パラグアイ

Paraguay

【南米中央の内陸国は陽気なラテン気質でありながら文化的 パラグアイ】

日系移住地も点在するパラグアイと日本との時差は13時間。直行便がないため、周辺諸国や欧米・アジアの主要国際空港で乗り継ぎ約30時間のフライトを経て入国する。精密で色彩豊かな手工芸品、周辺諸国に劣らず賑やかな祭典、民族音楽など、文化・芸術面で優れているだけでなく、国立公園、自然保護地区にも恵まれており、植物や小動物の鑑賞も楽しめるモンダウの滝、南米最古の蒸気機関車であるパラグアイ鉄道など観光地は多岐に渡る。イエスズ会の宣教師が建てた修道院跡のトリニダー遺跡は、ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとしてユネスコ世界遺産の文化遺産に登録されている。

このエリアの人気記事

新着記事