これからはじめて茨城県を訪れる予定のある人達のために、絶対買いたいお土産を29個選び抜いてみました。たくさんのお土産の中から貰った人が喜ぶお土産を購入してみましょう。

茨城が誇るお菓子やスイーツの中からどんな商品をお土産に選ぶ?

総面積の広い茨城県は、名物グルメを使ったお菓子やスイーツなど、和洋さまざまなお土産がそろっています。そのため、これから茨城県を訪れた際にお土産探しに悩んでしまうこともあるでしょう。はじめて訪れてもお土産選びに困らないように、厳選したお土産の中からぴったりな商品を選んでみてください。

絶対に買いたいお土産1:コート・ダジュールの「はんじゅくちーず」

コート・ダジュールの大人気商品「はんじゅくちーず」は、ふわふわ食感で口の中でとろけるスフレチーズケーキ。お店一押しのこのチーズケーキは、つくば市のコート・ダジュール本店で買うことができ、2個入り275円で売られています。また、ほかにも5個入りのものから、10個入りや20個入りなどお得な大容量パッケージも作られています。はんじゅくちーずは、個数のバリエーションが豊富にそろっているため、世代問わずたくさんの人達におすすめのお土産です。北海道の濃厚な牛乳とクリームチーズによって作られた「はんじゅくちーず」を茨城県のお土産に選んでみてください。

コート・ダジュール本店
住所:
茨城県つくば市東新井19-26
営業時間:
09:30~19:00
電話番号:
0120-58-3094
定休日:
火曜日
アクセス:
つくば駅から徒歩10分
平均予算:
1,000円〜2,000円

絶対に買いたいお土産2:株式会社山西商店の「おみたまプリン」

山西商店が販売している「おみたまプリン」は、クリームとカラメルが3層構造となっている上品なプリン。卵の生産量が日本一の茨城県らしいこのお土産は、一層一層に旨味が濃縮されていて、しつこ過ぎない甘さからお子様のおやつにぴったりのスイーツとなっています。そして、おみたまプリンは茨城県の中でもいくつかのお店で取り扱われていますが、県外から茨城県を訪れる際には、水戸駅構内の「ギフトガーデン水戸」はアクセスしやすくお土産が買いやすいでしょう。また、プリンは4個入り2060円、5個入り2575円、6個入り3090円と、1個あたり500円ほどで購入することができるので、家族へのお土産に「おみたまプリン」を選んでみてください。

いばらきいいもの ギフトガーデン水戸
住所:
茨城県水戸市宮町1-1-1 JR水戸駅
営業時間:
07:00~20:50
電話番号:
029-300-6601
定休日:
年中無休
アクセス:
水戸駅から徒歩3分
平均予算:
2,000円〜3,000円

絶対に買いたいお土産3:鹿島菓匠丸三老舗の「元祖はま栗」

「元祖はま栗」は、茨城県が誇る栗渋皮煮をたっぷり餡と合わせ、蛤形の生地で包み込んだ最中。お菓子の博覧会で観光庁長官賞を受賞したこともあるこの最中は、見た目の可愛さはもちろんのこと、甘さ控えめの栗の餡は美味しさが詰まっているためお土産におすすめです。そして、元祖はま栗はネットに5個詰められ1200円で販売されています。そんな元祖はま栗は、貰った人を笑わせてしまう一風変わったお土産となるでしょう。これから鹿島市を訪れる予定のある方は、鹿島菓匠丸三老舗で販売されている「元祖はま栗」をお土産にしてみてください。

鹿島菓匠丸三老舗
住所:
茨城県鹿嶋市宮下2-9-6
営業時間:
09:00~19:00
電話番号:
0299-82-1727
定休日:
年中無休
アクセス:
鹿島神宮駅から徒歩5分
平均予算:
1,500円

絶対に買いたいお土産4:メーコウの「茨城名物なっとう味スナック」

「茨城名物なっとう味スナック」は、名物グルメの納豆をお菓子へと作り変えた絶対に買いたいお土産。フリーズドライした納豆を使っているこのスナックは、納豆が持っている納豆菌もしっかりお菓子に取り込み、さまざまな味のバリエーションを作っています。中でも、「からしマヨネーズ味」や「めんたい味」は人気があり、12本入りのスナックが12袋1箱となっている「茨城名物なっとう味スナック」は3300円で販売。なお、1種類だけではなく複数の味が欲しい人は「茨城名物なっとう味スナック アソート」がおすすめとなっています。個包装され、気軽に食べられることから子供のおやつとしても最適。名物グルメをお菓子にしたなっとう味スナックを、茨城のお土産に購入してみるのはいかがでしょうか。

