パキスタン基本情報 【お金編】

10,168

views

0

観光旅行先としてはあまり馴染みのないパキスタンですが、世界四大文明の一つインダス文明発祥の地であり、世界史好きにはたまらない名所・旧跡が数多く存在します。有名な都市遺跡モヘンジョダロは世界遺産に登録されています。そんな古代のロマンが溢れるパキスタンを訪れる時に便利な、通貨両替のコツや、チップの額などお金に関する豆知識やお得な情報をご紹介します!

パキスタンの通貨

パキスタンでは現在、パキスタン・ルピー (Pakistani rupee) が通貨として使われています。通貨の単位記号は₨です。1Rsは日本円で約1円です。(2016/03/17為替レート)

パキスタン紙幣の肖像画

1000Rs~5Rsまでのパキスタンの紙幣には、パキスタン建国の父である、ムハンマド・アリ・ジアンナーが描かれています。このムハンマド・アリ・ジアンナーとは、インド・ムスリム連盟の指導者でありパキスタン独立後の初代総督に就任した人物です。

パキスタン人は彼のことを尊敬の意味をこめて”カイデ=アザム”(最も偉大な指導者)と呼んでいます。

パキスタンの硬貨

パキスタンでは、5ルピー、2ルピー、新・旧1ルピー硬貨が流通しています。

パキスタン・ルピー両替のコツ

パキスタン国内で両替しやすい外貨は米ドルです。パキスタンの首都・イスラマバードといった大都市や銀行、大型ホテルなどでは日本円からパキスタン・ルピーへの両替が可能です。ですが、小さなホテルやなどでは日本円からの両替ができない場合があります。あらかじめ、日本で米ドルの準備をしていった方が無難でしょう。


また、両替レートは両替する場所によって大幅に差があるので注意しましょう。
一般に街中の公認両替所が一番レートがよく、次に銀行、空港、ホテルの順でレートが悪くなる傾向があります。そして、少額の米ドル紙幣を両替するとレートがより悪くなり損してしまうので、両替する時はあらかじめ100ドル札・50ドル札の高額紙幣を用意するようにします。

両替する時は必ずレシートを受け取りましょう

出典: dunyanews.tv

外貨をパキスタン・ルピーに両替をする時、必ずレシート(両替証明書)を受け取って下さい。余ったパキスタン・ルピーを帰国時に再両替する時に必要となります。現地通貨が残った場合、500パキスタン・ルピーまでなら両替証明書があれば中央銀行などにて外貨へ両替してくれます。

パキスタンのチップ事情

パキスタンにはチップの習慣があります。10%のサービス料があらかじめ料金に含まれているホテルやレストランではチップは不要ですが、含まれていない場合はだいたい料金の5~10%が目安です。
ホテルのポーターには荷物ひとつにつき10~20パキスタン・ルピー程度が目安になります。
ツアーに参加した場合などは、ドライバーやガイド各々に一日につき、米ドルで5セントほどが通常です。

パキスタンのトラベラーズチェック事情

トラベラーズチェックは、大都市の5ツ星ホテルでしたら使えますが、街中のお店などでは使用できる場所はほとんどありません。

カラチ市にある日本の銀行の支店や、イスラマバード市内の両替商等の一部において、トラベラーズチェックからのパキスタン・ルピーへの換金は可能です。しかし、銀行手数料が高い上に身分証明書の写しの提出など手続きが煩雑です。
米ドルや日本円をパキスタン・ルピーに両替するほうが容易に事が運びます。

クレジットカードを使用する場合の注意点

クレジットカードを使用する際には、手数料(3%前後)が加算されるケースが大半です。
その点をあらかじめご承知おき下さい。
都市部にある高級ホテルやレストランなどでは、問題なく使用することが出来ます。しかし、バザールの小さなお店や地元の食堂、屋台、タクシーなどでは、クレジットカードが使用できないと考えた方がよいでしょう。

再両替について

出典: www.dawn.com

帰国時にパキスタン・ルピーから日本円などへの再両替はイスラマバードやラホール国際空港で可能ですが、チェックインの時間の都合で手続きが難しい場合があります。
また、現地通貨のパキスタンからの持ち出しは、100パキスタン・ルピーまでと少額です。
そして、再両替のレートはあまり良くないので、パキスタン・ルピーに両替した金額分、現地で使い切るように心がけましょう。

少額のパキスタン・ルピーが残ったら

パキスタン・ルピーが残ったら、バザールなどでお土産を購入してみましょう。パキスタン名物の甘いクッキー「ハルワ」は、イスラムテイストあふれた缶に入っていておすすめです。アルコールフリーの香料や、ミックスジャムも美味しくてお手頃価格で購入できます。

いかがでしたか

パキスタンの治安はテロなどの脅威にさらされ、依然として危険な状態が続いているのが現状です。退避勧告の出ている地域や渡航延期を勧める地域もあるので、海外安全情報(危険情報、スポット情報、テロ概要)をよく確認して下さい。

しかし、パキスタンには世界史マニア垂涎の的の古代遺跡や、バザールが続くエキゾチックな街並みなど、魅力溢れる国であることにかわりありません。今回ご紹介した両替のコツなどを参考にして頂き、お得にパキスタン旅行を楽しんで下さい!

