インダス文明の中心!パキスタンで必ず行くべきオススメ観光スポット10選

4,508

views

0

古代文明発祥地だった国には、当然世界文化遺産に値する遺跡が数多く残り、観光地にも恵まれています。内戦が頻繁に起こることも特徴で、海外から入国することは容易でないことも事実。パキスタンもその典型です。歴史に名を馳せる魅力的な遺構の数々を紹介しますよ!

1.ラホールの城塞とシャーラマール庭園

豪華絢爛!偉大なるムガール帝国の繁栄が現代に甦る

ともに世界文化遺産に登録。ラホール城はムガール帝国第3代皇帝から第6代まで改築、増築が重ねられた。シャーラマール庭園は第5代皇帝が造園したペルシャ式泉水庭園。

ラホールの城塞とシャーラマール庭園(Fort and Shalamar Gardens in Lahore)
住所:
ラホールの城塞:Lahore Fort Lahore, Punjab, Pakistan、シャーラマール庭園:Shalamar Gardens
Lahore, Punjab, Pakistan
アクセス:
ともにイスラマバードから南へ車で約一時間強
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土曜日、日曜

2.カットパーナ砂漠

世界で一番高い砂漠で現実逃避!

出典: soursip.com

標高2300mに位置する世界最高峰と言われる砂漠。世界第二位の高さを誇るK2の登山拠点として知られるスカルドにある。雪山にも囲まれる光景は夢を見ているようだ。

カットパーナ砂漠(Katpana Desert)
住所:
Skardu, Gilgit-Baltistan,Pakistan
アクセス:
スカルド・エアベースから車で東へ約30分

3.パスー氷河

氷河と岩肌の競演は絶景そのもの

パキスタン北部カラコルム山脈に位置する氷河。目の前に広がるのは一面の氷河とそれを見守るような岩肌。文明だけでなく自然の歴史の長さも自慢の国だと感じ取れるだろう。カリマバードとスストの間にあるパスー村から数時間かけて徒歩で向かうのが主流。標高は2660m。

パスー氷河(Passu Glacier)
住所:
Passu,Gilgit-Baltistan,Pakistan
アクセス:
ベナジル・ブット国際空港から約一時間のフライトを経てギルギット空港に到着。フェリーを含めて車で約3時間でパスー村へ。数時間の徒歩を経てパスー氷河に到着。

4.モヘンジョダロの遺跡群

「死の丘」は考古学のおかげで生き返った

インダス文字が解読されていないため、繁栄していた当時の名称が未だ不明。後世呼ばれた死の丘を意味するモヘンジョダロという名で知られてきた。水道設備の充実した都市計画に注目したい。世界文化遺産に登録されている。

モヘンジョダロの遺跡群(Archaeological Ruins at Moenjodaro)
住所:
Sindh Province, Pakistan
アクセス:
モヘンジョダロ空港から車で南へ約10分

5.ロータスフォート

イスラム文化とヒンドゥー文化が融合した屈強な要塞

ムガール帝国第2代皇帝をインドに復帰させるために建造された要塞。パシュトゥーン建築とヒンドゥー建築の融合が見事だ。彫刻やカリグラフィーなど質の高い装飾も見られる。世界文化遺産にも登録。

ロータスフォート(Rohtas Fort)
住所:
Rohtas Fort Road,Jhelum, Rohtas,Pakistan
アクセス:
Ratial Railway Stationから車で南東へ約40分
電話番号:
+92 544 408708
営業時間:
24時間営業
定休日:
なし

6.タッターの文化財

ムガール帝国の港湾都市にイスラム様式の名建築が

タッターとはパキスタン南部シンド州にある古都。ジャーミ・マスジド、大小のドーム群、100万以上の墳墓が残るイスラム墓地などが世界文化遺産に登録されている。

タッターの文化財(Historical Monuments at Makli, Thatta)
住所:
Makli、Pakistan
アクセス:
jung shahi railway stationから車で南東へ約35分

