ヘルシンキ近郊フィスカルス村で職人の工房を見学!ガラス細工のワークショップやお土産も!

1,746

views

0

フィンランドの首都ヘルシンキから西へおよそ100km。豊かな自然に囲まれた場所に、100人以上の職人たちが工房を構える村「フィスカルス村」があります。木工・ガラス細工などの工芸品からジュエリーや家具に至るまで、様々なジャンルで手作りの作品が制作されているのです。そんな数ある工房の中から注目を浴びている「ビアンコ・ブルー」と「タコパヤ」の2つを訪ねてみましょう。

フィスカルス村ってどんなところ?

川のほとりに広がるフィスカルス村には、大小いろいろなタイプの工房が集まっています。日々作品の制作に励むのが職人のライフワーク。とはいえ、この村の職人は自分の工房を公開したり、ワークショップを開いたりと、観光客や地域の住民と積極的に交流しているのです。

フィスカルス村の特徴は、とにかく自然が豊かなこと。川からは心地よいせせらぎが聞こえます。制作のかたわら村を散歩し、発想をねる職人も大勢いるとか。自然とふれあうことが、独創的かつ精巧な作品制作につながるということでしょうか。

フィスカルス村(Fiskars Village)
住所:
Fiskarsintie 336, 10470 Fiskari
アクセス:
ヘルシンキからバスでおよそ1時間20分~30分
電話番号:
+358 (0) 19 277 7504
*営業時間は工房により異なる

ガラス細工のマイスターがいるビアンコ・ブルー(BIANCO BLU)

ビアンコ・ブルーはガラス細工を専門とする工房。入口の上にかかる「BIANCO BLU」の看板が目印です。入口は観光客が入りやすいように半分開けられているので、気楽にのぞいてみましょう。

ビアンコ・ブルーにいる職人は4人。代表を務めるのはタマロ・マーロネン(Tarmo Maaronen)さんで、この道35年以上の大ベテランです。溶けたガラスを自由自在に膨らませる技術は、ほかの職人の追随を許しません!

ビアンコ・ブルーが作りだすガラス細工は、形といい色といい、ぬくもりを感じさせる仕上がり。渦巻模様が鮮やかな大皿は、フルーツをたっぷり盛りつけるのに最適の大きさ。

こちらは手にぴったりフィットするグラス。キッチンにあったら嬉しくなるような、おしゃれなデザインです。「何を入れて飲もうかな~」なんて思いながらこうしたグラスを眺めていると、心が和んできますね。

ビアンコ・ブルーは食器だけでなく、インテリアや装飾品も数多く手がけています。特徴は、動物をモチーフにした作品が多いこと。象の置物は絶妙な色つけが特徴的。光が当たる角度によって、様々な表情を見せてくれます。

窓辺に何個も並べて飾りたい、キュートな鳥の置物。同じ青でも微妙に色の入り具合が違っています。手の込んだ羽の色付けは、まさに職人技! ちょこんと突き出た尻尾が、さりげない可愛さを醸し出しています。

工房ではファッションアイテムも作られています。とりわけ女性に人気なのが首飾り。リング状のガラス細工に紐を通したものですが、ひとつひとつ微妙に色が違っていて個性的。それもそのはず、すべてハンドメイドだからです! 世界にひとつしかないグッズを手に入れましょう。

工房では見学だけでなく、ガラス細工作りが体験できます。職人が手取り足取り、丁寧に教えてくれるので安心。でも、溶けたガラスの熱さは想像以上! 職人の気分が味わえる貴重な体験となるでしょう。

ビアンコ・ブルー(BIANCO BLU)
住所:
Kuparivasarantie 14 FIN-10470 Fiskars
アクセス:
カルチャーセンターから南へ徒歩およそ5分
電話番号:
+358-45-139 0020
営業時間:
月曜日~土曜日 11:00~17:00 (5月~8月、12月:12:00~16:00)

鉄の工芸品が揃う工房――タコパヤ(Takopaja)

タコパヤ。この可愛らしい響きの工房は、鉄を細工する鍛冶場。通りにいても、鉄を叩いたり擦ったりする音が聞こえてきます。軒先にかかる看板も、工房の横に置かれた案内板も、この工房の鍛冶職人アンティッラさんがつくったもの。

鍛冶場には、ありとあらゆる道具がところ狭しと置かれています。看板を1枚作るのに何十もの工程を経るため、その度に道具を使い分けているとか。ミリ単位で調整を重ねる見事な手さばきは、ぜひ間近で眺めたい職人技です。

これはスプーンを鍛えているところ。機械での大量生産とは真逆で、ひとつひとつの工程が手作業で行われていきます。「これぞ職人魂!」と声を上げたくなるほど、丹念な仕事ぶり。叩く力加減を微妙に変えていき、徐々にくぼみが作られていく様子は一見の価値ありです。

こちらはショップで一番人気のナイフ。切れ味はもちろん抜群。職人さんが丹精を込めて作った作品だけあって、どことなくおしゃれな感じがします。この工房では調理用の包丁も鍛えているので、近隣に住む人たちも買いに来るそうです。