メーコウ
住所:
茨城県石岡市石岡1丁目3-3
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0299-27-7103
定休日:
土曜、日曜
アクセス:
千代田石岡ICから約12分
平均予算:
3,000円

絶対に買いたいお土産5:幸田商店の「べっ甲ほしいも」

さつまいもを乾燥させて作る「べっ甲ほしいも」は、芋の甘さがしっかりと詰め込まれた乾燥芋。ほしいもの原材料となっているいずみのさつまいもは、糖度の高い芋だけを選び抜いて商品を作っています。しかも、糖度の高さを表すかのように「べっ甲ほしいもの」見た目はツヤツヤです。また、選び抜かれたさつまいもだけしか使用しないため、水戸駅に併設された「幸田商店直営店」でしか買うことができません。そんなべっ甲ほしいもは、180gあたり680円で販売。リーズナブルな価格設定はお土産として購入しやすくなっています。自然な甘さで幅広い世代に喜ばれるお土産です。1度食べたらやみつきになる「べっ甲ほしいも」を茨城県のお土産に選んでみてください。

幸田商店 水戸駅ビル エクセルみなみ店
住所:
茨城県水戸市宮町1-7-31 エクセルみなみ3F
営業時間:
10:00~20:30
電話番号:
029-228-1137
定休日:
年中無休
アクセス:
水戸駅から徒歩2分
平均予算:
1,000円〜1,500円

絶対に買いたいお土産6:ガトー・プーリアの「チーズズコット」

丸々とした形の「チーズズコット」は、ガトー・プーリアが手がける優しい味わいのチーズケーキ。もちもちでふわふわ食感のこのチーズケーキは、別売りでブルーベリーソースが販売されていて、優しいチーズと合わさったブルーベリーソースは、より一層美味しさを引き上げてくれます。価格は、チーズズコット自体が1080円、ブルーベリーソースが210円となっていますので、お土産にはソースとセットで購入しましょう。食べ方も出来たてだけではなく、「常温」や「冷蔵」でも美味しく味わえるように作られているので、チーズケーキが大好きな人へのお土産に「チーズズコット」をプレゼントしてみてください。

ガトー・プーリア
住所:
茨城県つくば市水堀587-54
営業時間:
10:00~19:30
電話番号:
029-863-3767
定休日:
月曜
アクセス:
研究学園駅 徒歩23分
平均予算:
1,000円〜1,500円

絶対に買いたいお土産7:深作農園の「メロンバームプレミアム」

バウムクーヘン専門店で作られている「メロンバームプレミアム」は、メロンを丸ごと1個分使ってビューレを作り、15枚のきめ細かい層の隙間に流し込んで作られたお菓子。最上級の材料にこだわって作られたこのバウムクーヘンは、メロンの風味を最大限に活かして作られていて、1個6300円で販売されています。見た目もメロンの皮をイメージして作られているため、女子会やパーティーへの手土産におすすめです。SNSにも映える見た目の「メロンバームプレミアム」を、鉾田市にある「ファームクーヘン フカサク」で買ってみてください。

ファームクーヘン フカサク
住所:
茨城県鉾田市台濁沢371-2
営業時間:
09:30~18:00
電話番号:
0291-35-5870
定休日:
年中無休
アクセス:
鉾田ICから約20分
平均予算:
6,300円

絶対に買いたいお土産8:運平堂本店の「大みか饅頭」

白くて小判型をした「大みか饅頭」は、運平堂が作っている上品なおまんじゅう。原料に北海道の小豆を使ったこの饅頭は、特製のあんこと合わせて生地に包み込んでいるため、最初から最後まで上品なあんを口の中で楽しむことができます。価格は3個入り380円で1個あたり127円程度となっているので、たくさんお土産に購入することができるでしょう。また、目上の方や上司へのお土産に「大みか饅頭」を考えている人は、12個入り1480円のパッケージがとくにおすすめです。「大みか饅頭」は、1日2万個以上も売れる人気のお土産となっていますので、日立市を訪れた際にはぜひ購入してみてください。