7.タキシラ

ガンダーラ最大都市はインド仏教の中心という顔も持つ

イスラマバードの西方にある古代都市遺跡。世界文化遺産にも登録されている。ビール丘、シルカップ、シルスフの都市遺跡、数多くの仏教伽藍遺跡で構成。

タキシラ(Taxila)
住所:
Rawalpindi District, Punjab, Pakistan
アクセス:
Taxila Railway Stationから西へ車で約15分

8.バッドシャヒ・モスク

かつて世界最大級だったモスクはラホールのシンボル

世界遺産暫定リストの一つ。パンジャブ州ラホールにあり、パキスタンで二番目に大きいモスク。17世紀後半に第6代ムガール帝国皇帝の命により造られた。

バッドシャヒ・モスク(Badshahi Mosque)
住所:
Lahore, Pakistan
アクセス:
Lahore Railway Stationから車で北西へ約15分
営業時間:
8:00~20:00
定休日:
なし

9.シャーファイサル・モスク

サウジアラビア国王の寄進モスクは女性専用礼拝堂完備

出典: defence.pk

世界最大級のモスクで、一度に15000人収容可能。館外では、85000人が礼拝に参加できる広さ。首都イスラマバードにある。サウジアラビア王から寄贈された新しいモスクだ。

シャーファイサル・モスク(Shar Faisal Masjid)
住所:
Shah Faisal Masjid, Islamabad, Pakistan
アクセス:
イスラマバード中心部から車で西へ約15分

10.マルガラ・ヒル

イスラマバードを一望できるおすすめ観光地

ダーマネ・コーという展望台まで一時間ほど徒歩で到着。イスラマバードが一望できるうえ、晴れの日にはソルトレンジが見える。ピクニックエリアとして地元民にも人気だ。

マルガラ・ヒル(Margalla Hills)
住所:
Margalla Hills, Islamabad District, Islamabad Capital Territory, Pakistan
アクセス:
イスラマバード中心地から車で西へ約20分

一生かかってでもパキスタンの世界遺産を訪ねて歩きたい!

既に登録されている世界文化遺産も多いのですが、暫定遺産もたくさん候補にあがっているので、もっともっと世界遺産が増えそうなパキスタン。見どころが増えるのはうれしいですね。交通網も整備中だそうです。外務省の安全情報によると大部分の地域でレベル2、アフガニスタンとインドとの国境付近、内陸部でレベル3の渡航中止勧告とレベル4の退避勧告が発令されています。最近アフガン・パキスタン地震があったように地震も頻繁に起きる国でもあります。渡航前に最新情報を必ず確認してください。

kkomori

東京中の道路を歩いて制覇することと東京中の駅すべてで下車するのが夢。趣味は、ハイキング、スイミング、ウォーキングなど。いつか行ってみたい国はチャドです。TapTripを通して、日本や世界中のおもしろい場所を読者の方々に伝えていきたいと思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 超危険なクライマー憧れの地!パキスタンの世界最大級な崖「...

    外務省から危険情報が出ている「パキスタン」に世界最大級の崖「トランゴタワーズ」があるのを御存知でしょうか?まるで都会のタワービルが乱立しているようなトランゴタワーズですが、その高さ、大きさの規模が半端ではありません。天空に向かう猛々しさが圧巻です。多くのロッククライマー達が憧れる「トランゴタワーズ」についてご紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    モヘンジョダロ遺跡やラホールの城塞など、教科書でもお馴染みの世界遺産があるパキスタン。戦況が続く隣国、アフガニスタンからの移民も多く、人口は約2億人ほど。先住民から移民まで、様々な民族が暮らしています。そんなパキスタンの言語事情と旅行に役立つフレーズをまとめてみました。

  • パキスタン基本情報 【お金編】

    観光旅行先としてはあまり馴染みのないパキスタンですが、世界四大文明の一つインダス文明発祥の地であり、世界史好きにはたまらない名所・旧跡が数多く存在します。有名な都市遺跡モヘンジョダロは世界遺産に登録されています。そんな古代のロマンが溢れるパキスタンを訪れる時に便利な、通貨両替のコツや、チップの額などお金に関する豆知識やお得な情報をご紹介します!

