フィンランド・ヘルシンキ発!人気のバルト海クルーズ

2,364

views

0

「動くホテル」といわれるクルーズ船の旅はお金も時間もかかる、年配の方が行く、というイメージですよね。でも旅のコースの一部に入れてみると、さほど費用をかけずに楽しむことができます。季節によって変化する自然の風景と古都を両方楽しめるバルト海クルーズの代表的な寄港地をご紹介します。

バルト海とその周辺国をめぐる

バルト海は、北欧スカンジナビア半島にあるノルウェー、スウェーデンと南側のドイツ、ポーランド、ロシア、バルト三国のエストニア、ラトビア、リトアニアに面しています。
バルト海クルーズのコースはこれらの国と周辺のデンマークやフィンランドを周遊しています。
フィンランドの首都ヘルシンキを起点にすれば船で日帰りができる場所もあります。

船でのんびりと楽しむ

船のクルーズは、サービスのクオリティの高さの割には費用が安い、ということもあり、人気があります。客船内には、レストラン、免税店、娯楽施設が完備、これらは乗船の料金に含まれているので、ほとんどが無料!もちろん医師も常駐しています。
バスや飛行機の移動と違い、自然の風景を見ながら、食事やエンターテイメントを楽しめるのがクルーズ船の醍醐味です。

毎日運航、バルト海クルーズ

客室のタイプはツインルームが基本。海側と通路側、バルコニーの有無などの部屋のタイプで料金が変わり、また、夏季と冬季によっても料金が変わり、冬季は天候次第でコースが変更することもあります。
バルト海クルーズが人気なのは、寄港地が首都や観光地なので見どころがたくさんあることです。
それでは、クルーズの主な寄港地をご紹介します。

ヘルシンキ(フィンランド)

フィンランドの首都ヘルシンキは、1900年初頭のアールヌーボー建築が多く立ち並び、ヘルシンキ中央駅、国立博物館、国立劇場は歩いて散策できます。
また、世界遺産に登録されているスオメンリンナ要塞がある郊外のスオメンリンナ島には市内からフェリーで約15分、時間があったら足を延ばしてみましょう。

オスロ(ノルウェー)

ノルウェーの首都オスロは、オスロフィヨルドの奥に位置する森と湖に囲まれた街で、市内の3分の2が自然保護区です。
フィヨルドと氷河、バイキングの国。クルーズ船の寄港地の中でも人気が高い場所です。
時間があったら、国立美術館へ行ってみましょう、ムンクの「叫び」が展示されていますよ。彼の作品をもっと見たければムンク美術館もどうぞ。

ストックホルム(スウェーデン)

スウェーデンの首都ストックホルムは北欧最大の都市。周囲を水に囲まれ、「北欧のベニス」とも呼ばれています。
ノーベル賞の授賞式が行われる市庁舎、ノーベル博物館のカフェの椅子の裏には、ここを訪れた受賞者のサインが残されていますよ。
「ガムラスタン」と呼ばれる旧市街は「魔女の宅急便」のモデルといわれています。


コペンハーゲン(デンマーク)

デンマークの首都コペンハーゲンは、運河が多く、街中をめぐるには遊覧船で運河クルーズがおすすめ、中央駅から2キロ圏内にチボリ公園や人魚の像があります。
中でも特に必見は、毎日12時に行われるアマリエンボー宮殿の衛兵交代式。
「世界で最も住みやすい25の都市」にも選ばれている街をぜひ、この目で確かめてみては?

タリン(エストニア)

エストニアの首都のタリンは中世の街並みがそのまま残り、旧市街は外縁が石造りの城壁で囲まれています。写真の左側にある高い塔は、13世紀に建てられた聖オラフ教会です。
また、ここでのおすすめは1937年創業の老舗チョコレートカフェ、濃厚なガトーショコラが人気です。

リガ(ラトビア)

ここはリガのシンボル、市庁舎広場にあるブラッグヘッド会館。
現在は大統領官邸として使われています。
ラドビアの首都のリガは「バルト海の真珠」ともいわれ、ゴシック様式やアールヌーボー様式などの建築物が多く残っており、900年近い歴史があります。

クライぺダ(リトアニア)

リトアニア唯一の港湾都市、西部のクライペダに寄港します。
ここから首都のビリニュスまでは鉄道が1日3本、所要時間は約5時間です。
かつてドイツ領だったこの街は「メーメルブルグ」と呼ばれ、ダニェ川を境に旧市街地と新市街地とに分かれています。

サンクトペテルブルグ(ロシア)

ロシアのサンクトペテルブルグでは、世界遺産のエルミタージュ美術館は1日で回りきれないほどの絵画、宝石、彫刻などを収蔵しています。
他にもエカテリーナ宮殿、ピョートル大帝の夏の宮殿が見どころです。華麗で荘厳な建物は必見ですよ。

クルーズに参加するには?

