和食にも最適!シンプルでありながら遊び心のあるMade in Finlandの食器 -Amfora-

1,604

views

0

イイッタラを始めとするフィンランド産の食器はシンプルで和食にもよく合います。今回ご紹介するのはAmforaの食器。彫刻家でもあるPäivi RintaniemiさんがデザインしたAmforaの食器はシンプルで飽きのこないデザインながら、手作りならではの温かみ、そして遊び心満載の食器です。今回は、その魅力をふんだんにご紹介します。

Amforaとは

Amforaとは、フィンランド中西部にあるセイナヨキ在住のPäivi Rintaniemiさんが1986年に立ち上げた食器などの陶器メーカー。
シンプルかつユニークなデザインで多くのファンを魅了しています。
デザインの担当はPäiviさん、そしてエンジニアでもある旦那さんのMarkkuさんがそのデザインを形にするための機械を自ら設計。そこから作り出されるものは、まさに二人の共同作業の産物。Päiviさんは、旦那さんの協力なしにはこのような高品質の製品は作れなかったと語ります。

組み合わせを楽しむ

Amforaの代表的なお皿はTriシリーズの丸みを帯びた三角形をしたサービング用プレートと、葉っぱのような楕円形のリーフプレート。その相性はこのようにぴったり。
サービング用プレートの中にリーフプレートを入れれば違う種類の料理を入れることができるし、大きさの違うプレートを重ねるだけで絵になります。

サービング用プレートにリーフ型のシュガーボウル、そしてピッチャーを合わせたもの。「器」としての機能に加えて組み合わせも楽しめます。Amfora製品を買い揃えたくなる理由はここにもあります。

日本からのオーダーで人気があるというTriのリーフプレート。料理を直接盛ってもいいし、小さなカップを置いてもいいし、キャンディーを置いたり、家の鍵などを置いて使っているなんていうのも見かけたこともあります。まさに使い方はその人次第。

遊び心の溢れたボウル

出典: www.amfora.fi

真っ白でシンプルなボウル。でも、よく見ると底は平らではありません。Päiviさんはこれをデザインした時にただの安定したボウルではおもしろくないと思い、このように底を丸い形にしました。安定感はあるので容易に中のものがこぼれたりする心配はありません。
色付けもPäiviさんがひとつずつされているので、この写真のボウルの底は黄色と黒のもの。中にうずまき模様が入っているボウルもあるのですよ。

模様を楽しむ

Amforaの製品は基本的に白と黒、またはストライプが主流ですが、時々Päiviさんが模様をつけており、それはこの世に一つしかないものです。
インターネットでは模様がついたものは販売されていないので、お店で実際に手に取ってみるのも買い物する時の楽しみのひとつ。

キャンドルホルダーにも花瓶にもなる機能的なティーライトヴェース

暗くて長い冬のフィンランドでは日常の様々なシーンでキャンドルが使われます。このティーライトヴェースは、時にキャンドルホルダーとして柔らかい光を提供し、時に花瓶として部屋に華やかさをもたらしてくれます。

使いやすさの追求

ただ真っ白なひとつのカップ。Amforaのカップは底が丸みを帯びた三角形。秘密はそれだけではなく取っ手の部分にあるとPäiviさんは語ります。
普通のカップと違って取っ手の根元部分が平らになっているので、安定感があり持ちやすいとお客様からもよいフィードバックをいただいているとのこと。

和食にもぴったり

箸置きに使っているのは、実はナプキンリング。小皿はまるで醤油入れのために作られたかのよう。右上の小さめのカップも日本からのオーダーが多いとのこと。湯呑として、またお猪口としても使えそうですね。
また丸いお皿が主流の中、長方形のお皿は貴重なのです。Päiviさん自身は日本を意識して製品を作っているわけではないのですが、こうして見ると何かしら所縁があるようです。

カフェスペース

Amforaのセイナヨキの直営店には店舗スペースの隣にカフェスペースがあります。
通常カフェはオープンしていませんが、Päiviさんの彫刻作品が飾られているのでそれを見ることはできます。
このスペースは地元レストランと提携を結んでいて、誕生日パーティー、結婚式、卒業祝いなどのパーティーを開くことが可能です。またそれ以外にもAmforaが主催の特別ランチビュッフェの催しやコンサート、イベントが行われることもあります。

Päiviさんの彫刻作品

PäiviさんはAmforaの作品の他に多くの彫刻作品も作り続けていて、フィンランド国内のみならず海外でも活躍されています。
日本では2014年には国際陶磁器フェスティバル美濃に出品したことがあり、また2013年にイタリア、ファエンツァの現代陶器芸術国際コンペティションで、彼女の作品「Avia」が大賞を受賞しました。
Päiviさんによると、作品それぞれにある、人のポートレートをイメージしながら作っているのだそうです。それは人生のようにいい時もあれば悪い時もあり、壊れやすいものでもある。そういうものを全部ひっくるめて一連の流れを作品に込めているのだそうです。
静謐な中にもしっかりとした芯を感じさせる作品です。