  • パキスタン基本情報 【気候・服装編】

    パキスタンはインド、イラン、アフガニスタンに囲まれた南アジアの国です。変化に富んだ地形で、北部の山岳地帯は登山家のメッカにもなっています。そんなパキスタンの気候や訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    パキスタンはインドやアフガニスタンに国境を接する南アジアの国です。パキスタンと日本の関係は良好で、パキスタンの人びとは日本に親しみを持つ人が多くいます。ここではそんなパキスタンのビジネスアワーや祝日・祭日、主なお祭りなどについて紹介したいと思います。

  • パキスタン基本情報 【時差・空港編】

    南アジアに位置するパキスタン。日本からはアジアや中東の都市を乗り継いで行くことができます。ここではパキスタンの時差やフライト、空港などについて紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • パキスタン基本情報 【気候・服装編】

    パキスタンはインド、イラン、アフガニスタンに囲まれた南アジアの国です。変化に富んだ地形で、北部の山岳地帯は登山家のメッカにもなっています。そんなパキスタンの気候や訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • 超危険なクライマー憧れの地!パキスタンの世界最大級な崖「...

    外務省から危険情報が出ている「パキスタン」に世界最大級の崖「トランゴタワーズ」があるのを御存知でしょうか?まるで都会のタワービルが乱立しているようなトランゴタワーズですが、その高さ、大きさの規模が半端ではありません。天空に向かう猛々しさが圧巻です。多くのロッククライマー達が憧れる「トランゴタワーズ」についてご紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    モヘンジョダロ遺跡やラホールの城塞など、教科書でもお馴染みの世界遺産があるパキスタン。戦況が続く隣国、アフガニスタンからの移民も多く、人口は約2億人ほど。先住民から移民まで、様々な民族が暮らしています。そんなパキスタンの言語事情と旅行に役立つフレーズをまとめてみました。

  • パキスタン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    パキスタンはインドやアフガニスタンに国境を接する南アジアの国です。パキスタンと日本の関係は良好で、パキスタンの人びとは日本に親しみを持つ人が多くいます。ここではそんなパキスタンのビジネスアワーや祝日・祭日、主なお祭りなどについて紹介したいと思います。

  • パキスタンの桃源郷・フンザの魅力とは

    フンザはパキスタンの北西部に位置する地域で、パキスタンの秘境と呼ばれています。春には杏の花が辺り一面に咲く美しい場所です。ここではそのフンザについて紹介しましょう。

  • パキスタン基本情報 【治安・情勢編】

    パキスタンは自然豊かな国ですが、残念ながら情勢が悪く、現在は観光で訪れるのが難しくなっています。ここではパキスタンの治安や安全情報についてお伝えしましょう。

  • パキスタン基本情報 【時差・空港編】

    南アジアに位置するパキスタン。日本からはアジアや中東の都市を乗り継いで行くことができます。ここではパキスタンの時差やフライト、空港などについて紹介しましょう。

  • 【パキスタン】モヘンジョダロ古代遺跡でインダス文明の時代...

    整然とした都市計画の跡が見られる、インダス文明の代表的な遺跡モヘンジョダロ。偶然が重なった奇跡の発見ののち、現在も発掘が続けられています。全貌には程遠いといえども、4000年前の文化が垣間見られる遺跡の魅力に迫りましょう。

  • パキスタン・モヘンジョダロで必訪の遺跡特集!すべてが圧巻...

    世界四大文明の一つ、インダス文明は紀元前2300年頃から1700年頃にかけてインダス川流域で栄えた。この文明を代表する遺跡として知られるのが、「死者の町」と呼ばれるモヘンジョダロである。世界史の教科書にも必ず載っている有名な遺跡だが、いまだに明らかになっていないことも多い。どのようなスポットなのか、紹介していきたい。

  • パキスタン基本情報 【お金編】

    観光旅行先としてはあまり馴染みのないパキスタンですが、世界四大文明の一つインダス文明発祥の地であり、世界史好きにはたまらない名所・旧跡が数多く存在します。有名な都市遺跡モヘンジョダロは世界遺産に登録されています。そんな古代のロマンが溢れるパキスタンを訪れる時に便利な、通貨両替のコツや、チップの額などお金に関する豆知識やお得な情報をご紹介します!

新着記事