カナダ・バンクーバー郊外の人気観光スポット&見どころおすすめ5選

4,853

views

0

バンクーバーはカナダのブリティッシュコロンビア州南西部にある都市で、民族や言語が多様なところです。2010年にはオリンピックが開催された都市でもあるので、ご存知の方は多いのではないでしょうか?そのバンクーバーの中で市内からちょっと離れた場所且つ訪れるべき場所を5つ紹介します!

①新渡戸記念庭園(Nitobe Memorial Garden)

ブリティッシュコロンビア大学の中にある日本庭園。
旧5000円札の顔である新渡戸稲造は、北米と日本の間を行き来しておりブリティッシュコロンビア州のビクトリアで亡くなられました。
その功績を称えてこの庭園が造られたんです。
北米にある日本庭園の中で高く評価されています。

橋の下に鯉がいたり、歩いていると椿が咲いています。
茶畑もあり、春になると桜が咲いていますよ!
日本でも中々見ることができない古きよき日本を感じることができます。

実は茶室まであるというのだから本格的ですよね!
大学まで市内バスで行き、学内巡回バスを使って訪れてください。

新渡戸記念庭園(Nitobe Memorial Garden)
住所:
1895 Lower Mall, Vancouver, BC, Canada
営業時間:
9:30~17:00
10:
00~14:00(11月1日~3月31日)
アクセス:
UBC人類学博物館から徒歩5分
定休日:
土曜日、日曜日(11月1日~3月31日)
電話番号:
604-822-6038
料金:
寄付
おススメの時期:

②グラウスマウンテン(Grouse Mountain)

標高およそ1250メートルの山で、スカイライドというロープウェイに登って頂上まで行くと展望台やレストランがあります。
冬にはスキーもできますよ!
頂上にあるレストランObservatoryは格式あるレストランで、事前予約するとロープウェイ料金が無料になります。

ロープウェイは比較的大型で、頂上まで10分!
下る時に揺れることもあるのでスリルが味わえますよ。

ロープウェイを降りるとクマに出会えます!
餌やりをしているところを見られるかもしれませんよ。

夕日が沈む時に頂上からバンクーバーの町並みがオレンジに染まるのを見ることができます。
冬になると日没も早いので夜景も比較的見やすいですよ。
天気がよいとアメリカの山も見え、キャピラノ湖、ブリティッシュコロンビア大学、空港まで見えます。

グラウスマウンテン(Grouse Mountain)
住所:
6400 Nancy Greene Way, North Vancouver, BC, V7R 4K9, Canada
営業時間:
8:45~22:00
アクセス:
フィブスエクスチェンジからバス232番、またはロンズデールキーからバス236番に乗り終点下車
定休日:
なし
電話番号:
604-980-9311
料金:
大人$34.95 13~18歳$20.95 5~12歳$12.95 65歳以上$32.95
おススメの時期:
通年

③キャピラノ吊り橋(Capilano Suspension Bridge)

バンクーバーを代表する観光地の1つで、キャピラノ川にかかる吊り橋のこと。
その高さは30階建てのビルに相当するんです!
木々や流れる川の上を歩き、自然を全身に感じることができますよ。
5月~9月だと15人未満の団体であれば、ダウンタウンから無料シャトルバスが出ています。
吊り橋は結構揺れるので、スリル満点ですよ!!

森の中にはカナダの先住民の彫刻であるトーテム・ポールが飾られています。

吊り橋を渡るだけでなく、自然を利用した断崖絶壁のスリルが味わえるクリフウォークなどアトラクションもあります。
入場料が少し高くて戸惑うかもしれませんが、いざ行ってみるとカナダでしか味わえない自然に囲まれて満足した!という声が多いんです。

キャピラノ吊り橋(Capilano Suspension Bridge)
住所:
3735 Capilano Rd, North Vancouver, BC, V7R 4J1, Canada
営業時間:
9:00~18:00
(3月14日~4月25日、9月2日~10月13日)
9:
00~19:00(4月26日~5月30日)
8:
30~20:00(5月31日~9月1日)
9:
00~17:00(10月14日~11月29日、1月4日~3月13日)
11:
00~21:00(11月30日~1月3日)
アクセス:
ダウンタウンから来るまで約15分
定休日:
なし
電話番号:
604-985-7474
料金:
大人$31.95 65歳以上$29.95
おススメの時期:
通年

④UBC人類学博物館(Museum of Anthropology at UBC)

出典: moa.ubc.ca

ブリティッシュコロンビア大学内にある博物館で、1949年に設立されました。
トーテムポールや地元の先住民にあるアートが展示してあり、その数はおよそ53万5000点にも!!
殆どはブリティッシュコロンビア中の北西部沿岸地域から集められました。

インディアンのトーテムポールが沢山展示してあり、圧巻です!
外に出るとネイティブカナディアンの村が再現されてあったり、カナダだけでなく日本や他の国の民族の民芸品が展示してあります。
入場するとバッジがつけられ、その日は何度も入場できます。
日本語のパンフレットもあるので安心ですね!

