フィンランド旅行でおすすめのアクティビティ!湖畔サイクリングを楽しもう

2,529

views

0

森と湖の国、フィンランド。国内には湖畔や森などの自然の中の遊歩道がたくさんあります。観光地を巡ったりショッピングをするのも楽しいですが、少しディープに自転車に乗って豊かな自然を満喫してみませんか。

自転車を借りる

サイクリングに出かける先が見つかったらレンタサイクルの手配をしましょう。
どの街でもいいのですが、今回は私の住むセイナヨキを例にご案内します。
セイナヨキの駅前にEtelä-Pohjanmaan Matkailuという旅行会社(=matkatoimisto)があり、そこでレンタルすることができます。その際に地図も一緒にもらっておくといいでしょう。

レンタサイクルはJopo(=ヨポ)という種類が一般的に多いです。フィンランド人と日本人の足の長さは違うので、自転車の種類によってはサドルを下げても足が届かないことも。でもこのJopoならサドルの高さに柔軟性があるので、安心して乗ることができます。ただ注意すべき点は、日本では馴染みのないフットブレーキ仕様ということ。ペダルを漕ぐのをやめるとブレーキがかかるので慣れるまで注意が必要です。

サイクリングの前に

サイクリングの行先が決まり、自転車も手配準備完了。
ここでいくつかのアドバイスがあります。
まず念のためウィンドブレーカーのような風を通さない素材のジャケットを準備することをお薦めします。外は暖かくても湖畔は風がきついこともあります。またフード付きのものであれば雨対策にもなり、なおよいでしょう。
次に距離にもよりますが、特に長距離の場合は飲み物、またエナジーバーなどのちょっとした食べ物、または思い切ってサンドイッチ等お弁当を自然の中で食べるのも一つの手です。
日差しが強いときはサングラス(時には虫よけの効果あり)、日焼け止めもお忘れなく。

春のサイクリング

フィンランドの冬は寒くて長いですが、だからこそ春の訪れは待ち遠しく、また暖かくなると草木が一斉に成長し始めるのもこの季節ならでは。そんな草木の息吹を感じながらのサイクリングは気持のいいものです。

これは冬の写真では?と思われるかもしれませんが、3月の中旬に撮ったものです。
サイクリングを楽しむのには若干寒そうですが、湖が白と青のコントラストで楽しめるのはこの季節ならでは。
このぐらい湖に氷が残っていると、日陰になっている道の一部はまだ凍っているところがあるかもしれません。無理をせず、スピードを緩めてゆっくり進むか、思い切って引き返すのも一つの方法です。

夏のサイクリング

サイクリングに最適なのは何といっても夏です。
フィンランドの夏はとにかく長いので、暗くなる時間を気にせずゆっくりサイクリングを楽しめます。また空気もからっとして、気温も(年によって変わりますが)日本ほど高温になることはなく、体を動かすのにほどよい季節です。

太陽の豊かな光を浴び、湖面から吹いてくる風を肌で感じながら、穏やかな湖、そして周りの風景を見ながらのサイクリングは時間を忘れさせてくれます。
紫外線対策もお忘れなく。

サイクリングの間決めらていることは何もありません。気の赴くまま、また体の声に従って途中でこのような桟橋で一休みするもよし、カメラを片手に美しい風景を撮るもよし。ゆったりとした気持で存分に自然を楽しむことが何よりも大切です。

秋のサイクリング

秋になると少しずつ気温が下がり、日が短くなってきます。渡り鳥は暖かい場所へと南下を始め、木々の葉っぱも落ち始めます。そんな季節の移ろいを感じながらのサイクリングも趣があります。
特に日が落ちる頃のサイクリングは、夕陽の美しさ、また夕陽に染まった空の優しさ、空の色が刻々と変わっていく優雅さは何度も写真に収めたくなります。

夏までは緑の葉っぱに覆われていた白樺の木も葉っぱが落ちた後はこの通り。春や夏とはまた異なる風景が広がります。

冬の湖

冬のサイクリングはあまりお薦めできません。寒さというハンデもありますが、何よりも道が凍っていたり滑りやすくなっているからです。街中の歩道は雪かきがされていますが、湖畔の道は未整備です。それでももしバスなどの手段があれば、晴れた日に湖に出向けば素敵な風景を見ることができます。
湖は冬になると氷が張り、その上に雪が積もるので広い白い大地が広がっているように見えます。
また気温が低く、お天気のいい日なら空気中にダイヤモンドダストがキラキラ光っているのを見ることもできます。
防寒は万全に!

その他のアクティビティ

もう少しディープにフィンランド人らしく自然を楽しみたい方はMakkaraとよばれるソーセージを持参するのも一つの手。自然の中の遊歩道の途中に時々このような小屋があり、中でBBQができるようになっています。自分で火をくべて木の枝にソーセージを突き刺して炙って食べればまた格別なおいしさになること、間違いなし。

湖畔ではあまり見かけませんが、夏の終わりから秋にかけて森ではブルーベリー(正しくはビルベリー)、ラズベリー、コケモモなどのベリー類、そして様々なキノコが生えてきます。フィンランドでは所有者の許可なしに自由に採ったり食べていいのです。小腹が空いた時、少し喉を潤したい時に森のベリーをつまんで一休みしてはいかがでしょうか。

雪が積もるとサイクリングはできなくなりますが、自然の中の遊歩道はこのようにクロスカントリースキーのコースになります。このコースは市が維持し、日が暮れた後でも街灯があるので冬でも体を動かすことができます。もちろん使用料は無料。

Kyrkösjärvi reitti (キュルコス湖遊歩道)
住所:
Kyrkösvuorentie 60220 Seinäjoki, Finland
セイナヨキ駅から4km
湖の周りは15.5km

自然は季節、時間、お天気により様々な表情を見せてくれます。体を動かす心地よさを感じることができ、何よりも人工的な音が遮断された環境で自転車をこいでいるうちに自然に頭の中が解放され、昔のことを思い出したり、あるいは未来のプランについて考えることができ、思っている以上にリフレッシュできます。
もしチャンスがあれば是非お試しください。

Visit Lakeus

フィンランド中西部セイナヨキ在住。
アルヴァ・アールト設計の建築群に興味があり、地元でガイドをやっています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フィンランド・ヘルシンキで北欧雑貨ショップに行こう!オシ...

