ナミビア基本情報【レンタカー編】

1,779

views

0

世界最古のナミブ砂漠、サファリの出来るエトーシャ、ヒンバ族の住むカオコランド…ナミビアにはたくさんの観光スポットがあります。ですが、公共の交通機関がほとんど整備されておらず、バスなどで旅するのは困難です。そんな時に便利なのがレンタカー。今回はナミビアでレンタカーをする方法と、その注意事項になどについてまとめました。

1.ナミビアの運転事情

交通ルールは日本と同じなんです

ナミビアでの基本的な運転のルールは日本と同じ、「右ハンドル左側通行」。そのため日本の運転に慣れているのであれば、苦にはならないはず。また慣れていない場合でも、首都ウィントフックなどを除いては車の数が日本とは比べ物にならないぐらい少ないので、運転自体難しいことはありません。なお国外免許証が必要なので、事前に準備していく必要があります。また基本的にはマニュアル車がメインですが、事前に指定すればオートマも借りることが出来ます。

日本との違い①…未舗装道路!

ウィントフック~エトーシャ国立公園など主要な道路を除く多くの道路はなんと未舗装!ちょっと飛ばすとすぐにハンドルが取られたり、対向車のタイヤが飛ばした小石がフロントガラスに当たったり。日本の舗装道路に慣れていると少し戸惑いますが、何時間か運転していればある程度慣れると思います。

日本との違い②…動物が飛び出してくる!

自然豊かなナミビアでは、あちこちを野生の動物が歩き回っています。筆者がレンタカーで回った一週間の間だけでも、ゾウ、キリン、サイ、オリックス、ガゼル、ウシなど。なんと驚くことにライオンまで!しかもこれ、別に自然保護区などではないんです。これだけ多くの動物がいるので、稀に飛び出してくることもあるそう。運転する時は対向車や歩行者だけでなく、動物にも注意する必要があるんです。

2.レンタカー会社

首都ウィントフックには大手のAvisやEuropcarなど、欧米系の大手レンタカー会社があります。それ以外にも地場の会社があるのですが、レンタカーにまつわるトラブルが絶えないので(後述)、個人的には大手で借りることをオススメします。

3.費用

もちろん車種によって変ってくるので、参考までに筆者のケースを一例として挙げておきます。筆者はウィントフックのシェラトンホテルにあるThriftyで6日間、中型車(日産の5人乗り)を借り、車の費用が2427.17ナミビアドル(約2万4千円)、保険が3415.03ナミビアドル(約3万4千円)、合計約6万8千円になりました。この時は4人で回ったので、一人当たり1万7千円、一日あたり約3千円の計算になります。

4.保険

上記の保険代には、基本のスタンダードカバーの他、フロントガラスカバーとタイヤカバーを含んでいます。未舗装道路の多いナミビアでは、対向車が飛ばした小石でフロントガラスが割れたり、タイヤがパンクするケースが多いそうなので、この二つは追加で加入しました。結果的にはパンクも事故もなく済みましたが、何かあった時のことを考えると保険に入っておいた方が無難ですね。

5.その他の注意事項 レンタカー会社とのトラブル

事故がなかった場合でも、レンタカー会社によってはクレームをつけられて何十万と取られてしまう日本人旅行者がいるという話を聞いたことがあります。基本的にこういったことは英語での交渉になるので、海外でレンタカーをする際にはある程度英語を話すことが出来るか、もしくは日本語ガイドを雇う必要があります。また借りた時点での車のキズを写真に撮っておくなど、トラブル回避には事前の対策が重要です。

さぁ、ナミビアの大地を自由にドライブしよう!