クルーズのコースは色々あるので、ご自分の旅行日程にあったコースが選ぶことができますよ。
寄港地で下船して街を散策できるオプショナルツアーもあります。
特にバルト海クルーズのベストシーズンは6月~8月がおすすめ、のんびりと北欧の古都を周遊してみませんか。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フィンランド・ヘルシンキで北欧雑貨ショップに行こう!オシ...

    日本で人気の北欧雑貨。特にフィンランドのヘルシンキにはマリメッコやヨハンナ・グリグセンなどの憧れブランドショップが集まっています。日本よりお手頃だったり、デザインが豊富だったり…。ぜひお気に入りの雑貨を手に入れてください。

  • フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケッ...

    「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランドで酔いしれたい!病みつきになるほどおいしいハ...

    フィンランドにはオリジナリティ豊かなお酒がありますが、北欧という土地柄、寒さをしのぐためにアルコール度数の高いハードリカーを飲むのが定番なんですよ!おみやげにもってこい、強いけれど一度飲んだら病みつきになること間違いなしのフィンランド産ハードリカー3選をご紹介します。

  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

  • 意外とビール好きの国フィンランド!飲み比べてみたいビール...

    日本ではあまりフィンランド産ビールを見かけませんが、実はフィンランドの人々はビールが大好き!国内で日常的に一番良く飲まれているお酒です。国産ビールの銘柄も数えきれないほどあります!今回は、そんなフィンランドの人々が愛してやまない、おすすめビール5銘柄をご紹介します!

このエリアの新着記事
  • フィンランドでおすすめの人気のお土産TOP20!日本でお馴染み...

    フィンランドといえば、北欧デザインやムーミン、サンタクロース、サウナなど、日本でもお馴染みのモノがたくさん!現地に行くと、日本よりも割安で買える他、限定グッズも!今回は、フィンランドが生んだ大人気の北欧デザインからナチュラルコスメ、伝統工芸品まで一挙にご紹介しますので、是非参考にしてください。

  • フィンランド・ヘルシンキ雑貨ショップ4選!北欧アイテムをお...

    ヘルシンキはフィンランドの首都かつフィンランド最大の都市。日本でも注目されている北欧風デザインの発祥地としても有名です。人気の「マリメッコ」やガラスメーカー「イッタラ」、インテリアショップ「アルテック」などデザイン性の優れたショップが多く立ち並んでいるのが何よりの魅力。そんな北欧インテリアや雑貨がずらりとそろった、見るだけでも楽しめるヘルシンキの人気ショップをご紹介します。

  • フィンランド・イナリで過ごす白夜と大自然、おすすめの過ご...

    フィンランドと言えばオーロラ!それともムーミン?いやいや、白夜と大自然も中々のものですよ!今回はフィンランドでおすすめのオーロラ以外の楽しみ方を紹介したいと思います。

  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランド・ヘルシンキで北欧雑貨ショップに行こう!オシ...

    日本で人気の北欧雑貨。特にフィンランドのヘルシンキにはマリメッコやヨハンナ・グリグセンなどの憧れブランドショップが集まっています。日本よりお手頃だったり、デザインが豊富だったり…。ぜひお気に入りの雑貨を手に入れてください。

  • フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケッ...

    「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

  • フィンランド・ヘルシンキの観光名所14選!北欧の雰囲気をた...

    今回ご紹介するのはフィンランドの首都であるヘルシンキの観光名所!定番のスポットを中心に、教会やイベントホール、ショッピングに最適なストリートまで網羅してみました。おすすめの観光名所ばかりです。お気に入りの場所を見つけてくださいね♪

  • トゥルクの観光スポット5選!のんびりブラリ旅しよう

    アウラ川が町の中心を流れ、中世の雰囲気漂うトゥルク。そこは、スウェーデン統治時代から600年もの間、都のあった街。フィンランドなのにスウェーデンの香りがする独特の空気をもったトゥルクを のんびり、ぶらりと旅してみましょう!

  • フィンランド基本情報 【治安・情勢編】事前にチェックして...

    福祉国家として知られるフィンランド。日本ではムーミン、北欧デザインなどの人気もあって観光で訪れる人が増加。世界的に見ても治安が良く安全度の高い国ですが、渡航に際しては注意も必要です。フィンランドでの滞在を楽しいものにするために治安情勢について調べておきましょう。

このエリアの人気記事
新着記事