青森でおすすめの人気お土産34選!リンゴの全ての魅力が楽しめます。

507

views

0

今回は青森の魅力を分かり易くするため、お土産に使われているリンゴの調理方法とその結果どういった味になるのかを中心に紹介していきます。また、食の好みや贈る相手の驚く顔を見たい等の理由も考慮した内容にもなっているので、リンゴ以外の青森のお土産を探している人にも一読をおすすめします。

多くの人が連想する青森のお土産とは?

紅玉、ふじ、北斗、つがる、これらは全て青森で収穫できるリンゴのブランドで、それぞれ微妙に味や硬さ等が違うため、お土産でも使い分けられています。特に硬さのあるリンゴは煮たりパイにしたりすることで、食べにくさを解消できたり、砂糖やグラニュー糖を使えばさらに甘くできます。またリンゴを丸々一個使ったようなお土産もあるため、普段からリンゴを丸齧りしている方は、是非それらのお土産情報も閲覧してみてください。ただし青森は海産物や他の農作物にも魅力があるので、今回はランキング形式にして纏めて紹介していきます。

絶対に買いたいお土産1:アルパジョンの「朝の八甲田」

1個35gのケーキの中に安さが特徴的なオーストラリアのナチュラルチーズと、時間経過で香りが熟成されていくフランスのナチュラルチーズが入っている青森のお土産です。また朝の八甲田に入っているオーストラリアのナチュラルチーズは、市販のチーズと同じような味なので、普段からチーズを良く買っている方に贈る青森のお土産としておすすめ。さらに個包装になっているため、お裾分け性能にも優れています。価格は3種と4種のフレーバー付きの物がそれぞれ税込み3980円と4980円、15個入りと30個入りがそれぞれ3980円と5980円なので、配布対象に合わせて調整しやすいメリットもあります。

アルパジョン下長店
住所:
青森県八戸市下長2-1-25
電話番号:
0178-20-5822
営業時間:
10:00~20:00
アクセス:
長苗代駅より車で8分
定休日:
無し

絶対に買いたいお土産2:ラグノオささきの「気になるリンゴ」

リンゴの甘さを維持しつつ硬さを解消するために、ラグノオささきの「気になるリンゴ」では、青森県産のふじのリンゴをそのままシロップに漬けてパイとして包み焼いています。そのためリンゴの繊維が極限まで柔らかくなり、パイのサクサク感が新たに加わっています。ご覧のパッケージにはリンゴが丸々一個入っているため比較的大きく、切り分けて食べる方が多くいます。よって留守を任せたご家族等身内に近い人達に青森のお土産として購入しておき、シェアすることをおすすめします。価格は1個税込み864円と安いですが、重量が1個400g以上あるので、購入個数には注意が必要です。

ラグノオ県民生協はまなす店
住所:
青森県青森市大字羽白沢田306−1
電話番号:
017-787-0522
営業時間:
09:00~22:00
アクセス:
油川駅より徒歩16分
定休日:
無し
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

絶対に買いたいお土産3:はとや製菓の「ラブリーパイ」

重ねられたパイ生地の数が多く、その中にリンゴとカスタードクリームが入っているので、サクッと心地よい音がした後にプリプリとした食感と甘みが口内を支配してきます。また食感に加えて価格も3個入りが税込み594円と、市販のお菓子と同程度なので、配布数が多くても旅行予算を圧迫することがありません。さらに世帯持ちの方や広い交友関係をお持ちの方には、2754円の15個入りもおすすめ。なお、個数によって特製パッケージもあるので、CDのジャケット買いの様な感覚で購入を楽しめる青森のお土産です。

青森駅ビル LOVINA(ラビナ)
住所:
青森県青森市柳川1-2-3
電話番号:
017-734-1211
営業時間:
10:00~20:00
アクセス:
青森駅より徒歩3分
定休日:
無し

絶対に買いたいお土産4:ラグノオささきの「いのち」

ドーナツ型のカスタードクリームの中心にアップルソースを入れ、それらを合わせて生地で包んでいるので、食べていく過程で違う食感を楽しめます。またラグノオささきの「いのち」では、中心のアップルソースに果肉が含まれているため、フルーツで作った中華まんのような感覚が味わえる青森のお土産です。520円で4個入り、1300円で10個入りが買えますが、苦味のあるスイーツが好きな人に合わせて、リンゴ味と抹茶味が5個ずつ入っている1300円の物も検討してみましょう。