運平堂本店 大みか本店
住所:
茨城県日立市大みか町1丁目6-7
営業時間:
08:30~18:00
電話番号:
0294-52-3257
定休日:
年中無休
アクセス:
大甕駅から徒歩2分
平均予算:
1,000円〜1,500円

絶対に買いたいお土産9:お菓子のきくちの「ほっしぃ~も」

お菓子のきくちが販売している「ほっしぃ~も」は、ひたちなか産の干し芋をパイ生地に挟みこんだお菓子。可愛い星のイラストが描かれているこのお菓子は、サクサク食感の生地の中に旨味が凝縮された干し芋が詰め込まれているため、お芋が好きな人へのお土産におすすめです。しかも、個包装され1個130円と値段が安いことから、多くの人に配るお土産にぴったりの商品と言えるでしょう。また、1袋に5個入ったものから、10個15個21個入った大容量パッケージの販売が行われているので、人数に合わせて個数を選んでみてください。「ほっしぃ~も」は、ひたちなか市にあるお菓子のきくち本店で購入することができるので、茨城土産を探すために立ち寄ってみるのはいかがでしょうか。

お菓子のきくち本店
住所:
茨城県ひたちなか市市毛975-7
営業時間:
09:00~19:30
電話番号:
029-274-1713
定休日:
元日
アクセス:
勝田駅から車で5分
平均予算:
1,000円〜2,000円

絶対に買いたいお土産10:亀印製菓の「水戸納豆せんべい」

フリーズドライした納豆を薄いせんべいの上に乗せて焼き上げた「水戸納豆せんべい」は、亀じるしが誇る人気のお土産。1度味わうとやみつきになってしまうこのせんべいは、1枚ずつ袋に詰められて販売されています。そして、値段は11枚入り378円とかなり安い料金設定となっているため、茨城県のお土産としてはとても買いやすいでしょう。ほかにも、16枚入りのものから28枚入りのものまでそろっているため、用途やシーンに応じた枚数の納豆せんべいを買ってみてください。さらに、お土産用に手提げ箱などの梱包にも対応してくれるので、亀じるし本店で購入する際にお願いしてみましょう。

亀じるし本店
住所:
茨城県水戸市見川町2139-5
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
029-305-0310
定休日:
木曜
アクセス:
水戸南ICから約20分
平均予算:
1,000円

オススメお菓子1:JA農協いばらきの「レンコンサブレーハスだっぺ」

おすすめのお菓子「レンコンサブレーハスだっぺ」は、れんこんそっくりな見た目をしたサブレー。茨城県で有名なレンコンの形をしたこのお菓子は、1口食べると口の中にバターの香ばしさが広がります。そして、「レンコンサブレーハスだっぺ」は土浦市の中村屋で販売されていて、8枚入り700円ととても安いです。また、36枚入り3980円のお得サイズも販売されているので、バラまき用のお土産としてもおすすめのお菓子と言えるでしょう。そんな、本格的な見た目をした「レンコンサブレーハスだっぺ」を、たくさんの人達にバラまけるお土産として購入してみてください。

中村屋
住所:
茨城県土浦市桜町1-15-12
営業時間:
08:00~19:30
電話番号:
029-823-1555
定休日:
日曜、祝日
アクセス:
土浦駅から徒歩5分
平均予算:
1,000円〜2,000円

オススメお菓子2:銘菓の老舗あさ川の「吉原殿中」

あさ川で販売されている「吉原殿中」は、もち米を水飴で固めた棒状のお菓子。水戸の銘菓として有名なこのお菓子は、優しい味わいとなっていて、水飴の甘さときな粉の風味は上品な仕上がりとなっています。吉原殿中は、3本入り300円とリーズナブルな値段で販売されていて、個数のバリエーションは複数用意されています。また、会社や大人数へのお土産は、28本入りと42本入りがおすすめとなっていますので、そちらを購入しましょう。銘菓の老舗あさ川は複数の店舗が茨城県内にありますが、水戸駅南店はアクセスしやすい店舗となっていますので、茨城県のお土産に「吉原殿中」を選んでみてください。

銘菓の老舗あさ川 水戸駅南店
住所:
茨城県水戸市白梅1-1-1
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
029-227-2002
定休日:
不定休
アクセス:
水戸駅からすぐ
平均予算:
1,500円〜2,000円

