ブライスキャニオンで絶景体験!短めトレイルから本格ハイキングまで特徴紹介

8,514

views

0

ブライスキャニオンの魅力を堪能するにはやはりハイキング。展望台からの眺めだけで去ってしまったら、本当のブライスキャニオンを見たことにならないと言われるのも納得の、素晴らしい絶景が待っています。楽に回れる短いトレイルから本格ハイキングまでご紹介します。

ブライスキャニオンの本当の魅力を味わえるハイキング

出典: 500px.com

ブライスキャニオンの迫力を体感し、本当の魅力を堪能するにはやはりハイキングです。

ブライスキャニオンの谷を埋め尽くす、フードゥーと呼ばれる不思議な形の岩の素晴らしい景観を、上からでなく中から存分に体感できるからです。

朱色、ピンク、白などの明るい色の岩々は太陽光を受けて明るく輝き、太陽の影側になる面も、まるで明かりを灯したように明るく照らし出されます。

フードゥーの間を縫って歩くトレイルでは、その美しい輝きを間近で見ることができるのです。

ブライスキャニオンの展望台やリム(峡谷の上の稜線)からは、フードゥーは見下ろす角度のところにありますが、トレイルでは見上げながら歩くことになります。

フードゥーは、上から見ていた時よりも実はずっと大きく、迫力のある岩であることを体感できるのです。

「展望台からの眺めだけで去ってしまったら、本当のブライスキャニオンを見たことにならない」と言われるのも納得の迫力と素晴らしさです。

そして、展望台にはたくさんの観光客が群れていても、その多くはハイキングトレイルまでは向かいません。

不思議な形の尖塔群に囲まれた静かなトレイルで、異世界に迷い込んだかのような感覚を味わえるのも、ブライスキャニオンのトレイルならではの魅力です。

また、グランドキャニオンの谷底への往復なら、一泊しても大変なハイキングになりますが、ブライスキャニオンでは細く浅い谷筋に降りることになるので、近いところでは30分ほどで降りてしまえます。

そんなブライスキャニオンの雰囲気を気軽に掴める短いトレイルから、魅力をじっくり味わえる本格ハイキングまでをご紹介します。

初級向け:クイーンズガーデン・トレイル

クイーンズガーデン・トレイルは、谷に入るトレイルとしては一番容易とされるトレイルです。

クイーン・ビクトリアと呼ばれるフードゥーを見ることができます。その名の通り、長いガウンと王冠を身につけている姿に見える尖塔です。

このクイーン・ビクトリア辺りで引き返すなら、ハイキングの時間は1時間ほどです。もっとたくさん歩けるようであれば、ナバホ・ループ・トレイル(次項参照)と繋げて戻ってくることもできます。

クイーンズガーデン・トレイル (Queen's garden trail)
住所:
 
コースは上記地図をご参照ください。

中級向け:ナバホ・ループ・トレイル

ナバホ・ループ・トレイルは一周4.6km、所要時間1.5~3時間と、長いトレイルではありませんが、景観はバラエティ豊かで、ブライスキャニオンらしさを十分味わえるコース。

行きは下りから始まり、どんどん降りて行けるのであっけなく谷底に着きます。
戻る時はちょっと長い登り坂が待っていますが、尖塔群の変化の素晴らしさが、疲れも吹き飛ばしてくれます。

ソーズ・ハマーやスリーシスターズ(写真上)、ザ・センティネル(写真下)など、特徴あるフードゥーもこのトレイル上にあります。

ナバホ・トレイル(Navajo Trail)
住所:
 
コースは上記地図をご参照ください。

上級向け:ピーカブートレイル

ピーカブー・ループ・トレイルは一周8.8km、所要時間3~4時間の本格的なトレッキングコース。こちらは谷底に降りるのは1度ではありません。

登ったかと思うとまた谷へと繰り返すアップダウンがかなりありますが、その分最も変化に飛んだトレイルでもあります。

ブライスキャニオンの中でも特に色彩の美しい尖塔群の並ぶ、インスピレーション・ポイント周辺を回りこむトレイルとなるので、美しさを堪能するには最高のトレイルです。

ウォール・オブ・ウィンドウズなどを始めとする様々なフードゥーの形も素晴らしいです。

ピーカブー・ループ・トレイル (Peek-a-boo Loop Trail)
コースは上記地図をご参照ください。

トレイルはこの他にもたくさんあります

この他にも、谷に降りずに稜線に沿って歩くリムトレイルや、樹齢4000年、世界最古のブリストルコーンパインの木の生えるトレイル、日帰りコースでは一番ハードとされるフェアリーランド・ループ・トレイルなど、様々なトレイルがあります。

ブライスキャニオンに来たらぜひ、谷へのトレイルをご自身で体感して、ブライスキャニオンの本当の魅力をたっぷり味わってみてください。

ブライスキャニオン国立公園 (Bryce Canyon National Park)
住所:
Utah, アメリカ合衆国
入園料:
車1台につき30ドル(7日間有効)
お勧めの時期:
春と秋
電話番号:
+1 435-834-5322
s.

アメリカ情報を中心にお届けします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
新着記事