ナミビアでのレンタカーTIPS、いかがでしたか?公共交通機関に頼ることが出来ないナミビアですが、それで行くのを断念するのはとってももったいない、世界でも有数の観光大国です。筆者がこの2年間で回った約50ヶ国の中でも、スケールの大きさや独特の景色といった点ではトップクラスです。慣れない海外での運転は不安もあると思いますが、それでもアフリカの大地を好きなようにドライブするのはとても楽しいですよ!ナミビアでレンタカーする際には、事前に十分注意して、安全運転で旅を楽しんでくださいね♪

石塚皓

2014年7月より、元教師の妻と世界一周の旅を始め、2016年3月に無事、帰国した33歳の元会計士。1年8カ月かけ48カ国を回る中で出会った絶景やオススメのグルメ情報など、旅に関する情報を発信していきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • アフリカ・ナミビア旅行「ヒンバ族」に会いに行こう!一生に...

    ナミビア奥地に住むヒンバ族をご存知でしょうか?ヒンバ族の女性は体と髪に「オーカ」と呼ばれる赤いペースト状のものを塗り、上半身は裸のまま。そして驚くべきことに、ヒンバの女性は一生に一度も体を洗わないそう!今回は摩訶不思議な生き方をしている「世界で最も美しい」ヒンバ族についてお届けします。

  • 絵画のような絶景!ナミビアの絶景を味わえるおすすめ観光ス...

    日本から遠く離れたアフリカ・ナミビアの地に、まるで絵画のように美しい絶景が存在することを知っているだろうか。世界で最も古くからあるとされているナミブ砂漠をはじめ、幻想的な風景が見られる観光スポットをご紹介します。

  • アフリカ・アンゴラの必見観光スポット4選!絶対抑えたい絶景...

    アフリカの南西部に位置するアンゴラ。日本ではあまり知られていない国ですが、世界遺産のナミブ砂漠やアフリカで2番目に大きい滝など、絶景スポットが多くある国です。ここではそんなアンゴラの観光スポットを紹介しましょう!

  • ナミビア・ナミブ砂漠で出会いたい奇妙な動植物ガイド!アフ...

    砂漠に生物なんているの!?と思ってしまいますが、実はさまざまな動植物が生息している事が知られています。ナミビアのナミブ砂漠もその一つ。現地の言葉で何もない事を意味するナミブですが、その気候に適応した、多くのユニークな動植物が生息していて、世界遺産に登録された砂漠です。ナミブ砂漠には、一体、どのような動植物がいるのでしょう!

  • 【アフリカ】ナミビア・エトーシャ国立公園のサファリをレン...

    アフリカでの人気No.1アクティビティ・サファリ。そのメッカと言えば南アフリカ、ケニア、タンザニアなどですが、ナミブ砂漠で知られるナミビアでは一風変わったサファリを体験することが出来ます。なんとレンタカーで自由に動き回れるのです!今回はレンタカーでサファリが出来るエトーシャ国立公園についての情報をお届けします。

  • 南アフリカ・ナミビアで絶対行くべき人気観光都市まとめ☆ナミ...

    日本人にとってあまりなじみが薄い「ナミビア」。アフリカの南部に位置するこの地には世界遺産にも選ばれた、ナミブ砂漠やエトシャ国立公園といった大自然の魅力がつまっています。そこで、あまり紹介されていない、ナミビアでも人気のある2つの都市で、おすすめのスポットを紹介します。

このエリアの新着記事
  • アフリカ・ナミビア旅行「ヒンバ族」に会いに行こう!一生に...

    ナミビア奥地に住むヒンバ族をご存知でしょうか?ヒンバ族の女性は体と髪に「オーカ」と呼ばれる赤いペースト状のものを塗り、上半身は裸のまま。そして驚くべきことに、ヒンバの女性は一生に一度も体を洗わないそう!今回は摩訶不思議な生き方をしている「世界で最も美しい」ヒンバ族についてお届けします。

  • アフリカ・アンゴラの必見観光スポット4選!絶対抑えたい絶景...

    アフリカの南西部に位置するアンゴラ。日本ではあまり知られていない国ですが、世界遺産のナミブ砂漠やアフリカで2番目に大きい滝など、絶景スポットが多くある国です。ここではそんなアンゴラの観光スポットを紹介しましょう!