非常時ならともかく、今の生活でロウソクを使うことはあまりないでしょう。ならば、燭台をインテリアや装飾品として使ってはどうでしょうか。タコパヤの燭台がひとつあるだけで、どこかレトロな雰囲気が部屋に漂うはず。

こちらはサイコロ。よく見られる白黒のプラスチック製のものとは、まったく違った趣。シンプルですが、重厚感たっぷりのサイコロなのです。こんなサイコロでゲームをすれば、きっと楽しみが何倍にもなるでしょう。

タコパヤ(Takopaja)
住所:
Kuparivasarantie 4, 10470 Fiskari
アクセス:
カルチャーセンターから南へ徒歩およそ5分
電話番号+358 50 590 2797
営業時間:
月曜日~金曜日 12:00~16:00 
定休日:
土曜日、日曜日
*5月15日~9月18日:
 11:00~18:00 (無休)

いかがでしたか? どの作品も手作りなので、それぞれ独特の個性が感じられたはず。モノ作りに人一倍のこだわりを持つ職人さんに、ぜひ会いに行ってみましょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フィンランド・ヘルシンキで北欧雑貨ショップに行こう!オシ...

    日本で人気の北欧雑貨。特にフィンランドのヘルシンキにはマリメッコやヨハンナ・グリグセンなどの憧れブランドショップが集まっています。日本よりお手頃だったり、デザインが豊富だったり…。ぜひお気に入りの雑貨を手に入れてください。

  • フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケッ...

    「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランドで酔いしれたい!病みつきになるほどおいしいハ...

    フィンランドにはオリジナリティ豊かなお酒がありますが、北欧という土地柄、寒さをしのぐためにアルコール度数の高いハードリカーを飲むのが定番なんですよ!おみやげにもってこい、強いけれど一度飲んだら病みつきになること間違いなしのフィンランド産ハードリカー3選をご紹介します。

  • 意外とビール好きの国フィンランド!飲み比べてみたいビール...

    日本ではあまりフィンランド産ビールを見かけませんが、実はフィンランドの人々はビールが大好き!国内で日常的に一番良く飲まれているお酒です。国産ビールの銘柄も数えきれないほどあります!今回は、そんなフィンランドの人々が愛してやまない、おすすめビール5銘柄をご紹介します!

  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

このエリアの新着記事
  • フィンランド・ヘルシンキ雑貨ショップ4選!北欧アイテムをお...

    ヘルシンキはフィンランドの首都かつフィンランド最大の都市。日本でも注目されている北欧風デザインの発祥地としても有名です。人気の「マリメッコ」やガラスメーカー「イッタラ」、インテリアショップ「アルテック」などデザイン性の優れたショップが多く立ち並んでいるのが何よりの魅力。そんな北欧インテリアや雑貨がずらりとそろった、見るだけでも楽しめるヘルシンキの人気ショップをご紹介します。

  • フィンランド・イナリで過ごす白夜と大自然、おすすめの過ご...

    フィンランドと言えばオーロラ!それともムーミン?いやいや、白夜と大自然も中々のものですよ!今回はフィンランドでおすすめのオーロラ以外の楽しみ方を紹介したいと思います。

  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランド・ヘルシンキで北欧雑貨ショップに行こう!オシ...

    日本で人気の北欧雑貨。特にフィンランドのヘルシンキにはマリメッコやヨハンナ・グリグセンなどの憧れブランドショップが集まっています。日本よりお手頃だったり、デザインが豊富だったり…。ぜひお気に入りの雑貨を手に入れてください。

  • フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケッ...

    「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

  • フィンランド・ヘルシンキの観光名所14選!北欧の雰囲気をた...

    今回ご紹介するのはフィンランドの首都であるヘルシンキの観光名所!定番のスポットを中心に、教会やイベントホール、ショッピングに最適なストリートまで網羅してみました。おすすめの観光名所ばかりです。お気に入りの場所を見つけてくださいね♪

  • トゥルクの観光スポット5選!のんびりブラリ旅しよう

    アウラ川が町の中心を流れ、中世の雰囲気漂うトゥルク。そこは、スウェーデン統治時代から600年もの間、都のあった街。フィンランドなのにスウェーデンの香りがする独特の空気をもったトゥルクを のんびり、ぶらりと旅してみましょう!

  • フィンランド基本情報 【治安・情勢編】事前にチェックして...

    福祉国家として知られるフィンランド。日本ではムーミン、北欧デザインなどの人気もあって観光で訪れる人が増加。世界的に見ても治安が良く安全度の高い国ですが、渡航に際しては注意も必要です。フィンランドでの滞在を楽しいものにするために治安情勢について調べておきましょう。

  • フィンランド基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    北欧の小さな国フィンランド。近年の北欧インテリア人気もあり、人気の海外旅行先となっています。そんなフィンランドを訪れる際に参考にしたい、祝祭日の情報やビジネスアワーをまとめてみました。

このエリアの人気記事
新着記事