オススメお菓子3:オーヤマの「がませんべい」

茨城県でおすすめの「がませんべい」は、かえるの形をした可愛らしいせんべい。見た目がシンプルなこのせんべいは、小さな袋に11枚敷き詰められて432円と安い価格で販売されています。そして、味はせんべいの定番でもある醤油味。噛む度に香ばしい醤油の香りが口の中に広がる味わいです。また、もっとたくさん入ったがませんべいが欲しい人には、14枚入り648円の箱入りパッケージも用意されているので、そちらを購入してみてください。しかも、ガマは昔から縁起のいいものとされているので、お土産として友人や家族にプレゼントすると喜ばれるでしょう。ぜひ、つくば市のオーヤマを訪れてみてください。

株式会社オーヤマ
住所:
茨城県つくば市北条5143-4
電話番号:
029-867-7575
定休日:
不明
アクセス:
土浦北ICから約20分
平均予算:
1,000円

オススメお菓子4:亀印製菓の「水戸の梅」

水戸市が誇る銘菓「水戸の梅」は、白いあんを赤いしその葉で包み込んだ和菓子。商品ができるまでに3ヶ月の月日がかかるこのお菓子は、食べるごとに梅の香りや旨味を感じることができます。100年以上受け継がれてきたというこのお菓子は、4個入り510円で販売。ほかにも、8個入り950円や12個入り1425円、さらには20個入り2376円の大容量パッケージも用意されています。水戸の梅は、水戸市内にある「亀じるし本店」で購入することが可能。水戸を訪れた際の家族へのお土産におすすめです。亀じるしで人気の伝統的な和菓子をお土産に選んでみてください。

亀じるし本店
住所:
茨城県水戸市見川町2139-5
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
029-305-0310
定休日:
木曜
アクセス:
水戸南ICから約20分
平均予算:
1,500円〜2,000円

オススメお菓子5:リスボン洋菓子店の「イチゴダッペ」

茨城県のおすすめ菓子「イチゴダッぺ」は、地元産のバインベリーを使って作られたジャムをふわふわの生地に挟みこんだお菓子。苺の酸味と甘みのバランスが絶妙なこのお菓子は、ふわふわの生地でありながらサクッとした食感を合わせ持っているので、いくつも食べたくなってしまいます。また、お土産のパッケージには可愛いゆるキャラ「ダッぺちゃん」が描かれているので、女性やお子様へのお土産におすすめです。しかも、料金はバラ売りで1個129円、ほかにも5個入り700円のお得パッケージも販売されていますので、渡す相手や用途に合わせた個数の「イチゴダッぺ」をお土産にしてみてください。

リスボン洋菓子店
住所:
茨城県ひたちなか市湊泉町7-6
営業時間:
09:00~19:00
電話番号:
029-262-5032
定休日:
月曜
アクセス:
那珂湊駅から徒歩10分
平均予算:
1,000円

オススメお菓子6:柳田米菓本舗の「にんにく煎餅」

青森県産にんにくのすりおろしと醤油を合せて作られた「にんにく煎餅」は、柳田米菓本舗が手がけるピリ辛のお菓子。常総市で作られたこのお菓子は、煎餅に塗り込むにんにく醤油を1年かけて作り、長きに渡る期間のおかげで醤油のコクとにんにくのピリ辛さがしっかりと染み込んだ煎餅に仕上がっています。しかも、柳田米菓本舗以外にも周辺のスーパーでも売られているので、常総市を訪れた人は気軽にお土産を買うことができるでしょう。柳田米菓本舗のにんにく煎餅は、個包装されて8袋入り200円と激安で販売されているので、煎餅が好きな人へのお土産に購入してみてください。

柳田米菓本舗
住所:
茨城県常総市崎房929-3
営業時間:
07:00~17:30
電話番号:
0297-43-7248
定休日:
不定休
アクセス:
坂東ICから約10分
平均予算:
1,000円

オススメお菓子7:菓匠たけだの「日立かすていら」

菓匠たけだが販売している「日立かすていら」は、選び抜かれた卵と専用の粉を使って作られた濃厚な味わいのカステラ。作る材料にこだわり抜かれたこのカステラは、長崎に古くから伝わる作り方で製造。伝統的な味を守り続ける日立かすていらは、目上の方や和菓子が好きな人への手土産におすすめです。「日立かすていら」の価格は1斤1404円で、日立市では「田尻店」と「鮎川店」の2店舗で販売されています。茨城県でお土産として上品なお菓子を探している人は、ぜひ「日立かすていら」を購入してみてください。