ラグノオ県民生協はまなす店
住所:
青森県青森市大字羽白沢田306−1
電話番号:
017-787-0522
営業時間:
09:00~22:00
アクセス:
油川駅より徒歩16分
定休日:
無し

絶対に買いたいお土産5:おきな屋の「たわわ」

パイ生地に挟まれているアップルグラッセは、日本料理の飴煮の味を想像すると分かり易いです。リンゴの飴煮なので魚介類を使った物と比較すると甘さも強く、パイ生地で包んでいるため、程よくマイルドな口当たりがよく話題になります。また青森のお土産の中でもパイ生地にバターを使っているので、バターの塩気がさらに甘さを増大させてくれます。一口サイズの物が個包装になっているため、職場への青森のお土産を購入する時は、税込み4817円の20個入りがおすすめです。

おきな屋 新町店
住所:
青森県青森市新町1丁目8-2
電話番号:
017-722-4343
営業時間:
09:00~18:30
アクセス:
青森駅より徒歩4分
定休日:
火曜日
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

絶対に買いたいお土産6:永井久慈良餅店の「久慈良餅」

そのままでも美味しいですが、永井久慈良餅店の「久慈良餅」は冷やすと若干苦味のあるこんにゃくのようなお菓子に進化します。クルミが入っているので、食べるとカリコリと小気味の良い食感があり、この食感をさらに進化させたい方には焼いて食べるのもおすすめ。また津軽米を使っているので、バターや醤油をつけて食べるとクルミの焼きおにぎりを食べているような感覚になれます。注意点は個包装になっておらず、税込み450円のお餅を羊羹の様に切り分けて食べる青森のお土産なので、開封後の賞味期限を見据えた購入をおすすめします。

永井久慈良餅店 本店
住所:
青森県青森市浅虫坂本51-5
電話番号:
017-752-3228
営業時間:
7:00~18:00
アクセス:
浅虫温泉駅より徒歩7分
定休日:
無し

絶対に買いたいお土産7:武内製飴所の「金魚ねぶた」

可愛い金魚のパッケージの中には、真ん丸に作られた羊羹が入っており、飴玉の包み紙を開ける感覚で手を汚さずに食べられます。さらにパッケージの影響もありお子さんに喜ばれる青森のお土産として有名で、8個入り税込み1296円の金魚羊羹達は、購入すればたちまち人間の胃袋の餌食になってしまいます。フレーバーはリンゴの紅玉を使っているので、酸味が少し強く、一口サイズに個包装されているため、手軽にビタミンCやカリウムを摂取できるお菓子としても注目されています。

上ボシ武内製飴所
住所:
青森県青森市本町五丁目1-20
電話番号:
017-734-1834
営業時間:
08:00~17:00
アクセス:
青森駅より徒歩16分
定休日:
土曜日~日曜日

絶対に買いたいお土産8:オーケー製菓の「いかせんべい」

オーケー製菓の「いかせんべい」はお煎餅に裂きイカが乗っているため、青森のお土産の中でも変わり種として有名な一品。塩気がある影響で、お菓子なのにお酒のおつまみする方も多く、お煎餅と裂きイカ双方に味付けがされているため、どちらか片方を先に食べてしまう人もいるようです。ただしお煎餅をしっとりとした食感にし、裂きイカの塩分と合う様に作られているので、一度は両方纏めて食べてみてください。税込み750円のパッケージ内には個包装された丸型か四角形のイカ煎餅が15枚入っており、運が良いと全て同じ形だったりするので、おみくじ感覚で食べられます。

オーケー製菓本店
住所:
青森県弘前市大字城東2丁目5−10
電話番号:
0172-27-8011
営業時間:
9:00~17:00
アクセス:
弘前駅より徒歩9分
定休日:
土曜日・日曜日・祝日
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

