パキスタン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

6,071

views

0

パキスタンはインドやアフガニスタンに国境を接する南アジアの国です。パキスタンと日本の関係は良好で、パキスタンの人びとは日本に親しみを持つ人が多くいます。ここではそんなパキスタンのビジネスアワーや祝日・祭日、主なお祭りなどについて紹介したいと思います。

パキスタンのビジネスアワー

パキスタンのビジネスアワーは一般的に次の通りです。

官庁 :月~木(8:00~15:00)、金(8:00~12:00)
銀行 :月~木(9:00~17:00)、金(8:00~12:00、15:00~17:00)
商店 :8:00~20:00(夏)、9:00~19:00(冬)
都市のスーパーや商店街 :10:00~22:00

パキスタンの祝日・祭日

パキスタンの祝日は次の通りです。

2月 4日 イードミラド・アンナビ(Eid Milad-un-Nabi)*
2月 5日 カシミール・デー
3月23日 パキスタン・デー
5月 1日 メーデー
8月14日 独立記念日
8月20日~22日 イード・アルフィトル*
10月26日~27日 イード・アルアドハー*
11月 9日 イクバール生誕記念日
11月23日~24日 アーシューラー*
12月25日 カーイデ・アーザム生誕記念日/ クリスマス(Christmas)
12月26日 クリスマスの休日 (キリスト教徒のみ)

*の祝日は年によって変動します。

パキスタンの主な祭日・お祭り

アーシューラー

※画像はイメージ

「アーシューラー」は、イスラム教・シーア派の最大の宗教行事です。シーア派の心の拠り所であるイマーム・フサインが殉教した日として、パキスタン、アフガニスタンなどからイラン、イラクなど広く中東地域で行われる行事です。フサインの殉教を哀悼するため、大規模な行進が行われるほか、フサインの棺を模した神輿が担ぎ出されたり、人々が鎖で自分の体を鞭打って殉教を追体験したりと、熱狂的な儀式が続きます。

この日は少数派のシーア派のエネルギーが爆発する日で、多数派のスンニ派と衝突する危険性もあることから、パキスタンでは暴動に発展することもあり、武装した警官隊が出動し警備にあたります。

イード・アルアドハー

イード・アルアドハーは、日本語では「犠牲祭」と訳されることが多いようです。この日は、アブラハムが進んで息子をアッラーへ捧げたことを記念する日です。モスクで祈りを捧げた後、生贄として家畜から出された牛や羊、ヤギなどが町のあちらこちらで解体され、貧しい人々に分け与えられます。

イード・アルフィトル

イード・アルフィトルは犠牲祭と並び、イスラム教徒の大切な行事です。約1ヵ月にわたるラマダン(断食)が明けたことを祝います。日本のお正月のように特別な料理が作られたり、親戚を訪れたりします。

最後に

イスラム教の国であるパキスタンでは、私たちとは異なった習慣や文化を持ちます。パキスタンを訪れた際には、現地の習慣に従い、祝日や祭日を祝うようにしましょう。また、ラマダン(断食月)の間は、旅行者でも人前で飲食を慎むなど配慮することが大切となります。ルールを守って、トラブルに巻きこまれないようにしましょう。

MINK

いろいろな土地の魅力をお伝えできたらと思います。よろしくお願いします!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 超危険なクライマー憧れの地!パキスタンの世界最大級な崖「...

    外務省から危険情報が出ている「パキスタン」に世界最大級の崖「トランゴタワーズ」があるのを御存知でしょうか?まるで都会のタワービルが乱立しているようなトランゴタワーズですが、その高さ、大きさの規模が半端ではありません。天空に向かう猛々しさが圧巻です。多くのロッククライマー達が憧れる「トランゴタワーズ」についてご紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【お金編】

    観光旅行先としてはあまり馴染みのないパキスタンですが、世界四大文明の一つインダス文明発祥の地であり、世界史好きにはたまらない名所・旧跡が数多く存在します。有名な都市遺跡モヘンジョダロは世界遺産に登録されています。そんな古代のロマンが溢れるパキスタンを訪れる時に便利な、通貨両替のコツや、チップの額などお金に関する豆知識やお得な情報をご紹介します!

  • パキスタン基本情報 【気候・服装編】

    パキスタンはインド、イラン、アフガニスタンに囲まれた南アジアの国です。変化に富んだ地形で、北部の山岳地帯は登山家のメッカにもなっています。そんなパキスタンの気候や訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    パキスタンはインドやアフガニスタンに国境を接する南アジアの国です。パキスタンと日本の関係は良好で、パキスタンの人びとは日本に親しみを持つ人が多くいます。ここではそんなパキスタンのビジネスアワーや祝日・祭日、主なお祭りなどについて紹介したいと思います。

  • インダス文明の中心!パキスタンで必ず行くべきオススメ観光...

