パキスタン基本情報 【時差・空港編】

2,647

views

0

南アジアに位置するパキスタン。日本からはアジアや中東の都市を乗り継いで行くことができます。ここではパキスタンの時差やフライト、空港などについて紹介しましょう。

時差

パキスタンと日本の時差は4時間です。日本はパキスタンより4時間進んでいるので、日本の正午はパキスタンの午前8時です。

日本からイスラマバードへのフライト

日本からパキスタンの首都イスラマバードへは直行便がないので、アジアや中東の各都市を乗り継いで行きます。北京からはパキスタン航空が運航されていて、フライト時間は約6時間20分です。

ドバイ経由のエミレーツ航空、アブダビ経由のエディハト航空、ドーハ経由のカタール航空、バンコク経由のタイ航空などを利用して行くことができますが、いずれも乗り継ぎ時間を含めると24時間以上かかります。

日本からカラチへのフライト

日本からカラチへは直行便がありません。ドバイ経由のエミレーツ航空を利用すると、乗り継ぎ時間を含めて約14時間でカラチへ着くことができます。そのほか、タイ航空、カタール航空、中国国際航空を利用しても行くことができます。

日本からラホールへのフライト

ラホールはパキスタンの芸術・文化の中心地です。日本からはバンコク経由のタイ航空で行くことができます。古都ラホールは見どころも多く、インドへの国境まで車で約1時間なので、インドの観光も楽しむことができます。

ベナジル・ブット国際空港

ベナジル・ブット国際空港は、パキスタンのパンジャーブ州ラーワルピンディー市にある国際空港です。2008年にイスラマバード空港から名称が変更されました。この空港はパキスタンの空軍と共有しており、パキスタン航空のハブ空港としてイスラマバードの空の玄関口にもなっています。

ベナジル・ブット国際空港はイスラマバードの南10㎞のところに位置し、市内まではタクシーで約30分です。この空港は設備やアクセスの面であまり評判がよくなく、世界のワースト空港に選ばれたことも。

ベナジル・ブット国際空港の西南に最新設備を備えたイスラマバード・ガンダーラ国際空港の建設が進められています。

ジンナー国際空港

ジンナー国際空港はパキスタンの最大都市カラチにある国際空港で、パキスタン空港のハブ空港にもなっています。空港名は、パキスタンの独立の父、ムハンマド・アリー・ジンナーにちなんで名づけられました。ジンナー国際空港は、カラチの市街地から約13㎞離れたところにあり、市街地へはタクシーを利用して行きます。

ラホール・アラマ・イクバル国際空港

ラホール・アラマ・イクバル国際空港はカラチのジンナー空港に次いで大きな民用空港です。インドとの国境に近いパキスタン中東部パンジャブ州の州都ラホールにあり、ラホール市街から約7㎞のところに位置しています。空港名はラホールで没したムスリムの詩人・哲学者・政治家にちなんで名づけられました。

最後に

パキスタンの桃源郷フンザへはイスラマバードから国内線か陸路で行くことができます。昔から欧米の旅行社の憧れの地としても知られています。機会があったらぜひ訪れてみてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 超危険なクライマー憧れの地!パキスタンの世界最大級な崖「...

    外務省から危険情報が出ている「パキスタン」に世界最大級の崖「トランゴタワーズ」があるのを御存知でしょうか?まるで都会のタワービルが乱立しているようなトランゴタワーズですが、その高さ、大きさの規模が半端ではありません。天空に向かう猛々しさが圧巻です。多くのロッククライマー達が憧れる「トランゴタワーズ」についてご紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    モヘンジョダロ遺跡やラホールの城塞など、教科書でもお馴染みの世界遺産があるパキスタン。戦況が続く隣国、アフガニスタンからの移民も多く、人口は約2億人ほど。先住民から移民まで、様々な民族が暮らしています。そんなパキスタンの言語事情と旅行に役立つフレーズをまとめてみました。

  • パキスタン基本情報 【お金編】

    観光旅行先としてはあまり馴染みのないパキスタンですが、世界四大文明の一つインダス文明発祥の地であり、世界史好きにはたまらない名所・旧跡が数多く存在します。有名な都市遺跡モヘンジョダロは世界遺産に登録されています。そんな古代のロマンが溢れるパキスタンを訪れる時に便利な、通貨両替のコツや、チップの額などお金に関する豆知識やお得な情報をご紹介します!