菓匠たけだ 田尻店
住所:
茨城県日立市田尻町5-14-3
営業時間:
09:00~20:00
電話番号:
0294-43-3524
定休日:
不定休
アクセス:
小木津駅から徒歩18分
平均予算:
1,500円

オススメお菓子8:お菓子のきくちの「ちちんぷりんぷりん」

ひたちなかの商工会議所が考えた「ちちんぷりんぷりん」は、地元のさつまいもとオレンジ卵にSAZAコーヒーを使って作られたプリン。普通のプリンとは違って2層に分けられたこのプリンは、食べ進めるごとに味が変化していくので、最後までうつり変わる濃厚な味わいプリンを楽しむことができます。しかも、ちちんぷりんぷりんは1個300円と高すぎない値段で販売されているので、自分用も含めて多めに購入してみるのもいいでしょう。3つの味が楽しめるちちんぷりんぷりんを、ひたちなか市にあるお菓子のきくち本店で買ってみてください。

お菓子のきくち本店
住所:
茨城県ひたちなか市市毛975-7
営業時間:
09:00~19:30
電話番号:
029-274-1713
定休日:
元日
アクセス:
勝田駅から車で5分
平均予算:
1,000円

オススメお菓子9:グリュイエールの「おちぼ栗」

グリュイエールで作られている「おちぼ栗」は、可愛い栗の形をしたクッキー。茨城県でおすすめのこのクッキーは、可愛い見た目からは想像できない、和栗の味わいとチョコレートの甘さが絶品です。そして、クッキーは1口大サイズで1つずつ個包装されているので、バラまき用のお土産としてもおすすめとなっています。価格は、7個入り594円とリーズナブル。ほかにも、18個入り1490円のパッケージも販売されているので、女子会への手土産にもおすすめです。サクサクで見た目の可愛い「おちぼ栗」を、茨城土産に購入してみるのはいかがでしょうか。

洋風笠間菓子グリュイエール
住所:
茨城県笠間市下市毛285
営業時間:
09:00~19:00
電話番号:
0296-72-6557
定休日:
元日
アクセス:
笠間駅から徒歩30秒
平均予算:
1,500円

オススメお菓子10:いばらきまーけっとの「袖の下チーズケーキ」

「袖の下チーズケーキ」は、茨城県守谷市の洋菓子店が作っている小判型のスイーツ。時代劇のワイロが袖の下に入れられることから名付けられたチーズケーキは、千両箱のような箱に詰められて販売されています。そして、見た目のインパクトが大きく珍しいパッケージデザインから、一風変わったお土産としておすすめです。しかも、袖の下チーズケーキは5個入り959円で販売されているため、世代問わず多くの人が買いやすい値段と言えるでしょう。また、袖の下チーズケーキは守谷の上りサービスエリアで購入することができるので、お土産を買うためにお店へ立ち寄ってみてください。

いばらきまーけっと
住所:
茨城県守谷市大柏166 常磐道守谷SA上り線
営業時間:
09:00~20:00
電話番号:
0297-48-5271
定休日:
年中無休
アクセス:
守谷SA上り内
平均予算:
1,000円

オススメお菓子11:銘菓の老舗あさ川の「のし梅」

梅肉をゼリー状にしたものを竹の皮に乗せた「のし梅」は、茨城県の銘菓あさ川が手がけるお菓子。老舗のお菓子屋さんが作っているこのお菓子は、梅の甘さと酸味のバランスが活かされていて、1口食べた後に鼻を抜ける梅の香りは、梅が好きな人にはたまらないお菓子と言えるでしょう。そして、のし梅は6枚入り540円とリーズナブルな価格で販売されているため、その買いやすさもおすすめのポイントです。また、のし梅の枚数は8枚入りから30枚入りのパッケージなど、梱包された個数のバリエーションも豊富に用意されていますので、梅が好きな方へのお土産にたくさん購入してみてください。

銘菓の老舗あさ川 水戸駅南店
住所:
茨城県水戸市白梅1-1-1
営業時間:
09:00~19:00
電話番号:
029-227-2002
定休日:
年中無休
アクセス:
水戸駅から徒歩10分
平均予算:
1,000円〜2,000円