    日本で人気の北欧雑貨。特にフィンランドのヘルシンキにはマリメッコやヨハンナ・グリグセンなどの憧れブランドショップが集まっています。日本よりお手頃だったり、デザインが豊富だったり…。ぜひお気に入りの雑貨を手に入れてください。

  • フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケッ...

    「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランドで酔いしれたい!病みつきになるほどおいしいハ...

    フィンランドにはオリジナリティ豊かなお酒がありますが、北欧という土地柄、寒さをしのぐためにアルコール度数の高いハードリカーを飲むのが定番なんですよ!おみやげにもってこい、強いけれど一度飲んだら病みつきになること間違いなしのフィンランド産ハードリカー3選をご紹介します。

  • 意外とビール好きの国フィンランド!飲み比べてみたいビール...

    日本ではあまりフィンランド産ビールを見かけませんが、実はフィンランドの人々はビールが大好き!国内で日常的に一番良く飲まれているお酒です。国産ビールの銘柄も数えきれないほどあります!今回は、そんなフィンランドの人々が愛してやまない、おすすめビール5銘柄をご紹介します!

  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

このエリアの新着記事
  • フィンランド・イナリで過ごす白夜と大自然、おすすめの過ご...

    フィンランドと言えばオーロラ!それともムーミン?いやいや、白夜と大自然も中々のものですよ!今回はフィンランドでおすすめのオーロラ以外の楽しみ方を紹介したいと思います。

  • 本場フィンランドのマリメッコでお土産ショッピングを楽しもう

    すっかり日本でもお馴染みになっているアパレルブランド、マリメッコ。本家フィンランドに降り立ったら早速マリメッコ三昧したくなる!そんな選りすぐりのスポットをご紹介します!

  • ヘルシンキ人気レストランおすすめ3選!北欧フィンランド料...

    フィンランドの首都ヘルシンキ。緑や湖といった自然に囲まれた風景と中世を思わせる建物が印象的です。そんなヘルシンキは、伝統的なフィンランド料理を楽しめる都市としても人気!今回は、その中でも特におすすめのレストランを3つご紹介します。フィンランド観光がより楽しくなること間違いなしのスポットに、是非一度訪れてみてください!

  • フィンランド・ヘルシンキで北欧雑貨ショップに行こう!オシ...

    日本で人気の北欧雑貨。特にフィンランドのヘルシンキにはマリメッコやヨハンナ・グリグセンなどの憧れブランドショップが集まっています。日本よりお手頃だったり、デザインが豊富だったり…。ぜひお気に入りの雑貨を手に入れてください。

  • フィンランドのバラマキお土産は人気のヘルシンキのマーケッ...

    「ヘルシンキのお土産を買いたいけど時間がない!」そんな時に便利なのがマーケット。ヘルシンキには、あちこちにチェーンのマーケットが点在しています。商品が豊富で、クオリティーも高め。しかも、大量購入をできるのが嬉しいポイント。フィンランドのマーケットを賢く使いこなしてヘルシンキのお土産をゲットしましょう。

  • フィンランド・ヘルシンキの観光名所14選!北欧の雰囲気をた...

    今回ご紹介するのはフィンランドの首都であるヘルシンキの観光名所!定番のスポットを中心に、教会やイベントホール、ショッピングに最適なストリートまで網羅してみました。おすすめの観光名所ばかりです。お気に入りの場所を見つけてくださいね♪

  • トゥルクの観光スポット5選!のんびりブラリ旅しよう

    アウラ川が町の中心を流れ、中世の雰囲気漂うトゥルク。そこは、スウェーデン統治時代から600年もの間、都のあった街。フィンランドなのにスウェーデンの香りがする独特の空気をもったトゥルクを のんびり、ぶらりと旅してみましょう!

  • フィンランド基本情報 【治安・情勢編】事前にチェックして...

    福祉国家として知られるフィンランド。日本ではムーミン、北欧デザインなどの人気もあって観光で訪れる人が増加。世界的に見ても治安が良く安全度の高い国ですが、渡航に際しては注意も必要です。フィンランドでの滞在を楽しいものにするために治安情勢について調べておきましょう。

  • フィンランド基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    北欧の小さな国フィンランド。近年の北欧インテリア人気もあり、人気の海外旅行先となっています。そんなフィンランドを訪れる際に参考にしたい、祝祭日の情報やビジネスアワーをまとめてみました。

  • フィンランド基本情報 【交通手段編】

    北欧人気が高い中、ムーミンの生まれた国であるフィンランドはマリメッコなどの北欧デザインを代表するメーカーも多く、日本から訪れる人も多い国です。今回は、そんなフィンランドに訪れる前に知っておくと便利な、フィンランド国内の移動手段をご紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事