UBC人類学博物館(Museum of Anthropology at UBC)
住所:
6393 N.W. Marine Dr, Vancouver
営業時間:
10:00~17:00
10:
00~21:00(火曜日)
アクセス:
ブリティッシュコロンビア大学行きバスで終点「UBCノース・バスループ」下車後、徒歩15分
定休日:
月曜日(10月中旬~5月中旬)
電話番号:
604-822-5087
料金:
大人$16.75 子供(7~18歳)$14.50 シニア(65歳以上)$14.50
おススメの時期:
通年

⑤バンクーバー博物館(Museum of Vancouver)

パラソル型の屋根が特徴的で、1967年にカナダ建国100周年を記念して建てられました。
博物館の入り口にある蟹のオブジェはタイムカプセルになっていて、建国200周年である2067年に開くことになっているんですって!

バンクーバーの歴史やネイティブカナディアンに関するものが展示してあります。
期間毎に特別展示もされていますよ。
毎月最終木曜日の17時以降は入場料がかからず入ることができるのでおススメ!

博物館内にはマクミランセンターというプラネタリウムやショーを行う施設もあるので、行ってみてください!

バンクーバー博物館(Museum of Vancouver)
住所:
1100 Chestnut Street, Vancouver, BCm V6J 3J9
営業時間:
10:00~17:00
10:
00~19:00(木曜日)
10:
00~17:00(金・土・日)
アクセス:
バラード通りから22番、2番のバスでコーンウェル通りとサイプレス通りで下車
定休日:
月曜日、12月25日、1月1日
電話番号:
604-736-4431
料金:
大人$11 子供(5~17歳)$7 シニア(65歳以上)$9
おススメの時期:
通年

終わりに・・・

日本を味わえる場所から、カナダならではの自然を感じられる場所まで沢山ありましたね。
山の頂上から見るバンクーバーの街並みはきっとロマンチックなはず。
バンクーバーの歴史を勉強してきてくださいね!

maporinn

海外旅行、国内旅行どちらも大好き!一人でふらっと海外に行けたらいくことも。
英語が好きでイギリスには留学経験もあり。
色々な国に行って見たいです!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • カナダ バンフでショッピング!自分のお気に入り&お土産にお...

    カナダ人気の観光地であるバンフ。世界遺産でもあるロッキー山脈に囲まれた小さな街です♪山岳リゾートとしても有名なバンフですが、街の中にはさまざまなジャンルのお店があり、ショッピングを存分に楽しめるのも魅力。今回はバンフの中でも特にオススメのショップを6つご紹介します♪

  • ファッションだってカナダは凄い!カナダ生まれのブランド4選♪

    北米といえば 流行の発信基地ニューヨークが有名ですが、そのお隣のカナダも負けてはいません!カジュアルなものからフォーマルなものまで様々なデザインのブランドが生まれました。早速ご紹介しましょう。

  • カナダ・モントリオール・ダウンタウンエリアのベストショッ...

    北米のフランス文化の中心として人気の高いカナダ・モントリオール!北米のパリとも称される街並みは、まさにヨーロッパを思わせる造り!大聖堂をはじめとする建築物は美しく、観光名所もたくさんありますが、おしゃれなお店が多いことでも有名!今回はその中でも、特におすすめなスポットを5つご紹介します!

  • カナダ・ナイアガラ観光でおすすめの人気レストラン5選!滝め...

    カナダといえばナイアガラの滝! 一度は見てみたい人気観光スポットのひとつですよね。そして観光と言えばレストラン選びも大切。今回はナイアガラの滝観光の際に立ち寄りたいおすすめレストランをご紹介します♪

  • カナダ・ケベックのお土産を買うならここ!おすすめショップ5選

    ケベック州の州都ケベック・シティ。入植時代からフランス系の住民が多く、現在もほとんどの看板や標識にフランス語がつかわれています。今回はそんなフランスの文化と伝統が残るこの街にピッタリなお土産を買うことができるショップをご紹介します。

  • カナダ・ケベックシティで食を楽しむならここ!おすすめおし...