名物グルメ1:明利酒類の「梅香百年梅酒」

茨城の銘酒「梅香百年梅酒」は、選び抜かれた国産の梅だけを使って作られお酒。仕込む材料にこだわり抜いたこの梅酒は、天然水に蜂蜜とブランデーを合わせて青梅を漬け込み、長い時間かけて熟成されています。そのため、梅そのものの旨味と蜂蜜とブランデーの甘みは絶妙で、梅酒が好きな方へのお土産におすすめです。しかも、720ml入り1572円とリーズナブルな料金設定は、お土産としても購入しやすい価格と言えるでしょう。「梅香百年梅酒」をお土産に購入したい人は、水戸市にある「梅酒と酒の資料館 別春館」へ立ち寄って、購入してみてください。

梅酒と酒の資料館 別春館
住所:
茨城県水戸市元吉田町327
営業時間:
09:30~16:30
電話番号:
029-246-4811
定休日:
月曜
アクセス:
水戸南ICから約10分
平均予算:
1,500円

名物グルメ2:筑波ハムの「つくば豚アイスバイン」

「つくば豚アイスバイン」は、ブランド豚のローズポークをじっくり煮込んだ柔らかいスネ肉。時間をかけてじっくりと煮込まれた豚肉は、旨味がしっかりと凝縮されていて、どんな料理と合わせても美味しさを引き上げてくれるでしょう。そして、料金は1個3840円とお土産としては少し高めの価格設定となっていますが、お肉が好きな人へのお土産におすすめとなっています。また、パーティーなどへの手土産に「つくば豚アイスバイン」を購入したい人は、2個7306円のお得なパッケージも用意されているので、貰った人を喜ばせるためにお土産に選んでみてください。

筑波ハム直売所 つくば陣屋
住所:
茨城県つくば市学園の森3-21-1
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
029-879-9101
定休日:
火曜
アクセス:
研究学園駅から徒歩約20分
平均予算:
4,000円

名物グルメ3:袋田食品の「生とろ刺身こんにゃく」

袋田食品の「生とろ刺身こんにゃく」は、奥久慈の清らかな水を使って作られているこんにゃく。とろっとした食感が特徴のこのお土産は、商品として仕上がるまでに3日という長い時間をかけて作られています。そのため、歯ごたえや食感は普通のこんにゃくとは違って、不思議な食感を感じることができるでしょう。そんな生とろ刺身こんにゃくは1個300円で販売。ほかにも、青のりと唐辛子を合わせた3種類のお得パッケージは、6個2160円の料金となっていますので、用途に応じた個数の「生とろ刺身こんにゃく」をお土産に購入してみてください。

こんにゃく関所
住所:
茨城県久慈郡大子町袋田2698-8
営業時間:
08:30~18:00
電話番号:
0295-77-5011
定休日:
不定休
アクセス:
袋田駅から徒歩15分
平均予算:
1,000円〜2,000円

名物グルメ4:UNiBO JAXA筑波宇宙センター店の「宇宙食」

筑波のJAXAでは、食品をフリーズドライさせた「宇宙食」が販売されています。JAXAならではのこの宇宙食は、いろいろな味のバリエーションがそろっていて、「たこやき」や「おもち」、「ぱん」に「杏仁豆腐」、「羊羹」や「プリン」など、毎年色々な商品が宇宙食となっています。そして、JAXAの宇宙食は1個500円前後と、リーズナブルな料金設定となっていることから、珍しいお土産としておすすめです。また、フリーズドライされた宇宙食は、長期的な保存食としても便利なお土産となっているので、これから筑波を訪れる予定のある人は、ぜひお土産に宇宙食を選んでみてください。

UNiBO JAXA筑波宇宙センター店
住所:
茨城県つくば市千現2-1-1 JAXA筑波宇宙センター内
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
029-850-1718
定休日:
月曜
アクセス:
桜土浦ICから約7分
平均予算:
1,000円〜1,500円
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 茨城名物料理「あんこう鍋」がおいしい人気店おすすめ15選

    西日本が「ふぐ鍋」なら、東日本は「あんこう鍋」!特に本場・茨城で食べるあんこう鍋は絶品と大人気です!この記事では130以上ある茨城のあんこう鍋の店から、特にオススメな15店をピックアップしています。

  • つくばエクスプレスでいく!おすすめの隠れ家風カフェ7選♪

    つくばエクスプレス沿線には沢山魅力的なお店があります。その中でも、疲れたときや、リラックスしたいときにぜひ行きたい、癒しの空間を楽しめるカフェを7店紹介させていただきます。

  • 茨城観光名所の絶景16選!東京から日帰りで行ける茨城旅行!...