絶対に買いたいお土産9:しみず食品の「いか墨カスター」

ムーンケーキの生地にはイカ墨が使われており、袋を開けると若干磯の香が漂ってきます。さらに口に運ぶと今度はリンゴジャムとカスタードクリームの香りが漂ってくる上に、イカ墨の塩気がジャムとクリームの味を優しくエスコート。そして飲み込む直前には若干リンゴの食物繊維を感じられるので、一口大の大きさからは想像できない程に、様々な食の楽しみを教えてくれる青森のお土産です。個数と価格は5個入りが税込み700円、10個入りが1400円と個数によって1個当たりの値段が変わらないので、必要最低限の購入で済むメリットがあります。

八食センター
住所:
青森県八戸市大字河原木神才22−2
電話番号:
0178-28-9311
営業時間:
09:00~18:00
アクセス:
長苗代駅より徒歩23分
定休日:
水曜日

絶対に買いたいお土産10:ジークフリートの「青い森」

全体的な味の比率が甘さ9塩気1くらいなので、食べる人に如何にして甘さを感じてもらうかが考えられた青森のお土産です。また感じられる塩気もチーズとバターに頼った結果なので、甘いスポンジの魅力を損なうことがありません。それどころか個包装されたお菓子は一口で食べられるので、余韻を味わいながら意図せずに次の1個に手を伸ばしてしまう不思議な魅力があります。なお、青森のお土産の中でも製法がしっかりとしているお菓子なので、若年層とご年配の方双方に人気のある物として知られています。そのため2000円の12個入りを購入するよりも、少し無理してでも3850円の24個入りを購入して、家族全員で楽しみましょう。

ジークフリート松原店
住所:
青森県青森市松原2-11-14
電話番号:
017-723-0141
営業時間:
月曜日~土曜日9:00~19:30
      日曜日~祝日9:
00~19:00
アクセス:
筒井駅より徒歩23分
定休日:
無し

オススメお菓子1:永井久慈良餅店の「板かりんとう」

永井久慈良餅店の「板かりんとう」は青森のお土産として個性を出すために、黒ゴマを使用しています。黒ゴマは白ゴマと比較してカルシウムやポリフェノールの含有料が多く、皮も厚いのでかりんとうの製作工程で栄養素が欠損する確率も低くなっています。形状が似ていることから栄養補給食の様に定期的に食べる方も多く、価格も1袋税込み450円で、パッケージがジッパーになっているため、湿気を吸う確率も低いです。ただし製造日から20日の賞味期限があるので、その点は注意してください。

永井久慈良餅店本店
住所:
青森県青森市浅虫坂本51-5
電話番号:
017-752-3228
営業時間:
7:00~18:00
アクセス:
浅虫温泉駅より徒歩7分
定休日:
無し

オススメお菓子2:はとや製菓の「青函パイ」

青森旅行の記念を買いたい方には、はとや製菓の「青函パイ」をおすすめします。材料に青森産のリンゴと函館産のチーズを使っており、双方の都市がコラボする形で作っているため、本格的なパイが食べられます。大きさは一口で食べられる程で個包装になっているため、食べている途中で生地が崩れて手や服を汚す心配が無い青森のお土産です。注意点は記念品なので、販売されている物は6個入り税込み1113円のみという点です。

青森駅ビル LOVINA(ラビナ)
住所:
青森県青森市柳川1-2-3
電話番号:
017-734-1211
営業時間:
10:00~20:00
アクセス:
青森駅より徒歩3分
定休日:
無し

オススメお菓子3:味の海翁堂の「長者様の八戸せんべい汁シャモロック入り」

皆さんはお蕎麦のつゆに天ぷらを入れて食べていますか?この食事方法をお煎餅で再現しているのが味の海翁堂の「長者様の八戸せんべい汁シャモロック入り」です。シャモロックと呼ばれる特製のブランド鶏で出汁をとり、その中でお煎餅を5分程煮込んでから食べます。ただしお煎餅は煮込んでも崩れない程耐久性のある物なので、この商品の中に入っているお煎餅でしか同じ食感を体験できません。味付けはチキンエキスや野菜エキスも使っているため、天ぷら入りのカップ麺に近い味で、価格も税込み1080円と数個のカップ麺を買うのと同じくらいの青森のお土産です。さらに煎餅汁は一度の使い切りを想定したレトルトタイプで、ジップ等も付いていないため、開封後は即座に食べてください。