    古代文明発祥地だった国には、当然世界文化遺産に値する遺跡が数多く残り、観光地にも恵まれています。内戦が頻繁に起こることも特徴で、海外から入国することは容易でないことも事実。パキスタンもその典型です。歴史に名を馳せる魅力的な遺構の数々を紹介しますよ!

  • パキスタン・モヘンジョダロで必訪の遺跡特集!すべてが圧巻...

    世界四大文明の一つ、インダス文明は紀元前2300年頃から1700年頃にかけてインダス川流域で栄えた。この文明を代表する遺跡として知られるのが、「死者の町」と呼ばれるモヘンジョダロである。世界史の教科書にも必ず載っている有名な遺跡だが、いまだに明らかになっていないことも多い。どのようなスポットなのか、紹介していきたい。

このエリアの新着記事
  • パキスタン基本情報 【気候・服装編】

    パキスタンはインド、イラン、アフガニスタンに囲まれた南アジアの国です。変化に富んだ地形で、北部の山岳地帯は登山家のメッカにもなっています。そんなパキスタンの気候や訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • 超危険なクライマー憧れの地!パキスタンの世界最大級な崖「...

    外務省から危険情報が出ている「パキスタン」に世界最大級の崖「トランゴタワーズ」があるのを御存知でしょうか?まるで都会のタワービルが乱立しているようなトランゴタワーズですが、その高さ、大きさの規模が半端ではありません。天空に向かう猛々しさが圧巻です。多くのロッククライマー達が憧れる「トランゴタワーズ」についてご紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    モヘンジョダロ遺跡やラホールの城塞など、教科書でもお馴染みの世界遺産があるパキスタン。戦況が続く隣国、アフガニスタンからの移民も多く、人口は約2億人ほど。先住民から移民まで、様々な民族が暮らしています。そんなパキスタンの言語事情と旅行に役立つフレーズをまとめてみました。

  • パキスタンの桃源郷・フンザの魅力とは

    フンザはパキスタンの北西部に位置する地域で、パキスタンの秘境と呼ばれています。春には杏の花が辺り一面に咲く美しい場所です。ここではそのフンザについて紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【治安・情勢編】

    パキスタンは自然豊かな国ですが、残念ながら情勢が悪く、現在は観光で訪れるのが難しくなっています。ここではパキスタンの治安や安全情報についてお伝えしましょう。

  • パキスタン基本情報 【時差・空港編】

    南アジアに位置するパキスタン。日本からはアジアや中東の都市を乗り継いで行くことができます。ここではパキスタンの時差やフライト、空港などについて紹介しましょう。

  • 【パキスタン】モヘンジョダロ古代遺跡でインダス文明の時代...

    整然とした都市計画の跡が見られる、インダス文明の代表的な遺跡モヘンジョダロ。偶然が重なった奇跡の発見ののち、現在も発掘が続けられています。全貌には程遠いといえども、4000年前の文化が垣間見られる遺跡の魅力に迫りましょう。

  • パキスタン・モヘンジョダロで必訪の遺跡特集!すべてが圧巻...

    世界四大文明の一つ、インダス文明は紀元前2300年頃から1700年頃にかけてインダス川流域で栄えた。この文明を代表する遺跡として知られるのが、「死者の町」と呼ばれるモヘンジョダロである。世界史の教科書にも必ず載っている有名な遺跡だが、いまだに明らかになっていないことも多い。どのようなスポットなのか、紹介していきたい。

  • インダス文明の中心!パキスタンで必ず行くべきオススメ観光...

    古代文明発祥地だった国には、当然世界文化遺産に値する遺跡が数多く残り、観光地にも恵まれています。内戦が頻繁に起こることも特徴で、海外から入国することは容易でないことも事実。パキスタンもその典型です。歴史に名を馳せる魅力的な遺構の数々を紹介しますよ!

  • パキスタン基本情報 【お金編】

    観光旅行先としてはあまり馴染みのないパキスタンですが、世界四大文明の一つインダス文明発祥の地であり、世界史好きにはたまらない名所・旧跡が数多く存在します。有名な都市遺跡モヘンジョダロは世界遺産に登録されています。そんな古代のロマンが溢れるパキスタンを訪れる時に便利な、通貨両替のコツや、チップの額などお金に関する豆知識やお得な情報をご紹介します!