  • ナミビアのナミブ砂漠を極める!世界で最も美しい砂漠へ

    世界で最も古い砂漠といわれ、世界遺産にも指定されているナミブ砂漠。美しい砂丘が連なり、日本では見ることができない絶景が広がる場所なのです。今回はナミビア旅行の際にはぜひ行っておきたい、ナミブ砂漠の見どころをご紹介します。

  • ナミビア・ナミブ砂漠の快適ホテルセレクション!アナタは砂...

    ナミビア旅行の際に欠かせない観光スポットであるナミブ砂漠は、多くの旅行者が訪れる事もあり、優れたホテルが存在している地域でもあります。暑く日差しが強い砂漠で過ごした後は、しっかり体を休める為のホテル選びが重要です。このセレクションを活用して、思い出に残るひと時を過ごしてみてはいかがでしょう。

  • ナミビア・ナミブ砂漠の絶景観光スポット4選!素晴らしき大自...

    世界遺産であるナミブ砂漠は、絶景が楽しめるスポットとして、世界中から多くの観光客が足を運びます。砂丘でありながら山のように高く、中には300メートルにもなる高さから自然の風景を堪能出来る場所でもあります。日中の気温は25度前後と過ごしやすいですが、夜間には急激に気温が低下するので注意が必要です。普段体感出来ないような感覚を味わいたい方に適した、自然豊かな観光地です。いつもとは違う旅を満喫したい場合には、ナミビア方面への観光が最適です。

  • ナミビア・ナミブ砂漠の絶景4選!摩訶不思議な光景に絶句!

    アフリカ大陸に広がる世界で最も古い砂漠として知られるナミブ砂漠。ここにはまだ多くの人に知られていない摩訶不思議な風景が沢山存在しています。砂の惑星とも言われ、砂丘がいくつも連なって出来ている事から、季節や時間帯によって様々な表情を作り出すのが特徴です。ナミブ砂漠への観光を計画している方から、ナミブ砂漠があるナミビアについて調べている方まで、是非ご参考にして下さい。

  • ナミビア・ナミブ砂漠で出会いたい奇妙な動植物ガイド!アフ...

    砂漠に生物なんているの!?と思ってしまいますが、実はさまざまな動植物が生息している事が知られています。ナミビアのナミブ砂漠もその一つ。現地の言葉で何もない事を意味するナミブですが、その気候に適応した、多くのユニークな動植物が生息していて、世界遺産に登録された砂漠です。ナミブ砂漠には、一体、どのような動植物がいるのでしょう!

  • 【アフリカ】ナミビア・エトーシャ国立公園のサファリをレン...

    アフリカでの人気No.1アクティビティ・サファリ。そのメッカと言えば南アフリカ、ケニア、タンザニアなどですが、ナミブ砂漠で知られるナミビアでは一風変わったサファリを体験することが出来ます。なんとレンタカーで自由に動き回れるのです!今回はレンタカーでサファリが出来るエトーシャ国立公園についての情報をお届けします。

  • ナミビア・スワコップムントおすすめ観光スポット3選!野生...

    砂漠というイメージのあるナミビアですが、そこには様々な生物が住んでいます。サファリができるエトーシャ国立公園をはじめ、オットセイやフラミンゴの群生地、またここでしか見ることができない奇想天外な植物などなど、見どころがたくさん。今回はナミビア西部にある第二の都市スワコップムント周辺で動植物を見ることができる、3つのスポットをご紹介します。

  • 南アフリカ・ナミビアで絶対行くべき人気観光都市まとめ☆ナミ...

    日本人にとってあまりなじみが薄い「ナミビア」。アフリカの南部に位置するこの地には世界遺産にも選ばれた、ナミブ砂漠やエトシャ国立公園といった大自然の魅力がつまっています。そこで、あまり紹介されていない、ナミビアでも人気のある2つの都市で、おすすめのスポットを紹介します。