味の海翁堂本店
住所:
青森県八戸市岬台4-1-1
電話番号:
0178-33-7623
営業時間:
平日10:00~20:00
     土曜日日曜日祝日10:
00~18:00
アクセス:
鮫駅より車で6分
定休日:
無し

オススメお菓子4:風丸農場の「農家が干したリンゴ」

乾燥させても特にデメリットが存在しないリンゴの利点を活かした青森のお土産が、この風丸農場の「農家が干したリンゴ」です。乾燥系のお菓子で甘さも強いので、日本酒等少し辛さのあるお酒との相性の良さを評価する声があります。ただし、乾燥させているリンゴのブランドが違い、ジョナゴールドや陸奥といった硬さのあるリンゴを乾燥させたタイプもあるので、口の中で飴の様に転がしながら味を楽しむ方法も流行しています。価格は40g税込み421円で統一されており、子供でも食べられるので、青森のお土産としては配布可能対象が広い物に分類されます。

海の駅わんど あじ彩館
住所:
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町本町246-4
電話番号:
0173-72-6661
営業時間:
09:00~17:00
アクセス:
鰺ケ沢駅より徒歩14分
定休日:
不定休
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

オススメお菓子5:NATUREAOMORIの「りんごのヴェール」

擦りおろしリンゴとリンゴジュースの味を牛乳やクリームで調整し、内容量90gに濃縮している青森のお土産です。材料の体積差を活かしたパッケージが特徴的で、バニラビーンズや砂糖で調整した特製ソースが沈殿し、スプーンで掬うと各階層によって違う味が一口で体験できます。特に注目して欲しいのは国産蜂蜜を使っている点で、蜂の幼虫に与える蜜を採取しているため栄養価が非常に高いメリットがあります。その上価格も422円と非常に安いので、いくつか購入して友人へのお裾分けをおすすめします。

NATURECAFE(ナチュールカフェ)
住所:
青森県青森市橋本2丁目19-13
電話番号:
017-752-1761
営業時間:
11:00~17:00
アクセス:
青森駅より車で8分
定休日:
水曜日

オススメお菓子6:青森おきな屋の「薄紅」

紅玉は青森県産リンゴの中でも果肉のしまりが良く、煮ても繊維が崩れない特徴があるため、これを活かして乾燥りんごにしたのが青森おきな屋の「薄紅」です。その上紅玉はリンゴの中でも大きさに差があるため、その中でさらに厳選し、味も食べやすさも考えられた青森のお土産になっています。気になった方は個包装になっているので、税込み249円の一枚入りを試食で購入してから、最大18枚入りのパッケージを購入してみましょう。

おきな屋 新町店
住所:
青森県青森市新町1丁目8-2
電話番号:
017-722-4343
営業時間:
09:00~18:30
アクセス:
青森駅より徒歩4分
定休日:
火曜日
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

オススメお菓子7:石崎弥生堂の「縄かりん糖」

砂糖を多めに使って味を濃くしているため、ドーナツのような味と評価する方も多く、縄状にねじられた物を解いて遊びながら食べる方法が流行っている青森のお土産です。価格も200g350円と非常に安く、縄型のかりんとうが大きいことも影響して、一袋で満足できるだけの食べ応えがあります。さらに噛みしめるとザクっと大きな音がして、かりんとうを包んでいた砂糖が口内を覆いつくすような勢いで甘みが広がってきます。かりんとうの中では比較的柔らかさのあるタイプなので、食べ応えを感じながらも顎に疲労感を感じることが無く、お子さんのおやつにも最適です。

石崎弥生堂
住所:
青森県弘前市大字亀甲町13番地
電話番号:
0172-35-5753
営業時間:
09:00~18:30
アクセス:
中央弘前駅より徒歩20分
定休日:
第二第四日曜日