    北米の城壁都市、ケベック・シティ。旧市街は世界遺産にも登録されており、歴史的な建造物が美しい都市です。そんなケベック・シティへ来たなら、現地の美味しいレストランを訪ねてみませんか?今回は、ケベック・シティ観光で是非チェックしていただきたい、おすすめのレストランを4つご紹介します!

このエリアの新着記事
  • 絶景すぎるロケーション!カナダのトロントでアイススケート...

    カナダといえばウィンタースポーツ。一番コストもロケーションもお手軽なのが、アイススケート!トロントの町のあちこちで、最高にロマンチックなスケート体験はいかが?

  • カナダ・モントリオールのおすすめレストラン&カフェ特集!...

    カナダのモントリオールは、北米のパリと呼ばれるほど洗練されたモダンな都市。本場顔負けのフレンチやケーキが堪能できるグルメスポットもたくさん軒を連ねています。特にダウンタウンは名店がしのぎを削るエリア。そんな中から、絶品の料理とスイーツが楽しめるお店を厳選してご紹介しましょう。

  • 温泉大好き!カナダで行くべき人気温泉スポットおすすめ5選

    驚きと感動あり!カナダへ温泉旅行に行きませんか?日本とは雰囲気も入り方もちがうけれど、カナダの温泉は浸かって気持ちいいだけじゃない! いろんな動物に出会っちゃうかも!? 大自然豊かなこの国でとっておきの、温泉スポットをご紹介します。

  • カナダ・バンクーバーの名所!ロブソンストリートおすすめレ...

    バンクーバー観光に欠かせないロブソンストリート!お洒落なお店が立ち並び、いつも多くの人達で賑わっています。今回はそんなロブソンストリート内のおすすめの人気レストランを7つご紹介♪観光中に、是非立ち寄ってみてください!

  • 手元に残るお土産をゲットしたい!バンクーバーの目抜き通り...

    バンクーバーの中でも、観光場所として絶大な人気を誇るロブソンストリート!カフェやレストラン、ブティックなどのお店が立ち並び、連日多くの人で賑わっています。せっかく行くならここでしか買えない、カナダらしいお土産をゲットしてみませんか?今回は、ロブソンストリートの中でも特におすすめのショップを5つご紹介します!

  • カナダ・モントリオール旧市街おすすめカフェ&人気レストラ...

    セント・ローレンス川にある中州に発展した街、モントリオール。カナダで2番目に大きい都市です。北米地域の中で唯一フランス語を公用語としている地域で、フランス文化が根付いています。街や人々も垢抜けており、「北米のパリ」とも呼ばれているほどです。もちろんグルメに関しても高いレベルを誇ります。街の観光を楽しむと共に是非訪れてほしいスポット5店舗をご紹介します。

  • バンクーバー・ロブソン通りでショッピング!カナダ発の人気...

    日本人の中でも人気の都市、バンクーバー(Vancouver)。ダウンタウンにあるロブソン通り(Robson Street)には最先端のファッションを扱うショップがたくさん♡そこで今回はおしゃれなバンクーバーっ子が集まるロブソン通りにある、カナダ発祥のファッション系ショップをご紹介します。

  • カナダのおすすめ人気ホテルベスト15!口コミ高評価ホテル厳選!

    素敵な旅にするには思い出に残る観光はもちろん、ホテル選びも重要です。カナダは多くの観光スポットがあるので、自由旅ならホテル選びも迷ってしまうところ。でも大丈夫!今回は単なる有名なだけでなく口コミで高評価のホテルを厳選し、実際に滞在したくなるカナダ国内のホテル15選をお届けします。

  • カナダ旅行で行くべき!ビクトリアおすすめ人気観光スポット8選

    カナダ西部を代表する都市バンクーバー。そのバンクーバーからフェリーで4時間ほどのところにあるのが、英国の雰囲気漂う美しい街ブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリアです。ビクトリアといえば、美しい庭園のイメージが強いですが、実は他にも魅力的な観光スポットがたくさんあるんです。今回はビクトリアを訪れたらぜひ行ってほしいスポットをご紹介します。

  • バンクーバー・イエールタウンのおすすめショッピングスポッ...

    バンクーバーの中でも、ショッピング街として大人気のイエールタウン♪もともとは倉庫街でしたが、現在は改装されてシックな大人の雰囲気が魅力のスポット!そんなお洒落な空間で、自分のお気に入りを探してみませんか?今回はイエールタウン観光に欠かせない、おすすめショップを5つご紹介します!観光中は是非訪れてみてください!

このエリアの人気記事
新着記事