yjms002

国内・海外を問わず旅行が大好きです。子供達がもう少し大きくなったら、一緒にもっとたくさんの場所を巡りたいです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • パキスタン基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    モヘンジョダロ遺跡やラホールの城塞など、教科書でもお馴染みの世界遺産があるパキスタン。戦況が続く隣国、アフガニスタンからの移民も多く、人口は約2億人ほど。先住民から移民まで、様々な民族が暮らしています。そんなパキスタンの言語事情と旅行に役立つフレーズをまとめてみました。

  • パキスタン基本情報 【気候・服装編】

    パキスタンはインド、イラン、アフガニスタンに囲まれた南アジアの国です。変化に富んだ地形で、北部の山岳地帯は登山家のメッカにもなっています。そんなパキスタンの気候や訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    パキスタンはインドやアフガニスタンに国境を接する南アジアの国です。パキスタンと日本の関係は良好で、パキスタンの人びとは日本に親しみを持つ人が多くいます。ここではそんなパキスタンのビジネスアワーや祝日・祭日、主なお祭りなどについて紹介したいと思います。

  • インダス文明の中心!パキスタンで必ず行くべきオススメ観光...

    古代文明発祥地だった国には、当然世界文化遺産に値する遺跡が数多く残り、観光地にも恵まれています。内戦が頻繁に起こることも特徴で、海外から入国することは容易でないことも事実。パキスタンもその典型です。歴史に名を馳せる魅力的な遺構の数々を紹介しますよ!

  • パキスタン・モヘンジョダロで必訪の遺跡特集!すべてが圧巻...

    世界四大文明の一つ、インダス文明は紀元前2300年頃から1700年頃にかけてインダス川流域で栄えた。この文明を代表する遺跡として知られるのが、「死者の町」と呼ばれるモヘンジョダロである。世界史の教科書にも必ず載っている有名な遺跡だが、いまだに明らかになっていないことも多い。どのようなスポットなのか、紹介していきたい。

  • パキスタン基本情報 【時差・空港編】

    南アジアに位置するパキスタン。日本からはアジアや中東の都市を乗り継いで行くことができます。ここではパキスタンの時差やフライト、空港などについて紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • パキスタン基本情報 【気候・服装編】

    パキスタンはインド、イラン、アフガニスタンに囲まれた南アジアの国です。変化に富んだ地形で、北部の山岳地帯は登山家のメッカにもなっています。そんなパキスタンの気候や訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • 超危険なクライマー憧れの地!パキスタンの世界最大級な崖「...

    外務省から危険情報が出ている「パキスタン」に世界最大級の崖「トランゴタワーズ」があるのを御存知でしょうか?まるで都会のタワービルが乱立しているようなトランゴタワーズですが、その高さ、大きさの規模が半端ではありません。天空に向かう猛々しさが圧巻です。多くのロッククライマー達が憧れる「トランゴタワーズ」についてご紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    モヘンジョダロ遺跡やラホールの城塞など、教科書でもお馴染みの世界遺産があるパキスタン。戦況が続く隣国、アフガニスタンからの移民も多く、人口は約2億人ほど。先住民から移民まで、様々な民族が暮らしています。そんなパキスタンの言語事情と旅行に役立つフレーズをまとめてみました。

  • パキスタン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    パキスタンはインドやアフガニスタンに国境を接する南アジアの国です。パキスタンと日本の関係は良好で、パキスタンの人びとは日本に親しみを持つ人が多くいます。ここではそんなパキスタンのビジネスアワーや祝日・祭日、主なお祭りなどについて紹介したいと思います。

  • パキスタンの桃源郷・フンザの魅力とは

    フンザはパキスタンの北西部に位置する地域で、パキスタンの秘境と呼ばれています。春には杏の花が辺り一面に咲く美しい場所です。ここではそのフンザについて紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【治安・情勢編】

    パキスタンは自然豊かな国ですが、残念ながら情勢が悪く、現在は観光で訪れるのが難しくなっています。ここではパキスタンの治安や安全情報についてお伝えしましょう。

  • パキスタン基本情報 【時差・空港編】

    南アジアに位置するパキスタン。日本からはアジアや中東の都市を乗り継いで行くことができます。ここではパキスタンの時差やフライト、空港などについて紹介しましょう。

  • 【パキスタン】モヘンジョダロ古代遺跡でインダス文明の時代...

    整然とした都市計画の跡が見られる、インダス文明の代表的な遺跡モヘンジョダロ。偶然が重なった奇跡の発見ののち、現在も発掘が続けられています。全貌には程遠いといえども、4000年前の文化が垣間見られる遺跡の魅力に迫りましょう。

  • パキスタン・モヘンジョダロで必訪の遺跡特集!すべてが圧巻...

    世界四大文明の一つ、インダス文明は紀元前2300年頃から1700年頃にかけてインダス川流域で栄えた。この文明を代表する遺跡として知られるのが、「死者の町」と呼ばれるモヘンジョダロである。世界史の教科書にも必ず載っている有名な遺跡だが、いまだに明らかになっていないことも多い。どのようなスポットなのか、紹介していきたい。

  • インダス文明の中心!パキスタンで必ず行くべきオススメ観光...

    古代文明発祥地だった国には、当然世界文化遺産に値する遺跡が数多く残り、観光地にも恵まれています。内戦が頻繁に起こることも特徴で、海外から入国することは容易でないことも事実。パキスタンもその典型です。歴史に名を馳せる魅力的な遺構の数々を紹介しますよ!

この記事のキーワード
新着記事