オススメお菓子8:甘精堂本店の「昆布羊羹」

習字の固形墨を思わす重工な外観は、味でも奥深さを実現しているので、甘精堂本店の「昆布羊羹」は青森の中でも人気のお土産として君臨しています。昆布は粉末にした状態で羊羹に練りこんでいるため、さらさらした食感が強く、磯の香も微弱に感じる程度で、甘さを際立たせるために裏方に徹しているような印象があります。パッケージには1本300gの羊羹が1つ入っているので、お茶菓子の必要性が高い環境化で生活している方への購入をおすすめします。

甘精堂本店
住所:
青森県青森市新町1-13-21
電話番号:
017-722-3740
営業時間:
09:30〜18:30
アクセス:
青森駅より徒歩1分
定休日:
無し

オススメお菓子9:マルカワ渋川せんべいの「胡麻新月」

テレビのスノーノイズに匹敵するくらいお煎餅の上に胡麻を塗しているため、個包装で包まれた袋を開けるだけで胡麻の風味が漂ってくる青森のお土産です。公式サイトではお酒と一緒に食べる方法を推奨しており、ゴマの肝機能改善効果でお酒の内蔵負担を低くしながら楽しめるようになり、二日酔いの影響も軽微になります。また継続的に食べることで、血行促進にも効果があるため、美容を意識している方や、プリン体を気にしている方に購入してあげましょう。その際は税込み1枚119円の物と、1296円の10枚入りを配布数に合わせながら購入することをおすすめします。

マルカワ渋川せんべい
住所:
青森県青森市新田1丁目9-17
電話番号:
017-762-7466
営業時間:
08:30~17:00
アクセス:
青森駅より車で8分
定休日:
土曜日日曜日祝日

名物グルメ1:上北農産加工農業協同組合の「スタミナ源たれ」

冷蔵庫にマヨネーズやソース、ケチャップを常備している方には、上北農産加工農業協同組合の「スタミナ源たれ」を青森のお土産に購入してみてはいかがでしょうか?このお土産は野菜やお肉だけでなく、魚や料理の下味を付ける時にも使えるので、マヨネーズやソースよりも広い汎用性があります。また生野菜が入っているので、ビタミンB1の補給性能にも優れており、香りもベジタリアン納得のクオリティと高く評価されています。このことから内容量410gをすぐに消費しつくしてしまう方も多く、お土産購入時には税込み486円の物を複数購入するか、1ℓ1080円の物を購入した上でのお裾分けをおすすめします。

上北農産加工株式会社本店
住所:
青森県十和田市相坂字上前川原76
電話番号:
0176-23-3138
営業時間:
09:00~17:00
アクセス:
向山駅より車で22分
定休日:
土曜日日曜日祝日
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

名物グルメ2:高砂食品の「青森味噌カレーラーメン」

人参や鶏肉等、カレーとお味噌汁は具材が同じ物も多いので、その親和性を利用し、青森のお土産として開発された物が、高砂食品の「青森味噌カレーラーメン」です。麺に使う小麦やその他多くの食材に青森県産の物を使い、麺に限ってはブランド小麦と水を多めに使っているので、柔らかい餅の様な食感になっています。また賞味期限も60日と非常に長く、4食入り1728円を買いすぎた時は自分で消費する等して食べられるメリットがあります。

高砂食品本店
住所:
青森県平川市日沼富田36
電話番号:
0172-57-5225
営業時間:
09:00~17:00
アクセス:
弘前駅より車で20分
定休日:
水曜日日曜日
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

名物グルメ3:ヤマモト食品の「ねぶた漬」

大根や数の子、きゅうりやするめといった食材を纏めて醤油漬けした青森のお土産です。また醤油の他にも味の調整にたん白加水分解物を使っているため、幅広い食材との親和性を実現しており、白ご飯にかけて食べる人が多くいるようです。小鉢にして食卓に並べればおかずとしても食べられるので、日々の献立に迷うお母さん方の強い味方!画像のパッケージは1kgの物ですが、公式店舗では50g単位の物が、税込み356円と購入しやすい値段で売られています。反対に大量に必要とする場合は、2kgの業務用を5724円で購入しておきましょう。

柳町直営店「ねぶた976」
住所:
青森県青森市長島1丁目6-3
電話番号:
017-776-4121
営業時間:
09:00〜18:00
アクセス:
青森駅より徒歩15分
定休日:
不定休
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