Amfora
住所:
Päivölänkatu 32, 60120 Seinäjoki, Finland
営業時間:
10:00~17:00
ただし土曜日は10:
00-14:00
日曜日および祝祭日は休業
アクセス:
ヘルシンキからセイナヨキ駅電車で約3時間。セイナヨキ駅から2.4km。
電話番号:
+358 6 4122 824

Päiviさんに作品を作る上での醍醐味を伺ったところ、自分は2つの仕事を持ち合わせているので楽しいとおっしゃいました。1つはAmforaの製品を作っている時で、買っていただいた方に家で使っていただくのを想像しながら作るのが楽しいと。もう1つの面は彫刻を作っている時で、自分でストーリーを作り上げていくのが楽しいとのことでした。
インターネットでフィンランド以外からでも購入可能ですが、機会があれば是非セイナヨキの直営店に足を運んでみてください。Päiviさんの思いがたくさん詰まった素敵な作品に会えるはずです。

Visit Lakeus

フィンランド中西部セイナヨキ在住。
アルヴァ・アールト設計の建築群に興味があり、地元でガイドをやっています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フィンランド・ヘルシンキで北欧雑貨ショップに行こう!オシ...

    日本で人気の北欧雑貨。特にフィンランドのヘルシンキにはマリメッコやヨハンナ・グリグセンなどの憧れブランドショップが集まっています。日本よりお手頃だったり、デザインが豊富だったり…。ぜひお気に入りの雑貨を手に入れてください。

  • フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケッ...

    「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランドで酔いしれたい!病みつきになるほどおいしいハ...

    フィンランドにはオリジナリティ豊かなお酒がありますが、北欧という土地柄、寒さをしのぐためにアルコール度数の高いハードリカーを飲むのが定番なんですよ!おみやげにもってこい、強いけれど一度飲んだら病みつきになること間違いなしのフィンランド産ハードリカー3選をご紹介します。

  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

  • 意外とビール好きの国フィンランド!飲み比べてみたいビール...

    日本ではあまりフィンランド産ビールを見かけませんが、実はフィンランドの人々はビールが大好き!国内で日常的に一番良く飲まれているお酒です。国産ビールの銘柄も数えきれないほどあります!今回は、そんなフィンランドの人々が愛してやまない、おすすめビール5銘柄をご紹介します!

このエリアの新着記事
  • フィンランド・ヘルシンキ雑貨ショップ4選!北欧アイテムをお...

    ヘルシンキはフィンランドの首都かつフィンランド最大の都市。日本でも注目されている北欧風デザインの発祥地としても有名です。人気の「マリメッコ」やガラスメーカー「イッタラ」、インテリアショップ「アルテック」などデザイン性の優れたショップが多く立ち並んでいるのが何よりの魅力。そんな北欧インテリアや雑貨がずらりとそろった、見るだけでも楽しめるヘルシンキの人気ショップをご紹介します。

  • フィンランド・イナリで過ごす白夜と大自然、おすすめの過ご...

    フィンランドと言えばオーロラ!それともムーミン?いやいや、白夜と大自然も中々のものですよ!今回はフィンランドでおすすめのオーロラ以外の楽しみ方を紹介したいと思います。

  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランド・ヘルシンキで北欧雑貨ショップに行こう!オシ...

    日本で人気の北欧雑貨。特にフィンランドのヘルシンキにはマリメッコやヨハンナ・グリグセンなどの憧れブランドショップが集まっています。日本よりお手頃だったり、デザインが豊富だったり…。ぜひお気に入りの雑貨を手に入れてください。

  • フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケッ...

    「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

  • フィンランド・ヘルシンキの観光名所14選!北欧の雰囲気をた...

    今回ご紹介するのはフィンランドの首都であるヘルシンキの観光名所!定番のスポットを中心に、教会やイベントホール、ショッピングに最適なストリートまで網羅してみました。おすすめの観光名所ばかりです。お気に入りの場所を見つけてくださいね♪

  • トゥルクの観光スポット5選!のんびりブラリ旅しよう

    アウラ川が町の中心を流れ、中世の雰囲気漂うトゥルク。そこは、スウェーデン統治時代から600年もの間、都のあった街。フィンランドなのにスウェーデンの香りがする独特の空気をもったトゥルクを のんびり、ぶらりと旅してみましょう!

  • フィンランド基本情報 【治安・情勢編】事前にチェックして...

    福祉国家として知られるフィンランド。日本ではムーミン、北欧デザインなどの人気もあって観光で訪れる人が増加。世界的に見ても治安が良く安全度の高い国ですが、渡航に際しては注意も必要です。フィンランドでの滞在を楽しいものにするために治安情勢について調べておきましょう。

  • フィンランド基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    北欧の小さな国フィンランド。近年の北欧インテリア人気もあり、人気の海外旅行先となっています。そんなフィンランドを訪れる際に参考にしたい、祝祭日の情報やビジネスアワーをまとめてみました。

このエリアの人気記事