    日本が誇る自然の絶景を都心にいながら気軽に訪れてみたいなら茨城県がイチオシ!日本三大名園の「水戸偕楽園」、日本三大名瀑の「袋田の滝」、日本百名山であり日本百景の「筑波山」など知名度が高く、素晴らしい絶景を望める名所が目白押しなんです。都会の生活に疲れたら今すぐ茨城へ!日帰りでも一泊旅行でも、滞在時間によってプランニングすれば、自然のパワーに癒されること間違いありません。

  • つくばエクスプレス沿線のおすすめスイーツ店7選 お土産にも...

    つくばエクスプレス沿いにはたくさんのスイーツ店があるのをご存じですか?ちょっとしたお土産にもピッタリのおしゃれでおいしいスイーツのあるお店を7選紹介させていただきます。

  • 茨城県の魅力は絶品ラーメンにあり!? 茨城のうまいラーメン店...

    毎年発表されている都道府県別魅力度ランキングで、下位常連になるなど、コレといった特徴に欠けると言われている茨城県。でも、美味しいラーメン店はたくさんあるんです! 今回は、その中でも人気のラーメン店をご紹介します。

  • 【2020年】茨城で人気の初詣スポット17選!ご利益情報から絶...

    来年の初詣スポットはもう決まりましたか?まだ決めかねているなんていう人も、今からでも遅くない初詣スポット探しのお手伝いをいたします!ご利益からパワースポット、混雑状況まで、人気の初詣スポットのあれこれをたっぷりまとめました。ぜひ初詣の参考にしてみてください。

このエリアの新着記事
  • 【2020年】茨城で人気の初詣スポット17選!ご利益情報から絶...

    来年の初詣スポットはもう決まりましたか?まだ決めかねているなんていう人も、今からでも遅くない初詣スポット探しのお手伝いをいたします!ご利益からパワースポット、混雑状況まで、人気の初詣スポットのあれこれをたっぷりまとめました。ぜひ初詣の参考にしてみてください。

  • つくばエクスプレス沿線のおすすめスイーツ店7選 お土産にも...

    つくばエクスプレス沿いにはたくさんのスイーツ店があるのをご存じですか?ちょっとしたお土産にもピッタリのおしゃれでおいしいスイーツのあるお店を7選紹介させていただきます。

  • 茨城名物料理「あんこう鍋」がおいしい人気店おすすめ15選

    西日本が「ふぐ鍋」なら、東日本は「あんこう鍋」!特に本場・茨城で食べるあんこう鍋は絶品と大人気です!この記事では130以上ある茨城のあんこう鍋の店から、特にオススメな15店をピックアップしています。

  • 茨城観光名所の絶景16選!東京から日帰りで行ける茨城旅行!...

    日本が誇る自然の絶景を都心にいながら気軽に訪れてみたいなら茨城県がイチオシ!日本三大名園の「水戸偕楽園」、日本三大名瀑の「袋田の滝」、日本百名山であり日本百景の「筑波山」など知名度が高く、素晴らしい絶景を望める名所が目白押しなんです。都会の生活に疲れたら今すぐ茨城へ!日帰りでも一泊旅行でも、滞在時間によってプランニングすれば、自然のパワーに癒されること間違いありません。

  • つくばエクスプレスでいく!おすすめの隠れ家風カフェ7選♪

    つくばエクスプレス沿線には沢山魅力的なお店があります。その中でも、疲れたときや、リラックスしたいときにぜひ行きたい、癒しの空間を楽しめるカフェを7店紹介させていただきます。

  • 茨城県の魅力は絶品ラーメンにあり!? 茨城のうまいラーメン店...

    毎年発表されている都道府県別魅力度ランキングで、下位常連になるなど、コレといった特徴に欠けると言われている茨城県。でも、美味しいラーメン店はたくさんあるんです! 今回は、その中でも人気のラーメン店をご紹介します。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事