名物グルメ4:JT&Associatesの「青い森の天然青色りんごジャム」

アンチャンと呼ばれる目の疲れや老化防止に効果のあるハーブで色付けしたのが、このJT&Associatesの「青い森の天然青色りんごジャム」です。ハーブティーにして愛飲している方も多く、青森のお土産として渡す時にアンチャンが含まれていると伝えれば、多くの女性から好感触のリアクションを返してもらえます。味はリンゴにミントを少量加えたような味で、パンやヨーグルトに乗せると美味しく食べられます。内容量は95gと170gの物が税込み864円と1296円で用意されています。使い方にもよりますが、目安としては95gで食パン2斤程にジャムを付けられるので、1か月分購入したい時は170gを2瓶くらい購入するのがおすすめです。

JT&Associates中三弘前店
住所:
青森県弘前市大字土手町49−1
電話番号:
0172-34-3131
営業時間:
10:00~19:00
アクセス:
中央弘前駅より徒歩4分
定休日:
無し

名物グルメ5:味の加久の屋の「いちご煮」

アワビとウニを特製の汁で煮込んだ物をいちご煮と呼び、現地では家庭料理の一つとして親しまれています。しかし名前の影響もあり不安に思う方も多く、いちご煮の名前を初めて聞く人には、180gの缶詰が3個入った物を税込み2160円で購入し、お裾分けしてあげましょう。一方415gの物は、炊き込みご飯にも使える程の量で、1合のお米に一缶のいちご煮入れてください。規定の量まで水分が足りない時は、昆布出汁を入れると美味しく炊けます。味は海鮮出汁のお吸い物を食べているような感覚で、入っているウニやアワビにもしっかり味がついているため、海鮮の高級食材が好きな人も満足できる青森のお土産です。

あおもり 旬味館
住所:
青森県青森市大字石江高間140−2 新青森駅ビル
電話番号:
017-752-6557
営業時間:
09:00~21:00
アクセス:
小中野駅より車で12分
定休日:
無し
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

名物グルメ6:シャイニーアップルジュースの「りんごジュースねぶたシリーズ」

シャイニーアップルジュースの「りんごジュースねぶたシリーズ」はどれも果汁100パーセントのリンゴジュースですが、使うリンゴや配合バランスを調整して風味を変えている特徴があります。例えば青のねぶたは紅玉りんご使い、清涼感の強い風味に仕上げているので、夏場に贈る青森のお土産としておすすめ。一方銀のねぶたは王林りんご使っているため、甘味が強く、ほのかな香りでジュースをコップに注ぐ前から飲みたい欲を刺激してきます。この他にも希少なリンゴを使ったタイプもありますが、容量が同じ物は価格も統一されているので、購入しやすいメリットがあります。どれにしようか迷う方は、税込み3900円の飲み比べセットを購入してみましょう。

あおもり 旬味館
住所:
青森県青森市大字石江高間140−2 新青森駅ビル
電話番号:
017-752-6557
営業時間:
09:00~21:00
アクセス:
小中野駅より車で12分
定休日:
無し
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 青森県の運気上昇間違いなしのパワースポット特集

    海や緑豊かな自然に囲まれている青森県。そんな青森県にも「パワースポット」があるのをご存知ですか?最近何をやっても上手くいかないことばかり……。そんな悩みを抱えているアナタに、是非行って欲しい青森県のパワースポットをご紹介します!ここに行くことでアナタの運気も上昇すること間違いなし!

  • 搾りたて!青森の美味しいジェラート屋さん4選

    アイスクリームよりもさっぱりとした口当たりが人気のジェラート。場所によってフレーバーは様々です。今回は、青森の美味しいジェラート屋さんを紹介します!

  • 青森といえばりんご!おすすめアップルパイのお店特集

    青森県産品といえばまず思いつくのが『りんご』ではないでしょうか?今回は、そのりんごを使ったアップルパイの美味しいお店をご紹介します!ちょっと変わったアップルパイもあるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

  • 青森でおすすめの絶品カレー店5つを厳選!うますぎてやばいと...

