北海道小樽の穴場スポット!おたる水族館でトドのダイブを観よう

1,169

views

0

小樽と言うと運河や寿司屋が浮かびますよね。実は北海道一の規模の水族館もあるのですがご存知ですか?おたる水族館は小樽港の北側に突き出た半島にある祝津マリンパーク内にあり、周辺はにしん御殿、ヨットハーバー、海水浴場、展望台、小樽海岸自然探勝路などの観光スポットが満載です。小樽観光の穴場と言えるおたる水族館をご紹介します!

おたる水族館の魅力に迫る!

今から約60年前の1958年に開かれた北海道大博覧会の一会場としてオープンしたのがはじまりです。その後、さまざまな工夫とリノベーションを重ね、今では北海道を代表する水族館の一つとなりました。

建物に入ると、まず、目に飛び込んで来るのがオホーツク海とベーリング海の魚の大水槽。巨大な海の幸が大暴れ。ギンザケ、ニジマス、成長すると2mを超えるカレイの仲間のオヒョウがいて、まさに豪快とも言うべき大水槽です。

1階には大自然が広がる北海道で年々、数が少なくなってきている希少生物であるキタサンショウウオ、オショロコマ、エゾトミヨ、エゾホトケドジョウなどを展示。ここでは、絶滅の危機に瀕している生物の保護や研究に取り組んでいます。

その隣の水槽の「幻の魚」と呼ばれる日本最大の淡水魚「イトウ」の存在感は圧倒的!そして、なんと、イトウの赤ちゃんにも遭遇出来ます。

そのまた隣には、愛くるしいコツメカワウソの水槽。メイン水槽とサブ水槽が、空中トンネルと水中トンネルで連結されていて、この2つのトンネルをカワウソたちが走り回ったり泳いだりしている様子がよく分かります。

おたる水族館(Otaru Aquarium)
住所:
北海道小樽市祝津3丁目303番地
電話番号:
0134-33-1400
開館時間:
平成28年3月19日(土)~平成28年10月16日(日)9:00~17:00、平成28年10月17日(月)~平成28年11月27日(日)9:00~16:00
アクセス:
自家用車の場合は札幌から約60〜70分、電車の場合はJR小樽駅下車後北海道中央バスにて

海獣公園は必見!

建物の2階に上がるとイルカスタジアムがあり、ショープールでは水族館の人気者バンドウイルカがお出迎え。後方宙返りジャンプなどの迫力満点のショーが繰り広げられています。

そしておたる水族館の海獣公園では海が仕切られているだけでアザラシが近くの岩場で休憩していたり、トドが防波堤を乗り越えて入って来たりといった野生と大自然の魅力がいっぱい!海獣とはゴジラやガメラなどの怪獣ではなくアザラシ、セイウチ、トドなどのアシカの仲間たちのこと。そのなかでもセイウチやトドはほかの水族館ではなかなか見ることは出来ません。

セイウチのトレードマークは、上あごから伸びた大きな2本の牙。その風貌から海象とも呼ばれています。

トドはアシカの仲間では最大の体格を誇りながら臆病者だけど芸達者でもあります。

トドのダイブ!

おたる水族館でしか見ることが出来ない、トドのダイブをご紹介します。トドのプールは海獣公園内の自然の岩場を利用していて、そこにジャンプ台を設置。最上段だと水面まで7mほどあります。あの巨体のトドが、ジャンプ台までの階段をクネクネしながら上ってゆくユーモラスな姿を見ているだけでも笑いがこみあげてきます!

いよいよジャンプ&ダイブ!2頭同時に最上段から飛び込むとすごい迫力!飛び込んだ後の水しぶきもまた半端なく大きい!ちなみにトドのダイブは冬期営業中(12月下旬~2月下旬)は行なっていませんのでアシカらず…。

いかがでしたか

小樽に行ってまで水族館に行かなくてもいいじゃない!なんて思っていたらもったいないぐらいのボリューム満点な観光スポットおたる水族館。北海道ならではの海洋生物にも会える水族館に行かない理由はありません!

小樽のおすすめ記事はこちら

北海道のおすすめ記事はこちら

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
新着記事