入館料2,800円!箱根の新名所「岡田美術館」の凄さとは?

24,692

views

0

国際的な温泉地箱根にできた「岡田美術館」。その入館料の高さは美術館としては最高クラスとも。にも関わらず訪れた人のほとんどが納得するというその「岡田美術館」の凄さの理由に迫ります。

有名温泉地箱根に登場した「岡田美術館」とは?

2013年、風光明媚な箱根地域の一角「小涌谷」に建てられた全5階建ての民間美術館。欧米人向けホテルの跡地で、壮大な敷地内には自然豊かな庭園も人気です。

展示品は、日本を中心とした東洋文化の古代~現代までの数々の美術品でレベルの高い豪華絢爛なコレクションが魅力の一つです。

オーナーである実業家岡田和生氏の「古くから日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次世代に伝え遺したい」という願いの結晶がこの岡田美術館であると言えます。

岡田美術館
住所:
神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
アクセス:
箱根湯本駅からバス約20分
休館日:
12月31日・1月1日
電話番号:
0460-87-3931
入館料:
一般・大学生 2,800円  小中高生 1,800円
美術館ご利用の方は、駐車場・足湯入湯料無料
庭園・足湯のみご利用の方は、1時間駐車場無料(以降1時間につき500円)
庭園料:
300円
足湯入湯料:
500円

美術館で足湯!?温泉地ならではの美の癒し空間

足湯の泉質は、疲労回復の効果があるアルカリ泉質の100%源泉かけ流しです。

目の前の縦12m、横30mの巨大な壁画を眺めながらちょっと一休み。またカフェ併設なので、飲み物でのどを潤しながら身も心もうっとり。

金地パネルにかかれた「風・刻(とき)」
作:福井江太郎氏

美しい山河の箱根の自然と、美の殿堂岡田美術館の守り神のように、足湯の目前に見えるのは福井江太郎氏による大壁画「風・刻」。俵屋宗達の代表作の国宝「風神雷神図屏風」(京都・建仁寺蔵)をモチーフに作られました。

640枚の金地パネルに迫力ある神々に圧巻。前面のガラス面によって現実の空の雲が流れる様子が映り出され、まるで命吹き掛けれたように迫力満点です。

足湯カフェ
住所:
神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
料金:
足湯 入湯料 500円 ※美術館入館者は入湯料無料
カフェ利用の場合
メニュー例)プレミアムコーヒー・ココア 400円~

滅多にかなわない国宝級の美術コレクションとの出会い

事業で大成功を収めたオーナーである実業家の岡田和生氏が13年の間様々な人脈やその資産を駆使して収集した東洋文化(日本・中国・韓国)の美術品が中心です。

そのレベルの高さは突き抜けていて、保存状態の良い数々の美術品は数千万から数十億円もの価値がつくようなものばかり。まるで美術品が自ら辿りつくべくして集まったかのような錚々たる作品が所蔵されています。その作品リストは公式ホームページにて一部が公開されています。

雑念なし!たっぷりと美の世界に浸れる理由

こういった経験はないでしょうか?

美術館に入った時、監視員がところどころに配置されていて、見張られているような居心地の悪さ。視線が気になって、集中して見れないもどかしさ。これらの不快が一切感じなくて済むのがこの「岡田美術館」なんです。

その理由は・・・

美術館の入り口でカメラを始めスマホやタブレットなどの通信機器などは一切禁止。
入り口のコインロッカーに荷物を預け、空港のゲートのようにX線検査までくぐるという徹底ぶり。

おかげでもう何も気にすることなく、最高レベルの素晴らしい美術品の数々をたっぷり堪能できるというわけです。

四季折々の自然に囲まれた壮大な庭園を散策

岡田美術館をひと通り観た後には奥の壮大な自然の庭園へ。約15,000平方メートルの敷地には、清らかな湧水や四季折々楽しめる彩り美しい樹木の自然豊かな空間を散策してはいかがでしょうか。

岡田美術館の入館券は出入り自由の1日券なので、圧倒される名品の鑑賞にひと息つきたいと思ったら庭園での散策をおすすめします。また、庭園のみを楽しみたい方も庭園の入場料300円で楽しめます。

庭園(岡田美術館)
住所:
神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
営業時間:
9:00~17:00
庭園料:
300円 ※岡田美術館入館者は無料
一巡り散策するのに約30~40分。

数量限定の和弁当や名物メニューで腹ごしらえ。

美術館も鑑賞し、庭園の散策もひと通りした後はそろそろお腹もすいてきます。庭園の入口にある昭和初期の日本家屋を改装して作られた「開化亭」へ。

清らかな湧き水や彩り豊かな樹木の自然に包まれながら居心地良い空間で食事を楽しめます。

和食などのお弁当の販売(各日数量限定・予約不可)や、名物豆アジ天うどんなどがあり、およそ1,500 円~2,200円位でいただけます。(季節、種類によって変動あり)
また、午後からは喫茶スペースになるので飲み物をいただきながら、ゆったりとくつろげます。

開化亭
住所:
神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
営業時間:
11:00~17:00
コーヒー各種(岡田美術館チョコレート付き)1200円〜

まとめ

これは豆情報ですが、小涌谷駅に200円割引券が置いてあるので電車利用の方は運良くそれをゲットすると少しお得です!

箱根の新スポット「岡田美術館」の魅力の数々、いかがでしたか。
入館料2,800円は最高レベルの高さですがそれに見合う、またはそれ以上の価値があるという評価が高い美術館です。
岡田美術館にははっきりとした「美の殿堂」としての風格と自信が感じられます。徹底した本格派の美術館を一度体験してみませんか?

箱根のおすすめ記事はこちら

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事