    青森には、リーズナブルに本格的なカレーが食べられるお店がたくさんあります。その中から、青森県民に親しまれているカレーの名店をご紹介します。

  • 【絶景】青森にある美しい湖7選

    少し疲れた時、美しい風景を見ると人は癒されるといいます。今回は、癒しのスポットとして青森県の湖に焦点を合わせてみました。美しい写真と共に、7カ所ご紹介していきたいと思います。

  • 【青森県】夏泊半島でむつ湾をバックにアウトドアを楽しもう!

    青森県の観光名所の一つ『夏泊半島』をご存知ですか?青森市から近く、夏になると地元民で賑わうアウトドアスポットの一つです。全国的な知名度は低いですが、いろいろ楽しめる場所なので、オススメポイントをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • レストラン列車『東北エモーション』で青森県を旅する!予約...

    よくテレビでも特集を組まれているレストラン列車。そんな注目されている列車が、2013年に八戸にもやってきました。本格的なコース料理やデザートビュッフェを楽しめる列車として運行初日から大人気。現在は予約がいっぱいの状態なのですぐに乗ることはできませんが、待ってでも乗る価値はあります。今回は、そんな東北エモーションの魅力をご紹介していきたいと思います。

  • 青森県へ行ったら旅館を楽しもう!人気温泉旅館6選

    日本はたくさんの温泉地がある世界有数の温泉大国。群馬県の草津や大分県の由布院が特に有名ですが、今回ご紹介する青森県にもたくさんの温泉があります。地域によって異なる温泉を楽しめる人気の温泉を集めてみました。ぜひご覧ください。

  • 【青森県】夏泊半島でむつ湾をバックにアウトドアを楽しもう!

    青森県の観光名所の一つ『夏泊半島』をご存知ですか?青森市から近く、夏になると地元民で賑わうアウトドアスポットの一つです。全国的な知名度は低いですが、いろいろ楽しめる場所なので、オススメポイントをご紹介します。

  • 青森県の運気上昇間違いなしのパワースポット特集

    海や緑豊かな自然に囲まれている青森県。そんな青森県にも「パワースポット」があるのをご存知ですか?最近何をやっても上手くいかないことばかり……。そんな悩みを抱えているアナタに、是非行って欲しい青森県のパワースポットをご紹介します!ここに行くことでアナタの運気も上昇すること間違いなし!

  • 青森で人気のおすすめホテル15選!ビジネスホテルから観光に...

    ねぶた祭りや八甲田山など全国的に有名な観光資源を持つ青森。毎年、観光に仕事にたくさんの人が訪れています。今回は、そんな青森で15選したオススメのホテルをご紹介していきます。きっと気になるホテルが見つかるはず!

  • 青森のおすすめ人気ホテルベスト15!口コミ高評価ホテル厳選!

    青森は、本州で一番北に位置しています。世界遺産の白神山地や景勝地として名高い十和田湖や奥入瀬渓流、レトロな秘湯酸ヶ湯温泉など、豊かな自然に育まれ見どころもたくさんあります。今回は、青森でおすすめの人気ホテルを15スポット厳選してご紹介します。

  • 搾りたて!青森の美味しいジェラート屋さん4選

    アイスクリームよりもさっぱりとした口当たりが人気のジェラート。場所によってフレーバーは様々です。今回は、青森の美味しいジェラート屋さんを紹介します!

  • 懐かしい青森メシを食べられるおすすめ店に行こう!おばあち...

    青森の食べ物といえば何が思い浮かびますか?今回は、青森県ならではの”なんだか懐かしい味”をご紹介していきたいと思います。えっ!と驚くものもあるかもしれませんが、最後まで読んでみてくださいね。

  • 【青森県】憧れの星野リゾートに泊まる!「青森」を堪能でき...

    青森県内に3カ所ある「星野リゾート」。それぞれ特徴ある宿は、静かなたたずまいの癒しの空間です。それぞれにアクティビティプログラムが用意され、青森ならではの伝統芸能を堪能できるイベントが行われています。今回は青森県内にある3つの星野リゾートをご紹介しましょう。

  • 青森のおすすめ冬まつり4選!幻想的な雪の中で花火も!

    本州最北端にある青森県。全国的に有名な豪雪地帯のここには、雪国ならではのお祭りがたくさんあるんです!今回はその中から4カ所をご紹介したいと思います。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事