  • パキスタン基本情報 【気候・服装編】

    パキスタンはインド、イラン、アフガニスタンに囲まれた南アジアの国です。変化に富んだ地形で、北部の山岳地帯は登山家のメッカにもなっています。そんなパキスタンの気候や訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    パキスタンはインドやアフガニスタンに国境を接する南アジアの国です。パキスタンと日本の関係は良好で、パキスタンの人びとは日本に親しみを持つ人が多くいます。ここではそんなパキスタンのビジネスアワーや祝日・祭日、主なお祭りなどについて紹介したいと思います。

  • インダス文明の中心!パキスタンで必ず行くべきオススメ観光...

    古代文明発祥地だった国には、当然世界文化遺産に値する遺跡が数多く残り、観光地にも恵まれています。内戦が頻繁に起こることも特徴で、海外から入国することは容易でないことも事実。パキスタンもその典型です。歴史に名を馳せる魅力的な遺構の数々を紹介しますよ!

このエリアの新着記事
  • パキスタン基本情報 【気候・服装編】

    パキスタンはインド、イラン、アフガニスタンに囲まれた南アジアの国です。変化に富んだ地形で、北部の山岳地帯は登山家のメッカにもなっています。そんなパキスタンの気候や訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • 超危険なクライマー憧れの地!パキスタンの世界最大級な崖「...

    外務省から危険情報が出ている「パキスタン」に世界最大級の崖「トランゴタワーズ」があるのを御存知でしょうか?まるで都会のタワービルが乱立しているようなトランゴタワーズですが、その高さ、大きさの規模が半端ではありません。天空に向かう猛々しさが圧巻です。多くのロッククライマー達が憧れる「トランゴタワーズ」についてご紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    モヘンジョダロ遺跡やラホールの城塞など、教科書でもお馴染みの世界遺産があるパキスタン。戦況が続く隣国、アフガニスタンからの移民も多く、人口は約2億人ほど。先住民から移民まで、様々な民族が暮らしています。そんなパキスタンの言語事情と旅行に役立つフレーズをまとめてみました。

  • パキスタン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    パキスタンはインドやアフガニスタンに国境を接する南アジアの国です。パキスタンと日本の関係は良好で、パキスタンの人びとは日本に親しみを持つ人が多くいます。ここではそんなパキスタンのビジネスアワーや祝日・祭日、主なお祭りなどについて紹介したいと思います。

  • パキスタンの桃源郷・フンザの魅力とは

    フンザはパキスタンの北西部に位置する地域で、パキスタンの秘境と呼ばれています。春には杏の花が辺り一面に咲く美しい場所です。ここではそのフンザについて紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【治安・情勢編】

    パキスタンは自然豊かな国ですが、残念ながら情勢が悪く、現在は観光で訪れるのが難しくなっています。ここではパキスタンの治安や安全情報についてお伝えしましょう。

  • 【パキスタン】モヘンジョダロ古代遺跡でインダス文明の時代...

    整然とした都市計画の跡が見られる、インダス文明の代表的な遺跡モヘンジョダロ。偶然が重なった奇跡の発見ののち、現在も発掘が続けられています。全貌には程遠いといえども、4000年前の文化が垣間見られる遺跡の魅力に迫りましょう。

  • パキスタン・モヘンジョダロで必訪の遺跡特集!すべてが圧巻...

    世界四大文明の一つ、インダス文明は紀元前2300年頃から1700年頃にかけてインダス川流域で栄えた。この文明を代表する遺跡として知られるのが、「死者の町」と呼ばれるモヘンジョダロである。世界史の教科書にも必ず載っている有名な遺跡だが、いまだに明らかになっていないことも多い。どのようなスポットなのか、紹介していきたい。

  • インダス文明の中心!パキスタンで必ず行くべきオススメ観光...

    古代文明発祥地だった国には、当然世界文化遺産に値する遺跡が数多く残り、観光地にも恵まれています。内戦が頻繁に起こることも特徴で、海外から入国することは容易でないことも事実。パキスタンもその典型です。歴史に名を馳せる魅力的な遺構の数々を紹介しますよ!

  • パキスタン基本情報 【お金編】

    観光旅行先としてはあまり馴染みのないパキスタンですが、世界四大文明の一つインダス文明発祥の地であり、世界史好きにはたまらない名所・旧跡が数多く存在します。有名な都市遺跡モヘンジョダロは世界遺産に登録されています。そんな古代のロマンが溢れるパキスタンを訪れる時に便利な、通貨両替のコツや、チップの額などお金に関する豆知識やお得な情報をご紹介します!

新着記事